FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年10月
TOPuntitled ≫ *『Pray』に背中押されて*

*『Pray』に背中押されて*

最初はどの曲から行こうかな~と考えた時、たまたま頭の中をぐるぐるしていたのが『Pray』
ということで、行きます!(そんな決め方?)

最初の頃は、序盤の印象が正直薄かった…けど、
サビにたまらなく惹かれ、頭の中をくるくると舞うようになった。
それぞれの声が綺麗に重なり合い、とても心地よい響きに癒される。
そして、聴き込むにつれ、曲全体が私の中でしっくりと来る。

とはいえ、いつもながらメロディー重視で、あまり歌詞は頭に入ってこない。
でも、時折飛び込んでくる言葉がとても印象的で。
そこで、歌詞カードを見ながら、あらためて聴いてみたら、
めっちゃ私好みで、ますます好きになる。

なかなか簡単には拭えないもやもや。
行かなきゃいけないとわかっているのに、踏み出せないもどかしさ。
自分だけが置いてけぼり食らっているような焦燥感。
そして、変な強がり。
過去に引きずられ、今を持て余し、でも、「何か」を信じてる。
同じところをぐるぐるしているようで、それがサビのくるくるする感じとリンクする。

冬のひんやりとした空気。広がる空、差し込む光。
それが「何か」を象徴しているようで。
その先には不確かなものしかないけど、でも、未来へと少しずつ導いてくれる。

あわてなくてもいいよ。
時には止まってもいいよ。
怖がらなくてもいいよ。
一歩ずつゆっくり行けばいいよと。

そっと背中を押してくれる。

大野くんの歌声は、優しく滑らかで、これはまさに透明感だな~って思う。
でも、意外にも

そんな時もあったと想い出す いつの間にか忘れてしまいたい

この部分はちょっと硬質な声で、びっくりした。
この曲調だと、柔らかい包み込むような声で来るのかと思ってた。

どういう想いで歌ったのかな。
何かを吹っ切ろうとしている意志でしょうか。

ちなみに「忘れて」の「わ」の響きがツボです(*^^*)

なんだかこの曲聴いてると、
こんな優柔不断で決断力なくて、なかなか前に進めない私でもいいのかな…って思う。
だって、あきらめてない。何かを信じてる。

ありがとう(^^)
また宝物が増えた。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL