FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP忍びの国 ≫ *『忍び』雑誌を読み返してみて その2*

*『忍び』雑誌を読み返してみて その2*

今日は、久しぶりに一人家でゆっくりのお休み…ということで、
またまた雑誌を読み返してみました。
その中から特に印象に残ったものを。

ぴあ
自分が主役だからといって何か仕切るというよりは、
できる限り迷惑をかけないでいたいかなっていうことくらい。
これが全てですね。
あまり周りの人たちが気に掛けなくてもいいような感じに
自然と持っていきたくなるんです。
気を使われるのが苦手だから、うまい具合にかわしていく方法を考える。


座長として引っ張ったり盛り上げたりするタイプもいるだろうけど、
なるべく気配を消してひっそりと存在し(時にはエキストラに間違われ(^^;)、
誰かの負担になることをできるだけ避け、
でも、与えらた仕事はきっちりとこなす。それが彼の責任感。

自分に何ができるかは考えるけど、相手に何か求めることはないです。

境地にいっちゃってます。理想です。激ムズです。
そう言い切れることがすごい。
こういう人に私はなりたい。(一生、無理(^^;)

キネマ旬報NEXT
(努力を)人に見せたくないというより、たぶん家でひとりの時じゃないとできないんだと思う。
そこに誰かがいると集中できないから、ひとりのときにやるって感じかな。


それなのに、BAD BOYのメイキング映像、ありがとう。宝物だわ。
カメラ入っててもめっちゃ集中してたよね。
あんな表情、ある意味本番の何倍もかっこよかった~(〃▽〃)
(もちろん、本番もめっちゃ楽しんだけど)

ひそかに努力しているイメージとかないかもしれないけど、
何もせずに何かをできる人なんていないと思う。
少なくとも僕は、何もせずに挑むなんて怖くてできないです。


いやいや、相当な努力を積まないとあのレベルに到達しないことは、
ファンはみんなわかってます。
普段、「怖い」ものはないと言う大野くんから聞く「怖い」はとても新鮮で、
胸の奥がギューッとなります。
きっと見えないところで戦っているんだな…と。

AERA STILE MAGZINE
(映画は)ひとりではなくみんなで作っていくものだから。
僕が引っ張っていきたいとも思わないし、実際引っ張っていくこともできないしね。
僕が休みの日にも別のシーンも撮っているので、僕の空気には絶対にならない。
監督の空気の中に入っていくという感覚。
求められているものを読み取って、それにどう近づけていくかを考えていた。


自分に何ができるか、何をすべきか、それはとてもシンプル。
その潔さにまた惚れる(*^^*)

リーダーらしくないし、しっかりしてないと批判されてもしようがないよね。
できないものはできないから。
もちろん、仕事するうえで自分として我慢していることは山ほどあるけど、
他人が「こうしたらいいのに」ということに無理に従う必要はないと思う。
他人と自分は違うから、言われたようにできないし、そもそもそっちの方向に興味がない。
自分にしかできないものがあるから。


「我慢していることは山ほどある」という言葉に、胸の奥がちくっとなる。
ごめんね。それでも、ずっと見ていたい。聞いていたい。感じていたい。
でも、芯に揺るがない確固としたものがあるから、安心する。

読めば読むほど、本当に高僧のような人だと思う。
好きになってよかった~。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL