FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP翔・雅・ニノ・潤/嵐 ≫ *櫻井くんの『いま そこにいる人々』*

*櫻井くんの『いま そこにいる人々』*

櫻井翔の『いま そこにいる人々 <命の現場>』観ました。

こういう医療ドキュメント物はね、最近あんまり観てませんでした。
何だか人生も折り返し地点を過ぎるとね、病気とか人の生き死にに関わる番組とか観るのもちょっとばかし勇気というか覚悟がいるというか…。

だからね、この番組も最初録画するか迷ったんだけど、櫻井くんだし!ということで観てみたら、思いの外よくてねぇ。見入っちゃいました。

しかーし、これはね、アラシックには危険な番組。
だって、バックに嵐の曲がちょいちょい流れるもんだから、そっちに集中して、せっかくの櫻井くんのしゃべりが耳に入ってこなくなっちゃうのよ〜。

しかも、初っぱなが『素晴らしき世界』 なんて素敵な選曲!
だからね、曲がかかる度に、
「あっ、また『素晴らしき世界』だ〜」とか
「あれ、この曲何だっけ?」とか(『嵐の前の静けさ』だった)
「きゃ〜、『とまどいながら』よ。大野くんのソロは?やだ、もう終わっちゃったわ」とか
「やだぁ、櫻井くんのソロ『このままもっと』だよ。大好き〜〜」
「櫻井くんのソロ、また流れてるよ〜。どんだけ櫻井推すのよ〜」(私の記憶が確かならば、少なくとも3回は流れたと思う)

てな感じでね、曲がかかる度に耳が反応するする。

他にも『風の向こうへ』『a day in our life』(イントロだけだったよね?)もう1曲、イントロだけかかってた曲があるんだけど、何の曲か思い出せない(^^;)
『still』この曲はアラシックに大人気の曲らしいけど、私あんまり印象に残ってなくて(^^;)。でも、こうやってあらためて聴くといい曲だねぇ。
『虹のカケラ』おっと〜、『Beautliful World』からは櫻井くんのソロとこれだけ。
『アオゾラペダル』やっぱり櫻井くんと言ったら、これ。
『Hero』私、この曲もいまいち印象がなくて…。
『Happiness』定番…かな。
そして、『5×10』おいおい、ここにも来たよ。最近、推してますね〜。

まぁね、こんな感じで、曲聴いてるだけでも楽しめましたよ。

内容はね、観ていていろいろ考えさせられました。
何だかんだ言ってもね、現場で戦っている人の声は重いです、強いです、心に響きます。(そう言えば、以前リハビリの現場を取材した番組(NHK)を観たことがあるんだけど、これもかなり興味深かったなぁ。)

それなのに、お二方とも何だかね、ひょうひょうとしていてね、頑張ってます!感があんまり感じられないのがいいですね。
本当はものすごく過酷な状況の中、お仕事されてると思うんですけど、櫻井くんが言っていたようにやりがいとか楽しさがそれを越えちゃってるんでしょうね。

それにね、お二方とも器のでっかさを感じますね。そして、前向きな感じ。
話してるだけで、元気になれそうでしょ。人として素敵だなあと。

中川先生はね、いそうでいないですよね、あんな先生。
あんな風にニコニコして話を聞かれたら、何だか余計なことまでしゃべっちゃいそうです(^^;)。
奥さんとのやりとりも何かよかったなぁ(そこか)。夫婦なんてこんなもんです…。

岡林先生はね、すごすぎますね。
在宅診療、最近よく耳にしますが(『つばさものがたり』(雫井脩介)や『悼む人』(天童荒太)にそういう場面が出てきたような気が…。でも、だいぶ前に読んだので、自信がないんだけど…)、それを専門としてやってらっしゃる方がいるとはびっくり。
しかも、最初の3年は一人でやってらっしゃった(ていうか、奥様を巻き込んで)と言うんだから、これまたびっくり。

お二方とも人が好きなんですねぇ。それに、人柄が素晴らしい。
医師としてというより、人として接してらっしゃる感じがいいんですよね。

でね、これは番組の趣旨とは全く関係ないんですけど(^^;)、お二方とも声がいいんですよ。ほんと私声フェチなもんで、こんな所でもごめんなちゃい。
特に、中川先生の声が素敵だなぁ〜って、ハハハ。

何だかね(どんどん話が逸れて行っちゃいますけど)、「働く」って意外といいことなのかもな…なんてね、思っちゃいましたよ。
私、気がつけば専業主婦歴19年なんです。で、最近内職始めて、ちまちま頑張ってるんですけど、いつか外に働きに出てもいいかなぁ…なんて思い始めました。(と言っても、私ほんと何もできないんですけど…)
でも、石橋をたたいて引き返しちゃう性格なので、結局そのままかもしんないなぁ…。

そう言えば、『神様のカルテ』観に行かないとな。
この小説の医療現場もかなり過酷で、一止先生も頑張ってたもんなぁ。迷いながら、模索しながら。
櫻井くんも役柄とはいえ、そういう道を通ってきて、いろいろ思うところがあったみたいですねぇ。
そして、実際にこんな風に現場で頑張ってらっしゃる先生にお話を聞いて、きっと得るところがあったと思います。

ところで、私の一番のお気に入りは、智恵ちゃんの服につっこむ櫻井くんです。
「その服、どこで買ったの?」「着こなせる人なかなかいないよね」と話しかける櫻井くん、ナイス過ぎます。いやいや、ここをカットしないでくれて、ありがとう〜NHKさん。
私、櫻井くんもいい先生になると思います!(医者とか教師とかに限らずね…)
だって、同じ目線でお話してくれそうでしょ。

それにしてもね…余談ですが、櫻井くんを目の前にしても意外と皆さん、落ち着いていらっしゃる。(一部のおばさまは、多少舞い上がっていらっしゃったみたいだけど…)
私道ばたで櫻井くんに遭遇したら、確実に腰抜かしますね。お口ぱくぱくしちゃいますね。

そして、お約束の妄想。
もし、大野くんが突然目の前に現れたら……、気失ってます。(それだけか!)

こういう番組、月一でもいいからやってくれないかしら、NHKさん。
あんな風に一般の人たちと触れ合っている嵐くん達を見るのも好きだし、そんな嵐くん達と接している人たちの表情を見るのも好きなの。

そう言えば、『ニッポンの嵐』とか『紅白』とか招き猫のやつでも、みんなで全国あちこちに行ってたじゃん。(それにしても、『紅白』のあの映像はどうした!あれっきりか!もったいない…)

バラエティも楽しいけど、こういう番組も定期的に観てみたいわ〜。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト



Comment

がーーーーーーーーーーーーん
編集
宣伝は 観て

BGMが 嵐じゃん〜!!!!

絶対 観なきゃーーーーって

思ってたのにぃぃぃぃぃぃ



ガビーーーーン



きっと 再放送するよね

するよね するよね するよね

してぇーーーーーーーーー(魂の叫び)



でもさ 嵐メンにばったり遭遇したら。。。。

一瞬 ここはどこ?わたしはだれ?状態に陥るよな・・・

腰抜かすわ あわわわわわわって言葉にならないわ

で 醜態をさらしそうで 怖いわ(^^;



再来週 神カル 観にいくのぉ〜〜

翔くんファンのお友達のお供〜〜♪

本も読んでないし まったく未知の話だから

神カル初心者で参戦しますっ!!!!

2011年09月09日(Fri) 09:13
Re:*櫻井くんの『いま そこにいる人々』*(09/08)
編集
こんにちは^^



神経がBGMに行っちゃいがちになりました(笑)



こういうステキな先生に出会えるって、幸せなことだなと思います。



『神様のカルテ』を読んで思ったことでもあるけど、お互いがお互いを思いやる。

で、映画を観て、この番組を観て、それが寄り添い合うっていうことでもあるのかな・・・って思いました。



(気持ちを上手く文章にできなくて・・・。わかりにくい文章ですみません^^;)

2011年09月09日(Fri) 13:59
Re:がーーーーーーーーーーーーん(09/08)
編集
teddykunさん、こんばんは(^^)

やだぁ、見逃しちゃったの。

私でよかったら、力になるわよ!



>でもさ 嵐メンにばったり遭遇したら。。。。

>一瞬 ここはどこ?わたしはだれ?状態に陥るよな・・・

>腰抜かすわ あわわわわわわって言葉にならないわ

>で 醜態をさらしそうで 怖いわ(^^;



そうそう、動揺しまくって自分が制御できなくなりそう〜。

やっぱり、遠くで見ているのが一番なのかしら…。



>再来週 神カル 観にいくのぉ〜〜



私も来週くらいに観に行くかも〜。

原作読んだんだけど、いいお話だよ。

涙を拭くハンカチを忘れずに〜。



そうそう、私この間teddykunさんに

メッセージ送ったんだけど、

まだ読んでないよね?

読んだら、返事ちょうだーい(^^)

2011年09月09日(Fri) 21:21
Re[1]:*櫻井くんの『いま そこにいる人々』*(09/08)
編集
おダンゴさん、こんばんは(^^)



>神経がBGMに行っちゃいがちになりました(笑)



やっぱり、そうでしょ!

どうしても曲の方に神経が行っちゃって…。

選曲もいいんだもん。



>『神様のカルテ』を読んで思ったことでもあるけど、お互いがお互いを思いやる。

>で、映画を観て、この番組を観て、それが寄り添い合うっていうことでもあるのかな・・・って思いました。



わかります、わかります。

技術や知識ではない気持の部分ですよね。

ちょっとした先生の一言で

気持が軽くなったり重くなったりするもんなぁ〜。



でも、これって医師と患者に限らず

日常生活にも通じることなんですよね。

あ〜耳が痛いわ(^^;)

2011年09月09日(Fri) 21:26












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL