FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年10月
TOP忍びの国 ≫ 『忍び』いよいよお別れ

『忍び』いよいよお別れ

県内の映画館、ことごとくひいておりまするー(T_T)

始まりがあれば、終わりがある。
そんなことはわかっていたけれど、
今週の金曜で、県内の映画館は上映終了の模様。

そろそろかな…と思ってはいたけれど、
やっぱり「上映終了」の文字を目にすると、ショックがでかい。
(本当は諒くんと大野くんの絡みを書くつもりだったけど、それどころじゃない)

でも、今週はありがたいことに、日中に上映していただける映画館が!
たまたま金曜がお休みということもあり、お友達と一緒に行く予定にしていて、よかった。
(残念ながら応援には行けないけれど…。行かれる方は、愛をいっぱい届けてきて下さいませ)

ところが、実は昨日も仕事がお休みで…。
往復4時間近くかかるし、家のこともしたいし、どうしようか…迷ったのですが
(と言いながら、迷ってる時点で9割行く気になってるのは、毎度のこと)
結局、見とかないと後できっと後悔する!と思い、結局また一人で行ってまいりました!

観客は10人ほど。正直もう2カ月も経ってるし、日中はお仕事もあるだろうし、
もっと少ないんじゃないかと思っていたので、びっくり。
しかも、全員女性でした。ほんと、みんな好きなんだから~(*^^*)

でも、11回目ともなると、ストーリーはわかりきってるし、正直もう泣けない(^^;)
ネットをぶらぶらしてると、他の方はいろいろ発見したり、深読みされたり、
映画館ごとに見方聞こえ方を比較されたりしているけれど、
(私は読んで、ただただ感心するのみ)
私は『忍び』に関しては、そういうのがほとんどなくて。
(印象とか見方とかは微妙に変わってきてるかな)
なのに、なぜそこまでして見に行くのか。

それは、やっぱり、無門殿に会いたいから…(*^^*)
それしかないんですけどね。結局。

声が聞きたかったり、ちょっとした立ち姿だったり、立ち回りの時のターンだったり。
だいたい注目するポイントはいつも似たり寄ったりで。
それなのに、なぜにここまで通うのか。

飽きないから…というより、ずーっと感じていたいから。
普段も、家のテレビで大野くんを感じてはいるんですが、それとはまた別の感覚。
映画館という何も邪魔するもののない非日常な空間で、
大きなスクリーンや音響で、思う存分堪能できる。
ただただ「忍びの世界」に浸れる贅沢な空間。
ライブだと、当落や座席などで悲喜こもごも、
一度きりの大切な時間もポンコツな脳みそには限界があるわけで。
でも、映画だと、何とかやりくりすれば、会いたい時に会える。
それはそれは、本当に特別な時間でした。

ありがとう~!

あ~、でも、もう終わっちゃうのか。寂しいなぁ~。
またいつか映画に出てくれるかな。
今度は、全編シリアスっていうのも見てみたいな(^^)
スポンサーサイト



Comment

No title
編集
こんばんは~ 本日いや、日付が変わって昨日だね、無門殿とお別れとなりました。
 いや~よんこさん頑張ったねー 往復4時間だもんね。うちから新幹線で博多に行って映画を観て帰れる時間位ってことだもんねー 凄いわ~~~~
 私はこの三日は連チャンで会いに行きました!無理かなーと思っても即行動すると人間何とかなるもんなんだなぁなんて感心したりして・・・(笑) よんこさんより距離的条件がはるかに良いので、行けるのですが(笑)
 応援上映も4回目でしたが、ここで声を掛けたいと思っても 俳優さんの台詞タイミングとか、シーンの雰囲気とかなかなか慣れないです。でも最後は忍びの国使用の「うちわ」も作り楽しく声出しして楽しみました!忍びの国と無門殿にお礼も言えたし、満足しました~  
 大野くんが二年越し夏を頑張った作品が終わっちゃた・・・・ 
 
 いや~お互いによく通ったと思うね。私事も色々厳しい中無門殿に逢いたくなるもんね。尋常じゃない程回を重ねると色々演出や撮影の粗も気になるけど、萌えポイントも増えて来たりして、結果無門殿に逢いたくなる(笑)

 もじもじしながら、照れくさそうなレッドカーペットを歩く大野くんを見たかったですねぇー まだ美ジュアルのままなので、海外向けのプレゼンとか期待できるかな?デブの星に負けないように気をつけているだけかなぁ(笑) 体調は気をつけて欲しですね。「健康第一!」

 アルバムはソロ無しなのかなぁ??( ;∀;) ライブもソロ無し・・・( ;∀;)
 とりあえず初回と通常無事に予約完了!
 新しい試みに期待することにしましょう!
2017年09月09日(Sat) 01:53
さとママさんへ
編集
私は元々出不精なんだけど、こんなに動けるものなんだと
自分でもびっくり。無門殿の魅力は絶大。
さとママさんもお疲れ様!

応援上映は、なかなか声出すのが勇気いるよね。
でも、お礼も言えたんだね。よかった(^^)

あ~、でも寂しくなっちゃったね。ぐすん。
レッドカーペット歩く大野くん、見たかった~。
もう可能性はないのかな…。

アルバムは若干の不安もあるけれど(^^;)
毎年出してくれることに感謝だね。
2017年09月09日(Sat) 17:20












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL