FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年10月
TOP大野智voice ≫ *大野智voice その6*

*大野智voice その6*

大野くん、今度BSプレミアム(BS2)で司会するらしいですよ。やった〜!!

プレミアム美術番組「若冲ミラクルワールド」

でも、これ見ても、私は何のこっちゃわからず…で、調べてみました。
まず、若沖は「じゃくちゅう」と読むらしく、江戸時代中期に活躍した画家らしいです。しかも、大野くんは前から好きだった…とのこと。そりゃ、大野くんに最適なお仕事じゃありませんか。大野くんも嬉しいでしょうね。
こういう風に好きなことが仕事につながっていくのっていいですよね。その内、釣り番組とかにも出だすんじゃないか(^^;)。

そう言えば、大森南朋さんも以前美術系の番組のナレーター(声のみ)とナビゲーター(声だけでなく、ちょっとドラマ仕立てっぽい部分もあり)をやってて、とってもよかったんですよ。
南朋さんが、バーのカウンターでコースターにさらさらっと似顔絵を描くシーンとかもあって、ファンとしては嬉しかったなぁ〜。

大野くんはどんな感じで進行するんでしょうねぇ。どんな表情を見せてくれるんでしょうねぇ。楽しみだ〜。4回もあるし(4月25〜28日)、事前にPRキャンペーン番組(16日)もあるみたいだし、楽しみですねぇ。
あ〜でも、家の新しいデッキ(ブルーレイ)はBSは録画できなかったんじゃなかろうか…。電気屋さんに相談してみようっと。(古いデッキではできるけど、画質がね…)

そこで、初単独司会記念?として、*大野智voice その6*をば〜。(あいかわらず前置き長っ)

そもそも、私が大野くんの声に惚れたのは『とまどいながら』のソロ。
しゃべる声とのギャップ、しかも何とも魅力的な歌声にやられてしまったんですが…。
でも、紅白歌合戦を見て、大野くんってしゃべる声自体にもかなりのギャップがあることにやっと気づいた私(^^;)。
だって、ふだんバラエティとかで見る大野くんは力の抜けた感じのしゃべり方でたどたどしくて、まさに癒しオーラ満載な話し方だし…。

ところが、紅白の司会の時の声は超男前だった…。おそるべし大野智。
でも、考えて見りゃあ、歌う時にあんだけいろんな声色を使い分けられるんだったら、しゃべる時もしかり…なんですよね。

まず「2010年の大晦日、いよいよ1年を締めくくる歌の祭典のスタートです」
力強く張りのあるいい声なんだけど、どこかちょっと甘さがあるんですよね、大野くんの声には…。

それぞれの曲紹介は低音で男前、歌い終わった後の「ありがとうございました〜」はちょっと高めなんだけど、これも元気な通るいい声なんですね。
特に、郷ひろみさんの曲紹介と加山雄三さんに質問する時の声が私は好きです。ジェントルマンな感じなんですよ。もうっ、こういう部分もあったのねぇ〜って、驚きでした。

HY紹介のナレーションは、やさしい癖のない声で聞きやすいんです。(若干イントネーションがうん?ってとこもあるけど(^^;)
微妙に声の表情も使い分けていて。特に「帰ってきませんでした」は声のトーンを少し落として、ちょっとせつなげな感じになってます。

ふるさとのコーナーでも穏やかなやさしい声ですが、静かに感情を込める感じ。
「なぜだか」のちょっと力抜く感じとか、「守りたい」の力強い感じとかもよかったなぁ。

最後、優勝旗を手にした時の笑い声はいつもの大野くん。
「これ、僕が持っちゃっていいんですかね」の声がテンション高めで嬉しそう。
「いや、ほんとにありがとうございます。皆さんのおかげです」の声がまた男前だよ。

ほんとに紅白は私にとって智voiceの新しい幕開けでもあったのでした(^^)v


他にも私の大野くんの好きな声はいろいろあるんですが、
最近でいうと、 『しやがれ』の「かしこまりました」の低音とかね。

某動画サイトで見たのは、「まごまご嵐」の中で花火の話になって、急にテンションが上がる大宮。専門家ばりに「ましてや文字入れるなんて、ちょっとありえない」と語る大野くんの声が知的かつ超セクシーなんです。もちろん顔も男前。
他にも『宿題くん』でケイン・コスギの物まねをする大野くんの「perfect body」の発音が完璧だったり。英語と言えば、この間の『ひみつの嵐ちゃん』の「Nice to meet you」もよかったなぁ。

それとはまた逆に『ひみつの嵐ちゃん』で売れ残らずにすんで、ほっとした時のコメントも好きです。声が脱力しまくってて、これまた萌えます(*^^*)。

やっぱり大野くんの魅力は底なしだ〜。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト



Comment

楽しみだね!
編集
リーダーは、前から伊藤若沖を

尊敬?してる〜って言ってたね。。。



いつだったか、国立美術館の

「若沖ワールド」をみにいって

Tシャツを、ポストカードを買ってきた〜

って、$誌で話してたことがあったよ。



それで、私も、図書館で

図鑑?みたいの借りて読んだっけ・・・



楽しみだね。

2011年03月05日(Sat) 21:52
Re:*大野智voice その6*(03/05)
編集
そうそう。

おおちゃんは声を使い分けてるね。

甘い声、そう甘い声にやられる私。

歌も私の好きな音域があって

どきゅーんってなるところが決まってます。







2011年03月06日(Sun) 22:58
Re:楽しみだね!(03/05)
編集
あひるさん、こんにちは(^^)



>リーダーは、前から伊藤若沖を

>尊敬?してる〜って言ってたね。。。



大野くんファンにとっては周知の事実みたいですね〜。

新米ファンとしては、また新しい大野くんの側面を知れて

嬉しいけど(^^)。



>それで、私も、図書館で

>図鑑?みたいの借りて読んだっけ・・・



そういう手もあるのか…。

今度図書館に行った時に探してみようっと。



あ〜楽しみだ〜。

2011年03月07日(Mon) 14:43
Re[1]:*大野智voice その6*(03/05)
編集
balkoさん、こんにちは(^^)



>おおちゃんは声を使い分けてるね。

>甘い声、そう甘い声にやられる私。



本人もある程度意識してるんだろうけど、

声色ってこんなに変わるもんなんだ〜って

思います。



大野くんの声って、一言で表せないんですよね。

男前な声でもどこか甘さがあったり、

色っぽい声でもどっか少年っぽさがあったり…と。



>歌も私の好きな音域があって

>どきゅーんってなるところが決まってます。



わかる、わかる!

妙にツボにはまる声ってありますよねぇ。

そうなると、リピートの嵐で、

抜け出すのがたいへんです(^^;)。

2011年03月07日(Mon) 14:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL