FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年11月
TOP未分類 ≫ *ひとりじゃないさ*

*ひとりじゃないさ*

最初に断っておきますが、今日は嵐ネタじゃなく(ちょこっとだけ出てくるけどね…)
完全なワタシゴトです。

今日、長女が広島に帰っちゃいました。
4月の引っ越しの時は、寂しくて心配で、別れるときに泣いてしまった私。
でも、今度は大丈夫だろう…とたかをくくっていたならば、
数日前、長女がぼそっと「(広島に)帰りたくないなぁ」って…。
友達ができたとか、慣れてきたとは言っても、
まだまだ慣れないことも心細いこともあるんでしょうね。
そしたら、またまた心配になってきちゃって、寂しくなってきちゃって,
泣きそうになった。でも、何とか耐えたよ。

今年の夏休みは、長女と一緒に過ごす時間も多くて、
少しだけど成長も感じられた貴重なお休みでした。
中学、高校の夏休みと言ったら、部活や勉強で毎日忙しかったし、
こんなにのんびしりた休みは、久しぶりだもんね。

自動車学校に通ったり、友達と会ったりする以外は、私の内職をよく手伝ってくれました。
私に似て、単純作業が好きみたい(笑)

そして、ある日、夕飯の支度やかたづけを率先して手伝ってくれた長女。
「今日は、どうしたと?」って聞いたら、
「頭が痛いって言ってたから」って。
そう言えば私、午前中頭が痛くて、昼食後薬を飲んで一眠りしたんですよ。
昼寝から起きたら頭痛は治っていたので、私はすっかり忘れてたんだけど…。

実はでも、その時の私は精神的に落ち込んでたこともあって、泣きそうになりました。
でも、ぐっと我慢したよ(笑)

とにかく真面目で、私がもういいんじゃない?って言うくらい努力する長女。
(誰に似たんだか…。私は7割できればOKな性格なもので(^^;)
おかげで希望の大学に合格できたけど、そういう真面目すぎる融通の利かない性格が
災いして、たいへんだった時期もありました。
正直、子育てから逃げ出したい、どう向き合っていいのかわからない…と悩むこともありました。

でもね、やっぱり素直ないい子なんだよ。
不器用で、あまり感情表現がうまく出来ない子だけど、少しずつ大人になってる。

今日は、旦那も仕事が休みだったので、二人で駅まで送っていき、お昼ご飯を食べたんだけど
その時に次女からの手紙を渡しました。
実は、次女も寂しかったらしい…。一緒に見送りに行きたいと言ったけど、学校だからね。
8歳も離れていて、正直前はあまり姉らしい姉じゃなかったのね。
言葉がきつくて、お姉ちゃんとしゃべるのは怖い…と言っていた次女。
でも、だいぶ話するようになったもんね。
次女からの手紙は、お守りとして大事に持っててね。
(まだバイトしてないのに、「バイトがんばってね」って書いてあったけど(^^;)

そして、改札口で見送りました。

今日は泣かなかったよ。笑顔で送りだそうと決めてたから…。
頑張って、こらえた。えらかったでしょ(笑)
(あっそれなのに、この記事書いてたら涙があふれてきたよ…)

そして、車に乗り込み、カーステレオから流れてきたのが
なんと嵐くんの『ひとりじゃないさ』でした。

グッドタイミング過ぎるでしょ…ていうか、バッドタイミング過ぎるでしょ。

もうね、ここでも必死に泣くのこらえた。
別に旦那と二人なんだから泣いてもいいんだけど、
何だか悔しいから、我慢した(笑)。

そうそう、思い出した。
駅に向かう途中に、私達の車の前を豚さんを乗せたトラックが走ってたのね。
「豚って、(車に)酔わんとかな~」とかどうでもいい話をしてて、
そしたら、長女が「食べられるんだよね」って。
そこで私が思ったのが、長女は食べられるわけじゃない、また帰ってくるんだから
泣かないようにしよう~って。で、また一人密かに涙ぐんだ…。

すっかり涙腺がおかしくなってる私。
でも、また明日から頑張ります!次女もいるしね。
でも、8年後、また次女も出て行っちゃうんだよ~。

しょうがない…。子離れなんて永遠にできないんだよ!
スポンサーサイト



Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年09月24日(Mon) 19:15
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年09月24日(Mon) 20:09
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年09月24日(Mon) 21:24
拍手コメント Yさんへ
編集
あら~っ、Yさんとこも8歳差なんですね。
女の子と男の子だと、どうなんでしょうね~。
うちは、一人っ子が二人いるみたいな感じですよ。
最近、やっと姉妹らしくなってきた感じです。

親としては、なるべく近くにいて欲しいんだけど、
でも、子供が行きたい所に行かせてあげたいし。
複雑ですね…。

でも、ほんとに今はメールがあるから、いいですよね。
私の妹が大学生の時は、なかなか連絡がとれなくて
親がやきもきしてましたから(^^;)

この寂しさを乗り越えることも親としての役目なんでしょうね。
2012年09月24日(Mon) 22:10
非公開コメント Zさんへ
編集
やっぱりZさんもわかってくれるよね。
あの時もっと違う言葉を掛けてあげられたら…とか、
私もいろいろやり残したことがあるな~。
それに、男の子はまた違う難しさがありそう~。

そうそう、昨夜の食卓は、しばらく会えないから長女の好きなグラタンに
しようと決めてて…。
そしたら、長女も実は「グラタンにして」って言おうと思ってたんだって。
以心伝心だね~と嬉しく思ったのでした。

息子さん、ラグビーは続けられず残念だけど(やっぱり過酷だし、怪我が多いですもんね)、
ラクロス部に入ったんですね。
また新しい仲間とやりがい見つけて、汗を流しているのかな。

へぇ~、頼もしく感じられちゃったの?
ちょっとぉ、息子がいないから、興味津々だわ(何が?)
でも、優しい優しい…。そんなことしてくれるなんて。
男の子は恥ずかしいだろうにね。

やっぱり一度家を出ちゃうとね。
その後も、就職とか結婚とかでどこ行くかわからないしね。
一緒に暮らしていた時間はとても貴重だったんだな…ってね、
今更ながら思います。

そうそう!子離れなんかしませんっ(笑)
これも親の特権だもんね(^^)

ドームツアー、私は福岡に参戦する気満々です!
大野くんに会いに行くぞ~!
2012年09月24日(Mon) 22:24
非公開コメント Fさんへ
編集
頑張り屋さんで不器用なFさんのこと、
きっとお母様が一番わかってらっしゃたと思いますよ。

私が子育てから逃げ出したいと思ったのは、
長女のことが嫌だったからではなく、
何もできない自分が情けなかったからです。
長女が友人関係で悩んでいる時、
私がしてあげられることは、ごくわずかでした。
そして、一番つらいのは長女なのに、
受け止めるのに疲れて、逃げ出したくなっちゃったんです。

でもね、卒業式の挨拶の時に、
お母さん、ありがとう…って言ってくれて、号泣でした。
今からでもおそくありませんよ。
お空のお母様にありがとうの気持ち、届けてあげて下さいね。

そうですね。泣きたいときは嵐くん聴いて、思いっきり泣いちゃいます。
もう旦那も次女も寝ちゃったしね。
心置きなく泣けます(笑)

そうなんですよ。
長女は嵐くんどころか、芸能人にもあまり興味なくて(^^;)
でも、内職しながら、一緒に嵐の過去の番組とか観て、
楽しんでましたよ。
きっとときめくことはないと思うけど(笑)
2012年09月24日(Mon) 22:38
No title
編集
実は私も涙の別れを・・・
連休があった私は北九州の実家に帰ってきました(パソコン使えずコメ出来ず寂しかったです・・・)
今長男は私の実家で母に世話になっているので
母にねぎらいと就活中の長男に「喝」を入れに。
3日間いましたが、普通にしていた母が私が帰る
のに「見送らないから…」と言った時は、泣きそうになりました。 
遠くに行って申し訳なかったな~と。
帰りの新幹線では『ウラ嵐マニア』ガンガン聞き帰りました。
ちなみに息子とは「おかんバイバイ」とあっさり別れました。
yonkoさんの気持ちも娘さんの気持ちも、なんかわかります(>_<)
すみませんm(__)m 私もわたしごとを・・・
2012年09月24日(Mon) 22:43
非公開コメント Sさんへ
編集
はじめまして(^^)
コメント、ありがとうございます!

あらっ、同い年なんですね。
丙午っって人口は少ないけど、ここにもちょくちょくいらっしゃいますよ。

長男さんは、高校から寮に入られたとのこと。
それはやっぱり寂しいですよね、心配ですよね。
私、今の所に引っ越したのは、
娘達と高校までは一緒に暮らしたいという思いからだったんです。
(前に住んでいた所はかなりの田舎で、希望の高校に通うのは無理があったんです)

だから、高校から子供を外に出すのは、ほんとにつらいだろうな…と
お気持ちお察しします。

しかも、ご主人が単身赴任のこと、何かと心細いこともあるんじゃないですか。
うちの旦那は家の中ではぐうたらですが、いざという時はやっぱり頼りになるので…。
でも、次男くんがいますもんね。
あっでも、あまり干渉し過ぎると、そのお年頃では嫌がれちゃいますね(^^;)
その分を智愛にそそぐ。正解だと思います(笑)

子供って親が思っているほど弱くもなく、
意外と強いのかもしれませんね。
親としては、やっぱりほっとけないですけど…。
見守るのも親の大切な役割なんですよね。

私達親子なんてね、どこにでもいる普通の親子なんですよ。
でもね、家族みんなが健康で、笑っていられる。
それだけでも幸せなことです。

お互い、ドームツアー参戦できるといいですね。

どうぞどうぞ、こちらにもまたいらして下さい。
お待ちしています(^^)
2012年09月24日(Mon) 22:58
おおのっちさんへ
編集
お母様にとっては、おおのっちさんはいつまでたっても子供ですもんね。
でも、ご実家に長男さんがお世話になっているとのこと、
お母様も張り合いが出ていいんじゃないんですか(^^)

それに、遠くでもおおのっちさんが元気で暮らしていることが、
お母様の元気の源になるんじゃないかな~。

でも、長男さんはあっさり別れちゃったんですね(^^;)
男の子って、そんな感じなのかもしれませんね。

どうぞ、どうぞ。ワタシゴトでも何でも吐き出しちゃって下さい。
私も皆さんと気持ちを共有できて、嬉しいです(^^)
2012年09月24日(Mon) 23:09
No title
編集
こんばんわぁ~。
ウチは・・・涙すら出なかったよ・・・
久しぶりに帰って来たと思ったら、ほとんどウチには居なかったんだから~。中学の友、高専の友、バイトの友・・・そして神戸にいた彼女・・・どうやら遠距離恋愛をしてたらしく、久しぶりに会えたもんだから、おまけに彼女の誕生日まであったみたいで・・・私なんて眼中にあるのかね~まったく・・・てな感じだったんだから・・・。。。
「一人暮らしをしてるから 実家に帰ってきたらよく手伝ってくれるでしょ?」って言われるけど、まったく逆でね、大人になって帰って来るかと思ってたら
逆でね・・・でもこれは私に思い切り甘えてるんだな~て分かったの。辛い事は一切私の前では出さない子だから・・・一人暮らし、最初は辛かったんだと思う。3年からの編入だから、友達作りも必至だったんだと思う。バイトも頑張ってた。勉強も・・・。この夏に帰ってくるのをどんなに楽しみにドキドキして待ってたか・・・なのにさ、なのにさ・・・
彼女さんのお母さんにも会ってたらしく、ご飯もご馳走になり、彼女さん家にすでに居座ってたみたいなんだよ~。。帰る前日ぐらい家でご飯食べてくれると思ってたのに・・・ご飯はいらないとは言ってたけど・・・帰って来なかったよ・・・。。
春に見送った時より・・・辛いかも・・・
友達に言われた・・・「男の子って そんなもん」
だから私は智君にのめり込むしかないんだな~
息子の事は忘れたフリをしてるのに・・・思い出しちゃったよ~・・・。
2012年09月25日(Tue) 00:52
こんにちは(*^_^*)
編集
子離れなんて出来ませんよネ。
お腹を痛めて生んだ大切な子どもですから。。。
離れてみて初めて分かることもあるだろうし。
親のありがたみ、家族が傍にいるありがたみを感じていることと思います。
うちの娘も来年は高校生。
すっかりお友達といるのが楽しい今日この頃。
もう私といるより・・・って思うと少し寂しくなりましたが。。。
先日お友達と遊びに行ったらお昼過ぎに帰ってきて「ホームシックになったって帰ってきた。ママに会いたくなった」って。
可愛いのぉ~~~(笑)

子どもが安心して帰ってこられる居場所を作ってあげたいものですネ(*^_^*)
2012年09月25日(Tue) 05:16
何か分かります。
編集
こんにちは。

私自身、高校卒業後に親元から離れて一人で上京してきました。

後で知ったのですが、そのときの母親は心に穴が開いた心情になったらしいです。
今は申し訳ないと思えるのですが、上京する頃の心境としては、苛められてて辛くって、もう早く田舎を出たくて出たくて仕方がなかったんです。
親の気持ちを考える余裕なんてありませんでした。

親はいつも子供のことを思ってくれるんですね。
子供ができた今、申し訳ないくらいに気持ちが分かります。

yonkoさんもさみしいでしょうが、娘さんもお母さんのこときっと思ってくださってますよ。
一人じゃないから、大丈夫!!

もはや何を言いたいんだか・・・って感じですが
親ごころも子供の気持ちもふと考えて思いました。
2012年09月25日(Tue) 12:39
okkoさんへ
編集
こんばんは(^^)

やっぱり男の子だと、あんまり家に寄りつかないのかしら(^^;)
でも、お友達の息子さんはある程度年をとったら、
何かと気遣ってくれたり、一緒に外出してくれたりするように
なったみたいだから、いつかそんな日が来るかも~!

息子さんも彼女を家に連れてきたらいいのにね。
恥ずかしいのかな…。でも、そりゃあ母としては寂しいよね。
じゃ、okkoさんが彼女と仲良くなっちゃうとか、
サトシックに引きずり込んじゃうとか(笑)

でも、わかってると思うよ、息子さんは。
きっと照れくさいんじゃないかな~。

でも、大野くんがいてよかったね。
私も寂しいときや、落ち込んじゃった時は、大野くんに助けてもらってるよ(^^)
2012年09月25日(Tue) 22:07
*Miina*さんへ
編集
離れてみてわかること、いろいろありますよね。
私自身は、あまり子供とはベタベタすることもなくって、
そんなにしょっしゅうおしゃべりする訳でもなかったし…。
でも、予想以上の寂しさでしたよ。

娘さん、かわいいじゃないですか。
そんなこと言っちゃうんだ~。
我が家じゃ考えられない(笑)

そんな風に返ってこれる場所を作ってあげるのが
親の役目なんでしょうね。
私も冬休みに元気で帰ってくるのを、楽しみにしたいと思います(^^)
2012年09月25日(Tue) 22:12
どん子さんへ
編集
こんばんは(^^)

お母様もどん子さんに心配をかけまいと、
気丈に振る舞っていたのかもしれませんね。

でも、お母様はきっとわかってらっしゃったと思いますよ。
子供がつらそうにしているのは、親にとって一番つらいですから。
でも、子供が決断したのなら、それで前に進めるのならと
送り出したんじゃないのかな…。

親は、いつも子供のことを一番に思ってますよね。
親になって初めてわかりました。
時々大野くんを優先しちゃうこともあるけどね(笑)

こんな風にコメントくださる方がいっぱいいるので、私は大丈夫(^^)v
まさに「ひとりじゃないさ~」です(^^)
2012年09月25日(Tue) 22:27
拍手コメント Rさんへ
編集
こんばんは(^^)

息子さんは、そろそろ親離れですか?
成長の証ですね。寂しいけど…。

でも、嵐くんがいますから!
それでバランスとっちゃって下さい。
私の場合は、バランス崩れて、
家族があきれてますけどね(^^;)
2012年09月25日(Tue) 23:11
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年09月26日(Wed) 17:15
非公開コメント Pさんへ
編集
息子さんの今の気持ちを受け入れ、見守り、支えていくのは、
きっと私が想像している以上にたいへんなことだと思います。

でも、一番そばにいるお母さんがそういう風に思えるようになったこと
すごいと思いますよ。
そして、きっと息子さんにも伝わっていると思います。

だって、リビングにずっといるっていうことは、
そこが居心地がよくて安心できる場所だということですよね。
それってかなり重要ですよ。
(私は、父のいるリビングが苦手だったので(^^;)

きっといつか、息子さんも自分の足で歩き出す日が来るんでしょうね。
かなり寂しいですよ。覚悟しておいて下さいね…って、脅してどうする(笑)?
無駄なことなんて何ひとつない…って大野くんも言ってたしね。
いつか笑って思い出せる日が来ますように。

では、AKBと嵐の録画&編集、頑張ってね~(^^)
2012年09月26日(Wed) 22:25
編集
初めまして。
おーちゃんが大好きなユズと言います。

『子離れができない…娘が可愛い…』
いいなぁって羨ましくてついコメントしてしまいました。
私は高2ですが、母は私のことよりも小5の弟のことばかり可愛がっています。
私はしっかり者だから大丈夫と言われます。
心配してないのよ、安心しているのよ…と。
でも私には心配していないのではなくて関心がないだけでしょって思ってしまうんです。
こんな可愛げのない考え方だから可愛がられないのかもしれませんね(>_<)
娘さんたちが羨ましいです。

今はおーちゃんの優しい歌声と柔らかい笑顔に癒される毎日です。
おーちゃんがいるから頑張れます。

初コメントなのに暗いコメントでごめんなさぃ。。
2012年09月27日(Thu) 22:23
ユズさんへ
編集
はじめまして、ユズちゃん(^^)
久々に若いお客様ですよ。(思わず「ちゃん」づけしたくなるくらい(笑)

ユズちゃんの話を読んでいて、あっうちと一緒だな…と思いましたよ。
やはり年が離れていると、どうしても下の子に手を掛けちゃうんですよね。
上の子はもう大丈夫…って、思っちゃうんです。
それで、きっと寂しい思いさせたんだろうな~と。

それにうちの場合、下の子は素直に甘えられるのに、
上の子は遠慮や照れがあってか、素直に甘えられなかったみたい。
そこは、私がもっとちゃんと向き合うべきだったんだな…と
今でも後悔していることの一つです。

お母様は、ユズさんのことをほんとに信頼してるんだと思いますよ。

お母様の気を引くためにぐれるっていう手もありますが(^^;)、それは危険なので(笑)。
お母様と一緒にご飯作ったりすることはあるのかな?
台所に一緒に立ってくれるのは、母として嬉しいものなので、
時間のある時は、一緒におしゃべりしながらご飯を作るっていうのも
いいと思いますよ。

大野くんには不思議なパワーがありますね。
私も大野くんにいっぱい助けられました。

コメント、ありがとうね(^^)
2012年09月27日(Thu) 23:17












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL