FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP嵐songs ≫ *Intergalactic*

*Intergalactic*

『Intergalactic』
これ聴いてたら、インベーダーを思い出した(^^;)。ていうか、宇宙のイメージ?
意味を調べてみたら「銀河系宇宙間の」 何か中途半端だな…と思ったら、形容詞か。
(ま、そこは別にいいんだけど…)

曲の印象は、なんだか懐かしい感じがする。
ディスコっぽい?ミラーボールがキラキラしてそう。

リズムを細かく刻む感じが追い立てられてる感じで、最初はついていけなかった…。
(これがおばさんの限界か…)
リズムが『Yes No』っぽい?
でも、『Yes No』は疾走って感じなんだけど、Intergalacticは音速って感じなんだよなぁ~。
と思ったら、歌詞に「光速」ってあった。実は、もっと速かった…(笑)

でも、何回も聴いている内に、だんだん心地良くなってきた。
もしかして、これがグルーブ感ってやつですか!いや、よく知らないけど…(もじもじ)
スピード感の中に壮大な感じもあり、なんだか癖になるね。
途中、リズムが変わるところが好き。

で、歌詞を読んでみようとしたら、日本語の間にやたらと英語が組み込まれていて、
こざかしくって、やめた…。(やっぱり、おばさんの限界?)

ところが、智ソロの雄大さ。しかし、加工してある。残念無念…。
智voiceに溺れたいのに、阻止される。
でもね、何回も聴いている内に、それはそれでよくなってきた。(おばさん、まだついていけるぞ)

この宇宙(そら)の果て 何もえない

そんな中でも、「見えない」の「見」の低音が生々しくて、好き。

生まれた地球(ほし)の蒼さに乾杯

最後に「乾杯」 惜しい、何かが惜しい…。
光速感満載で、わけわかんないくらい英語を駆使していたのに、最後に「乾杯」
聴きながら、こけた。(ごめん。これは私の感性の問題だわね)

本当は、一緒に『モノクロ』の感想も挙げるつもりだったんだけど、
長くなりそうなので、次回に。

ていうか、今日はMステだし!まだ『vs』もちゃんと観てないし!
まずは、歌って踊る智を満喫だ!(って、踊るよね?)
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL