FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP大野智voice ≫ *大野智voice その15*

*大野智voice その15*

ふと気がつけば、7月6日にNEWアルバム『Beautiful World』が届いて以来、毎日毎日飽きもせずに家の中でも車の中でも聴き続けてました。
でも、ふと昨日久しぶりに他の歌声も聴いてみるか…と思い立ち、手に取ったのが一枚のMD。
大野くんのソロ曲や私が特に気に入っている智voiceの入った曲を集めたものなんです。

で、ながら聴きをしていてもどうしても耳が反応しちゃうのが『Crazy Groundの王様』や『JAM』『Walking in the rain』なんですね。
『Crazy…』や『JAM』についてはにも書いたけど、少年っぽさ(甘さ)が絶妙で、かなりツボにはまる歌声なんです。

一方『Walking…』は前奏の色っぽいフェイクがたまらなく好きなんですけどね。

他には『夏の名前』や『時計じかけのアンブレラ』『The Bubble』も耳が反応しちゃうんですけど、意外にもソロ曲はそこまでじゃなかった…という今回の事実(^^;)。(あっ、『静かな夜に』の高音は反応しちゃいますね)

もちろん私が智voiceに堕ちた記念すべき曲『とまどいながら』も耳が反応します。
『とまどいながら』の声は、今のところ私にとってBest voiceなんですけど、とにかくバランスが絶妙なんです。艶っぽさもありつつ、少年ぽさも残っていて、でもしっかりと芯もある。これが大野くんの歌声だと気づいた時の驚きは、もう言葉では表せませんね。

そこで、もしかして『とまどいながら』の歌声って『Crazy…』や『JAM』と同時期なのかな…と思って調べたら、『Crazy…』2003年『JAM』2004年、そして『とまどいながら』が2003年でした。

この時期の歌声は、私にとって何か独特のツボがあるみたいです。
でも、この時期のコンサートの大野くんを見ると、甘い歌声とは裏腹に今よりもオラオラな感じというか男くさい感じがするし、私は見ていてちょっと気恥ずかしいんです。今とは違う意味でドキドキします。

声のタイプは違いますが、『Walking…』は2003年『The Bubble』も2004年。これはどちらもsexy voiceですねぇ。

『夏の名前』2005年はだいぶ少年っぽさが抜けていて、男前な感じなんです。これは時期的なものより、歌い方によるものが大きいとは思うんだけど。

『時計じかけのアンブレラ』は2009年だから最近ですね。
かなり色っぽくて倒れそうになるんだけど、やっぱりどこかに少年っぽさ(甘さ)が残ってるんですよねぇ。そこにキュンキュンしちゃうのかしら。

結局何を言いたいかっていうと〜(^^;)
私が大野くんの声に堕ちたのは去年の秋。でも、もしもっと早く大野くんの声に出会っていたら、私はその時に堕ちていたのかな…って。そしたら、大野くんのこともっと長く応援できたし、いっぱい同じ時間を過ごせたのになって。

『とまどいながら』が2003年ということは、その時にこの曲をじっくり聴く機会があれば、私はサトシックになって、テレビで嵐くんをいっぱい見て、コンサートにも行ってたのかな…とかね。(あっでも次女が小さかったから、コンサートは行けなかったかもね)

今さら考えてもしょうがないことなんですけどねぇ…。

でも、たぶん1度や2度聴いただけじゃダメだったろうな…っていうのは、思います。
だって、去年の秋でさえ、智voiceに堕ちるまでしばらく時間がかかったしなぁ。
最初、嵐の曲聴いても相葉ちゃんの声以外聞き分けられなかったしね(^^;)。しかも、最後に聞き分けられるようになったのが大野くんの声だったという驚くべき事実。
それなりの時間を要しないと、やっぱり無理だったかな。ということは、ジャニーズに全く興味のなかった私は、全然聴く耳持たなかったと思うから、やっぱり無理だったんじゃないか…という世界一どうでもいい結論にやっとたどり着いたよ。

あ〜でも、ほんともったいないことしたよ。タイムマシンで帰りたいくらいだよ。

でも、結局デビューから11年近くかかっちゃったけど、知らないままでいるよりはずっとよかったと思う。ほんと出会えてよかったよ。
去年の秋、次女がCDレンタルしてくれって言わなかったら、嵐っていい子たちだよね、おもしろいよね…ていう感じで、今もずっとバラエティ番組だけ観てたと思う。
しかーし、肝心の次女は現在、嵐よりマルマルモリモリやコナンに夢中なんだけどね〜。(嵐のバラエティ番組は観るけど、アルバムには見向きもしないのよ〜)


ところで、今日は京セラでコンサートでしたね。
ネットでセットリストを確認してみたならば、私にとっては若干ショックな事実が…。
というのも、今この日記にあげた曲がどれ一つとして入ってないのぉ〜ていうか、たぶん大野智voiceシリーズで挙げた曲は全くと言っていいほど入ってないと思う。『Lucky Man』くらいかな…。ちょっぴり残念…。

でも、『Hung up on』を披露したんだもんね。会場のサトシックさん達は大丈夫だったかしら。卒倒しなかったかしら〜。
私はおとなしくDVDが発売されるまで待ちますよ。



TWITTER mixiチェック 楽天ソーシャルニュース 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト



Comment

Re:*大野智voice その15*(07/24)
編集
こんにちは^^

ついにvoiceも15ですね〜^^



そうそう。

いろっぽいのよね〜。(ポーっと遠い空見つめちゃう)

絶対にプツって途切れない声。

どこまでも伸びるあの声。

あ〜倒れそう。

誰か起こしてくださいって感じです。



来年は生で聞きましょうね〜^^

(ってチョット違う?笑)



今のcicoのお気に入り曲は

your song

タイムカプセル

曇りのち、快晴

素晴らしき世界



夏の名前

still...



そしてなぜか

ココロチラリ

カーニバルナイト パート2

NA!NA!NA!

LOVE situation



と今年のコンではセトリになかった曲ばかり(笑)

なのでセトリのエントリーに絶句しました^^;



京セラはファイトソングもなかったのかな?

早くDVDになるといいですね〜!



2011年07月25日(Mon) 11:27
Re[1]:*大野智voice その15*(07/24)
編集
cicoさん、こんにちは(^^)



>あ〜倒れそう。

>誰か起こしてくださいって感じです。



近くだったら、私が起こしに行くのに(笑)ていうか、

もう一緒に倒れちゃう?

大野くんの声って、ほんと不思議…。

どんだけ聴いても飽きないんだもんね。



>来年は生で聞きましょうね〜^^



オーッ!!

いつかいつか…きっと聴きに行くわよ〜!



>your song



これはDVDでニノが挙げてましたよね。

私はどん底の時、この曲聴いて泣いたなぁ〜。

残念ながらコンサートでは歌わなかったけど、

Message from Japanでは流れてましたね。



>素晴らしき世界



これはニノと大野くんのユニゾンが大好きだな〜。



>夏の名前



これは大大大好き。たまんないわ〜。

今の季節にぴったりなのにね…。



>ココロチラリ



あれっ、私この曲知らないわ(^^;)。



>LOVE situation



これは振り付けがめちゃくちゃかわいかったですよねぇ。

またコンサートでやって欲しいな〜。



>と今年のコンではセトリになかった曲ばかり(笑)

>なのでセトリのエントリーに絶句しました^^;



あれだけの曲数があると、なかなか自分のツボ曲って

歌ってもらえないのかしら(^^;)。

でも、会場にいたら、何でも盛り上がっちゃうんでしょうね〜。



>早くDVDになるといいですね〜!



そうそう!

心は早くもDVDで1人参戦モード!

楽しみだなあ〜。

2011年07月25日(Mon) 15:38












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL