FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年10月
TOP聞かせてください ≫ *『好きなアルバム』ちょこっと考察*

*『好きなアルバム』ちょこっと考察*

好きなアルバムアンケートの結果を基にちょこっと考察してみました。

まず年代別に見てみると、こんな感じ。
0期 1票
 ARASHI NO.1 嵐は嵐を呼ぶ(2001)
Ⅰ期 22票(7.3)
 HERE WE GO!(2002)
 How's it going? (2003)11
 いざッ、Now(2004)10
Ⅱ期 53票(17.6)
 One(2005)15
 ARASHIC(2006)
 Time(2007)38
Ⅲ期 48票(16)
 Dream"A"live (2008)
 君と僕の見ている風景(2010)29
 Beautiful World(2011)11
Ⅳ期 33票(11)
 Popcorn(2012)
 LOVE(2013)19
 THE DIGITALIAN(2014)10
※( )は1枚あたりの平均投票数です。

Ⅱ期Ⅲ期に票が集中していて、Ⅳ期が意外と伸びていないという現実。
とか言ってる私もあんまりⅣ期のアルバムは聴かないんだけど…(^^;)
ついつい過去のアルバムばかり聴いてしまうんだよなぁ~。
これは私の好みに寄るところも大きいんとは思うんだけど…。

そこで、ふと売上ってどうなってるんだろう…と思って、調べてみた。
以下長くなるので、畳みます。


売上ランキング(オリコンより)
参考のためにオリジナルアルバムだけでなく、ベスト盤も載せてます。

1.All the BEST!!(2009)
2.君と僕の見ている風景(2010)
3.Popcorn(2012)
4.Beautiful World(2011)
5.LOVE(2013)
6.THE DIGITALIAN(2014)
7.ARASHI NO.1 嵐は嵐を呼ぶ(2001)
8.Dream"A"live (2008)
9.Time(2007)
10.5×5 THE BEST SERECTION(2004)
11.ARASHIC(2006)
12.嵐 Single Collectionn(2002)
13.One(2005)
14.いざッ、Now(2004)
15.HERE WE GO!(2002) 
16.How's it going? (2003)


『All the BEST』が1位で、次が『君僕』
これは10周年のベスト盤ではずみがついて、『君僕』につながったと考えていいのかな…。
(そう言えば、私が最初にレンタルしたアルバムもこの2枚だったと思う)
で、その後をⅢ期Ⅳ期の新しいアルバムが名を連ねています。

そして、なんと次にファーストアルバムが入ってるんですね。
デビュー当時の勢いを感じます。

その後は、Ⅱ期Ⅰ期とほぼ新しい順に並んでいて、
徐々に売上を伸ばしてきたというのがわかります。
ベスト盤はやっぱり売上が伸びますね。でも、次につながるか…というと、そうでもなくて。
ということは、やっぱり10周年のベスト盤の威力たるや相当のものです。

嵐くん自身は2006年あたりから徐々に来ていると実感していたみたいですが、
Time(2007)ではずみがついて、10周年でそれが結実したという感じかな。

そこで、今回の投票の結果と売上とをグラフにしてみました。出た!手書き(^^;)
小さくて見にくいかもしれないけど、だいたいこんな感じなんだぁと思ってもらえればと…。


img244_convert_20150206170809.jpg

   青の棒グラフが投票結果、赤の折れ線グラフが売上。

ファーストアルバムがけっこうな売れ行きなのに、その後がくんと落ちて、徐々に盛り返し、
「君僕」で一気に伸びてます。(この前にベスト盤が出ているので、その影響も大きいかと)
で、その後は「Pop」でちょっと盛り返したものの、少しずつ下降気味。
この伸び悩みがちょっと気になるところではあります。

そこで、好きなアルバムの結果と合わせてみると、
ここ最近の4作品が思いの外票が伸びてないというのも多少は関係しているのかな…と。
『LOVE』で好き度は伸びてはいるものの、『DIGI』の売上が特に伸びているわけでもなく。
『LOVE』推しの理由がソロ曲メインだというのもあるのかな~。
アルバム全体の評価が高ければ、もっと次につながるような気もするんですけど。

私の個人的な意見なんですけど、最近3枚のアルバムはテーマを絞り込み過ぎてるかな…という
気はしてます。
イメージしやすい一方、逆にイメージが限られてくる気もする。
それはそれで面白い試みだと思うし、いろいろ挑戦することは大切だとは思うんだけど、
その思惑と聴く側の期待感がずれた時がちょっと怖い…というか。

でも、一定の売上はキープしていることから、かなりの固定ファンがいるのは確実で。
私達みたいなファンは、アルバム発売が決まった時点で
内容は知らなくてもとにかく予約しちゃうし。
でも、いわゆる浮動票といいますか、何となくファンとか、その時たまたま興味があってとか、
好きな曲が入っているからとか、たまたまジャケットを見て
とかいう人達の動きも気になるところ。ここをどう食いつかせるか…。
(って、一体私は誰だ(^^;)

嵐=デジタリアンというのは、イメージとしてはつながりにくい?
ジャケットも誰?って感じだよね(笑)←これは初回盤だった(^^;)通常盤は5人が写ってるのね。

それにしても、『Time』は売上がそんなにすごいわけでもないのに、
これだけ票を集めているということは、相当満足度の高い作品だと言えると思うんです。
そして、『君僕』にいたっては、売上も好き度も高い。
でも、その後がいまひとつ伸びてない…というのが何だかもったいないな~という気はしてます。
(だから、私は誰(^^;)

いろんな条件が重なってこういう結果になってるとは思うんだけどね。
私なんかにはわからないことだよな~。(結局そうなる・笑)

今年のアルバムはどんな感じになるのかなぁ~。
是非是非リピートの嵐から抜け出せないような作品、期待してます!
スポンサーサイト



Comment

こんにちは^^
編集
ハッキリとは覚えないんだけど、君僕はJAL盤が出たんじゃないかな~?
ジャケットが違うってことで、けっこう購入した人が多かったような・・・。違ったっけ?
確実じゃないなら書くなよってかんじだけど。ごめんなさいww

yonkoさんの考察には「うんうん」ってうなづきながら、さすがだな~って思いながら読みました。
かなりの固定ファンはいるけど、yonkoさんの言うように、あんまりテーマを絞りすぎると、新たなファンは出てこないのかな?という気もします。
そもそもWISHからでしょ?売れ出したの。あれってラップがなくて誰でもカラオケで歌いやすいということもあって支持されてるとこもあるものね。シークレットトークでも翔くんが言ってるけど(笑)
まぁ、わかってくれる人だけが付いてきてくれればいい、なんて考えがもしあるのだとしたら、このまんまの形でしばらくはいくのかもしれませんね。
2015年02月09日(Mon) 09:35
ようこさんへ
編集
『君僕』のJAL盤なんていうのがあったんですね~。
それにしても、この売上はかなりのものですよね。
10周年のベスト盤あたりから、ファンが増えたのかな?

私は知らないことの方が多くて…(^^;)。
シングルでは、『WISH』が起点になってるのかな?
確かにわかりやすかったり、歌いやすい方が
一般的には受けがいいのかもね。

次は、一体どんなアルバムになるのか。
楽しみなような、怖いような(笑)
結局は、大野くんの声が聴ければいいんだけどね(^^)
2015年02月10日(Tue) 23:10
アルバム
編集
こんにちは。yonkoさん。
アンケートに参加しませんでした。どっちにしようか迷っている2枚があって。
でも、傾向をみるため参加すればよかったな。
今週初め、『いざッNow』を購入しました。「Dear・・」と「チェックの・・」「途中下車」をちゃんと聞きたくて。ちゃんとCD手元に置きたくて。そしたら、このアルバムがすごく良かった。元気で率直で計算されていない感じで、一生懸命な前向きな感じが伝わってきました。
2015年02月11日(Wed) 13:35
kaoruさんへ
編集
お久しぶりです(^^)

アルバム3枚に絞るのって、けっこう難しいですよね。
その時の気分とかによっても変わることもあるだろうし(^^;)

結果を見ると、傾向とかあっておもしろいですよね。
またいつかアンケートをすると思うので、
その時は参加してみて下さいね(^^)

『いざッNow』もいいですよね。
最近のアルバムもいいけど、
昔の方がストレートに伝わってくるような?

今のアルバムもいいけど、
過去のアルバムもそれぞれ聞き応えがあって、
何回聴いても飽きません(^^)
2015年02月14日(Sat) 21:30












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL