FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP鍵のかかった部屋 ≫ *『鍵のかかった部屋』第10話 その2*

*『鍵のかかった部屋』第10話 その2*

『鍵部屋』第10話、いざ具体的に感想を書こうと思っても、うまくまとめられそうにない。
(ていうか、まとまってないのは…いつものことか(^^;)

そもそもまだ事件が解決してないから…っていうこともあると思うんだけど…。
でも、とりあえず今の時点で私が感じたことを率直に書きますね。
最終話を見たら、また感じ方が変わるかもしれないけど、それはそれでまたおもしろいかな…と。

いつもとは違うオープニングから始まった『鍵部屋』第10話。
カメラワークやあの静けさ、そこはかとなく漂う緊張感、好きでしたね。
スタイリッシュじゃね?って感じだったし…。

しかし、そのスタイリッシュさとはかけ離れた社長のうっとうしさ(^^;)
株式に上場しようとする会社の社長にしては、小者感が漂ってるというか…。
私的にはおいおい…って感じでした。よくあそこまで会社を大きくできたな。

それに、あの社長「もし警備員が犯人だったら…」って、そこまで考えてるんだ~。
ていうか、そこまで人を疑ってたら、警備会社を替えてもどうなんだろう?という素朴な疑問が
浮かびますけどね。

こんな感じで、この社長、全くもっていい所がない。
人間的にかなり問題あり…な感じがしますね。

とりあえず、社長が榎本のことを覚えてなかったというのは、こういうタイプにはありがちなことなので
特に気にならなかったんだけど。
自分が過去に乗り込んだ会社の名前も覚えてないんでしょうか…。
あの制服に見覚えないんでしょうか…。

ラストを見てから、あらためて見直すと何だかそこが妙に違和感…でした。
最終話を見たら、そこらへんも明らかになるんでしょうか。
それともほんとに社長は忘れちゃってたんでしょうか(^^;)

エレベーターの中での榎本の「ちょっといいですか」の落ち着いた低音にやられました。
エレベーターのボタンの前で、指をはじく仕草にやられました。
指すりすりかと思いきや、中腰で無表情で指はじくだけで、とんでもなくかっこいいんですけど~。
あまりのかっこよさに地団駄踏みそうでした。

(あっちょっと話がそれるけど、次女の学校でも指すりすりが流行ってるらしいわよ。
うちのダンナも指すりすりで私のことからかってきたもんだから、はったおしてやろうかと思ったわ。
神聖な指すりすりを何だと思ってるんだ!ていうか、そう言う私が一番不純なんだけど…アハッ)

エレベーターに秘書が乗ってきた後の榎本の表情がね、いつもと違って見える。何か企んでる?
今回の榎本は、いつもに比べると3ミリくらい表情が豊かになってたような気がする。
それがほんとに3ミリなのよ(私の感覚では…)
さりげないんだけど、でもね何かが滲み出てるの。

エレベーターを降り、立ち止まって防犯カメラを振り返り、視線をずらし、眉をひそめて
何かに気づいたかのような表情とかね。

どれもが意味深に見えちゃって、見とれてるだけじゃ済まされないわ。

社長に会った時の表情もね、あからさまじゃないのに、榎本の動揺が静かに伝わって来て、
ドキドキした。死体を見たって動揺しない男、拳銃をつきつけられてもひるまない男が
明らかに動揺してるのよね。

でも、青砥に説明する時も淡々としていて、過去にそんな因縁があったなんていうことは
感じさせないの。
話としては、何か重要なことが隠されているのかな…とは想像はできるんだけど。

社長達の前で、説明する榎本。
ここで、一ついいですか?
イントネーションがおかしいのが気になってしょうがない(^^;)
「内玄関に出るためのドア」の「ため」が何々の「ため」の「ため」じゃなくって、
溜めるの方の「ため」になってるよね。
これって、将棋の回の時もあって、超絶気になるんですけど~。

でも、声がさ、やっぱりいいよね~。
特に語尾とか接続詞がね、好きなの。
でも、回数を重ねる毎に慣れてきたのか、榎本の声を堪能しながら、
ちゃんと内容も頭に入るようになってきた。

エレベーターの暗証番号について説明する時、センターに移動して前を見据えるでしょ。
ここは見せ場だ!的な感じで、かっこいいのよ~。
思わず見とれちゃうわね。あの身のこなしに。
あ~でも、やっぱりいつもの榎本と何かが違う…。何なんだろう~。

暗証番号の説明は、初回の榎本を彷彿させたわね。
あの頃の私は一回聞いただけじゃ理解できなかったけど、今回は一回聞いただけで理解できたよ。
私も成長したのかしら。

でも、説明するだけならまだしも、最後表情がちょっとドヤってて「こんなの余裕です」
挑戦的…というか、挑発しているようにさえ見えたのが気になった…。
やっぱり、榎本どうした?

でも、この発言が後々自分の首をしめちゃうことになっちゃうのよね。
しかし、鴻野の言い分は、かなりこじつけっぽかったけど(^^;)。


さて、カウプレに応募してくださった方で、まだ抽選結果をご覧になっていない方。
結果をアップしましたので、ご覧下さいね~。

では、続きはまた後で~。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめtyaiました【*『鍵のかかった部屋』第10話 その2*】
『鍵部屋』第10話、いざ具体的に感想を書こうと思っても、うまくまとめられそうにない。(ていうか、まとまってないのは…いつものことか(^^;)そもそもまだ事件が解決してないから…
2012年06月21日(Thu) 09:21