be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2018年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年05月

*船舶免許智 その1*

船舶免許取得プロジェクト、楽しくなることはわかっていたけれど、
思っていた以上にツボが転がっていて、嬉しすぎる。しかも、意外な所に。

だってー、まさか前髪にやられるとは!想定外過ぎて(〃▽〃)
いやいや、あんな風に前髪がはらりと垂れるのは初のパターンで、
前髪こんなに長いんだーと妙なところに感心し、
しかも、髪質綺麗だよなーとまた妙なところに感心し、
そして、美しすぎる智がこんなところに降臨するとは思っていなかったので、
動揺を隠すのに必死。
なんでこんな日に限って、旦那が一緒に見てるんだよ。
巻き戻したいよー、一時停止したいよー。撮りたいよー。

そして、試験に対する異常なまでの拒否反応に大いに笑わせてもらった。
いわゆる学校の勉強だとか試験は嫌いなんだろうなとは思っていたけれど、
問題の内容の前に漢字に拒否反応。(重症の匂い(^^;)
不正解と聞いた時の落胆が地獄のレベル。(これからですから)
しかも、試験にありがちなひっかけに、答えを聞いてやっと気づく37歳。
本当に試験らしい試験を受けて来なかったんだろうな。

そして、1割に対する異常なまでの恐怖感。
いやいや、そこじゃないでしょって思うけど、追いつめられてる感じがたまらない。(もっと!)
なんか不貞腐れた感じとか、しゃべり方が好きなんだよ。
ガチで嫌なんだろうなと思って(笑)

船は買わないだろうな…とは思っていたけど。
我が家では、買うお金はあるだろうーと言っていたけれど、
それよりも買った後の手入れとか維持することの方が大変そうだもんね。
他にもいろいろ面倒そうだしね。

私、昔の彼にクルーザーに乗っけてもらったことがあるんだけどー
(うそうそ。昔務めてた会社の社長がクルーザー持ってて、女子社員がご招待された)
それがあんな感じで、その当時1億と聞いて、ぶっ飛んだ記憶が…。
確かに釣りって感じじゃなかったなぁ。

しかし、結局行きついた先が漁船。
たぶん借りるのかな?とは思っていたけど、まさか大野くんよりも年上の船とは。
私のイメージでは、レンタカー的な小綺麗な船を予想してたんですけど(^^;)

それにしても、汚くて前が見えないとか、コメントが容赦ない智が好きすぎる。
でも、かっこいいって。こっちの方が落ち着きそうだし、好きそうだよね。

それにしても、今回の大野くんはいちいち受け答えがツボ。(いつもにも増して)
相手が誰でも自分を取り繕ったりしないし、本音でバシバシ行く感じが、もーっ大好き(*^^*)
しかも、テンポがいいんだよ。
食い気味だったり、コメントがいちいち的確で、なんか冴えてる?って思ったもん。
試験はさっぱりなのに(^^;)
それに、飾らず、ポンポンしゃべる感じがやたら男くさくて、おばさん悶絶(〃▽〃)

それなのに、最後の最後に「憂鬱くん」って!!
今からその言葉を支えに生きていく!

*美しすぎる智 その4*

次の美しい智はどれにしようかなぁと考えていて、ふと思い出したのが、浴衣の智。
探してみたら、なんと保存していたブルーレイが読み込めなくなっとる!
時々あるんだよなー。くっそー。

でも、智のツボを厳選して別に保存してあるブルーレイもあって、そちらは無事だった。
若干編集されてるけど…。

DSCF0178.jpg

この時の浴衣、ほんとによく似合ってたなぁ~。
確かデニム生地でモダンな感じもありつつ、醸し出される師匠感にくらくら。
貫禄をにじませながらも、品もあって、
これって大野くんのためにあつらえたんじゃ?っていうくらい似合ってた。

でも、これって2012年なんだ。そんなに前?つい3〜4年前のような気がしてたわ。

同じブルーレイに鍵部屋やチャリTの映像も入ってて、
そういえば、奈良さんと一緒の時の大野くんがべらぼうに綺麗だったことを思い出した。

DSCF0189.jpg DSCF0186.jpg

チャリTの会見の時は衣装も素敵で、スタイルの良さが際立っていて、
しかも、お顔もすこぶる美しい。
そして、奈良さんと一緒に桝くんのインタビューを受けている時の大野くんがまた素敵すぎる。
チャリTなんだけど、それはそれで似合っちゃってるし。結局何着ても素敵なんだな(〃▽〃)
時々奈良さんの方をちらっと見るんだけど、おいおいそんな近くで見つめられたら、
おかしくなっちゃうだろ!って、私が大興奮。
ほんわかした雰囲気なのに、色香が漂っていて、
でも、最後に桝くんにちょっと意地悪してみるいたずらっ子智が可愛過ぎる。

それから、鍵部屋の番宣の大野くんもとんでもないことになってたなと芋づる式に思い出す。

DSCF0192.jpg

これは『コンビニでいいのに』中居くんやタモさんに可愛がってもらって、楽しそうだったね。
特にカメラを意識してなくても、このクオリティー。
ていうか、無意識の美のレベルがすごすぎるんだな、この人は。

番宣で『いいとも』とかにも出てたけど、あえて榎本仕様ではなくて、モノトーンの衣装なのが
素敵だったなぁ。
そういえば、この時は珍回答連発で、やっぱり大野くんって独特だよなぁと思った記憶が(^^;)

榎本さんももちろん素敵だけど、この頃の大野くんはすっきりとした黒髪で、
落ち着いた感じがたまらんかった。
ピカルの定理とか、榎本だけど大野くんという貴重な顔も見れたし。
個人的には、スタッフの女性とモニター見ながら話してる大野くんがツボで!
どんな手を使ってでも潜り込みたいと思ったあの頃…
気がつけば、5年以上の月日が経っていたよ。

