FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年10月
TOPしやがれ ≫ *本気って何?*

*本気って何?*

今日の予定(^^)
内職が一段落したので、家族がいない午前中に嵐三昧して、『LOVE』その3(サヨナラの後で)を
アップする気満々だった。
まずは、家事を済ませた後、『しやがれ』 『VS』の編集作業。
そしたら、なぜか10時に旦那が帰ってきた!なんでやね~ん!!!
突然、休みをとったという…。おいおい、私の嵐タイムが~!!
結局、テレビを譲り渡し、パソコンの前に(ーー;)

…ということで、『しやがれ』の感想。でも、一切メモとってないから、雰囲気でね(^^;)
(と思ったら、いつの間にかテレビつけたまま、寝とるやーん)

ウッチーは意外な感じだった。
サッカーのことは何にもわからないんだけど、ウッチーにはドライなイメージがあって…。
へぇ、意外とそういうとこ気にしちゃうんだ、考え過ぎじゃね?みたいな~。

で、まさかの「社長」登場!
いつもにも増してしゃべんないかなら心配してたわ…。このまんま終わるんじゃないかって(笑)
そしたら、ウッチーがふってくれて、ありがとう~。
嵐以外の人でも、何か気になっちゃう存在なのね(*^^*)

まぁ、テレビではあんまり深いところ、話してくれないから、特に期待はしてなかったけど…。
もしかして、おもしろキャラ発動なのかと思っていたら、

「本気って、何?」にぶっ倒れそうになった(〃▽〃)

何かよくわかんないけど、めっちゃかっこいい!
「死ぬ気で頑張ってたらいい」みたいなこと言ってたと思ったら、
「本気って何?」
「(死ぬ気で)やってない」
「(本気の反対側には)何もない」
「選ばれたから、それでいい」

最初はぐらかしているのか…とも思ったけど、
実は、大野くんにとってそういうことって、さほど意味がないのかもしれないな…と。

選んでもらって、そこにいること。
目の前の仕事をきっちりこなすこと。
当たり前のようで、一番大切なこと。

この前、相葉ちゃんが言ってたことと通じる部分があるかもね。
「置かれた場所で咲いてる5人」

選ばれて、場所を与えられて、仕事を与えられる。
それだけでも、すごいことで、感謝すべきことなのかもしれない。
「本気」がどうこうとかじゃなく…。

相葉ちゃんがパスポートを持っていなかったら、
何かを感づいて、大野くんがハワイ行きを蹴っていたら(V6の時は感づいてた?)、
今の嵐はなかった。
でも、今となっては、誰か1人抜けても「嵐じゃなくなっちゃう」貴重な5人。

まぁ、何はともあれ、この5人でよかったなぁ~と結局そこに行き着くわけです(^^)


そう言えば、仮面かぶった大野くんが絶好調で(^^)
かぶる前にすでにやる気満々のご様子で、すぐにスイッチ入っちゃったね。
その前は、櫻井くんの後ろに隠れてる感じだったのに、
仮面かぶると、別人みたいに前にぐいぐい出て来る(笑)
なのに、しゃべらないで、お得意のジェスチャー(笑)

こういうセンスが大好きなんだなぁ。

さて、後は大野くんじゃなくて、岡田っちの話題なので、興味のある方はどうぞ~。

この間、旦那が見ているテレビ画面に岡田っちが!!
なんでだろう~、なんでだろう~。岡田っちにも大河にも興味のない旦那なのに~。
ザッピングしていて、たまたま見てたんだろうけどさ(^^;)

そしたら、ラグビーの話題が出ていて、思わず身を乗り出す私。
そうだった、そうだった。岡田っちは、ラグビー少年だったんだよね。(参照
しかも、スクラムハーフ。
小柄の人がやること多いポジションなんだけど、
主なお仕事は、スクラムや密集から球出しをすること。
だから、とにかく素早くポイントに移動しなければいけないので、スピードや瞬発力、
そして、咄嗟の判断力が要求される。

当時の監督に言われていたことが「察しろ」ということらしく、今でも心に留めているらしい。

なるほど~。
スクラムハーフというポジションは、フォワードとバックスを繋ぐ要(かなめ)。
両方の状況を見ながら、瞬時に判断して、最もいい形で球出しをしなければいけない。

「察する」ということは、とても大事なことだよね。
それは、きっとラグビーだけじゃなく、いろんな面で生かされているのではないかと思う。

そう言えば、最近はユーモアを心がけているらしい岡田っち。
私の勝手なイメージでは、クールであんまりしゃべらず、孤高感が漂っていたんだけど、
VSではかなりはしゃいでいたし、周りを盛り上げていたもんね。

きっと、これからますますいい男になっていくんでしょう。
大野くんと似ている部分もあるようで、また違うタイプでもある。
真っ直ぐだけど、どこか不器用な感じもあって…。
きっといろんなものを克服してここまで来たんだろうなあ…というのは感じる。

残念ながら『木更津キャッツアイ』は、当時2話くらい見てリタイヤしちゃったんだけど(^^;)、
クドカン初心者の私には刺激が強くて、ついていけなかったんだよ(笑)
翔さんも出てたのにね。
もし、あの時、『木更津』にはまっていたから、『a Day』にもはまっていたんでしょうか。
もしかしたら、大野くんの歌声を発見していたかもしれません。

そんなこと考えたって、後の祭りだということは重々承知していますが、
きっといろんな所に大野くんを好きになるきっかけはあったのに、
全く気づかず、興味も一切持たず、過ぎ去ってしまったんだなぁと。
でも、可能性としてはあったんだよな…なんて、
そういうことを考えるのも楽しかったりするんだよな。

…と、結局大野くんの話になる(笑)

スポンサーサイト



Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年08月06日(Wed) 13:47
非公開コメント Tさんへ
編集
お返事が遅くなって、すみません…。

ほろ酔いの大野くん、可愛かったですね(*^^*)
「本気って何?」がよかったですね。
多くを語らず、飄々とした感じがまた大野くんらしくて…。

確かに、ライブでのソロは「本気オ―ラ」満載ですよね。
あの姿を見てしまったら、後戻りはできませんね(^^)
2014年08月20日(Wed) 23:29












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL