FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP鍵のかかった部屋 ≫ *『鍵のかかった部屋』第7話 その2*

*『鍵のかかった部屋』第7話 その2*

第7話、観れば観るほどおもしろいですね。
(って、まだ3回しか観てないんだけど…って、一体何回観る気だ、私(^^;)
確かにえっ?って思うつっこみ所は何カ所かあるんですが、全体の流れやこの話のテーマから
するとそんなに気にならないんですね。

でも、玄関だけ特殊な鍵に付け替えて、他の窓や勝手口はそのまま。
しかも、2階の窓のねじ閉まり錠が使い物にならなくなっていたのに気がつかなかったというのが
何だか不自然な気もするんですけど…。
ふだん鍵をかけないような防犯意識の薄い土地にずっと住んでいたので、
そこまで気が回らなかったということでいいのかな(^^;)

さて、相沢さんの脚本は、何気なく聞いていた台詞や何となく引っかかっていた言葉が
後々そういうことか…と腑に落ちたりするので、好きなんです。
だから、1回しか観ないのはもったいない。

例えば、遠藤の
「あいつは娘達を守るためなら、自分の命だって差し出すような、そういう男なんです」
この台詞、最初聞いた時はちょっと嘘くさいな…というか、
いくら親友と言ってもそこまで言えるかな…という感じがしたんですね。
でも、真相を知ってしまうと、やっぱり親友だからこそわかっていたんだな…と。
結果としては、そんな西野の思いが最悪の形で表れてしまったけれど…。

そして、芹沢の嫌いな物がまた一つ明らかになりましたね。それは、「田舎」
嫌いな理由をいくつも挙げていましたが、青砥は見事に全部経験しちゃいましたね。
芹沢は予言者かっていうくらい(^^;)。こういう遊び心も好き。

しかも、芹沢はあんなに長野に行くのを嫌がっていたのに、
ラストでは「長野行ったの?」「一応誘ってくださいよ」(なぜか敬語になってる)っていう
変わりっぷりがおかしい。
しかも、長いー目で見ると、初回にあんなに嫌いだ…って言っていた謎解きに思いきっり
はまっちゃってるっていうことだしね~。

今回の榎本登場の場面、新鮮だったね~。
榎本は画面右端に映っていて、左側の余白が屋外感を醸し出してるの。
あの一瞬の映像で、いつもとは違う場所にいる榎本くんを感じられる。

そして、あのいかにも田舎な風景を見れば、話の流れからしてここは長野だなってわかるでしょ。
で、電話の会話を聞いて、やっぱり長野だよ~って妙にテンション上がっちゃう。

このシーンは、台詞の掛け合い、榎本と青砥の表情の対比や温度差、
東京(室内)と長野(屋外)の映像の切り替わりのテンポがものすごくよくて、お気に入り。
笑ったな~。

しかし、ここで青砥は「そのままでいて下さい」「今から迎えに行きますんで」って
言ってたのか~。
合流するんじゃなく、迎えに?一体何時間かかるんだ~。
その場で直立不動な榎本くんが若干心配…。
まさかずーっとあの体勢で何時間も待ってたわけじゃないだろうけど…。
バスのステップに足掛けたままじゃなかっただけ、まだよかった(笑)

なんていうこっちの疑問なんかそっちのけで、一緒にトラックに乗っている青砥と榎本を強引に
ぶっこんでくるあたり、もう参った…って感じです。

ところで、トラックの中で青砥と遠藤が「狐火」の話をしてる時、榎本はイヤホンしてるのね。
いつもだったら「狐火とは…」って会話に割って入ってきそうなのに、そうか、そういうことか。
ここでは、榎本の耳に「狐火」というワードを入れないためなんだろうね。
「狐火」が起こる理由は(私でも何となく知ってるくらいだから)榎本くんはとっくにご存知でしょ。

さて、お待ちかねの現場検証だよ。今回も萌えポイントあったね~。
玄関の引き戸を開けて、敷居を跨いですっと腰を落としピタッと止まるあのぶれない動きに
釘付けだったよ。一時停止してガン見だよ。
ああいう何気ない動きが絵になっちゃうんだね~。

そして、部屋の中の写真立てには一切猛が写っていなかったね。
言葉で説明しなくても、それだけで猛がこの家族の中でどういう存在だったのかっていうのが
何となく想像できる。
榎本登場のシーンといい、映像の切り取り方が印象的なんだよな~。

磨りガラス超しの榎本くん、鍵を何回も押す動きを繰り返す榎本くん。
ああいう奇妙な動き、真剣すぎるが故に笑えちゃう。

そっかぁ、遺体の発見から通報まで1時間も経ってたのか…。
私、どうもこの部分は榎本くんの動きに集中し過ぎて、台詞が頭に入ってなかったみたい(^^;)
確かに1時間はあきすぎ~。

その後も、何かに気づいて足の動きをピタッと止めて、一歩下がりすっとしゃがむ動きが
スマート過ぎるよ。
ダンスか!
ああいう動きって、現場で大野くんが思いついてやるのかな…。
きっと演出家さんの指示もあるんだろうけど、きっと想像を超えた動きをして周りを驚かせてると
思うわ。
スポンサーサイト



Comment

師匠~
編集
yonkoさん、こんにちは♪
師匠~さすがですなぁ。
私の変態感想との違いに驚きを隠せないですわ(笑)
まだその3もあるんですかね?
私も最後の芹沢の敬語がもう、ツボでツボで・・・
yonkoさんと一緒で嬉しかった☆

いっこ前のエントリー・・・
大丈夫ですか?
yonkoさんのファンとしては心配です。。。
2012年05月29日(Tue) 16:49
No title
編集
こんばんわ!

>足の動きをピタッと止めて、一歩下がり

って動きはムーンウォークらしいですよ(^^;
公式サイトに書いてました。
2012年05月29日(Tue) 19:24
ひなさんへ
編集
ひなさんに師匠だなんて呼ばれちゃって、恐れ多いわ~(^^;)

芹沢と青砥の立場ってだんだん青砥が強くなってきて、
それが笑えるよね~。
もちろん「その3」もあるわよ。お楽しみに~(^^)

そして、ご心配いただいて、ありがとう~。
ほんとね、たいしたことじゃないのよ(^^;)
ちょっと迷いが生じちゃったんだけど、
一回りして結局元の位置(私は私…)に戻ってきました(^^)v

これからもマイペースで頑張ります!
2012年05月29日(Tue) 22:20
ゆぅさんへ
編集
教えていただいて、ありがとうございます!

やっぱりそうだったんですね。
それっぽいな~とは思ってたんだけど…(^^;)

あのスムーズな動きはさすがですよね~。
2012年05月29日(Tue) 22:22












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめtyaiました【*『鍵のかかった部屋』第7話 その2*】
第7話、観れば観るほどおもしろいですね。(って、まだ3回しか観てないんだけど…って、一体何回観る気だ、私(^^;)確かにえっ?って思うつっこみ所は何カ所かあるんですが、全体の
2012年05月29日(Tue) 20:18