FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 怪物くん
CATEGORY ≫ 怪物くん
≪ 前ページ       

*『怪物くん』な大野智 その3*

『怪物くん』最終話の感想、書きかけのままだったのを、やっとこさアップ。

最終話は、窮地に立たされた怪物くん。今までとは違い、おとなしく思い詰めた表情の怪物くん。
私は我が儘いっぱいやりたい放題の怪物くんが大好きなので、何とも寂しくせつなかったな〜。
怪物くんの切羽詰まった表情、ぐっと涙をこらえている表情もいいけど、やっぱりやんちゃな怪物くんが一番好き。

だから、最後「やっぱり帰らない」と駄々をこねる怪物くんが見られて嬉しかったよ。
うるうるさせられたしね。特にヒロシとの涙の別れの場面。もう私なんか役を越えて、感情移入しちゃったわ。せっかく仲良くなったのに、もうすぐクランクアップしちゃうのね…みたいな〜。

でも、ウタコってそうだったの?いや、それっぽい描写も無きにしもあらずだったけど、私は気のせいか…と思ってたよ。そっかぁウタコがね〜。って、なぜそこに食いつく。
何かピンと来なくてさ。怪物くんのどこがいいのかな…って(失礼な)。いや、私も好きだけどさ…。

そうそう、私が思わず反応しちゃったのが、フランケンの「ありがとう」。いい声なんだもん、びっくり〜。思わず惚れそうになったわよ。

他に印象に残っているのは、デモキンに刺された時の怪物くんの表情。すごすぎて、圧倒されたわよ。ほんと、この人はただもんじゃないわ!って。その後の決闘もかっこよかったし。(でも、私は体育館での立ち回りの方が好きだったなぁ〜。コミカルなんだけど、動きにはキレがあるみたいな)あ〜『転世薫風』を是非観たくなってきたぜよ。


スペシャル版では、怪子ちゃん登場にびっくらこいちゃったけど、最後のオチが怪物くんらしいなと。とりあえず丸く収まったからいいのか。

しかーし、私が思わず飛び上がりそうになったのが、怪子ちゃんからのほっぺにキス!!ぎゃ〜こんなシーンがあったのねぇ!!ちょっとぉ、何よ相手は大野くんよ!嵐以外の人からキスされる大野くん、初めて見たわ。(昔、ドラマで男の人とチューしてたけど、それはカウントしないから…。それはなぜ?)しかも、まんざらでもない感じの大野くん…じゃなくて怪物くん、どうなのよ!


何だかんだとすっかり怪物くんの魅力にとりつかれてしまった私。あ〜1年前の放映時、完全にスルーしてしまった自分をしかってやりたいわ…。

私が思うに『怪物くん』の魅力って、むき出しの感情やめまぐるしく変わる表情じゃないかと…。普段の大野くんはああいう表情なかなか見せてくれないですしね。
バラエティ番組でも自分からはあんまりしゃべんないし。
でも、瞬間的にスイッチが入って、思いがけない表情を見せてくれたり、予想外の言動で笑わせてくれたり。そして、またしゅっとオフっちゃう彼の変化を見るのが大好きなんですけど…。

そういうのが『怪物くん』ではみっちり見られるっていうのがね。たまらないのかも。
やんちゃで我が儘な感じで感情を爆発させる大野くん…じゃなくて怪物くんがたまらなくかわいいんです。三十路前の男性とは思えない。しっかりがっつり怪物くんなんです。
でも、思い詰めた表情とかは目元が妙に色っぽかったりして、萌えましたねぇ。(結局そこかよ…)

怪物くんだから…ということで、意識して声色を特別子供っぽくするということでもなかったのもよかったな。
時にはほんとの子供の様に駄々をこねたり、「パーパー」とか言ったりするんだけど、全然違和感がないという奇跡の29歳だったし。
不機嫌な時や真剣な時は普通に低めの男の人の声だったりするんだけど、それもまたなぜかしっくり来てたな〜。
ほんといろんな声色が聴けたっていうのも怪物くんの魅力かもね。

あ〜『怪物くん』のDVDも欲しいし、『転世薫風』のDVDも欲しい。どうしよう〜。
それに、某チューブで『怪物くん』や『魔王』のメイキングを観たんだけど、そしたら『魔王』のDVDも欲しくなっちゃってさぁ。(本編にははまらなかったのにね…)
あ〜ん、困ったよ〜。


                     



TWITTER mixiチェック 楽天プロフィール シェア

*『怪物くん』な大野智 その2*

『怪物くん』vol.3〜4(第5〜8話)観ました。
あいかわらず楽しい、おもしろい、萌える(*^^*)。そして、大野くんのコメディセンスは相当なものだと思う今日この頃。

『魔王』には惹かれなかった私なのに、なぜなぜ…こんなに怪物くんには惹かれるのか…と考えてみた(あいかわらず暇人だな…)。そして、きっとあのむき出しの感情なんだと。
素の大野くんも正直で裏表のない人だと思うけど、あんなに喜怒哀楽が激しくないので(怪物くん並に激しかったら、そりゃたいへんだ)、感情が前面に出てくることはないけど、怪物くんの場合はむき出しの感情がストレート過ぎるくらいストレートに表現されていて、そこには一切手抜きがないんですよね。

かなり我が儘でやりたい放題な怪物くんなんだけど、なぜか憎めないのは、それは怪物くんがあまりにも正直過ぎるから、そして無垢過ぎるから…だと思ってます。

そんな怪物くんのめまぐるしく変わる表情に釘付け。あのべらんめえ口調がたまらん。ふてぶてしい態度が男っぽくて素敵。それから、思い詰めた表情が色っぽすぎて、見とれちゃんだよな〜。
ここにもいたか、ギャップ王子!
(『怪物くん』なのに、こんな所にいちいち反応する私は大丈夫でしょうか(^^;)

それに、声のギャップ。
とにかくいろんな声が聞けるので、もう声フェチとしてはたまりません。
話し声でも3オクターブ出してるんじゃないかと思う今日この頃。
だって、第6話で隣に引っ越してきたデモリーナに「おもしろい方」と言われた時の「何だ、それ」が超低音でびっくらいこいて、何回もリピートしちゃったんですけど。
それにラスト『Monster』がかかると、これが同一人物の声かとギャップにまた惚れ惚れしちゃうし。

なかなか本編の感想にたどり着けないじゃないか…。
ということで、第5話は恋の話。
恋を知らない大野くん…じゃなくて怪物くん。やだ、そのテーマだけで萌えるんですけど…。
しかし、恋=ナンパという図式はいかがなものか…と思うけど、ナンパにことごとく失敗する怪物くんがラブリー過ぎるから、無問題。もう爆笑した!
でも、「やめろ、変態!」のくだりがまさか最後にああいう形で発揮できるとは…。脚本、万歳!

それにしても、ドラキュラの叶わぬ恋があまりにもせつなくて、うるうるしましたよ。一人で観てたら危なかった…。
そして、ドラキュラ達の後ろ姿を見て微笑む怪物くんが超絶ラブリー。笑顔、最高〜!!

とにかく脚本がおもしろいですねぇ。
毎度シンプルで身近なテーマを描いてるんだけど、それを怪物くんなりにちょっとずれ気味に解釈して成長していくという。それにしても今回のずれ方は半端無かった。とにかく爆笑した…。

まさか、ドラキュラに対する思いを「恋」と勘違いしちゃうんなんて〜。
そして、フランケンや狼男も大好きだと宣言する怪物くん。
彼らに対する愛情が思わぬ形で発覚するというこの展開が大好き。

今回、怪物くんは残念ながら恋はできなかったけど、いずれ彼も恋をするんでしょうかねぇ。
おばちゃんはちょっと寂しい…。


第6話の見どころは何と言ってもバク転!(って、そこか…)
いやぁ、すごいですよねぇ。これスタント無しで自分でやっちゃったんですよね。子供達もすごーいと驚いてました。


第7話で印象に残っているのは、「つらい思い出だって、最高なんだよ」の怪物くんと、癒えぬ傷を抱えたままのデモリーナとの対比。
怪物くんがおもしろいのは、敵役が単なる悪者として描かれていないところ。
悪魔でありながら、物事の核心ついてたりするんだよねぇ。でも、それは決して叶わぬ理想…なんだけどね。

それに、ヒロシやウタコも善人ではなくごく普通の人として描かれている。欲望に負けちゃったり、嘘ついたり、お金に振り回されたり。そこがいいんだよねぇ。

他に印象に残っているのは、最後、ヒロシとウタコが自分のことを覚えていてくれたとわかってほっとするシーン。
「何だ、お前」「バカタレが…」の時の表情がものすごくいい。照れと嬉しさが微妙に混じり合った表情がナイス過ぎる。


第8話では、大野くんと松兄がバドミントンしたり、ターザンロープしたり、ハンモックでお昼寝したりとお宝映像満載。(いや、そういう趣旨じゃありませんから…)

さて、ここだけの話ですけど(^^;)、私…どうしても怪物くんじゃなく大野くんにしか見えない表情が一カ所だけあるんです。
バーベキューのシーンで、「これ、入れちまえよ」と言って、なす?を皿に入れてあげる時の表情。これがどうしても大野くんにしか見えず、何度もリピートしてしまいました。
どう説明したらいいかわかんないけど、思わず人の良さがにじみ出ちゃったみたいな〜。
私的には見た瞬間、大野くんの顔だ!と思ってしまったんですよね。ほんと…ここだけの話です(笑)。

さて、ストーリーも大詰めにさしかかってきました。
怪物くんの口から、まさかあんなにせつなく苦しい「うるさ〜い」が聞けるなんてね…。
彼の思い詰めた表情と共に胸に迫ってくるシーンでした。

さて、後は最終話を残すのみです。

実は今DVD-BOX買おうかどうしようか迷ってます。
第一に怪物くんを手元に置いておきたい、スペシャル版も観てみたい、そしてメイキングが是非観てみたい。
近々臨時収入があるかも…なので、そしたら買っちゃうかも〜。

実は、先月WAONがけっこう貯まっていたので、それで浮いた分の食費を嵐のライブDVDにまわすつもりだったんです。でも、我慢して募金にまわしたんです。(WAONじゃなくて、浮いた現金を赤十字の口座に振り込みました。募金は今後も毎月少しずつでも続けるつもり)
しかし、怪物くんは我慢できそうにないので、買っちゃうかも…。

                       



TWITTER mixiチェック 楽天プロフィール シェア

*『怪物くん』な大野智 その1*

大野智くんファンになって半年余り。
歌って踊る大野くんも、バラエティの大野くんも、スイッチがオフの時の大野くんも、瞬時にオンになる大野くんも大好きな私ですが、なぜかドラマの大野くんにはときめかないという特異体質(^^;)。
成瀬領にも肇にもときめかなかったんですよねぇ。自分でも不思議だけど…。。(『歌おに』には若干ときめいたけど、ストーリーがいまいち)

だから、『怪物くん』に関しても全く興味がなく。(当時次女と一緒に観ている夫を見て、子供か…と心の中でつっこんでいたくらいですから…)
でも、大野くんファンになったからには、年末の映画に備えていつかレンタルしようとは思ってたんです。で、春休み暇な次女が観たい観たいと言うので、最寄りのTSUTAYAに行ってみたらなんとない!!
結局ネットでレンタルすることに。そしたら、『C・D・Gの嵐』のDVDもレンタルできる!
早速『怪物くん』と一緒に予約(^^)v。

                     

以前、過去嵐をめぐる旅に書きましたが、情報番組に出る怪物くんに萌えたことはあるんですよね。
でも、その時はビジュアルは怪物くんなのに素のテンションでしゃべる大野くんに萌えちゃったという。さて、本編の怪物くんな大野くんはいかに〜。

『怪物くん』4話まで観たんですが、いやぁよかった、ものすごくよかった…。いろんな意味でよかった…。

実は、子供向けだから…とかなりなめてかかってました。
嘘を否定しないとことか、お金のありがたみを100円玉で表現しちゃうところとか、「悪口最高〜」とか発想がすごいですよね。(だから、私は夫の愚痴がいくらでも出てくるのか…って、それは置いといて)

しかも、第4話は最後来ましたねぇ〜。まさかこういう重い展開になるとは…。
子供たちと一緒に観ていたので何とか耐え抜きましたが、一人だったら確実に号泣してました。
佐々木すみ江さん、憎たらしいおばあちゃんやらせたら天下一品。『ふぞろいの林檎たち』を思い出しましたよ。でも、それだけじゃない…あったかみもちゃんとありました。

そして、大野くん演じる怪物くんのいろんな声、仕草、表情に釘付けになりました。
基本かわいいんだけど、時折表情や仕草、声色が色っぽくてドキッとさせられるんです。
成瀬領にも肇にも萌えなかった私がなぜか怪物くんには萌えるという…全く持って予想外の展開。やっぱり特異体質なのか…。

まず、言わずもがな…手がきれいなんですよねぇ。耳を触る手とか、スプーンを持つ手とかいちいち反応しちゃいます。あの力の入ってない感じがいいんですよねぇ。
何話だったかなぁ(3話?)。終盤、こちらに向かって指さす場面があるんだけど、その時の小指が力が入ってなく若干伸びてて、思わず「手がたまらん…」とつぶやいてしまったし…。

表情でいうと、第1話での…人間界で初めて念力が使えてびっくりした後のどや顔っていうのか、しめしめっていうのか、上手く表現できないんだけど、それがたまりません。
こういう表情ってなかなか見れないよな〜と、思わず夜一人で何度もリピートしちゃいました。

とにかく我が儘いっぱいやりたい放題の怪物くん。
私は、子供向けであってもこういうキャラって本来苦手なんですが(見ていてイライラしてくる…)、なぜか怪物くんは憎めない。ていうか、むしろかわいい〜。もっと我が儘言って欲しい〜!
大野くんが演じているからなのか、純粋に怪物くんが好きなのか、脚本がいいのか、よくわからないんだけど、抵抗なく受け入れられる…どころか思いきっり楽しんでます。

だから、ふてぶてしい怪物くんが大好物。特にソファでふんぞり返っている怪物くんが大好き。

そうそう!フランケンを座椅子代わりにする怪物くん、そしてフランケンの腕に手を絡めて寝ている怪物くんが超絶かわいくて、お持ち帰りしたいくらいです。

それに怪物くんと愉快な仲間達とのコンピネーションが絶妙でものすごくいいんですよね。
間の取り方とかはもちろんあの空気感がたまりません。

ネットレンタルなので、5話以降を観れるのは2〜3日後になりそうですが、楽しみだ〜。



TWITTER mixiチェック 楽天プロフィール シェア