FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年10月
TOP忍びの国 ≫ *未公開シーン 其の十二に思う*

*未公開シーン 其の十二に思う*

未公開シーン、其の十二。
こんな素敵なシーンがあったとは!
あ~、これはやっぱりカットせずに入れて欲しかったよ~。
無門とお国の関係性がよくわかるし、
その後の展開にさらなる説得力を持たせる大事なエピソードじゃないですか!
(でも、助け出すシーンは後でグリーンバックで撮るつもりだったのかな…。
あー見たかったわ!)

本編を見ていた時はそんなに意識していなかったけれど、
こういう場面を見せられると、そういえば的な感じで思い出す(^^;)
ラストの無門とお国の感動的なシーンで、二人の絆や愛を実感することはできていたけれど、
確かにそこに至る前までのお国の無門への想いがいまひとつわかりづらかったんだよな…と、
これを見て思い出す。
無門がお国にぞっこんなのは痛いほどわかったけど…。

無門の尻をたたく母親的な強気な面を中心に描かれていたので、
お国の本心が見えづらく、こちらで想像するしかなかった部分もある。
そういう風な見方もあっていいとは思うんだけど、実際にこういうシーンがあったんだと思うと、
あ~是非是非本編に残して欲しかったよーと駄々をこねたくなる。

「忍びは嫌い」だと言っ切っていたお国が無門の超人的な力を目の当たりにし、
「忍び」として認める。しかも、「伊賀一の忍び」だと。
そして、一人の男として認めた瞬間でもある。
だって、「伊賀一の忍び」を見つめる目は、完全にハートだったから(〃▽〃)
きっと無門のことを頼もしく思ったことでしょう。
そして、愛される人に守られる喜びや安心感も芽生えたでしょう。

でも、ここで無門が調子に乗るわけでもなく、いつもの無門というのがまたよくて。
もっとかっこつけてもいいのに、こういうところが無門。
一方、驚きを隠せないお国は、いつもと違ってめっちゃ無口。
お国を黙らせるとはやっぱりすごい男だよ。

お国に対してはひたすら優しい無門。
でも、大膳に向かって行くときのスイッチが入った表情にゾクゾク。
ところが、お国の「無門殿」の一言でゆるい無門に戻っちゃう。
そして、あっという間に敵をやっつけ、「なんでしょう」「はっ」がたまらんし。
ツッコミどころ満載なのに、こっちがふにゃふにゃになるし(*´~`*)

で、やっぱり最後は無門の尻をたたくいつものお国という感じだけど、
明らかに二人の絆は深まっている!

なんとなく想像力で補ってきた部分を、こうやって目の当たりにできのたはとても嬉しかった。
(だから、本編に~~)

こうなったら、自分で編集しながら見てみるか。
チャプター13で、大膳は伊勢地口から平楽寺に向かっていることにして、
未公開十二に飛んでお国の愛を確認し、いつものように尻を叩かれた後、
チャプター13の「織田の子倅~」に戻ればいいんだよ。

昨日今日は無門殿との逢瀬の時間がとれなかったので、明日やってみるか!
スポンサーサイト



Comment

No title
編集
こんばんは。
本編よりも泣けましたねぇ💛
倒れたお国ちゃんとのシーン、あんなに入り込むことに感動!無門なのね!いや凄い!
 カットしないで~ってシーン満載ですね。
 お国ちゃんが「即座にこれを割りますゆえ」と小茄子を揚げるシーンから、無門が下忍の上を飛ぶシーンもなんか、随分カットしてあるように思うけど・・・ ちょっと不自然に感じるのは私だけ?
 最初の矢をよけるところ、美しいターンも残して欲しかった・・・
 そうそう、大膳さんがやって来るシーンも時系列を少し変更して残して欲しかったね。本編は話の展開が速すぎというか、描き方が薄過ぎだと感じていたので、是非残して欲しかったよね。お国ちゃんの無門殿への思いを掘って欲しかった~。残念!
 3時間越えで価格も倍以上でいいので、本編越えのプレミアム映像dvd限定盤なんて作品を作っていただきたかった。
 ラストシーンは大野くんにも、監督にももうちょっと頑張って欲しかったんだよね。
ネズミくんとは関係ない話をしていたそうだけど・・・
 うーんなんか、ネズミくんを迎え来た無門の思い、お国ちゃんの思いを胸に生きていこうとしている思いとか・・・
 すごーく好きなラストシーンなんだけど、無門らしいと言えばそうかもしれないけど・・・ その前のシーンがずーと思いを滲ませて深い演技をしているので・・・
 ポップにメッセージを伝えて、ポップに終わる狙いだとは思うけどねえ・・・
 お国ちゃんを亡くした哀しみを乗り越えてネズミくんと生きることを選んだ無門の哀愁と成長、強さを背中で語って欲しかった。贅沢かな?監督の狙いに無いからかな?
大野くんには演技されない奥の奥が自然と漂う俳優になって欲しいとおばちゃんは思います。熱くなっちゃった、すみません。
そんな映画じゃないか(笑)
色々文句をつけながらもスクリーン20回越え(笑)何故か観たくなる映画です。


 
2018年02月12日(Mon) 23:11
さとママさんへ
編集
お国とのシーン、皆さん号泣ものみたいで。
私はけっこう冷静に見てたんだよなあ(^^;)

私は鼓楼のシーン以外は、カットされてもそこまで気にならなかったなぁ…。
でも、最初の矢をよけるところは、横にスライドするところは是非残して欲しかった!

ラストシーンは、年月も経っているという設定だったので、私は特に気にならなかったなぁ。
最初手をつなぐのを嫌がっていたねずみが自分から手をつないだということで、
二人の関係が見えてよかったなと。

特典映像を見ていると、また本編が見たくなり、
しばらくは『忍び』の世界から抜けられそうにないよ~。
2018年02月15日(Thu) 23:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL