FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP鍵のかかった部屋 ≫ *『鍵のかかった部屋』最終話 その1*

*『鍵のかかった部屋』最終話 その1*

今、私相当混乱してますから、まともな感想書けないと思います…。
でも、感じたことを残しておきたいので、とにかくぶちまけてみます。

最後の榎本の笑みを見て、なぜか爆笑した。
きっと受け入れられなかったんだと思う。あんな榎本が、こんな唐突な終わり方が…。
もしかして、不敵な笑みで全部をちゃらにしようとしているのか~。
次女と二人、「榎本の正体、明らかになっとらんやーん!」とテレビの前で叫んだ。

倉庫室から榎本の私物が消えているのを見て、切ない気持ちになって…。
それなのにそれなのに~。
ど、ど、泥棒っていうことでいいんですか?
ダイヤ盗って、海外逃亡ですか?バカンスですか?

そもそも、最後の謎解きは芹沢も青砥ものけ者で、佐藤と二人っきりで、そっけないじゃないか~。
確かに、見せ場としては、二人の方がよかったかもしれない。
でも、やっぱりチーム榎本じゃなかったの…?
何だか、寂しいぜ…。

冒頭、あっけなく釈放されて、ほっとしたのも束の間。
榎本くんの出番がほとんどなくて…。
挙げ句の果てに、芹沢が何だか重要なことに気づいた模様。

テレビの前で、「榎本出せ~、榎本~」と叫んでました。
まだまだ時間はあるから大丈夫だとはわかっていても、
今日は最終話なんだよ、主役なんだよ、もっと映してくれ~という切なる願い。

やっと「密室が破れました」が聞けたと思ったら、「明日」だと~。
思わず、芹沢がしゃべる前に「出たよ、出ちゃったよ」とつぶやいてしまったじゃないか。

『めざまし』でも出てきた、「ガラスの箱」がなんたら…っていう台詞。
ごめん、私榎本の言いたいことがわかるようで、わかんない。

「ガラス」とは自分自身が作り上げた殻と解釈していいんでしょうか。
佐藤は、その殻の中に閉じこもっていると?

でも、榎本は違うの?
彼は決してガラスの箱に閉じこもっているわけじゃないってこと?
こちら側にはいるけど、彼はガラスの中に閉じ込められているわけじゃない。

ガラスって、何ですか?先入観ですか?人の評価ですか?自分自身の思い込みですか?

「自由でいたいだけなんです」
榎本にとっての自由って何?人とのしがらみがないってこと?
自由って、そんなに簡単に手に入らないよね。

そして、最後CMだらけだったねぇ~。
次女と二人、「CMばっかり~。もう時間がない~」とまた叫んでた。
(いつも大人しく観てるのに、今日はちょいちょい叫んだりつぶやいたりしてしまった)

臨時収入?
「さぁ」ばっかり言ってないで、榎本くん、説明してよ。
勝手に一人で遠くに行かないでよ…。

こんな気持ちのまま置いてけぼりにされて、私はどうしていいかわかんない…。
私、もしかしてもてあそばれちゃった?

結局、榎本の過去も正体も明らかになってないよね。
地下の倉庫室にこもっちゃった本当の理由は何だろう。(私はあの理由じゃ納得できない…)
「自由」になりたかったから?
あの事件は、そういう意味でいいきっかけだったの?

第10話~最終話の榎本はいつもにも増してクールで、凄みがあって、
寄せ付けないオーラを放ってて、正直怖かったよ。

最後、青砥ちゃんと何かあるかと思ったのに…。
第3話で、心配そうに青砥ちゃんの表情を伺う榎本くんが好きだったのに。
「彼女いますか」に動揺しまくる榎本ちゃんが好きだったのに。
「彼氏いますか」って、青砥ちゃんを元気づけようとする榎本が好きだったのに。
そんな、えのもっちゃんはどこにもいなかったね…。
ちょっぴり寂しかった。

でも、いつも電話するのは青砥ちゃんなんだね。
芹沢には電話しないんだね。これって、何か意味あるの?

結局、第10話でいろいろ考えてたこと、
当たったのは、角砂糖に睡眠薬で仕込まれてたこと、これだけだった。

榎本が渋滞で20分遅れたのは、特に意味はなかったみたいだね。

すみません、思いつくままに書き連ねてみましたが、
またリピート鑑賞して、感想書きたいと思います。
今日はこのへんで~。
スポンサーサイト



Comment

私も
編集
最後の榎本の笑みは笑ったぁ。

終わったすぐあと思ったことは、「えーっ!!」だった。
思ってたエンディングと違~う、って。
え~っ、榎本くん、純子ちゃんにほのかな想いがあったんじゃないの?
先週の、あの目の泳ぎは何?え~っ!!って。

正体は結局わかってないよね?
過去も明らかにされてない。
今、少~し冷静になって考えてみたら、原作とは登場人物も設定も少し違うから、完璧に榎本がこうだ!とは言えないのかもしれないし、もしこのあとSPや映画を考えてるなら、謎のままのほうがいいのかな?って思ったりする。

取り方によって、いろんな見方があるような終わり方をしたのかな?って思います。

このあとの感想も楽しみにしてますね^^

私も気持ちを吐き出したかったので、yonkoさんがアップしてくれて良かったです^^
おやすみなさ~い^^
2012年06月26日(Tue) 00:26
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年06月26日(Tue) 00:44
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年06月26日(Tue) 09:55
終わっちゃったね~
編集
そっか。そういうことか。
おダンゴさんの消化不足もソコなのね。。

私は no problem!だったりします(苦笑)
原作の榎本のイメージをどこまで大事にするのかな?ってずーっと気になっていたので 泥棒?なの?って疑問を投げかけての終わりには納得してます。

高飛びには笑いましたけどね^^;
てっきり ダイヤの報酬で 会社を設立したんだとばかり思っていたので。。

実は前の話の金塊の話も
えのもっちゃん 盗みに行くことを前提に
密室解き明かさない?が原作です。
結局 解いちゃうんでけどね^^;

あぁ。。やっぱりジャニーズはそのイメージだめなのね~って思いながら観ていたので
やってくるれるな!大野智!!^^てね。

とにかくとにかく この美しい 智くんを
拝めた数ヶ月間は本当に幸せでした。

また色々 お話しましょうね~!^^
楽しみで~す ♪
2012年06月26日(Tue) 15:20
おダンゴさんへ
編集
やっぱりえーっ!!でしょ。
だから、私DVD-BOXの紹介があったのに気がつかなかった(^^;)
今日、あらためて見て、えっ出るの?って(笑)

やっぱり続きを想定してるんでしょうかね~。

それにしても、私が今まで感じていた榎本と
ラストの榎本が結びつかなくて、とまどってます。

しばらく悶々とした日が続きそうです(^^;)
2012年06月26日(Tue) 23:28
非公開コメント Mさんへ
編集
Mさんも置いてかれちゃったのね~。

そうそう、最後の榎本くんは知らない人みたいでしたね。

私も今日感想書いてたら、泣けてきちゃって…。
榎本くんのことがわかんないよ~って。

今回の彼の選択は、私にとっては到底受け入れがたいものでした。
チーム榎本よりそっちを選んじゃうの~?っていうね。
それまでの榎本とどうしてもうまく結びつかない…。

ほんとドラマごときで何を深刻になってるんだ…って思うんだけど、
どうしようもないこの想い。

一日経って、Mさんも少しは落ち着いたかな…。
何かあったら、どんどんぶちまけちゃってね~(^^)
いくらでも聞きますよ!
2012年06月26日(Tue) 23:40
非公開コメント Iさんへ
編集
やっぱり続きを想定しての結末なんでしょうかね~。
正直、私は連ドラは連ドラの中できちんと落とし前をつけて欲しかったんですが、
原作もあるし、そういうわけにもいかないんでしょうね。

私は原作を読んでいないのでわからないのですが、
ラストで原作のイメージに近づけたということですか…。

何も知らない私からすると、それまでの榎本と最後の榎本がどうしても
結びつかないんです。
どうしても唐突に感じてしまうんですよね。
私の好きだった榎本が急に消えてしまって、寂しくてたまりません。

でも、いつか帰ってくるのかな?
その日が楽しみではあるけど、ちょっとこわいような(笑)
2012年06月26日(Tue) 23:51
cicoさんへ
編集
番宣での「正体が明らかになる」を鵜呑みにしたおかげで
とんでもない目にあっちゃったよ。
明らかになってないし!ていうか、謎がより深まっちゃったし!

私は、原作を全く読んでないので、
最後の榎本は唐突過ぎてついていけなかったな~。

私の好きな榎本がいなくなっちゃってて、ものすごく寂しかったし、
彼の求めている物が私には全く見えてこなくて…。
おいおい、それでいいのかよ…って。

でも、とりあえず終わっちゃったから、原作読んでみまーす。
2012年06月26日(Tue) 23:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめtyaiました【*『鍵のかかった部屋』最終話 その1*】
今、私相当混乱してますから、まともな感想書けないと思います…。でも、感じたことを残しておきたいので、とにかくぶちまけてみます。最後の榎本の笑みを見て、なぜか爆笑した。き...
2012年06月26日(Tue) 12:11