FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOPライブ ≫ *小田さんに会ってきた その1*

*小田さんに会ってきた その1*

タイトルの通り、今日はサトシゴトではありません。

こどもの日に小田和正さんのコンサートに行ってきましたー!
小田さんたっての希望で、ツアーの始まりは熊本!
そのお気持ちは痛いほど嬉しいが、ゴールデンウイーク真っただ中(嫌な予感)
なんとかお休みは取れたものの、都合で午後からしか出発することができず、
やはり渋滞にはまる。途中、旦那が抜け道を使いスイスイ行ったはいいが、
幹線道路に合流する信号で渋滞にはまり、結局どっちが早かったんだろうね…と
永久に答えの出ない疑問にぶち当たる。
島脱出するのに、いつもより40分余計にかかちまったぜー。

しかし、その後はそこまで渋滞せず、なんとか開演30分前に到着しそうだ…と思った矢先、
駐車場に入る車が長蛇の列。
(ちなみに駐車券は事前販売で1500円也。7年前は無料だった)
結局着いたのは15分前。
駐車場にはトラックが止まっていたので、とりあえず撮ってみるが、後で見返すと角度がなぁ。
(まぁ、時間なかったし)
小田トラック

そして、次はトイレが長蛇の列だ。
とりあえず席近くの入場口のトイレの列に並ぶが果てしない。
どう考えても開演時間までに間に合わない。でも、行かないわけにはいかない。
そしたら、向こうのトイレが空いてますよ的なことを係のお兄さんがおっしゃるので、走る。
しかーし、結局こっちも並んどるやーん。でも、私に戻る気力はなし。
結局トイレ済ませて戻ってきたら、列は解消。そのまま並んどけばよかったよ。
余計な体力使ってしまった。

トイレに並んでる時に案内板で自分の席の位置をだいたい把握していたものの、
不安だったので、一応係のお兄さんに案内をお願いする。
しかし、お兄さんが把握してない。(おいおい)
14列だから、こっちじゃないですかね…と私がそっとアドバイス。(おーい)
しかし、今度は席番が探せないお兄さん。(おーーい)
結局、他のお兄さんに選手交代。
間にあったから、よかったけどもー。ちゃんと把握しとこうよ、お兄さん。

そして、10分ほど遅れて開演。
始めはスクリーンに映像が流れ、小田さん登場まで少し時間があるので、
もう少し遅れても大丈夫だったけれども(そういう問題じゃない)

それより座席ですよ!!
会場は長方形で、メインステージを斜め遠くに見る席、外周の花道の外側だったんですが、
2列目!なんと花道までの距離、一番近いところで3メートル。
えーーっ、ここを小田さんが通るのーー?!
これが大野くんだったら、卒倒レベルだよーとついつい置き換える悲しい習性…。
小田さんでももちろん嬉しいけれど、「好き」の種類が違うもので(^^;)
小田さんは声メイン、近くで見れたら嬉しいな…くらいだが、
大野くんの場合は声はもちろん、できるだけ近くでガン見して、
できればファンサもいただきたーーい!と強欲。
ちなみに小田さんの場合、うちわ持参率は限りなくゼロに近い。
だから、持ってきたら目立つよな…と思ったが、恥ずかしくてやっぱりやめた。

実際、小田さんは何回かこの花道を通られました。
小田さんが通る度、こちらを見る度に、何度も手を振ってみました。
がしかし、小田さんは基本愛想がないので、あんまり笑わない(笑)
本人曰く笑ってるつもり…らしいけど(^^;)
歌に集中してるっていうのもあるんだろうね。

で、何回目かに私、しっかり目が合ったと思うんですけど!!
しかも、私にはそれが数秒に感じられた。(それは気のせいだと思うけど…)
この時小田さんは歌ってなかった。じっと客席を見ていらしゃった。
でも、やっぱりこういう時って……、悲しいかな、固まるんですね。
こういう時こそ手を振ればいいのに!!なんでだよーー。
ただたただ機械的に手拍子してたと思う…、たぶん。

長くなったので、続く…。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL