FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年10月
TOPしやがれ ≫ *透視しやがれ*

*透視しやがれ*

今日は、久々に大野くん三昧の日にしてみた。
たまっていた番組を編集したり、ダビングしたり。
バラエティの大野くんに笑わせてもらい、癒してもらい、惚れ惚れさせられ。

でも、ふと踊ってる大野くんが見たくなり、これまたひさしビリに『BW』のDVDを観てみた。
『Rock this』 『always』 『Lotus』 『まだ見ぬ世界へ』 『Hung up on』 『夏の名前』

歌って踊るあの人は、やっぱり素晴らしくて、輝いていて、堂々としていて、
それでいて何もかもがさりげなくて。
彼の1つ1つが愛おしくて、泣きそうになった。こんな気持ち久しぶりかもね。
毎日があわただしく過ぎていっちゃうからなぁ…。
レギュラー番組で大野くんには会えるけれど、どうしても物足りなさを感じずにはいられない日々。

でも、結局、踊って歌ってる大野くんが一番好きなんだな。
どういう形であれ、見られるのは幸せなことだよね。

あれっ、前置き長くなっちゃったな(^^;)。
今日は、『しやがれ』の感想、書くはずだったのに。

水玉のシャツ、かわいかったね。似合ってたね。
水玉と喉仏のコラボが素敵過ぎて、ついつい目が釘付けになった。
あの靴はどうかと思うけど…(笑)

オチ。やっぱりテレビ的には必要?って、思っちゃうよね。
実際、オチてるかオチてないかは、別にしてね。相葉ちゃん。
さて、我らがリーダーはいかに?

「僕が4歳の時に…」 私が14歳の時に、あなたは生まれましたけど、それが何か?
「あなたが生まれた」突如声のトーンが変わって、王子の様に手を差し伸べてしまうあなたは、
一体何のスイッチが入っちゃったの。
ここは、笑うところでしょうか…。それともハート持ってかれちゃうところでしょうか~!

そしたら、今度は大野解説員の登場だよ。
「たいしたもんだなぁ」の声。いろんなスイッチあるんだな。ふざけてる?ここも笑うとこ?
いやいや、彼の目はもんのすごい真剣です。本気で感心してます。
それなのに、笑いとっちゃってます。

そして、櫻井キャスターがまた大野さんに振ってます。
「気分を変えたく、すっきりしたい時に描くんですけど」絵の話、嬉しい。
アーティストって感じでかっちょええ~と思ったら、
「俺の絵が細かすぎて、気分悪くなってきます」やっぱ、落としてるよ。
この人、何か言葉を発する度に落としてる。やっぱり天才?

きっと真剣に向き合いすぎなんだよ。完璧主義なんだよ。自分には厳しい人だからね…と
ついつい溺愛ぶりを発揮。

で、その後ニノに「見て酔っちゃってるじゃん」とつっこまれた後の大野くんの表情見た?
たれ目っぷりがハンパ無くて、子犬のようなすがる目でニノを見てるの。
何があった、智。一時停止して、前に進めんだろうが~!

「ぽろりもあるパターンですか」
なぜか背筋が伸びる智。何のスイッチ?

今回のお着替えは、衝撃的だったわね。
肌着チックな上半身。休日の父ちゃんかと思ったわ。しかも、昭和の…。
とか何とか言いながら、透視できないか…と思わず目を凝らしてしまったのは私です(〃▽〃)

しかし、あの色の黒さは、まさかのハワイ、オアフ島出身かよ。
(否定せずに、静かにうなずく黒富士)
黒富士のずれたかつらをさり気なく直すニノ。お付きの人ですか。
ていうか、大野くんったら、もはや存在自体がオチになってますけど。

でも、ずっと無言で気合いの入った顔してたのに、「大野富士」で思わず破顔。まさかの4連チャン。
しかし、すかさず気持ち立て直して、「ごっつあんです。どすこい」
おまけに塩までまいちゃうあの人は、やっぱりプロだわ。(何の?)

そう言えば、大吉さんのクイズの説明を聞いてる時の腕組み智が男っぽくて、
思わず一時停止した。
肩から腕にかけてが筋肉質で、意外と胸板も厚いんじゃないかしら…と。
どうにかして透視できないものかと、本気で考えてみたオバフォーを誰か止めてくれ~。

ちなみに、「ザ・セット回転しやがれ」の時の肩から腕も大好物です(*^^*)

突っ張りの正しいやり方をやってみる大野くん。
押し出した手を引く瞬間に返す手首見た?いつもマニアックで、すまん。

刺身とチューのくだりでじゃれ合う櫻葉兄弟が可愛すぎて、思わずリピート。
あ~、息子に欲しか~。


只今、 「聞かせてください 第6弾」絶賛募集中!
回答よろしくです!
  
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL