FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年10月
TOPSP番組 ≫ *15年目の告白 その3*

*15年目の告白 その3*

『デジタリアン』さすがに通常盤まで買う余裕はなく、レンタルしてきました。



『Take Off!!!!!』ノリノリで盛り上がりそうな曲ですね。
でも、ついついリピートしてしまう本当の理由は、
大野くんの「and you~~~~」が聴きたいから!
不意打ちの少年っぽい「エンド」から「ユ~~~~」と伸びる高音がたまりません。


では、『15年目の告白』最終章。
「実は僕は自分が嵐でいることに悩んでいた時期がありました」という衝撃的な言葉で始まるも
最初はデビュー当時の話だと思って甘くみていた。

ところが、「2006年ぐらいから、正直やめようと思った」
その響きは、デビュー当時の話をする「やめたかった」「逃げ出したかった」という
冗談交じりの言葉とはちょっと違う真剣みを帯びていて…。
だって、「やめたい」じゃなくて「やめよう」なんだよ。
それは欲求ではなく、意志だよね。

その頃の私は嵐とは全くの無縁で、存在しら意識してなかったけど、ずーっと葛藤してたんだ。
「この仕事をしてたらできないことに興味を持ち始めたから」
絵?と最初思ったけど、それは昔からだよね。
「例えば?」と聞かれて、「長い休日とってとか、できないじゃん」うん?どういう意味?
「海外放浪したくなっちゃって」え~っ、マジ~?
サトシックが一度は抱くであろう不安…。
この人、突然どこか遠くに行っちゃうんじゃないか…が危うく現実になるところだったんだ。
「単純に自由になりたいみたいな感じ」
「自由になりたい」って我が儘に思えるかもしれないけど、私達が思う何倍も不自由な世界。
それに、そもそも大野くんって、アイドルとは対極の人だよね。
アーティスティックで、いろんなものにとらわれるのが苦手な人だと思う。
でも、一番必要とされてる人でもあるんだよね。だって、私にとってそうだから。

私さぁ、実は大野くんってタッチのたっちゃんに似てるなぁって、前から思ってて。
いやいやキャラは全然違うけど(^^;)、立ち位置というか。
一見やる気なさそうで、教室の隅っこでふざけてて、
でも、本人の意志と裏腹に周りから求められて、
でも、いつしか彼自身の夢となり、歩み始めるっていう。
私の勝手なイメージですけどね。

「俺、この気持ちのまま一緒にいれないなと思って。申し訳なくて」
申し訳なくて…というのが大野くんらしくて…。
「マジか。すげぇな、それ。あぁ…」
短い言葉に驚きが表れてる。まさかそこまで考えてたなんて…という感じかな。
みんなもビックリしすぎて言葉を失っちゃったのか、
相づち打つのはほぼ翔くんだけだしね(^^;)

「その気持ちが落ち着いたのが10周年の時」
ていうことは、3~4年も葛藤してたってこと?
その間に怒濤の2008年があり、精神的にも肉体的にもつらかったよね…。
だから、釣りに行ったんかーい。
実は、私が大野くんを好きになりたての頃、
ドラマの撮影中に釣りに行って、日に焼けて怒られたっていう話を聞いて、
おいおい、この人芸能人の自覚あんのか?って本気で思った記憶があるんだよなぁ。
今思えば、そうしないとバランスとれなかったのかな…。

でも、10周年を迎え、たくさんの方に祝福してもらって、
「それで我に帰った感じ」
この表現が言い得て妙というか。
本当の自分を、本当の居場所を実感できたということでしょうか。

「もしあそこで走ってたら、俺今頃沈んでたんだろうなとは思う」
基本どこでも生きていける人だと思うので(縛られなければ(^^;)、
それはそれできっと何か結実していたとは思うけど、
でも、そうしたら私、一生大野くんに会えなかったよね!!
ずーっと続けて来てくれて、ありがとう。

「今の感じもないでしょ」
「ないね。一人欠けてたら、何か違うね」
そうそう、大野くんが抜けいてたら…と思うと、ぞっとするね。

「あの時はすっごい葛藤してたね」
この「葛藤」という言葉が、私の中で引っかかっていて…。
そっか!単純に「やめよう」という気持ちだけだったら、葛藤しないもんね。
「自由になりたい」という想いとそれを引き留める何かがせめぎあってたんだ。
でも、10周年で、「自由」より大切で確実な何かを実感することができたんだね。
「不自由」だと思っていたものが実は自分を守り、支え、育ててくれたのかも…。

「よかった。やめないでいてくれて」
相葉ちゃんの素直な言葉にうるうる。

「けっこう衝撃的だったな、今の」
確かに…。こういうことって、普通言わないと思うんだよなぁ。特にテレビでは…。
だって、相手を傷つけちゃう可能性もあるわけで。
私も、旦那にずっと別れたかったって言われたらショックだもん。
なんで今更言うんだよ~ってなるよ。

でも、言わずにいれない何かがあった。
そこで、ふとVSを思い出す。
やたら泣きじゃくる大野くん。あの涙の本当の意味を伝えたかったのかな。
そして、もう大丈夫だよ。もやもやも不安も迷いもないよって伝えたかったのかな。
よかった。言葉にすることができてって思う。
ずーっと心の中にしまい込んできた想い。
あえてここで告白するっていうことは、僕はもう大丈夫だよというメッセージだから。

「俺初めてしゃべったよ。たぶん」
たぶんって何だよ(笑)

「今だから言えると思える」
「いやぁ、もうそういう気がないからね」
みんな、わかってくれたよね。
こわばっていた空気が少しずつ和んで、松潤も笑ってくれて、よかった。
ずっとしゃべらなかったから、ちょっと心配してた…。
でも、わかるよ。複雑な気持ちになっちゃうよね。
でも、みんなで受け止めて、受け入れて、また前に進めるね。

「15年経って、その時のもやもやの気持ちだったり葛藤は今は正直ありません。
メンバーのみんなだったり、スタッフさんだったり、マネージャーだったり、
そして、何よりも15年支えてくれた皆さんのお陰だと思っています。」

「15年経った今、僕は嵐でよかったと心の底から思います」

あ~、もう何も言うことないなぁ…って、これだけ書けば十分でしょ(笑)

「ゆっくりでもさ、遠回りしてもさ、止まんないようにさ、
5人でこう歩いて行けたら、一番嬉しいけどな」


相葉ちゃんのあったかい言葉。
戻ってもいい…という松潤の言葉。
いつも茶々入れるニノも静かに見守ってくれて、最後にはフォローしてくれて。
そして、リアルガチな5人のご飯へと話をつなげる櫻井くんのMC力は愛だと思う。

大野くんの強くてしなやかな精神に憧れていたけど、
いっぱい悩み、もがき、そして、たどり着いたんだね。

そんな想いを正直に話してくれて、ありがとう(^^)
スポンサーサイト



Comment

実は~
編集
初めNHKさん見た時はちょっとモヤモヤ感が有ったんです…
何でだろう?ってずっと思ってました…

多分最後の涙の挨拶!

いきなりだったのと全部ではなかったですよね?
私はライブビューイングにも行けなくて、あの前後を知らないからなのかな~

大野君の告白は、2006~2009年の事でデビューからでは無くて…
私が思ったあの涙は15年間の涙だと思ってたからかな…

でも、あの涙は感謝の涙だったんですね(断定しちゃだめかな?)


yonkoさんの丁寧な想いを読んで落ち着きました^^

後40分でデジコン始まりますね!
yonkoさんは日曜日だったかな?
た~っぷり楽しんで来て下さいね~!!

2014年11月14日(Fri) 17:18
ちゃんさんへ
編集
ライブでの最後の涙の挨拶は、
単純に15年…というか20年分、もしくは33年分の涙かもしれませんね。

たまたま番組では、2006年からのことについて告白していたけど、
それは氷山の一角で…。
とにかく今の僕に迷いはないよ…というのを伝えたかったのかな。
決意表明みたいなものなのかもしれませんね。

ライブでの涙は、感謝の気持ちはもちろん、
櫻井くんも言っていたように言葉にできない
いろんな想いがあふれちゃったのかも。

日曜日、全力で楽しんで来ますね!
ありがとう(^^)
2014年11月14日(Fri) 22:53
更新お疲れ様でした
編集
削除されちゃった記事見た時は心配しましたよ〜よかった!心持ち直してくれて....なんか、この番組であちこちの大野君のブログに嫌がらせコメントあったみたいですね。かなしいな〜同じグループのメンバーのファンなのに。これからも負けずにブログの更新続けてくださいね。
ほっこりでも泣いたのがVSなら、真剣モードでボロボロ泣いたのはこの番組。
まず、相葉くんの肺気胸になった時に他の4人が踊ってるのを、なんとも言えない気持ちで見てた彼のコメントにボロボロ。挨拶の泣くシーンでも、ボロボロ。忘れ物を取り戻せてよかったね、相葉ちゃんです。

ニノはこの番組とVSで私の印象変わりました。本当に大野君を尊敬し、大事にしてくれているんですね。大野君の言葉を仕事の根底にしてきたこと、そして、VSでは泣きじゃくる大野君を見る優しい表情....そして、肩組みながら海に来てる所。とってもよかったです。
腰を痛めてたニノに“スライドにしよう”と言った大野君がかっこよかった!そして腰を痛めたまま、GUTSを歌う姿にも涙でした。

大野君の辞めたかった発言衝撃でしたね。私もデビューの時かと思いましたよ。あと、松潤との気まづい雰囲気。でも、あれってもっと歩み寄って話あえばいいのにと思ったのですが、そういう問題じゃないかもしれませね。最後の涙の挨拶見れてよかった〜〜この番組があったから、ワイドショーで規制されてたのかな?

最近、子供の同級生のお母さんが嵐ファンと言う人がいました!その方私の小学校の同級生でもあるのですが、青担です(^^)今度、コンサート初めて当たったそうです。ちなみに幼稚園の先生でもいてたみたいで2008年のコンサートティシャツ着て、幼稚園にいらっしゃったみたいです。探せばいるもんですね。
2014年11月16日(Sun) 21:02
こっこさんへ
編集
ご心配おかけしましたm(_ _)m
今は気持ちも切り替えて、大丈夫です(^^)v

いつもニコニコして元気をくれる相葉ちゃんなだけに
つらそうな顔をされるとぐっと来ちゃうね。
でも、よかった、よかった(^^)

ニノは、発言とか表現がちょっとひねくれてる所があるから、
誤解されることも多いのかも(^^;)。
でも、ジュニアの頃から大野くんのこと大好きで、
近くから遠くからずーっと見つめ続けてきたんでしょうね。
普段は茶化してばっかりなのに、ここぞという時にこういう話をしてくれる。
いい関係ですよね。

松潤も大野くんもタイプは違えど、相当頑固そうだし
(松潤はいろいろ理屈で納得しないと前に進めないタイプ、
大野くんは感性で動いて、それをあんまり言葉にしないタイプだと
勝手に思ってるんですけど)、
そこに他のメンバーがいたら、また違っていたかもしれませんね。
でも、心にずっと引っかかっていたことを話せてよかったね、大野くん(^^)

DVDは2日目の映像が入るらしいので、
涙の挨拶は見れないかも…と思ってたけど、
見れてよかった~!

嵐ファン、けっこうあちこちに生息してるみたいですね。
私の周りには全然いないなと思っていたら、
今日、友達の友達の同僚が大野くんファンで、
ライブに行ったらしいと聞いてびっくり!
しかも、次女の行きつけの病院の看護士さん。
但し、どの人かはわからないんですけど…。
今度病院に行ったら、どの人か探しちゃいそうです(^^;)
2014年11月17日(Mon) 21:23












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL