FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP過去嵐をめぐる旅 ≫ *迷いのなさ*

*迷いのなさ*

今日、『嵐にしやがれ』(おすぎとピーコ)の再放送を観たんだけど、この頃の私はまだ嵐にも大野くんにもはまってなかったんだよなぁ。
でも、何となくおもしろくて楽しそうな嵐の雰囲気が好きで、これは夫の実家で観た覚えがあります。

大野くんが長襦袢着てたのは何となく覚えてるんだけど(他のメンバーも個性的なファッションさせられてたのも覚えてる)、他は特に印象に残ってなくって…(^^;)

で、今日久しぶりに観たのね…。
そしたら、初っぱなに衝撃映像が流れて、息が止まりそうになっちゃったわよぉ!!

だって、大野くんとおすぎさんが頬を密着〜!!
大野くんがおすぎさんに近づいて、右手をおすぎさんの頬に、そして左手も。で、頬を密着させてるの〜。もうドキドキよぉ!!手、横顔、手、横顔、きゃ〜!!

で、私が一番衝撃的だったのが、大野くんの表情…。
特に照れるでもなく、意外と平常心な感じなのよ。動じないのが彼の取り柄とはいえ、いやいやここで平常心って〜!!
特に頬を密着させた後の表情、私はここにやられちゃったのよ…。(映像が切り替わる瞬間、ちょっと笑ってるように見えなくもないんだけど)

もうねぇ、どうゆう成り行きでこうなったのかわかんないけど…。(だって本編ではばっさりカットされてたし〜)「キスの人数」とか大野くんが聴いてたから、その流れだとは思うんだけど…。

それにしても、大野くんからおすぎさんの方に近づいていって、何のためらいもなく(私にはそう見えた)頬に手を当てる大野くん。もうこのためらいのなさにとにかくドキドキするんだよぉ。

余談ですが…。
実は私ね、また新たに大野くんの魅力を表すキーワードを探していて(以前「わかりづらさ」って書いたけど)、あの人っていったんスイッチが入ると、一瞬にしてためらいとか躊躇が消えちゃうな…って思ってたんだけど…。
で、終わるとね、瞬時にいつもの大野くんに戻って、ふっと笑ったりして…。
私は毎度毎度毎度毎度…そのギャップというか、切り替えの速さに魂を持ってかれてるわけなんだけど。

で、ぴったりなワードを見つけたわ。「迷いのなさ」
歌にしろ、踊りにしろ、演技にしろ、バラエティでの小芝居にしろ、彼はいったんそこに入っちゃうと迷いが一切見えないのよ。しかも、何の気負いもなく、ストンとそこに入り込んじゃってるように見えるっていうね。「潔い」というか、きっと私はそこにやられちゃってるのねぇと。

でもねぇ、おすぎさんとのあの場面で「迷いのなさ」を見せつけられても、乙女心(言うのはただ…)は超複雑よ。とにかく相手が誰かよりも彼の表情に釘付け…。

ほんの数秒しか映像が流れなかったので、その前後で大野くんがどんな表情を見せたのかわからないから、何とも言えないんだけど…。あそこだけ切り取って見せられるというのは、ドキドキ度がかなりアップ!!

「やだよ〜」と言ってる大野くんとか、照れまくる大野くんとかが見られると、私もテレビの前で笑えるんだけど、あそこだけだとね。もうねぇ…呆然としちゃってね。私のこの心の持って行き場はどこぉ?みたいな…ね(^^;)。

数秒の映像で(しかも何ヶ月も前の)こんなにあたふたしてる自分がおかしいわ…。
もうおかしな私でごめん…。(大野くんに関しては、いつもこんなんだけど(^^;)。




TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト



Comment

Re:*迷いのなさ*(05/17)
編集
yonkoさんのところに遊びに来て思い出しました!!

そうだ、あの時にそんな表情してた!!

明日、DVD出してきて確認します。

「迷いのなさ」うんうん、わかる〜!!

あたふたする気持ちもわかりますとも〜☆
2011年05月18日(Wed) 00:43
Re[1]:*迷いのなさ*(05/17)
編集
Hinaさん、こんにちは(^^)



>そうだ、あの時にそんな表情してた!!



また今日も観てみました!

しかもコマ送りで(^^;)。

顔を離した後、

かすかに笑ってるようにも見えるんですよねぇ。

いずれにしろ罪作りな男ですよ〜。



>「迷いのなさ」うんうん、わかる〜!!

>あたふたする気持ちもわかりますとも〜☆



でしょ、でしょ。

「迷いのなさ」

だから、あんなに惹きつけるんでしょうねぇ。

あたふた…はまだ続いていますよ。

ほんとに罪作り〜(*~~*)

2011年05月18日(Wed) 14:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL