FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP聞かせてください ≫ *聞かせてください 第4弾 Bの結果*

*聞かせてください 第4弾 Bの結果*

お待たせしました。
やっと、聞かせてください 第4弾 Bの結果です。
『鍵部屋』の印象に残った台詞、好きな台詞を5つまでという条件で挙げてもらいました。

このお題、私も5つ挙げようと思ったら、なかなかたいへんな作業でした(^^;)。
お答えいただいた9名の皆さん、本当にありがとうございました~。

では、結果発表の前にまず私の回答から…(^^;)

「青砥さん、彼氏いますか」(第3話)
台詞そのものに萌えたのはもちろん、 序盤の青砥ちゃんの「榎本さん、彼氏います?」の
くだりが伏線になっているところ。
シンプルな台詞でありながら、そこに込められた思いのあたたかさに脱帽。

「僕は、ガラスの箱に閉じ込められるのはごめんです。
たとえ向こう側に行けないとしても、自由でいたいんです」
(第11話)
これはもう言わずもがな…ですね。
この台詞の持つ意味、声の響き、間、全てが大好きです。

「わかりませんか…わかりませんか」(第1話)
「東京総合セキュリティの榎本です」は心の準備ができていたけど、
振り向きざまのこの一言は不意打ち過ぎて、一瞬で魂持ってかれました。

「こんなの余裕です」(第10話)
台詞はもちろん、この時の挑戦的というか挑発するような表情がツボ。

「この頑丈な扉が、3.2ミリの鉄板で、裏から補強されています」(第9話)
榎本が防犯や鍵について説明する台詞は、いろいろありましたね。
膨大な長台詞を立て板に水のごとく早口でしゃべりまくる様は圧巻でしたが、
私はちょっと間を置きながら説明する台詞回しが大好きなので、
その中から一つ選んでみました。
間と語尾の響きに萌えます。

最後まで迷ったのは、
第4話の「あれはどう見ても、本気だった」の声の響きも捨てがたかった~。



では、結果発表です!
<6票>
「僕は、ガラスの箱に閉じ込められるのはごめんです。
たとえ向こう側に行けないとしても、自由でいたいんです」
 (第11話)
・う~んすてきです。
・そうか、そうだったのか。
・これはたまりません。
・正直、まだ最終話はあまり直視できずにいたので、ちゃんとリピしたのは、
 今回が初めてといってもいいくらい…。
 ずっと考えてた、榎本さんの「自由」、今夜、初めてそうなのかも、と思ったコトがあります。
 なので、コレ選びました。
 この台詞の後の、榎本さんの表情から感じたことなんです。
 この表情、その前までと全く違いませんか?
 全て包み込むような、全て許しているような、穏やかで、
 すごくすごくやさしいお顔じゃないですか?
 よく見ると、涙が溢れそう…。そう見えるの、私だけ?

<5票>
「青砥さん、彼氏いますか」「今までどんな恋をしてきましたか?」 (第3話)
・一生懸命面白い事を言おうとしてる径くん。
・径くん頑張ったね。
・径くんの不器用な優しさが溢れてて好きです。
・棒読みがもぉ~。
・私達の大好きな榎本さん。

<3票>
「人の評価なんてどうせあてにならないから」(第2話)
・これ聞いた時ドキッとした。
・なぜか心に残っていて…#10で榎本の過去を知った時、
 これはここにかかってくるのかなぁと思いました。
・衝撃だった。

「知りません」の連呼(第8話)
・動揺を一生懸命に隠している。
・がっかりした径さん、可愛かった(*^。^*)

「こんなの余裕です」(第10話)
・なんか 好きです。
・かっこええ~。

<2票>
「自由変換ダイヤルの場合…」の長台詞(第1話)
・初めての長台詞。凄いと感動が予想以上で衝撃。
 
「ないでしょう…青砥さんにはないですよ 」(第4話)
・青砥さんにちょっとジェラシーを感じた一言(笑)
・この後、チョコ食べて微笑む榎本さん。
 青砥ちゃんに「気を付けてください、 何が入ってるかわかりませんよ」って言われても、
 パクッといってこの笑顔… なんだか、青砥さんのコトは信じてますから、
 つまり、「ないでしょう…青砥さんにはないですよ。」てことなのかな、と…。

「そうか、そうだったのか」「密室は破れました」
・やはり、決めゼリフにやられる私…、5話と9話が、特に萌え(//∇//)
・言葉というよりは言い方がポイント

「えっ」というバス停での反応(第7話)

「エレベーターの暗証番号というのは…」の長台詞(第10話)
・この回の要とも言える防犯長台詞。最後ということで忘れられません。

「玄関脇の、古い洗濯機のことですが、
あれだけ古い物だと盗まれる心配はありませんよね」
(第11話)
・この言い方、ゾクッとして本当に怖かった!声が超絶ステキ。
・ダークな径さんの部分が見えてどきっとしました。

<1票>
「わかりませんか…わかりませんか」(第1話)

「正式には鍵ではなく錠ですね。鍵というのは…」コレクションについて説明する台詞(第1話)

「冗談じゃないよ、鍵3つ持つなんてやだよ、俺」 (第2話)
・榎本に防犯の説明を受けていた際の芹沢さん。やだよ俺が可愛い。

「よもぎが嫌いなんですか?」(第4話)
・なんか、普通の会話というか、青砥ちゃんのコト質問してる、って、うれしくなったので。

「それが他殺であるならば、破れない密室なんて、この世に存在しません」(第8話)
・1話と8話にありましたが、8話の方で(もちろん、芹沢さんではなくて、榎本バージョン)。
 目線も、体、かおの角度、表情も全てキメキメで、大好き。

「貴方がいなければ、密室は破れませんでした」(第9話)
・みかちゃん(子供)にも同じ口調。
 みかちゃんから「じゃお礼に結婚して!」って言われてる榎本さん。
 「一緒に遊ぼう♪」で出した手!!微笑ましい!

「はいえのもっちゃん!元気?」 「おかげさまで。特に身体的異常はありません」(第9話)
・掛け合いになっちゃうんですけど、これ好き。

「この頑丈な扉が、3.2ミリの鉄板で、裏から補強されています」(第9話)


他にも、セリフのないシーンを挙げていただいた方もいらっしゃいます。
4話のペットショップでカメと向かい合ってるとことか、
2話で芹沢さんが径くんの肩にテープを貼ってイタズラするとことか…。
検証する時の動きなど…。

確かに!
榎本の動きや表情にも印象に残るところがいっぱいありましたね。

もう語り出したらきりがありませんね。『鍵部屋』に対する思い。
そんな思いを、一生懸命言葉にしてくださったのがとても嬉しいです。
ほんとはお一人お一人にお返事したいところですが、ごめんなさい。
でも、読んでいて、本当に楽しかったです。
皆さんの榎本くんに対する熱い思い、芹沢さんへの思いや青砥ちゃんへの嫉妬心など(笑)
いろんな思い、しかと受け止めましたよ。

コメントを下さった
yumikoさん、ぽちゃさん、しるこさん、どん子さん、みよさん、よーこさん、
非公開コメントのaさん、akさん、Mさん
ありがとうございました。

そして、拍手をいただいた方、読んでいただいた方、ありがとうございます。

またいつかこのアンケート企画やりたいと思ってますので、その時はよろしくお願いしまーす。
(私の頭の中に、企画はいくつかプールしてあるので(^^)v

スポンサーサイト



Comment

No title
編集
Bの結果ありがとうございます。皆さんのツボはそれぞれですが、読んでいて 「あっこれもよかった」と、言葉をリピしまくっています。 またまた径くんにはまりそうです。 はやく帰って来て!!
2012年07月20日(Fri) 09:48
yumikoさんへ
編集
こちらこそ、回答ありがとうございました(^^)

皆さんそれぞれの視点があって、おもしろいですよね~。
『鍵部屋』もう何十回も観たのに、全然飽きません。

また榎本くんに会いたいな~。
2012年07月20日(Fri) 21:42
ありがとうございます。
編集
こんにちは\(o ̄∇ ̄o)/ハーイ

まとめて頂きありがとうございました。

なるほど・・・、皆さんそう思われていたのですね
・・・って思いながら拝読しました。

しかし、私ってBの回答に対して理由を書き込んでいませんでしたね(; ̄ー ̄A
失礼しました。

また、聞かせてくださいシリーズ楽しみにしています!
2012年07月21日(Sat) 10:53
どん子さんへ
編集
こちこそ、回答していただき、ありがとうございました(^^)

皆さん、よく見てらっしゃいますよね。
私もあらたな発見とかあって、楽しかったです。

また、企画を立ち上げた時は、
よろしくお願いしますね~(^^)
2012年07月21日(Sat) 21:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL