FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2021年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年06月
TOP過去嵐をめぐる旅 ≫ *過去嵐をめぐる旅 『Mラバ』*

*過去嵐をめぐる旅 『Mラバ』*

過去嵐といっても…去年放送された『Music Lovers Special』の話だから、最近といえば最近ですけどね(^^;)。
私が嵐にはまったのは去年の9月の初旬、大野くんにはまったのは下旬なので、それ以前の嵐くん達は私にとってはある意味未知の世界。
(バラエティで時々見てはいたけど、そんなに興味なかったしなぁ)

実は、あるお友達がおすすめだから…とダビングして送って下さったのが『Music Lovers Special』なんです。しかも、その後また別のお友達からいっぱい嵐の番組をダビングして頂いて、そしたらその中にも『Music Lovers Special』が!それだけ、嵐ファンにとってはお宝番組なのかも…。
とーってもありがたいです!

実際観てみたら、新しいアルバムの曲を歌ってくれるわ、合間にはアンケートで盛り上がる嵐くん達も見ることができるわ…で何とも贅沢な番組でした。

まずは『movin' on』
大野くんのせつなく透明感のあるフェイクが響きます。聞き惚れる〜。初っぱなからリピートリピート。
大好きな腕まくり。釣り焼けで精悍な顔の大野くん。
櫻井くんと一緒に右側へ移動する時の軽いステップと手の動きに目を奪われる〜。
「舞い上がるなら高く」の後ろ姿の腰つき〜。
「まぶしくて、抱きしめて」やったーソロ〜!と思ったら、え〜っアングル後ろから!メイサかい!

櫻井くんのラップの時、周りで踊る4人。
「Yes. This is us.yeah!」のyeah!の時の大野くんの手の動きが大好物。リピートリピート。

メイサさんの質問に対して、「釣りしてる時です」の大野くんの表情がとってもキュート。
最後「コンサートっすかね」の相葉ちゃん。ナイスです。ハイタッチするニノ。そして、櫻井くんのガハハ笑いもしっかり入ってますよ。

悩みを聞いて欲しいのは大野くん…なニノと相葉ちゃん。
でも、「言いたいだけ」「答えは求めてない」「聞いているかどうかもわかんないんだよ」にめっちゃうける。
私も聞いて欲しい〜。今あんまり深く考えないようにしてることがあるんだよね。でもね、しゃべったら泣いちゃいそうだから、やっぱいいや。嵐を見てれば、元気になれるし〜!

ニノが大野くんを百万回誘っているのはもはやネタになっているような?
相葉ちゃんとは分かち合える大野くん。だって「何かいいよね」(相)「そうだよね」(大)でわかり合える二人だもんね。

お次はメドレー。小声で「何メドレー?」な相葉ちゃん、やっぱりおもしろすぎる〜。
『Believe』の間奏で、大野くんがニノとすれ違った後笑ってるんだよねぇ。ニノが何か言ったのかなぁ?気になる〜。

胸キュンな一言。
櫻井くんの「ガンバです」いいなぁ〜。
2位だと油断していた大野くん、出番です!「えっまじで?」で…と咄嗟に手を後ろ髪に。困った時とかよくやってるよねぇ。

『Troublemaker』で、目で語り合う櫻井くんと大野くんがかわいい。
「ハートビート」の後、仲間はずれにされちゃう大野くん。
歌い終わった後、「ここだよ、ここだよ」がなぜか田中邦衛になっているのがうける。結局どこにも入れず、間からぴょこぴょこ顔を出す大野くん。客席の「かわいい〜」に「かわいくねぇよ」が猛烈にかわいいんですけど…。

画面切り替わると、そこには前屈みでももに肘ついてすわっている大野くんが!そうです、大好物なんです。
そして、アップだよぉ、かわいいよぉ。「釣り、行こ」の後の目尻が半端なくかわいいんですけど…。照れて、両手で顔を隠す仕草も…。
でも、思わぬ高得点にガッツポーズ。私も言って欲しい〜。

男限定ライブ!
男ばっかりだと、それもまた楽しそうだねぇ。
松潤は八嶋さんステージに上げちゃうし。

auの携帯電話の宣伝をする5人。
「嬉しいですね」の後の大野くんの笑顔がもう〜ったまらん。

『リフレイン』
これってハーモニーがきれいですよね。
私は嵐の歌に出会うまで、ジャニーズの歌ってあんまり聴いたことなくて…。ジャニーズはハモらない(っていうか、ハモれない?)っていう勝手な思い込みがあったんですよね。
特に松潤と大野くんのハモりは大好き。

過去嵐のめぐる旅はまだまだ続きます(^^)。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL