FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年08月

私の大好きな嵐SONG CD2「COOL」

さて、昨日の続き、今日はCOOL編です。
単純にかっこいい系ですね。
色に例えると、ブラック!そこにゴールドが散りばめられてる感じかな。
ライブ映像になっているものは、衣裳もかっこいいきゃー(〃▽〃)なものが多いです。

では、行きます!

All or nothing
Eazy crazy braek down
15th Moon
Waling in the rain
Right back to you
I want samebody
Cry for you
Move your body
let me down
マダ上ヲ
Rock this
Boom Boom
TRAP
the Deep end
Border
Under the rader
Fake it
Circle

年代順に並べてるんですが、最後の4曲はカップリング。
ここ数年は私的には超絶惹かれるシングルにはお目にかかれてないという現実○| ̄|_。
とにかくカップリング目当てでシングル買ってました。
でも、デジタル配信になったらカップリングないんだねーーー。なんだよーー。

the Deep endもライブでは披露されていないので、
この5曲は耳でしか楽しめないのが残念。
ダンス込みで是非楽しみたい…けど、夢のまた夢ですね。
ていうか、これ全曲ダンス込みで一枚のディスクにして欲しい。
延々見てられるわ。

Waling in the rainは5人もいいけど、ソロコンは圧巻。
振り付けがめっちゃ好き。
あーおばちゃんが元気な内にソロコンやってくれないかなー。
嵐songs | Comments(0) | Trackbacks(-)

私の大好きな嵐SONG CD1「LOVE」

またまたご無沙汰です…。
世の中では密かに大野くんで盛り上がってる?

大野くんのダンス解説がYOU TUBEにあがっていたり、
大野くんソロ曲の配信がすごいことになっていたりと。

ARATAさんのダンス解説はすごいよなー。
大野くん目当てで見始めたのに、ARATAさんの喋りの上手さ、説明の的確さ、
キャッチーな言葉選び、そして、お肌が綺麗(笑)なので、
思わず何度も見てしまった。
大野くんは中で踊る人なんだってーーー!!
語り出すと止まらないので、また今度(ほんとか)

さて、私は車を買い替え、やっとCDが聞けるようになった。
このご時世になんとカセットテープだった(^^;)

そこで、アルバムを聴くのいいけど、自分の好きな曲を徹底的に聴きたいよなーと
自分好みのCDを作ることに。

まず、自分が特に好きな曲をピックアップ。
(なるべくシングルは入れないように…と言っても、
どうしても入れたいシングルは意外に少なかった(^^;)
やっぱりカップリングやアルバム曲にはまっちゃうんだよなー)
それをイメージでざっくり分類。
(クールだったり、明るい感じだったり、夜のイメージだったり)
それを最終的に6枚のCDにダビング。
(全部で100曲くらいかな?)

どんな曲が入っているのかわかるように6枚のCDにタイトルもつけみた。
私さえわかればいいので、超シンプルに。

LOVE
COOL
LIFE
NIGHT
SUGER
WONDERLAND

そんな私の超個人的なプレイリストを何かの参考になればとご紹介。
後で聞いてみて、それは違うかなーとかこっちかなーとかもあったんだけど、
それも含めて(^^;)

では、今日はまずLOVEから。

君がいいんだ
冬のニオイ
ONLY LOVE
パレット
Eye's wity delight
チェックのマフラー
手つなごぉ
夏の名前
二人の記念日
夏の終わりに想うこと
Love situation
ROCK YOU
虹の彼方へ
Full of love
Love wanderland
One step
Winter days

まだまだ何か大事な曲を忘れているような気もするけれど、
とりあえずこんな感じです。
まさにLOVEな感じだったり、光を感じる曲だったり、春夏っぽい曲が多かったり。
キュンキュンしたり、切なくなったり、まぶしーーってなったり、
明るめの曲が多いですね。
おばちゃんもついつい若い頃に戻っちゃいます。

あっちなみに、言わずもがな。智CDは最初に作りました。
たぶんここでご紹介するまでもないかと(^^;)

あけおめ(遅) 今頃嵐ツボの智

かーーーなり遅くなってしまいましたが(^^;)、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いしますm(__)m
こんなに遅くなってしまったのは何かあったわけでもなく、
ただただラグビーと嵐の両方を追いかけるのに必死の毎日で、
いつも通り元気にしておりますよー。

実は嵐ツボを見た後に興奮して記事を途中まで書きかけていましたが、
どんどん長文になってまとまりがつかなくなり、くじけてしまったという…。←おいっ

それから、ツイッターしてると、あまり気持ちのよくない呟きとかも目に入ってくるわけで。
深読みすごいなーとか(正直、お前何様や!とつっこむことも)
大野くんが読んだらどんな気持ちになるんだろうーとか。
大野くんを擁護してるつもりなんだろうけど、他メンのことあーだこーだ言っても
大野くんがつらいだけなのに。私は大野くんが読んでないことを祈るのみ。
そんな感じで、ファンってこんな感じだったっけ…と気が重くなることも。

で、実は年始に書こうと思っていたのは、嵐ドキュメントの感想。
ところが、恐る恐る見てはみたものの、正直わざわざ感想を書くまではないかなーというのが
第一の感想だった。
ていうか、髭の大野くんが超セクシーでたまらん(〃▽〃)と大興奮(不謹慎(^^;)

大半は過去映像のダイジェストと言った感じだったしなぁ。
(祝奉曲の裏側が見れたのは嬉しかったけど(^^)
でも、あえて1月の会見の裏側を撮影していたということは
何らかの形で表に出すことを想定していたんだろうなぁ。
それを思うと、つらい。

知りたいけど知らなくていいこともあるし、
知ったからと言ってどうにもならないこともあるし、
どうやったって伝えきれないことある。
そして、大野くんにはただただ前だけを見ていて欲しいという気持ち。

正直、今回の分については、
会見までの数日間(あれだけ髭が伸びるのにどれくらい要するのかわからないけど)は
大野くん、どんな風に過ごしてたのかなーと心配になる。

インタビューはつぎはぎな部分が多く、本当はどうなんだろうというのが感想。
切り取られた部分の前後が気になってしょうがない。
正直、本人たちの意図するものがきちんと伝えられているのかという疑問も残る。
特に大野くんの。あえてあそこだけ切り取って…。インパクトはあるけどね。

大野くん、もういいんだよ。
もうそっとしておいてあげてよ…って言いたくなる。

でも、最後の松潤の言葉

全貌がわかるわけがない
その瞬間瞬間は嘘じゃない
その瞬間を元に想像はしてもらうことはできる

言いたいことはわかる。今回は序章に過ぎないんだろうし。
だったら次はつぎはぎじゃない編集されていない言葉が聞きたいな。

それよりもさー、私には嵐ツボが刺さったなー。
ていうか、序盤から大野くんの表情が冴えないように見えて(私の思い過ごしか)
なんか心配事でもあるんだろうかーと気になっちゃって。
自分の企画がどんな風に編集されて世に出るのか気にしてたのかなーとか
勝手に深読みしたり。
なんかいつもの大野くんと違うように見えちゃったんだよなー。

そしたら、あんな酔っぱらい智がー。
どういう流れでこういう企画になっちゃったのかわかんないけど
(ついつい裏を読みたがる(^^;)
塚ちゃんのことをそんな風に思う大野くんが私にとっては意外というか違和感で、
大野くんってどういう人なんだろう…ってちょっとわからなくなってしまったり、
ちょっと感情が迷子になる。

でも、「いい奴とは思わない」とか言い方が極端過ぎるけど、
「本当の内に秘めてるものはしまって生きてんじゃないか」って、
自分と重なる部分でもあるんだろうかとか。
でも、大野くんの予想をはるかに超えた塚ちゃんの危うさ。
悪い奴じゃなくて、いい奴過ぎておかしい奴だった。ほんとに大丈夫かなー。

メンバーの前ではあまり出さない大野くんの先輩感、男臭さにドキドキしたり、
かなりのドS気質で塚ちゃんがかわいそうになっちゃったり。
塚ちゃんの困ってる様子を見て、あんなに嬉しそうな大野くん。
悪魔のようで天使のような笑顔とか、もーっ。
でも、塚ちゃんにマジ説教したりして、やっぱりいい先輩。
と思ったら、またいたずら(^^;)
それに、あんな酔っぱらった姿見せて、無防備過ぎるやろーって心配になったり、
感情が右往左往。

まぁかなり編集されてるんでよくわからないけど、
なんで自分の家族の話になったんだろー。
塚ちゃんがかなり踏み込んだ質問してたのも気になるなぁー。
(仕組まれた?)

さて、実家に2~3年ぶりに帰ったっていう事実にまずびっくり。
もしかして休止のことについて面と向かってご両親と話すのはこれが最初だったのかなあとか、
(電話とかでは話してただろうけど)
そういうことがいちいち気になってしょうがない。
だとしたら、ご両親も心配だっただろうなあとか、どうしても親目線になってしまう。

ご両親の言葉。
頭が上がんねぇ。お前には言うことは何もない。

そんな風に我が子に言えるご両親はとっても立派で素敵だと思うと同時に
どこか申し訳ないような気持ちも抱えていたのだろうかとか思ったり。
大野くんはご両親にも相談しなさそうだしね。
つらい時に何もしてあげられなかったと後悔もあったかもしれない。
でも、きっとそんな部分も含めて、大野くんのことを認めてくれたんだろうなぁ。

10代の頃から芸能界と言う荒波で頑張って来たんだもんね。
自由になりたいという想いを抱えながら(それはずっとではないにしても
断続的に襲って来たんだろうな)
あの世界で生き続けることは並大抵のことではないよな、きっと。

そして、大野くんは単純に嬉しかったって。
きっとご両親の言葉が一番心強いんじゃないかなー。
今の僕があるのは父親と母親のおかげだから。
もうたまらんかった。ほぼ親目線になって聞いてた(T_T)

そして、大野くんがご両親のなれそめや子供の頃の思い出を話してくれたのが嬉しかった。
大野くんの原点。ご両親が笑ってく喜んでれることが幸せだった男の子。
そして、今ではものすごい数の人たちを幸せにしてくれてる大野くん。
自由になりたいという想いを抱えながらも走り続けて来れたのは、
ご両親との原風景があったからなんだろうなぁ。
私もご両親に感謝ですm(__)m

それにしても、めっちゃ酔っぱらってるなーと思ったら、自ら酔っぱらってる宣言。
山ほど質問していいよって。本来の目的はどこへ?
メンバーに迷惑をかけた云々の質問が塚ちゃんの口から。
(いやぁ、やっぱり仕込みかなーと思っちゃうんだよなー)

メンバーには感謝しかない。
十何年も前からやめたいと思っていた。
でも、こういう想いでいるということの理解を早くしてくれた5人。

5人も人間なので、
パズルのように全てがはまるというわけには行かなかったこともあると思うけど、
濃密な時間や言葉を費やして、私が想像している以上の絆で結ばれている5人。
大野くんと一緒にいてくれてありがとう。

それにしても、プレゼントが雑だな(^^;)
「きみ膵」の感想が「あ、なるほどな」って正反対やろ!って娘と一緒にツッコんだ。
そういう所が大野くんなんだけどねー。

大野くんの覚悟

遅くなりましたが、ライブビューイング行ってきました!
私、生よりこっちの方が性に合ってるかも…と思ってしまって、すまん。
まず、後ろの方の端っこの席だったんですが、すわって見れたので楽ちん。
(真ん中の方の席は立ってたけど)
それに、福岡ではメインステージを真横から見ていたのでどんな演出かよくわからず。
今回見て、おおーっこういうことだったのかーと。(見る位置で全然印象変わる)
それから、うちわを見てもらわんと!とかファンサくれー!とか邪心なく見られるので、
そういう意味では心が平穏。
そして、表情や一つ一つの動きがよく見える。
大野くん(だんだん痩せて行ってる気がするけど)、精悍な顔だったり、
ふにゃふにゃな笑顔だったり、しっかり堪能。
そして、ダンスがちゃんと見える。すごかった。素晴らし過ぎた。(語彙力欲しー)

この世で一番美しいのは大野智だとは知っていたけれど、それを更に更新していく。
本当に美しく華麗に軽やかに踊るんだよー。
自分の中の最上級が目の前にあるというか、超えて来る。
完璧って実在するんだなと思う。
そして、思わずリモコン探しそうになる。
ああああ、今のこの足の動き!とか、ターン!とか、
あーーー、巻き戻して何回でも見たくなる。
(早く円盤化してくれ)

ソロダンスはもう異次元。
ぴたっとはまる感じが心地よくて、感動的で。
こんなに心揺さぶられる人は他にはいないよー。
永遠に見ていたい。

歌声も綺麗で伸びやかで。
でも、なぜ最近「A・RA・SHI」のソロが不安定になるのか、気になってしょうがない。
「きっと大丈夫」の2番もね。
福岡で見た時も同じこと感じたので…。
でも、それ以外はほぼ完璧だったんじゃかなろうかと。
特に「復活LOVE」のソロ、ひゃーってなる。

ところで、今回わかったのが大野くんの探し方(今更?)
引きの画だったり、カメラが切り替わった瞬間って、
大野くんどこ?ってなるんだけど、
動きや顔とかで探すんじゃなくて、
無の人を探すと、すぐ大野くん見つかる不思議。

邪心が無いというかドヤ感とか主張する感じがなく、
ただ純粋に静かに表現してる人探すと、間違いなく大野くん。
俺すごいだろ、僕を見てみたいな感じが全くないんだよな。
(おちゃらけてる場合は別として)
それが探す手がかりなるとは思っていなかった。
たぶんまとう空気までもが大野智なんだ。

さて、この日はなぜかうるうるしていた私。
休止前のライブの大野くんを見れるのはこれが最後かも…
という思いもあったからかな。
歌ってても笑っててもうるうるしちゃうんだよね。

そして、挨拶。
前の3人が福岡で見た時とほぼ同じこと喋ってたから、
大野くんもそうなのかなぁ、でも何か違うこと言いそうな気もする…と
思っていたら、まさかの告白。

休止発表してから初めての4月のライブ。
不安だったし、怖かったんだね。
言葉を発するより先に涙があふれてしまう大野くん。
きっと私の想像している何倍も何十倍も怖かったんだろうな(T_T)

でもね、そんな心配することなんて何一つないんだよ、大野くん

と、その頃の大野くんに全力で伝えたい。
私の見る限り、みんな大野くんの想いを尊重していたし、
大野くんファンの大半はいつか大野くんがどこか遠くへ行ってしまうんじゃないかという
想いは少なからず抱いていたと思うし。
私の場合、抱いてはいたけど、現実となるとうろたえるばかりだったけど…。
とにかく大野くんの言葉を信じたい、そして待ちたいと思った。

でも、本当に優しい目で「僕ら」を見ててくれたから
最後までやり切ることができたと言う大野くん。

「僕ら」というのがいいよなー。
自分だけのことだけでなく、メンバーのことも心配だったんろうな。
自分のせいで嫌な思いをさせるんじゃないかと思っていたのかもしれない。
でも、ファンは5人をあたたかく迎えてくれてよかったねー。

そして、あれは「命がけ」の決断だったと。
それくらいの覚悟だったんだ。
まさに嵐に巻き込まれるように始まった嵐は、今とてつもなく大きくなってしまった。
ファンの数や思いはもちろん、とてつもない数字を動かす存在に。
それを一度はゼロにする決心をしたのだから、
自分がどんな状況に追い込まれてもしょうがないという覚悟だったんだろうな。

でも、それを言葉にしてファンに伝えてくれたということは、
大野くんの中で新たな覚悟ができたからなんだと思う。

「最後まで」ついて来てください。

正直、最後最後って何度も言わないでよ…と思ったし、
それが何を意味するのかわからないけど、
とにかく大野くんか私が死ぬまでついて行くしかないよなと私も覚悟を決めた。
(本気だからー)

福岡でアンコール前のバイバイの時の表情が天使みたいだったと書いたけど、
噛みしめてたんだろうなあ。
こんなにたくさんの人たちがみんな優しい目で笑顔で迎えてくれることを
心の底から。

4人もそれぞれの想いをきっちりと伝えてくれた。
不安で怖かったのは大野くんだけじゃなかっただろうし、
それぞれいろんな想いがあったと思う。
伝えてくれてありがとうー。

それにしても気になるのが
ニノの来年の12月31日11時59分59秒までって、
カウコンはーー?ってなる。
休止前の最後はジャニーズのメンバーと一緒のとこが見たい。
そして、できることなら来年の大晦日は一人で見たい。(号泣確実)

5×20 福岡(12/8)

5×20行ってきました。お一人様で。
まず、駅の駐車場の場所がわからず迷う(事前に調べたつもりなのにー。私のあるある)
やっと着いたと思ったら車が9台並んでて30分待ち(今までで最高記録かも)、
新幹線のチケット、娘の分をキャンセルしてもらおうと思って窓口行くも並んでて
このままじゃ新幹線間に合わんと断念。
結局帰って来てから、払い戻しの手続きしてもらいました。

いつもお友達の背中を見て移動していた私が
きょろきょろと表示を確認しながら、
ここどこだよ?あーこの景色見たことあるーとか思いながらうろうろ。
まぁ頼る人がいなければ、なんとかなるんだな。

今回は次女が行けなくなり、
本当だったら誰かに譲ってあげたいところでしたが、
本人確認あるから。
別に本人確認やるのはいいんだけど、こういう時のための対策を立てて欲しい。
4万人×何倍もの人が全員病気も事故もなく、
急な用事や学校行事とか転勤とか諸々が一切入らず、
この日を迎えられると思うなよーー。
それに空席を作ってしまうことの罪悪感。
ほんとどうにかして欲しー!

ラグビーワールドカップは公式のリセールのサイトがちゃんと用意してあった。
行けなくなった人は返金してもらえるし(手数料差し引いて)、
行きたかった人も正規の値段でチケット買えるし、
空席にもならないし、
いいいいこと尽くしなんだけどなー。

入場の時、もう一人は来れなくなったと言ったら、
その分のチケットは回収しますと言われました。
いやいやたとえ空席であっても、それ私がお金出して買ったんですけどー
と心の中で呟く。
記念に欲しかったな。

さて、愚痴はおいといて、ライブ。
席はメインステージを真横から見る感じ。
なんか見たことある景色だな…と思ったら、アユハピの時だ。
あの時よりは若干見やすい席ではあったけど。
そして、周りは見事に若い子ばっかりだよ…と思ったら、
斜め前に私よりも年上と思われる女性がお一人様で。
しかも智担!私の隣も前も智担だった。どんだけ。

これはもしかして?と思ったが、今回も全く見てもらえなかった。
こんなに見事に視線ってそらされちゃうもんなんだっていうくらい。
(もはや被害妄想)

でも、楽しそうだったね、大野くん。
挨拶で、前日も「想っていてください」って言ってたらしいね。
また同じこと言ってる(*^^*)と思いながら、嬉しかったわー。

でも、実は翔さんの挨拶の時点で、私は足も腰も限界でとにかく座りたくて。
でも、みんな立ってるし…と頑張ってたんだけど、
大野くんの頃にはきつくて冷や汗出てくるし、
我慢できずに座っちゃいました。
このまま回復しなかったら、もう帰ろうかと思ったけど、
しばらく座っていたらなんとか復活。
(でも、ちゃんと話は聞いていた)

あー年なのかなー。
ずっと立ちっぱなし、ほんときついんですけど。
単なる私の運動不足か?
シルバーシート作って欲しい。

話を戻して、前日の大野くんの挨拶読んで、ほんと粋なこと言うなーと。
ていうか、小悪魔だよなー。
そして、あったかい気持ちになるなー。

私は大野くんの言うこと、そのまんま受け取って
いつか戻って来ると信じてたし(期間に対する不安はあったけど)
大野くんを想わない日常とか微塵も考えなかったんだけど、

あらためて、
想っていてくださいとか、
思ってくれないと太っちゃうとか
太ったら想ってくれてないと思うからとか
言葉にしてくれると嬉しいな。

表現の仕方が大野くんっぽいなと。
なかなか普通言えないよ。
そういうのを冗談っぽくはあるけど、さらっと言ってしまう。
それは自信というより信頼。愛。
でも、想っていてくださいって言うことは、
それを引き受けるという覚悟でもあるから。
最高のラブレターでありながら、意志表明でもあるよね。

そういうわかりやすい言葉でストレートに自分の気持ち、伝えてくれたのが嬉しい。

歌声は最初はどうかな…と思ったけど、
だんだんよくなって、完璧過ぎてどうなってるんだろーこの人は…と
思ったら、ARASHIやきっと大丈夫の2番は音程が不安定に。
(ARASHIに関しては、前回の5×20もuntitledもだったんだよなー。なぜだろう)
その後、また持ち直して…という感じで、疲れもあるのか。
本人は疲れてない、楽屋に戻ったら疲れを感じるんだろうーみたいなこと言ってたけど。

私の今回の感動ポイントはいくつかあれど、
La tormenta 2004の大野くんのダンス!
見下ろす感じで距離はあったんだけど、ほぼ正面で
小さい大野くんを必死で見てた。
ほんとに綺麗に軽やかに踊るんだよなー。
あ~私の見たい大野くんがそこにいる!と泣きそうに。

そして、アンコール前のバイバイの時、
モニターに映し出された大野くんの表情。
客席を愛おしそうに見渡す顔が天使のようで、
本当に幸せそうだなぁ、本当に好きなんだなあと
泣きそうに。

そういえば、キュートな大野くんもいっぱい。
変顔だったり、まさかのお尻のアップだったり。キャー。
いやいや、どんだけ楽しいんだいっていうお茶目っぷり。
ファンの子の方が自分のことを知ってると言いながら、
ファンが何を喜ぶか心理を知り尽くしてるわ、こいつはーー!!

そして、たらったったったーの生声。
いやいや、普通にマイク通すもんだと思ってたから、びっくりだよー。
しかも、はっきり聞こえたよー。
安定感のあるよく通る声だったよー。
余韻に浸りたいのに、たらったったったーで楽しそうに会話って。
どんだけ楽しいんだよ。
いやいや、ほんといつかミュージカルやってくれ、ソロコンやってくれ、
ディナーショーやってくれーー。

そして、たくさん釣ったなーと言いながら、
でも逃したのもあるなーとか、どんだけ優しいのって思う。
MCの時だったか、大野さんの横顔が映るとほんと見とれる。
芸術品かと思う。

そして、踊る大野くんはとにかく美しくて、かっこよくて、
衣裳さえも踊りの一部になっていて。
歌声はソロの時はもちろん
ユニゾンの時も包み込むような安定感のある声が響き渡っていたなあー。

休止前、私はこれが最後の逢瀬かな…。
次は生智に会えるのはいつかな。
それまでおばちゃん、体力持つかな。
早く円盤化して欲しいな。

ていうか国立もまた5×20なの?
シングル以外の曲もリクエスト募集したよね。あれどうなったの?
嵐フェス的なのやるのかと思ってたよ。
私的にはそっちの方を聴きたいんですけどー。
そして、円盤化して欲しいー。

思いつくまま書き連ねてしまいましたが、
また何か思い出してたら出てくるかもしれません。
さて、次はライブビューイングだ!

行ってきます

今日は福岡に大野くんに会いに行ってきます。

でも、今回は一人。
一緒に行くはずだった次女が行けず。

申し込んだのは2月。
そんな先のことはわからないよね。
でも、当初は次女も行く気満々で、
ペンライトも春にライブに行ったお友達に買って来てもらって、
用意してたんだけど。

やっぱりリセールシステム作って欲しい。
委任状で譲渡できるとか。

本人だけでなく、家族に何かあればライブに行けない人もいるわけで。
そうなると、数万人×何倍もの人達がその日を何事もなく迎えられることの方が
奇跡なわけで。

本人確認するなら、そういうサポートシステムも同時にやって欲しかった。

でも、とりあえず一人で行ってきます。
ちょっと心細いけど、楽しんで来まーす!

Twitter始めました

嵐くんのSNS活動に全くついていけていない私(^^;)
とりあえずラグアカでフォローはしてみたものの
タイムラインがラグビー情報であふれているので、
試しに嵐アカ作ってみた。

ちょっとだけ呟いてみたけれど、
これからどうなるかは未定。

あれもこれもと手を出して、結局中途半端になりそうな気もするしなー。
とりあえずぼちぼちやろう。

大野くん、お誕生日おめでとう

今朝お弁当を作っていたら、次女が「大野くん!」と言うので、
テレビ見たら9年前の大野くん!!きゃーー、可愛いーー!!と心の中で叫び、
「若いねー」と平静を装っていたのは私です(^^;)

全く、朝から何てものを見せてくれるんだー!!
ZIPさん、ありがとうーーー\(^o^)/

若い若いと思ってたけど、こうして見ると確実に年とってるね(お前が言うな)
私も五十路だもんねぇー。
こんな五十代迎えるなんて夢にも思わんかったわ。
幸せ。むふっ。

とかなんとか言いながらまだ若干ラグビーに偏り気味な今日この頃。
そういえば、智会のケーキまだ注文してなかったーと気付く。(先ほどやっと注文)
画像選ぶのに10年前の大野くんをパラパラとめくり、お~たまらんなぁーと堪能。

そういえば、この間HDDの整理してたら、エンケンさんゲストの回でダブルダッチしてた。
(まぁ、いろいろ見落としてる今日この頃)
何気なく見てたら、おいっ、今の何?ちょっと待て!何が起きた?と巻き戻す。
大野くんのジャンプが異次元。
いやぁあれってさー、下に餅置いても足跡つかないんじゃないかと思うくらいの無重力っぷり。
(例えが(^^;)
床に着いてるの一瞬、しかも設置面積最小。足の筋力、バランス感覚異常。(誉めてる!)

大野くんのアキレス腱はアスリート並らしいし、
いやそれ以上か(〃▽〃)

久々度肝抜かれたなーー。
だって、最近動く大野くん見てないし。

そういえば、この間のラグビーの堀江さん堅樹くんゲストのしやがれ。
やっぱりクイズだったなーー。おもしろかったけど!腹抱えて笑ったけど!
ラグビー絡みのコーナーがスクラムマシーンだけとか、もっとやってーーーー。
堅樹くんいるんだから、ステップでディフェンス抜く方法とか教えてもらえばよかったのに。
(どこで使う?)
大野くん、キレキレでやってくれたと思うよー。

あっそうそう誕生日おめでとうって言いたかったんだけど、話がそれまくった。
おめでとうを言うのは10回目だよ。ていうことは、智沼にはまってから9年経ったのかあー。
お陰で日々の生活に新たな色が加わって、楽しいです。
ありがとうございます。

歌声は私の宝物だし、
ダンスは私にとって芸術そのもだし、
表情の一つ一つに癒されるし、
そこに存在してくれることが嬉しい。

これからもずっと応援していきます。
おめでとうーーー!!!

もやもや

ここは、シンプルにニノおめでとーと言いたいところだけど、
ずっともやってます…。

お相手はニノが選んで人だからとやかく言うことではないけれど
(でも、正直もやっとはしてるんだけど(^^;)
何がこんなに引っかかってるんだろうーと思ったら、
あの報告のお手紙の筆跡。

なんであそこだけ?ほんとにコピペ?
だとしたら、誰がそんなことを?
と頭の中ぐるぐる。

周りの状況や空気を読んで行動するニノが
ファンのことも嵐のことも大事に思っているニノが
あの不自然な手紙を公表することをOKしたんだろうか…と。
誠意を示すんなら、一から書き直せばいいだけのこと。
それができない事情が何かあったのか。

まぁ、私があれこれ考えてもどうしようもないんだけど、
とにかくこのもやもやが抜けない。

ニノも他の4人もとにかく幸せであって欲しいんだけなんだけどな。



そして、こちらはラグアカで呟いたもの。

糸井さんはラグビーをやりたいとは思わないらしい。
憧れを持って現実からちょっと離れた所で楽しみたいのだそう。
道ならぬ恋のようなもので、叶わないからこそロマンを感じるとのこと。
この感覚、私が日頃嵐やラグビー選手を追いかける感じと似てるかもなーと。

遠くから頑張る姿に感動や勇気をもらったり、
楽しんでる姿で笑顔になったり元気をもらったり。
正直私自身が理想を押し付けている部分もあるよなーとは思うこともあるんだけど、
適度な距離をおく事でいい感じに楽しませてもらってる。
彼らにも普通の生活や感情あるし、私は拝ませていただくだけで幸せ‥と思いたい。

なんだか綺麗にまとめちゃいましたが、ミソは最後の「思いたい」です。まだまだ修行が必要です!