それぞれの時期でいろんな雰囲気や色香を醸し出すもんだから、
その度に新たな魅力に取り憑かれて、その度にずっとついていこうって誓うんだよな。

ほんと沼が過ぎます。

*船舶免許取得プロジェクト始動*

『しやがれ』で、大野くんの船舶免許取得プロジェクト始動とな!
小瀧くんゲストの時、釣り筋を鍛えてると嬉しそうに話していたけれど、
水面下でそういう企画が進んでいたのか~\(^o^)/

しかし、嬉しいし、楽しみなのは間違いないけれど、喜びと同時に押し寄せるざわざわ感。
ドラマはないのかな…。
偶数の年はドラマの年と信じて待ち望んでいたので、正直気持ちの持って行き場に困ってる。

2008年『魔王』の頃は、大野くんの認識あやふや過ぎて、スルー。
2010年の『怪物くん』の頃は嵐は認識していたけど、大野くんに全く興味がなく完全スルー。
2012年、リアルタイムで見る初の連ドラ『鍵部屋』にどっぷりはまる。
2014年、『死神くん』は複雑な思いを抱えながらも(^^;)、やっぱり毎週会えるというのは嬉しかった。
2016年、『世界一難しい恋』ラブに異常に反応したあの頃(*^^*)。
とにかく切なくて、おかしくて、楽しくて、幸せな時間。永遠に続けばいいのにと思った。

そんな風に一週間を心待ちにする3ヶ月間を待ちわびていたんだけどなぁ~。
2017年に『忍びの国』で存分に楽しませてくれたから、
もしかして2018年はおあずけなのか。
あ~ん、寂しいよ~。

でも、新プロジェクトが楽しみなことも確か(^^)v
船に乗ってる大野くんは、珍しく主導権を握っていたり、開放的だったり、おしゃべりだったり、
キュートだったり、男前度がすごいし、いつもとは違う大野くんが見れたりして、たまらん。

海荷ちゃんを翔さんたちから守ろうと立ちはだかったり、
仲間さんに釣りを教える大野くんがシャイな感じで、
どうしても親指と人差し指を間違うのが可愛かったり、
仲間さんが喜んでる姿を見てる時の表情がものすごく嬉しそうだったり、
吉高ちゃんが船の反対側に移動する時に腕を貸してあげたり、
ハワイでは、横になってる大野くんからただならぬ色気が漏れてたり、
ほろ酔いでしゃべりまくる大野くんがキュート過ぎだったり、
加藤諒くんの時はアニキ的な感じなのが新鮮だったし、
あー挙げ出したら、きりがないな。(ていうか、大半が釣りとは関係ないけど(^^;)

とにかく船上の大野くんは、いつもにも増して自然体というか自由な感じ?
心底楽しんでる感じで、スタジオやライブとは違う魅力があふれ出ててこれまた好きなんだよなぁ。
あ~、待ち遠しいなぁ。

*ありがとうございます*

ふとブログを見てみたら、50万アクセス突破していました。
ありがとうございます!

大野くんに心奪われて、8年目。
正直こんなに続くとは思わなかった(^^;)。
好きな気持ちを継続する自信はあっても、
ここまでブログという形では続けられないと思っていた。

途中忙しくて、更新できない時期もあったりしたけど、
(そういえば、去年の2月は怒涛の忙しさで一度もブログを更新してなかった…)
それでも、毎日誰かが訪問してくださる。
だから、時間ができたら、またここへ戻って来ようという励みにもなりました。

でも、以前に比べると更新頻度が少なくなり、アクセス数も一時期に比べると減ってしまって(^^;)
新たにブログランキングにも登録もしてみたりしました。
そしたら、アクセス数も少し増え、過去記事を読んでいただいて拍手していただりと、
ありがたい反応が(^^)

どれも思い入れのある記事で、嬉しい限りです。
一方、そうやって過去に遡って読んでくださる方がいると、
もっと気を引き締めて書かなければ…と思ったり。
(うそうそ!いや、半分はほんとかな)

今日は時間がないので、美しい大野くんを一枚だけ。
スマホに入ってました。

hopesatoshi.jpg

これは、DEGITALIANのライブ。
この時の大野くんの音を奏でる手の美しさもさることながら、
この立ち姿にやられました。
完璧すぎて、一時停止したままじーっと見入ってしまったな。

静寂そのもののようで、でも、なんだか詩的な匂いもする。
立ち姿だけなのに、心震えます。

では、これからもよろしくお願いいたしまーす(^^)/

*美しすぎる智 その3*

美しすぎる大野くん、どこからアップしていいのやら。
そこで、若い頃の大野くん…と思い、今回は『How's it going?』から。

最初に私の脳内に思い浮かんだのがこれ。(あれっ、何の曲だっけ(^^;)
一瞬なんだけど、映像として残してくれてありがとーと叫びたくなる。
何気ないような振り付けでも、一瞬たりとも気を抜かず、美しい。横顔最強。

DSCF0168.jpg

これは、『ONLY LOVE』
体をそらせる振り付けなんだけど、この一連の動きが滑らかで綺麗。
軽く踊っているように見えるのがすごい。
体の隅々まで神経を行き届かせてるはずなのに、何でもないようにさらっとね。

DSCF0170.jpg  DSCF0172.jpg

そして、これは挨拶の時。
ピンクのフリルがこんなに似合う男子っている?
しかも、マイクを持つ手も美しい。
細いんだけど、男っぽさもあって、たまらん。

DSCF0173.jpg

智は、美しいの宝庫です(*^^*)