FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP鍵のかかった部屋 ≫ *『鍵のかかった部屋』最終話 その2*

*『鍵のかかった部屋』最終話 その2*

今日は内職や雑事をこなしながら、『鍵部屋』を第1話からずっと流しっぱなしにしてました。
(全部は観れなかったんだけど…)
でね、最終話は、ちゃんと内職を終えてから観ましたよ。
まだね、ながら見できる段階じゃないから…、きちんと向き合いたかったの。

私はだいたい2回目を観る時に感じたことや疑問に思ったこととかをメモって、
それを元にパソコンにどんどん打ち込んでいくんだけど…。
でも、今日は一通りメモった後、それだけじゃ物足りなくって、自分の中にわき上がってきた想いや
疑問、納得いかないことをどんどん文字にしていったのね。
そしたら、涙があふれてきちゃって…。
だって、わかんないことだらけなんだもん。
私が今まで見ていた榎本は何なの?って…。

でね、結果行き着いたのが、受け入れるのに時間がかかりそうだな…っていうこと。

やっぱりね、私にはまだ受け入れられない…。(特にラストね)
別に否定するつもりもないし、あれが全ての答えじゃないっていうこともわかってる。
でもね、私の中でひっかかる所が多すぎて、時間をかけて消化するしかないのかな…って。
でも、正直あんまり自信ないんだよな~。

もしスペシャルや映画があるのだとしたら。それを前提にした今回の結末なのだとしたら。
私はその時まで引きずるしかないのかな…って。
でも、正直それでいいんですか?っていう気持ちもある。
やっぱり連ドラは連ドラの中できちんと落とし前をつけて欲しいっていう思いがものすごくあるの。
(これについて書き出したら長くなりそうなので、割愛するけど…)
私がとやかく言ってもしょうがないんだけどね…。

結局、榎本の求めていた物って何だったんだろう?

私は、榎本は防犯や鍵がひたすら好きで、密室の謎を解くことには興味があっても
肝心なことには興味がないというちょっと風変わりで純粋な防犯オタクだと思ってたのに。
それさえ満たされれば、金とかそういう欲とは無関係な人だと思ってたのに。

そんな彼がダイヤを盗んで、とんずらした、たぶん…。
これがものすごく意外だった。

彼が欲している物って何?

しかも、今回榎本が手に入れたであろうダイヤは、自分一人の力では絶対手に入れることは
できなかった代物。
芹沢が鴻野と取り引きをして佐藤の本籍地を聞き出し、青砥が佐藤の正体をあばき、
芹沢がロボットを利用するためのヒントを導き出した。
榎本チームあってこその謎解きだった。お見事だったよ。

なのに、彼は芹沢や青砥との接触を一切断って、一人で佐藤と対峙し、一人遠くへ行ってしまった。

空港から青砥に電話はしてきたけど、あまりにもそっけなかったしね。
別に「ありがとう」とか「ごめん」とかいう言葉を期待していたわけじゃない。
そんなこと言われても逆に興ざめだし…。
彼にとっては、電話をかけることが最善の義理立てだったのかもしれないけど…。

それなら、最後のあのあからさまな笑みは何?って、問いかけたくなる。
仲間を裏切って(芹沢や青砥はそうは思ってないみたいだけど)ダイヤを手に入れ、
一人海外へ行く。
そんなことが、あんな笑みがこぼれちゃうくらい喜ばしいことなの?
それが彼が望んでいたことなのだとしたら、私が今まで見ていた榎本って何なんだろうって。

一体その先には何があるの?って問いかけたくなる。

彼の欲しい物が貴金属や金だとは考えづらいし、結びつかない。
じゃ、それらは榎本が何かを実現するための手段なの?
例えば、こちら側から向こう側へ行く。
でも、彼にとって向こう側に行くことがさほど重要にも思えない。
彼にとって、大切なのは「自由」じゃないの?

でも、そもそもこの「自由」の定義がわからないんだよね。

社長との事件を振り返ってみると。
彼は傷つけられたことが嫌だったんじゃなくて、
ガラスの箱に閉じ込められそうになったのが嫌だったんじゃないのかなって。
周りの人の視線、評価、そんなものにがんじがらめになって身動きがとれなくなる自分。
だから、彼はそんなしがらみを断ち切って倉庫室にこもり、彼なりの自由を手に入れたのかなって。

でも、彼は本当に一人になりたかったわけじゃないよね。
だって、来客があればすすめる椅子もあるし、マグカップだって用意してある。

そんな彼が垣間見せる不器用な優しさや人間っぽさが好きだったのに。
青砥に見せるぎこちない優しさが好きだったのに。
チーム榎本の誘いを断らない彼が好きだったのに。
子供とどう接していいかわからない不器用さが好きだったのに。

そんな榎本がなぜ?っていう思いが止まらない。
あのままじゃいけなかったのかな…。
それともずっと前から計画していた?
今までの窃盗が彼の仕業だとしたら、相当額手にしているわけだしね。
まさかネズミ小僧みたいに貧しい人に配ったわけでもないでしょ。

やっぱりね、裏切られたような気持ちがあるわけよ、私的には…。
信じてたのにね。
勝手に期待しちゃった私が悪いのか。
騙されちゃった私が悪いのか。

確かに伏線はあったかもしれない。会田との関係とか調査書の存在とか。
でも、私は榎本は白だって信じ込んでたから。

でも、黒だったとしてもよ、何か納得できる理由があればいいんだけど、
どうしてもそれまでの榎本とうまく結びつかないの。
どうにもこうにも理解できない。

そもそも、彼はあの生活に不満があったのか?


実は、この間観た『外事警察』も私すっかり騙されちゃったんだよ。
でもね、彼はそういう男なんだよ。私が忘れてただけで…。
だから、納得がいったの。

でも、今回はどうにもこうにも納得がいかない…。

考えれば考えるほど、わからなくなってしまう。
置いてけぼりくらって、どうしていいかわかんなくなる…。
私が見ていた榎本って何者?
私が信じていた榎本って、もういないの?

少し距離を置いた方がいいのかな…。


とりあえず思いの丈をぶちまけてみました。
長ったらしい文章を読んでいただいて、ありがとうございました(^^)
スポンサーサイト



Comment

こんばんは
編集
私は原作を少し読んでいたので、原作の榎本像とドラマの榎本像が違うことに、最初とまどったんです。
でも、アイドルが主役だし、9時という時間帯、子供も見る時間帯だから、ああいう設定にしたのかな…って。
それもあって、終わった直後は「えーっ!!」って思ったのかもしれません。
ゆうべはよく眠れなくて、いろいろ考えちゃってね(^_^;)
で、朝からブログ書いたり、他の人のブログ読んだりして…
やっぱり今回は、いろんな捉え方をしてるなぁって思いました。
原作を読んでないと、ここまで打ちのめされるのなら、それは制作側の失敗でしょうね。
みんながみんな、原作を読んで見るわけではないですから。
yonkoさんも原作を読んだら、少しは受け入れられるのかな?
ドラマはドラマとして落し前をつけてほしいっていう思いが強いと、それも厳しいかな…
なんにしても、yonkoさんが早く元気になりますように(^^)
2012年06月27日(Wed) 00:28
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年06月27日(Wed) 08:46
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年06月27日(Wed) 11:56
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年06月27日(Wed) 14:44
No title
編集
yonkoさん こんばんは。
私は原作のダークな榎本さんが好きだったので
今回の終わり方好きでした。
でもドラマの榎本さんはちょっとイメージが違ったので戸惑いもありますよね.....
確かに謎が解明されてない部分もありましたが
私は、映画化を強く希望しているので
全部分かるより、余韻を残して終わったのねぇ~なんて単純に思っちゃいました。
yonkoさんをこんなにまで悩ませている鍵部屋
たかがドラマ、されどドラマ
やっぱりすごいと思います。
2012年06月27日(Wed) 22:35
おダンゴさんへ
編集
やっぱり原作を読んでいるかいないかで、
感じ方も変わってくるみたいですね~。
原作を読んでいない私にとって、
今回の仕打ち(笑)は何ともショックでした。

個人的には、連ドラとして一つの作品を作り上げるからには、
その中できっちり落とし前をつけることは最低限必要なことだと
思ってるんです。
でも、私の考え方が古いのかな~。
連ドラのあり方も変わってきたのかもしれませんね~。
今時、スペシャルや映画化されることは珍しいことでもないし…。

ごめんなさーい。
おダンゴさんに言うことじゃないですね~(^^;)

でも、少しずつ受け入れられるようになってきましたよ(^^)
何だかんだ言っても榎本のこと大好きですから!
2012年06月27日(Wed) 22:54
非公開コメント Sさんへ
編集
なかなか「自由」の定義が難しいですね~。
彼がほんとに求めているものって何なんでしょうね。
けっこうシンプルなことなのかもしれませんが…。

他人との関わり方については、
彼自身が意識して距離を置いているところもあるんでしょうが、
青砥に関しては、無関心ではいられない何かを感じているように
見えるんですよね。
榎本の様々な反応を見ていると…。


最初は、軽い気持ちで見始めたこのドラマですが、
思いの外深くて、しばらく抜けられそうにありません(^^;)
2012年06月27日(Wed) 23:06
非公開コメント Yさんへ
編集
はじめまして(^^)
コメント、ありがとうございます!

私は原作を読んでいないので、
榎本の印象はドラマから受けたものだけなんです。
だから、ものすごくとまどっています…。

でも、それが榎本の本当の姿なら受け入れるしかない、
しかし理由がわからないと納得できないと
今はまさにYさんのおっしゃる通りの有様です(^^;)

Yさんの解釈も興味深く読ませて頂きました。
やはり榎本は私の想像を遥かに超えた男性のようですね。

でも、願わくばやはり連ドラという枠の中でそれを見せてほしかった、
感じさせて欲しかったな…というのが正直な気持ちです。

でも、今時スペシャルや映画化で続編を作ることが珍しくない中で、
こういう考え方は向かないのかもしれませんが…。

しかし、榎本くんの魅力に底なし沼のようにずぶずぶとはまっていることは確かです。
大野くん同様、罪作りな男ですよ!
2012年06月27日(Wed) 23:23
非公開コメント Aさんへ
編集
Aさんもやっぱりとまどってしまいましたか…。
この結末、なかなか簡単には受け入れられないですよね。

ラストの榎本は、今まで見てきた榎本ではなくて、
唐突にああいう彼を見せられても、
どう受け取っていいのかわからないですよね。

チーム榎本は、彼にとって何だったのか…。
ただ単に謎を解くためだけに彼らと行動を共にしていたとは
思えないんですよね。
やっぱり榎本も芹沢や青砥と一緒にいることで何かを感じていたと
思うんです。

そう考えると、ラストはあまりにも衝撃的でしたね。
今まで積み上げてきたものは何なの…って。
榎本にとっては、結局それだけの存在だったの…って。

でも、今回は謎解きのやり方が少々強引でした。
榎本が本当に佐藤のアパートに不法侵入したのだとしたら、
芹沢や青砥を同席させることは不可能だろうし。

でも、芹沢には謎解き聞かせてあげたかったですね。
推理小説が嫌いだと豪語していたのに
一番謎解きを楽しみにしていましたもんね。
謎解きに納得したり、茶々入れたり、時には助け船を出す芹沢も
是非見てみたかったですね。

私も落ち着いたら、原作を読もうと思っています。
それで少しでも見方が変わるかな~。
2012年06月27日(Wed) 23:46
ぽちゃさんへ
編集
Pさんは、原作読まれたんですね。
私は未読なので、ラストの榎本は衝撃でした。
今までの榎本はどうしたんだよ~って(^^;)

たぶん、私が連ドラに求めているものが
今の時代にそぐわないのかもしれませんね。

スペシャルや映画化が珍しくない今の流れの中で、
ああいう終わり方は特別なことではないのかもしれません。

しかし、やっぱりね、それはずるいんじゃないの…って
思っちゃいます(^^;)

しばらくは榎本くんに翻弄される日々が続きそうです…。
2012年06月27日(Wed) 23:54
拍手コメント Yさんへ
編集
最終回なのに、逆に疑問点が次々に浮上してきましたね。

スペシャル、もしくは映画化に向けて
こういう終わり方にしたのかな…。

それはそれで嬉しいけど、やっぱりちょっと複雑だな~(^^;)
2012年06月28日(Thu) 00:15
拍手コメント Kさんへ
編集
はじめまして(^^)
コメントありがとうございます。

Kさんのコメントを読んで、
何だか救われた気がします。

私の好きな信じていた榎本がそこにいると感じられて。

ありがとうございました!
2012年06月28日(Thu) 23:27












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめtyaiました【*『鍵のかかった部屋』最終話 その2*】
今日は内職や雑事をこなしながら、『鍵部屋』を第1話からずっと流しっぱなしにしてました。(全部は観れなかったんだけど…)でね、最終話は、ちゃんと内職を終えてから観ましたよ
2012年06月28日(Thu) 05:59