FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年10月
TOPuntitled ≫ *幸せ、来た!*

*幸せ、来た!*

ソロ曲ないと知ってがっかりした時、
あの5人なら、きっと幸せを運んで来てくれるに違いない!と書きはしたものの
幸せ、来い参照)
やっぱり正直不安は拭えなかった…。

ところが、実際手元に届いたアルバムを聴いてみたら、そんな不安は吹き飛んだ。
幸せは私の手元にしっかり届きました!
ありがとう~。

なんでだろうなぁ。涙腺ゆるくなって、いろんな曲で泣けちゃうんだよ。
彼らが一つ一つ丁寧に心を込めて作り上げた作品たち。
5人が全力で届けたくれた想い、覚悟、自分たちの信じた道を必死に進もうとしている姿を
ひしひしと感じるからかな。

そして、毎日ひたすら聴いている内に、私の気持ちにも変化が…。

ソロを無くすというよりも
もっとやれることがあるんじゃないかという向上心や
もっといろんな嵐を届けたいという願いがあったのかなと。
あの5人がソロを無くすことへの危機感を想定しないわけはないんじゃないかと。
でも、あえての選択。
それは、現状に満足せず高みを目指す5人の前向きな選択だったのかもしれない…と
勝手に思うようになりました。

そして、素敵な贈り物は届いた。
だって、好きすぎて、暇さえあればずーっと聴いてる。
そして、ついつい涙ぐむ。(おばさん、情緒不安定かも(^^;)

変化というのは、いろいろ物議を醸し出すもの。
でも、こうやって嵐を巻き起こすのが5人。

アルバムは、5人から年に一度届く手紙みたいで。
(あえて、ラブレターとは書かないけど(^^;)
もらう前に突き返すことなんて、できないし、
気にいらないから、返すなんていうこともできない。
でも、私の予想をはるかに上回る素晴らしい手紙だった。
信じててよかった。でも、ちょっと疑って、ごめん。

とりあえず信じて、何でも受け止めたいな。
こんなことを思えるのは、嵐と我が子くらいだな。

そういえば、櫻井くんが言ってたね。

「この夢から覚めないこと」泣ける…。

かけがえのない5人。奇跡とも思える5人。
それを一番実感してるのは、当人達だろうし、
一番嵐が好きなのは、やっぱりこの5人なんだろうな。

芸能界という大海原で、何が命取りになるかもわからない。
私なんかが考えているよりもギリギリの所で生きている5人。

でも、あえて挑戦し続けてほしい。
うまくいかないこともあるだろうけど、怖気づくこともあるかもしれないけど、
自分たちを信じて進み続けてほしい。

「終わりはいつも始まりだ」

櫻井くんの大事にしている言葉を聞いて、あ~ってなった。
彼にとっての「終わり」は「終焉」じゃなかった。
さて、私も次の「始まり」にワクワクが止まらない。

メイキング、もう一度見てみようかな。
今だったら、違った見方ができるような気がする。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL