FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP今日の日はさようなら ≫ *『今日の日はさようなら』感想 その3*

*『今日の日はさようなら』感想 その3*

なかなか思うように更新できず、のんびりペースですみません…。
今日は、ウラ嵐のDisc2を久しぶりに聴いて、若い頃の大野くんの声に聞き惚れてたよ(*^^*)

では、その3!
ドラマの感想というより、私の個人的な思いをぶちまけてみました…。
ま、独り言だと思って、読み飛ばしちゃってください(^^;)

耕太を取り巻く家族を始め、いろんな登場人物がいましたが、一番印象に残っているのは
実は…山田涼介くん演じる原田くん。

私見る前に、原田くんってこんな感じなのかな~ってイメージががあって。。
ずっと入院しながらも健気に前を向いて生きていたけど、ある日亡くなっちゃうっていう…ね。
そのことで、耕太の心に大きな変化を呼び起こすみたいな~。
あっ、でも全然違った(^^;)
どちらかというと、呼吸さんがそんな存在だったね。
毎日毎日体操をしている呼吸さん、とっても前向きで素敵だった。大好きだったな。

で、原田くんは…というと、最初あのしゃべり方や独特の雰囲気がえっ…って感じだったんだけど、
徐々に引き込まれていきました。

耕太とは対照的な原田くん。
何を考えてるのか、よくわからない。ちょっと屈折してるよね。
そう言えば、院内にはいっぱい知り合いがいるのに、家族が一切出てこないし、話もしなかった。
外泊許可が出た時も一人募金活動をしたりと、実は彼には耕太に話したい…と思えるような家族は
いなかったのかもね(考え過ぎかな~)
義足を見せて募金を募るなんて、自虐的とも思える行為。
独特の感性が怖くもあり、逆に惹かれる部分もあり。

長い入院生活の中で、生きることに執着しない練習をする彼。
私もちょっと似たようなところがあるかも…と思ったりして。
私の場合、状況とかは全然違うけど、楽しみにしているがあっても、
期待しすぎないように喜びすぎないようにしちゃうところがある。
あえて心配事を探してる自分がいる。
何かあった時の保険なんだろうなぁ。(めんどくさい性格なんだよ(^^;)

とはいえ、彼の置かれている状況とは余りにもかけ離れているわけだけど。
霊安室で癒される彼を見て、さすがにこの人あぶないって思っちゃった。
悪趣味とさえ思えるような…。
恍惚の表情を浮かべる彼を見て、心配になった。
ダメ、そっちへ行っちゃ!って。

私、山田くんの演技をまともに見るのは初めてだったけど、
この人すごいかも…って思っちゃいました。
独特の役柄で本人は悩んだりもしたみたいだけど、そういうのをみじんも感じさせず、
すっかり原田くんでした。

実は、この役を大野くんにやって欲しい…と心密かに思ってしまった私。
耕太の役は、理解されやすい感情移入しやすい役だけど、
原田くんの役は、理解するのに時間がかかるし、
一歩間違うと単なる気味悪くて危ないヤツになってしまうという危険性もはらんでいて。
でも、そこは山田くんがきちんと自分のものにして、すっかり原田くんだった。

そんな役を大野くんがやってみたら、どんな感じになるのかなぁ~って。
成瀬さんとはまた違うちょっと狂気の入った妖しげで儚げな感じを。
大野くんを耕太とは違う意味で追い詰めてみたい。
そしたら、彼はどんな風にしゃべって、どんな表情をするんだろうって。



深キョン演じる大久保先生の抱えている心の傷。
ちょっと見方を変えたら、彼女も楽になるんじゃないかと思えた。

ドラマを観た後に、ふと学生の頃の友人のことを思い出してしまって。
ある日突然、遠くへ旅立ってしまった友人。
ものすごく親しいというわけでもなかったけれど、美人でユーモアもあって、
さりげなく気遣いのできる素敵な人でした。
私なんてダメダメなのに、さりげなくアドバイスしてくれて、上手くできるとやけに褒めてくれる。
一緒にいて、嫌な思いなんて一度もしたことなかったなぁ。

でも、今思うと、自分の中にいろんなことをため込んじゃってたのかなぁってね。
自分の思ってること吐き出して、時には周りのせいにして責めたり愚痴ったりしても
よかったんじゃないかって。
そうすることで、少しは気持ちが楽になると思うから。

でも、突然いなくなっちゃった…。
何が起きたのか、どうしていなくなっちゃったのか、わからないけど。
私には、彼女が周りの大切な人のことを忘れていなくなった…とは、どうしても思えない。
周りの人のことを考えなかったなんて、思えない。
周りを傷つけたくないから、いなくなっちゃったのか…。

今更何を考えたって、藪の中ですけどね。
とにかく、大久保先生の彼氏が送ってきたメール。
心配をかけたくない。いつもの自分のままでいたいという思いだったのかもしれません。

いずれにせよ、あまりにも罪作りなことに変わりはないけど。
ドラマの感想というより、自分の勝手な思いをつらつらと書いてしまったなぁ~。

たぶん…、その4に続きます(^^;)
スポンサーサイト



Comment

No title
編集
yonkoさん,こんにちは。久ぶりにコメントします。

 ドラマの感想を読ませていただき、改めて人は色々なもの抱え生きているのだと思いました。顔や言葉には出さなくても人それぞれにありますよねー
つらいこともあるけど、小さな「笑顔」を積み重ねて生きていきたいですね。
  「ニッポンって笑顔!」
  
 ニノさんは「不満を言っていいところ」と答えていましたね。
「時には泣いていいよ。弱いとこ見せても大丈夫~♪」の環境って大切ですよね!

 耕太くんもお母さんには当たったりしていましたね~  
 家族にとって周りの人にとって安心できる存在でいたいと思っていますが、ダメダメ母の私は子どもに愚痴を聞いてもらっています~

 yonkoさんがおっしゃるように原田くんの役を大野くんで見てみたいような気もしますね。
儚く妖艶で、でも何か深く強い思いを秘めた青年・・・
 
 24時間テレビの大野くんはどれをとっても引き締まったいい男でしたね~
 人間としてもさらに成長、進化した気がします。
 益々惚れちゃいますよね❤❤❤ 
2013年09月04日(Wed) 10:43
No title
編集
yonkoさん、こんにちは。

私は、大野くんには大野くん自身が悩み込むような役はしてほしくないなぁと思っています。
今回は、役作りは特にしなかったって言ってたけど、それでも家族にも会わなかったし、お酒も飲まなかったって。
そういうことがなく、フツーに過ごせて演じられる役がいいなぁって今は思います。

私、『今日の日はさようなら』はまだリピ出来てません。
あえて見ないようにしています。
その代わりと言ってはなんだけど^^;、ドラマ『怪物くん』のメイキングを見てます。
大野くんの楽しそうな様子に元気をもらってます。
2013年09月04日(Wed) 11:33
さとママさんへ
編集
久しぶりにコメントいただいたのに、
お返事がおそくなって、ごめんなさい…。

何かで読んだんですが、笑顔が素敵な人ほど
実はたいへんな経験をしてたりする…って。
なるほどな~っと。
いろんな経験を経たからこそ得ることができた笑顔。
私もそんな風になれたら、いいけど…(^^;)

私もよく愚痴ってますよ。
前はそういう自分が嫌だったけど、
今はそれで気持ちを切り替えたり、
前に進むことができればいいかな~って。
でも、愚痴もほどほどにしとかないとなぁ(^^;)

原田くんの役、かなり難しい役柄だけど、
大野くんだったらどんな風に演じるんだろう~って、興味があります。
危なっかしいようで、実は芯はものすごく強い人だと思うんですよね。

大野くん、何だかどんどん頼もしくなっていってるような気がします。
安心感と包容力がますます増していってるような。
あ~、大好きだ~(*^^*)
2013年09月09日(Mon) 22:13
ようこさんへ
編集
お返事がおそくなって、すみません…。

私は、ドSなのかな~(^^;)
追い詰めたい!智ならできる!って、思っちゃう。
『Blue』でも、嫌な仕事も引き受けてやるし、結果得るものがあるから…
みたいなこと言ってましたよね。
いろんな役を演じてる大野くんも見てみたいし、
それを乗り越えた大野くんも見てみたいのかも…。

ドラマもじっくり見返したい…と思ってるんだけど、
なかなか一人の時間がとれず。
見る度に感じ方も変わってくると思うので、
そんな自分を見てみたい…っていうのもあるのかな。
きっと今見るのと、十年後に見るのではまた違うだろうし。
そういう意味でも、私にとって大切なドラマとなりました。
2013年09月09日(Mon) 22:29












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL