FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP24時間テレビ ’13 ≫ *『今日の日は』キャスト最高+追記*

*『今日の日は』キャスト最高+追記*

とうとう来ましたね。『今日の日はさようなら』のキャスト発表。
実は、昨夜ネットでこの情報を見つけて、この記事を途中まで書いてました。
そしたら、『ZIP』で流れたね。やったぁ、解禁だ~!
でも、1日バタバタしていて、しかも『星男』もしっかり観たので(怒濤の展開がおもしろい)、
アップがおそくなっちゃった(^^;)


まずは、お父さん役…三浦友和さん

これは嬉しい。ものすごく嬉しい。
私百恵ちゃんは大好きだったけど、ドラマや映画はあんまり観たことがなくて。
(我が家は厳しくて、9時以降はテレビを見せてもらえなかったんだよ…)
だから、友和さんに関しては、どちらかというとお年を召してからの印象が強い。

友和さんのそれまで抱いていた爽やかな好青年の印象がガラッと変わってしまったのが、
高村薫原作でNHKでドラマ化された『照柿』(*1)合田刑事役。
それまでに抱いていたイメージとは全く違う役柄が印象的でした。
実は、骨太なすごい役者さんなんじゃないか…と、その時初めて思い知らされました。

そして、『世界の中心で愛を叫ぶ』(TBSドラマ)の父親役もとても印象的だったな。
ラストの手塚里美さん演じる妻とコロッケ(だったけ?)を二人でほおばるシーンは
涙なくしては見れなかった。

それから、忘れてならないのが『流星の絆』 いやぁ、私まんまと騙されましたね、信じてたのに…。
これまた泣かされました。

ほんとにね、いろんな役柄をこなす素敵な役者さんで。
素の印象は、照れ屋さんなのか…ちょっとぶっきらぼうな感じでね。
でも、愛があるっていう感じなんですよ。

そういう方と大野くんが共演できる…。嬉し過ぎます。


母親役…岸本加代子さん

ごめんなさい…。私、声がダメなんです。
私、芸能人に関しては、声の印象で好き嫌いが決まっちゃうくらい重要で。
(日常生活では、声なんてほとんど気にすることないんだけど…)

『27才 LOVE気分』は観てた覚えがあるなぁ。
これって武ちゃんがサッカー選手の役でちょろっと出てたんだよね。それしか覚えてない。
他は、向田邦子さんのドラマとかに出てた印象があるけど、これもよく覚えてない。

でもね、私の好みをのぞけば(^^;)、素晴らしい女優さんだと思うので、
きっと素敵なお母さんを演じてくれるよね。


姉役…ミムラさん

あ~、これもいいね。ぴったりだと思う。
ミムラさんの柔らかな雰囲気がものすごく好きでね。

印象に残っているのは、やっぱり『銭ゲバ』だなぁ。
単なるお嬢様じゃない難しい役柄だったと思うけど、しっかり演じられていました。

そして、『37歳で医者になった僕』
このドラマ、私は泣いてばかりだったんだけど…。
ミムラさん演じる女性は、基本前向きで明るくて健気で。でも、それが嫌味じゃなくって。
でも、ある時に水川あさみちゃん演じる女性にもらした本音に号泣しちゃったんだよ。


恋人役…木村文乃さん

最初、ピンと来なくて。名前も顔もどこかで見たことあるような…。
と思ったら、docomoのCMに出てた人だったんだね。何となく覚えてる。

そうそう、確か『メレンゲの気持ち』に出てたよね。
ぱっと見、しっとりした大和撫子っぽい感じかな…と思ったら、
意外とさばさばとした男前な感じで、好感持った覚えがある。
きっと素敵な恋人になるんだろうなぁ。ちょっと妬けちゃうけどね…。

あ~、着々と進んでいるんだね。
耕太くん、どうしてるのかな…。
ワンシーンワンシーンを大切に演じていますか?
一日一日を大切に生きてますか?
もうね、想像しただけで泣きそうなんだよ。

だから、ブログ巡りをしていても、このドラマの情報とかについてはちゃんとは読めない。
斜め読みしちゃうの、さらーっと。(読んでるじゃないか)
だったら、読まなきゃいいのに。
やっぱり気になるんだもん。複雑な乙女心ですよ。

で、ここまでが昨夜書いた記事(^^;)


スタッフ陣を見て、きっと素敵なドラマになると信じていたけれど、
実際、共演者の方のコメントを読んでいたら、ますます楽しみになってきた。

三浦さんの言葉からは、大野くんの揺るぎない意気込みと覚悟を。
(私の甘さを思い知らされる…。ダイエット、まだまだだよ~)

ミムラさんの、闘病ものをつい避けてしまうという気持ち、私もよくわかります。
でも、脚本で見方が変わったとのこと。
脚本とキャスト、これだけの強力タッグを組んだら、怖いものなんてありません!
「人の色彩豊かさ」「いい意味での納得」これだけでも素晴らしい作品だということが
確信できます。

木村さんの、必死に向き合っている姿。しっかり見届けたいと思います。
岸本さんの「幸せに過ごすことができました」という言葉も印象的です。

そして、河野Pの「皆さんのたたずまいは、まさに本物の家族でした」にうるうる。

確かに、『ZIP』で流れた撮影風景は、あまりにも自然な家族のありようでした。
そこに流れる空気があまりにも優しくて自然で、ずーっと見ていたい、
ずーっとこの時間が続いて欲しい…と思えました。
岸本さんと大野くんの距離感があまりにも自然過ぎて、嫉妬するのも忘れるほど(^^;)

そして、大野くんの噛みしめるような一言一言に、すでに泣きそうです。
ミムラさん、あの表情はいけません。朝っぱらから感情揺さぶられまくりでした。
家族の手前、何とか我慢したけど…。

そうそう、主治医の役は、嶋田久作さんでしたね。
これまたナイスキャスティングじゃないですか。
好きなんですよね~。
最初に意識したのは、『この愛に生きて』だったなぁ。
そう言えば、最近どこかで見たような気がする…と思ったら、そうそう!『魔王』でした。あはっ。

他にあがた森魚さんや光石研さんも出るとか…。
あ~、素晴らしいキャストです。私の好みのキャスト過ぎて、幸せ過ぎます。

きっと、大げさでなく、淡々と、でも、しっかりと描いてくれますよね。
ほんとに楽しみです。


(*1)『照柿』がきっかけで、一時期高村薫さんの作品を読みまくってました。
合田刑事は、いくつかの作品に登場していて、ちょっと癖も陰もあるんだけど、
でも、なんだか静謐な印象もある魅力的な人物。
やっぱり一番好きなのは、『マークスの山』かな。


*追記*
昨日、『ZIP』でドラマの撮影風景が流れたので、『スッキリ』も念のため録画しておきました。
でも、昨日はなかなか見る時間がなくてね。
そしたら、昨夜ネット上で偶然その時の画像を目にしてしまって…。
一瞬だったけど、すぐにスクロールした…。耐えられないよ~。もう涙をこらえるのに必死。

で、今日はとりあえず、早送りしながら、画面に集中しないようにして、編集だけしました(^^;)
だめなんだよねぇ。一瞬目の前を横切った映像。見たら絶対泣いちゃうな…と思って、
見れなかった。
せっかくだから、この涙は本編を観た時に思う存分流そうと思って。だから、しばらくおあずけ。
(とんだドSです(^^;)
確かに、あんな姿を見るのがつらい…っていうのもあるんだけど…。
せっかくだからね、なるべく情報を入れずにまっさらな状態で臨んで、
新鮮な気持ちで、いろんなことを感じ取ってみたいな…と思ってます。

あ~、でもどうしよう…。テレビ誌とかに、撮影風景とかどんどん載るよね(^^;)
スポンサーサイト



Comment

ドラマ
編集
昨日発表だったんですね。私またしてもws見逃しました。でも色んな所で画像見たんで満足(^^)でも、見ただけで涙でそうです。昨日今更ながら、ドラマのHPを覗いて内容読んだんですが、ヤッパリ泣けそう。
三浦友和さんは私も、咄嗟に出たのが流星の絆。でも、このドラマリアルタイムでは一話で挫折しました。
(だって若い頃から好きな作家さんで原作読んでなかったから楽しみにしてたのに、まさかの演出で....でも、去年再放送で最終回だけ見ました。しかも原作まで読んでしまったし。)
岸本加世子さんのお母さん役は意外でした。最近あんまりドラマ出られてないですもんね?でも嬉しかったです。昔、美空ひばりさんの役をドラマでされてたんですが、素敵でした。
ミムラさんは、ドラマあんまり見た事なくて...斎藤さん?に出てたような...三浦さんに岸本さんにミムラさん、素敵な家族が見れそうですね。恋人役の木村さんは私全く知らなくて、思わずネットで調べてしまいました。yonkoさんの仰るように、役はおしとやかな事が多いそうですが、ご本人はサバサバした方の様です。
あと1ヶ月ですね。画像を見ると大野君少し痩せてほんとに病人に見えるんですが、こんな姿で大野君に泣かれたら、大泣きしそうです。
2013年07月24日(Wed) 13:28
こんにちは♪
編集
yonkoさん、こんにちは♪
yonkoさんちもTVは、9時まででしたか。
うちもです・・・だから、百恵ちゃんの‘赤いシリーズ’見たことなかったし、
‘ベストテン’も学生の時は、ほとんど見たことなかった(;_;)

友和さん、かっこいいですよね~「流星の絆」は、ニノちゃんファンに
そして嵐ファンになったきっかけの作品で、私も百恵ちゃん大好きだったので、
「百恵ちゃん、ニノの演技見てるかな~」なんてちょっと嬉しかったし、
今度も「百恵ちゃん、智くんを見てるかな~」と想像するだけで、テンション上がります。(^O^)

ドラマすご~く楽しみなんだけど、果たしてちゃんと見れるか心配です。
映画「風立ちぬ」を見ようか、どうしようか悩んでいたんですが、
練習で(なんの練習(^O^) 見に行こうかな~なんて・・・
ダンナに「一人で、泣くの恥ずかしいから一緒に行こう」と誘ったのですが
「夫婦二人で泣くのも恥ずかしいやろ」と言われ、近々一人で見に行く予定です(^O^)
2013年07月24日(Wed) 14:42
こっこさんへ
編集
これから24時間テレビに向けて、ちょこちょこ情報も流れると思うので、
『ZIP』とか毎日録画しておいた方がいいかもしれませんね(^^)

私は、なるべく事前情報は入れずにドラマに臨もうと思ってます。
本編見る前に号泣しそうだし(^^;)

『流星の絆』は、クドカンワールド全開でしたからね。
東野さん好きな方には、かなりの違和感かも…。
私的には全く問題なく(^^)
笑えるけど、大切な部分もきっちりと描かれていて。
後で原作を読んだけど、ドラマの方が好きでした。
足されている台詞とかも、ものすごく納得できるものだったし。

岸本加世子さん、確かに久しぶりに見ました。
大野くんの隣にいる岸本さんはあまりにも自然で、
素敵な家族なんだろうなぁというのがひしひしと伝わってきました。

ミムラさんは、大野くんより年下らしいですね…。
落ち着いてらっしゃるので、30歳越えてらっしゃるのかと
思ってました(^^;)

木村さんは、透明感のある綺麗な方ですよね。
どんな風に演じてくださるのか、楽しみです。

あと一ヶ月…。
それまでに何とか心の準備をしたいと思います(^^)
2013年07月24日(Wed) 22:59
麻苺さんへ
編集
あら、麻苺さんも9時までだったんですね!
「赤いシリーズ」は、再放送で飛び飛びに見たような記憶があるんですが。
『ベストテン』も最初の頃は見せてもらえなかったんですよねぇ。
あの頃は録画機器もなかったですし、ひたすら我慢の子でした…。

友和さん、年齢を重ねるごとに素敵になっていきますよね。
あっそうかぁ。確かに、百恵ちゃんもご主人の出てるドラマは見てるかも!
なんだか、嬉しくなっちゃいますね(^^)

「風立ちぬ」で予行練習。いいかもしれません!
私も見たいな~と思っていて。
次女は興味がなさそうなので、
長女と一緒に行くかなぁ~なんて思ってます。

映画館で一緒に泣くご夫婦、素敵だと思うけどなぁ~(^^)
ちなみに、うちの旦那は私の前では泣きません(^^;)
2013年07月24日(Wed) 23:14
何回もすみません
編集
さっき某所でwsの動画みました。あれだけでウルウルなんですが....(・・;)でも、余り情報入れると当日入り込めない気がするので、シャットアウトします。でも、雑誌はほしいしで悩み中です。原作はゲットします!
2013年07月25日(Thu) 07:30
編集
yonkoさん、私もう泣いてしまってます。昨日某所でWSのドラマ撮影風景を観て、耕太くんが親不孝してしまう事を話している場面で...死と向き合って懸命に生きて悲しい結末は辛すぎますね。智くんが「自分だったらどうするか?」考え、感じて撮影が進められていくから自然に耕太くんになってるし、智くんともダブル(悲)ほんの数秒のシ―ンでコレだから放送日どうなってるか?タイミングを失って言えなかったんですが私も「赤いシリーズ」観てて中学の時は映画を観に行ってました。「ホワイトラブ」良かったなぁ~だから2人が結婚なんて本当に嬉しかった♪話が違う方向に行っちゃいそうなので、最後に...SODAの智くんの横顔...綺麗過ぎて泣けてきそう。
2013年07月25日(Thu) 12:54
こんばんわ。
編集
お久しぶりです!
コメントするのはお久だけど、ブログは毎日おじゃましてますよ。

今日は思わず、高村薫さんの名前が出てたので、思わずコメントしちゃいました。

私もハマりました。高村薫さん。

う~ん。10年以上も前だよね。いや、もっと前?悲しいかな。最近はサトシごとで忙しくて本も読んでないよ~、嬉しいやら、悲しいやら。

私が好きだったのは「李歐」です。
読みました?

中国人の美しい男性が出てくるんだけど、今思えば、大野くんにぴったり。美しくて、セクシーで強くてミステリアスで。

ほんとに大好きでした。

照柿もマークスの山も大好きです。

高村薫さんって、男性って思ってて、女性って分かった時、こんなにメカニックで骨太のお話なのに…。ってびっくりしたことを憶えてます。

是非、大野君に高村作品をやってほしいなあ。うふふ。絶対いいと思う!

ところで、今日の日はさようなら。
直視できるかしら?
WSや、雑誌、見ただけで胸に迫ります。
痩せちゃって、痛々しい大野くん。
ホントに憑依型だね。
大野くんも頑張ってるんだもんね、私も頑張って見ます…。

またね。

2013年07月25日(Thu) 20:34
こっこさんへ
編集
撮影風景だけでも胸が苦しくなっちゃって、
直視できません…。

でも、私も雑誌、欲しいんですよね。
まさか手当たり次第買うわけいかないし、
チラ見しながら選ぼうかなぁ~(^^;)
2013年07月25日(Thu) 21:44
TOMOさんへ
編集
やっぱり泣いちゃいますよね…。
今の私には、あの映像はなかなか受け入れがたくて。
本編の自然な流れの中で、しっかり受け止めたいと思います。

私は、唯一映画館で見たのが、なぜか『霧の旗』だったんですよ。
タイミング的に、親の許可が出たのがこの映画で…。
(親もどんな内容が知らなかったんでしょうね…)
子供にはあまりにも衝撃的な内容でした(^^;)
お二人の結婚は、まさに夢が現実になった感じがして、
嬉しかった覚えがあります(^^)

『SODA』評判いいみたいですが、私、まだ見てません…。
明日、のぞいてみようかな~。
2013年07月25日(Thu) 21:52
zaemonさんへ
編集
お久しぶり~!
毎日見てくれてるのね。ありがとう(^^)

zaemonさんも高村薫ワールドにはまったことがあるんですね。
そうそう、文章が男性的ですよね。
ものすごく緻密で、暗くて重くて、病的な感じとか、好きなんだよな~。
ついこの間は、久しぶりに『レディ・ジョーカー』を読みましたよ(^^)

『李歐』早速、本棚から引っ張り出してきました。
でも、内容をよく覚えていなくて(^^;)。
大野くんをイメージしながら、読み返してみようかな~。
(私も大野くんにはまってから、本を読む時間が減っちゃった)

『今日の日はさようなら』
とっても素晴らしい作品になるだろうな…という確信があります。
だからこそ、今はあまり情報を入れず、心の準備と覚悟をして、
しっかり向き合いたいと思ってます(^^)

ただ一つ心配なのは、一人の時間がとれるかどうかということ。
夏休みだしなぁ~(^^;)
2013年07月25日(Thu) 22:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL