FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年10月
TOP魔王 ≫ *『魔王』感想 その9*

*『魔王』感想 その9*

昨日の『しやがれ』皆さんは大丈夫だったかしら?私は萌え死ぬかと思いましたよ~。
一人だったら百万回くらいリピートしたかったんだけど、ダンナが起きてたもんだから、
仕方なく悶々とした気持ちを抱えたまま布団に入りました。

そして、今日は一日出かけていたので、まだマニアック鑑賞してないのよね~。
明日はガッツリ観れそうなので、感想アップしたいと思います。
あっでも、明日は鍵智祭りだね。どうしよう~!!いや、どうにかするんだ!!

ていうか、その前に『魔王』の感想を書き上げないとね(^^;)
とうとうたどり着きましたよ、最終話に。

追い詰められた芹沢兄がとうとう自殺しちゃいましたね。
すれ違ってばかりに見えた親子ですが、「お父さん、ご迷惑をおかけして申し訳ありません」の
走り書きに号泣でした。

これが本当に成瀬の望んだことなのかな…。
兄の自殺は成瀬のシナリオにはなかったと思うのですが、でも思惑通りとも言える展開。
声を上げて泣く直人を見て、一体成瀬は何を思ったのか…。

何かに抵抗するかのように写真を引きはがして暴れる成瀬。
きっと彼の中には、まだあたたかい部分が残ってるんですよね…。
家族のために始めた復讐。
でも、相手を追い詰めれば追い詰めるほど、目的に近づけば近づくほど、
彼の傷は癒えるどころか、苦しみが増すばかりのように見えます。
そして、それをはねのけるように暴れる成瀬。
もう後戻りできないんだよね。
どんなに後悔しても、どんなにつらくても、もう突き進むしかない。

そして、とうとう芹沢父まで亡くなってしまうことに。
これも成瀬のシナリオにはなかったことだけど、このことが直人を駆り立てることに。

そして、決してあきらめないしおり。
背中にすがりついて(きゃ~!何だかんだ言って積極的なしおりちゃんがうらやましい~)、
トンネルから出てくるように必死に説得するの。
説教めいたことは言わず、ただあるがままの普通の生活に戻って欲しい…と訴えるしおり。

でも、成瀬は終始無言なの…。
それまでの成瀬は、しおりの前だとつい動揺してしまったり、視線を合わせられなかったり、
涙を流してしまったり…と魔王とは違う表情を見せてくれたのに。
見上げた表情は何かを感じ取っているようにも見えるけれど、でも、もう揺れたりはしないの。
覚悟を決めたんだね…。

そして、華奢なしおりの手首を掴む成瀬の手が男っぽいのなんのって~。もう手に釘付けだよ。
でも、しおりの手を離しちゃうの。
そして、無言でしおりの目を真っ直ぐに見つめるのね。いつもはすぐ目線をそらしちゃうのに…。
何て言ってるのかな…。
「ありがとう」ですか。それとも「さよなら」ですか。

葛西のために保釈金を出した成瀬。
皮肉にもやっぱりこの人は「天使の弁護士」なんだよ。「魔王」になりきれないの。

でも、そのことで、山野との間に大きな気持ちのズレが生じてきちゃうんだよね。
「あなたは誰のために復讐しているんですか?」問いかける成瀬。

これって、自分自身に問いかけているようにも思えるの。
恐ろしいくらいに自分の思惑通りに進んでいるのに、成瀬が得たのは虚しさだったのかも。

でも、山野は暴走してしまうの。
「もう、やめるんだ」の成瀬の声もむなしく…。

山野に刺された後、直人から電話を受けて向かうんだけど、おいおい、タクシー呼べよ…と思ったのは私だけじゃないはず。
街中で、怪しすぎますね、成瀬さん(^^;)

でも、そんなこと言ってらんないね。だって、しおりへの手紙にただただ涙。
ずーっと心の中に押し込めてきたものをしおりにだけは届けたかったんだ。

「あと一人、どうしても死ななくてはならない人間がいるんです」
もう復讐なんてやめて、成瀬さーん!と叫びたいところだけど、実は違うのよね。

「何を迷っているんです」
拳銃を向けられた成瀬の表情は、とても落ち着いているの。清々しいくらいにね。
(私、ここでも『ハゲタカ』思い出しちゃって。ほんと題材もストーリーも全然違うんだけどね)

「法律では僕を裁けない」
決心がつかない直人に対して、だめ押しの一言。これがねらいだったんだ…。

そして、彼の本当の思いが明らかになります。
「早く殺せ」
死ななくてはならないのは直人じゃなく自分自身だったんだね。

直人もやっと成瀬の目的が何だったのか、気づくの。

「失う物は何もない」
空っぽだったんだね。家族がいなくなってから、ずーっと。
空虚を埋めるのは復讐しかなかったんだね。

「ようやく僕が僕に帰る時が来るんだ」
もうね、この言葉はこたえたな…。ずーっとこの時を待っていたんだって。
空っぽのまま生き続けて、死ぬ瞬間にやっと自分に戻れるんだよ。

「僕を撃て」「それがあなたの役目だ」

でも、直人は撃てないの。
だって、大切な人を亡くす悲しみをあれだけ味わってきたんだもの。
自分を撃たせるために、直人の憎しみを増幅させてきたのに、実はそれは逆効果だったのかもね。

「僕は自分を許せない」
もうね、ただでさえ涙でぐちゃぐちゃだったのに、成瀬の本心があらわになってただただ号泣。

「終わらせるんだ」「僕を殺してくれ」

別人みたいに感情をあらわにして訴える成瀬が痛々しくてね、切なくてね。
まさに鬼気迫るっていう感じだったな…。

直人の傷口にハンカチを当てる成瀬。
自分の傷口にはそんなことしなかったのにね。

「しっかりしろ」「目を開けてくれ」

憎んでも憎みきれない相手だったはずなのに。

「許してくれ、僕のことも、あなたのことも」

直人にもたれかかっている成瀬。
この情景はね、最初見た時衝撃だったな…。『魔王』に特にはまってなかったのに、うるうるしちゃったもん。
で、今回見た時は号泣の嵐だった。
もうね、愛おしくて、かわいそうで…。

ラスト、しおりちゃんがね、元気そうでほっとした…。

まだまだ書き残したことがあるような気がするんだけど…、これでひとまず終了~。
これで心置きなく『鍵部屋』に没頭できるわ!
スポンサーサイト



Comment

No title
編集
お疲れさま~^^
あのドラマを涙流さず見た人がいるのだろうか?
…ってくらいの号泣よねぇ;;
当時、あのラストにサトシック達は衝撃を受けたのよねぇ;;
斗真の熱い演技も好きだなぁ;
「魔王」大好きです。
ガマンできずにBOXをポチした1人だもん(笑)

さ、いよいよ「鍵部屋」だね~
智も楽しみだけど、トリック自体も楽しみなHANAです^^
2012年04月16日(Mon) 02:22
No title
編集
ご苦労様でした~
「ようやく~」
の台詞を読むだけで涙があふれますね(泣)
成瀬さんに会いたくなる。

さて、榎本径、どこまで魅力的に創れるか?
大野智に期待してます。楽しみ。
2012年04月16日(Mon) 06:39
HANAさんへ
編集
私、以前観たときは相当冷静だったんだけど、今回はだめだった~。
途中からずーっと泣いてたもん。

ラストは、あの絵面に一瞬で魂持ってかれる感じよね。
リアルタイムで観てたら、たまんないと思うわ…。

斗真くんも頑張ってた、よかった。
感想書く余裕がなかったけど(^^;)

いよいよ、『鍵部屋』始まるね~。
私は、ストーリーが頭に入ってこないような気がするわ(*^^*)
2012年04月16日(Mon) 14:10
しょんゆいさんへ
編集
やっと書き上げました~!

最後の最後に本音をさらけ出す成瀬さん、
痛々しくてたまらなかった…。
やっと彼の魅力に気づくことができて、よかったわ~。

さて、今夜は榎本くんに会えますね!
また新たな魅力的なキャラクターに会えると思うと、
もうドキドキです!
2012年04月16日(Mon) 14:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL