FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP聞かせてください ≫ *好きなお話と視聴率+追記*

*好きなお話と視聴率+追記*

さて、一旦気になると、いろいろ調べたり考えたりしないと気が済まない性格なので、
死神くんの好きなお話の結果と視聴率の関係について、あれこれ自分なりに考察してみました。
といっても、あくまでも私個人の見方なので、
1人遊びしてるなぁ…くらいの感じで読んで頂けると(笑)、ありがたいです。

まず、視聴率を調べてみたところ、こんな風になってました。

1位 第1話 11.2% 中田秀夫
………………………………………
2位 第4話 10.3% 本橋圭太
3位 第2話 10.1% 常廣丈太
4位 第3話 9.9% 筧昌也

………………………………………
5位 第6話 9.7% 常廣丈太
6位 第9話 9.6% 本橋圭太
7位 第5話 9.4% 中田秀夫

………………………………………
8位 第7話 8.9% 筧昌也
9位 第8話 8.4% 本橋圭太


なぜグループ分けしているかというと…。
ふと気になって視聴率のサンプル数を調べてみたら、関東地区の600世帯なんですね…。
そんなに少ないんだぁ~(ーー;)
そうすると、0.2%なんて、もしかして誤差の範囲内?とか思ったりして…。
ということで、だいたい同等かな…と思うグループに分けてみました。

さて、1位は1話でダントツ。11.2%となかなかいいスタートダッシュだったんですね。
そして、続く2~4位を2~4話が占めているということで、前半はなかなかの数字を
たたきだしています。

ところが、後半がなかなかふるわず。
サッカーがあったり、1週あいたり、放送時間がずれたりしたことも
影響したのかもしれませんが…。
何とか最後の9話で盛り返すも、2桁に乗ることはできませんでした。


では、好きなお話と視聴率を合わせて見ていきたいと思いますが、
なんとグラフがまさかの手書き(^^;)
何十年ぶりかに棒グラフなんていうものを書きましたよ。

img218_convert_20140701153453.jpg

青の棒グラフが好きなお話。赤の折れ線グラフが視聴率。

まず、好きなお話部門、視聴率部門共に1位だった第1話
私としては、全話見終わってみるとシンプルで一番死神くんらしいかなと…と思ったんですが、
初回のつかみという意味では、死神くんのキャラがまだ安定しておらず、
エピソードも弱かったせいか(インパクトとかいう意味では…)、
第2話0.9%ダウンということで、数字をつなぐことができず。

でも、第2話は、好きなお話部門では3位と健闘しているんですよね。
その影響か、次の第3話-0.2%とさほど下がってはいません。

で、なぜか第4話+0.4%と盛り返すんですが、
これが好きなお話部門では残念ながら最下位(ーー;)
ワンシチュエーションでの群像劇ということで私も期待大だったんですが、
やはりいろいろと無理があり過ぎましたね。
料理の仕方次第では(脚本、演出共に)もっとおもしろく説得力のあるお話になったのに…と
思うと残念です。
せっかく盛り返した数字を0.9%ダウン第5話に引き継げなかったのが何とももったいない。
(1週空いた影響もあるとは思いますが)

しかし、第5話は好きなお話4位と好評だったせいか、次の第6話+0.3%
ちょっとではありますがアップしてるんです。

ところが、7話0.8%ダウン8話0.5%ダウンと、2週合わせると1.3%もダウン
私的には7話でストーリーが大きく舵を切った感じでおっと思わせてくれたので、
期待度が上がったんですが、数字には表れず。(サッカーの影響もあるのかな?)

最終回の視聴率が上がるのは傾向としてはありがちだとは思うんですが、
それにしてもここに来て、+0.8%というのはなかなかのものではないかと。
(でも、1.2%分を挽回するには至らず)
ということは、視聴者側にも何らかの期待はあったわけですよね。
その期待や興味を持続し続けることができなかった…というのは、やっぱり残念。

9話が最終回だったお陰で、8話の8.4%でなんとか下げ止まってはいますが、
これが全部で10話11話だったとすると、もう少し落ちていた可能性もあったのかな…と。
でも、そうしたら、中田監督の出番があと1話増えて、盛り返してくれていたかも!と
淡い期待を抱いたりして(^^;)
といっても、実際はそんなに極端に数字が落ちることはないとは思うんですが
(固定視聴者層がいるので)、いわゆる浮遊視聴者層がどう判断するか…みたいな。
ここを惹きつけられるかどうかが難しいですよね。

各話でばらつきがあったので(ストーリー、演出など)、もったいなかったかなぁと。
なんでテレビドラマって、脚本家や監督が途中で変わったりするんでしょうね。
それでも、ある程度のレベル・世界感を保てればいいけれど、なかなか難しいし…。
『鍵部屋』の時も、何だこの違和感は?!と思ったら、脚本家変わってたし(ーー;)
やっぱりある程度の水準・世界感を維持して欲しかったなと、私としては思うわけです。
私が面倒くさい性格というのもあるかもしれないけど(^^;)、
余計なことを考えずに、純粋にドラマの世界に浸っていたかったなぁ。
私の願いは、作品丸ごと好きになることだったから…。

さて、ここまで書いといて何ですが、、統計学のことは全くわからないけれど、
サンプル数600って、どれくらいの信憑性があるんだろうっていう疑問も正直残るわけです。
それに、今時録画で見る方も多いと思うし、裏番組の影響もあるだろうしね。

あ~あ~、ここまでやっておきながら、なんだか虚しくなってきた(笑)
結局、数字に振り回されたのは私か(^^;)

追記(7月4日)
視聴率について調べてみたので、興味のある方はどうぞ~。


さて、視聴率のサンプル数。
果たして関東地区の600世帯でいいのか…という素朴な疑問について調べてみた。
そしたら、な、な、なんと!

関東・関西・名古屋地区の600世帯×3
各地区の200世帯×24地区
合計6600世帯がサンプルとなっているとのこと。

あらあら、そうだったのね…。(私の情報源は、一体何だったのか(^^;)
これを多いととるのか、少ないととるかは難しいところですが…。
たかだか600世帯の結果を全国の指標みたいに感じてしまって、
おいおいそれって大丈夫なの?と思ってしまった私としては、
まぁ、それなりに意味はあるのかも…と思ったりもして。

で、考えてみた。
例えば、視聴率が10%から1%下がって9%になった場合、
6600世帯の内、660世帯視聴していたのが
66世帯が視聴をやめて、594世帯になったということになる。
0.1%だったら、6~7世帯の増減。
でも、実際は視聴率って分単位で計測されているらしく、
そんなに単純なことじゃないらしいけど、おおまかに考えると、そんな感じ。

いくら統計学的にランダムに抽出されたとは言っても、
6~7世帯の視聴の変化に振り回されているのはどうかと思うけど。
やっぱり0.1%とかって、さほど意味はないのかとも思ったりして。
しかも、ある程度の誤差も含まれているらしいしね。

でも、固定された世帯について調べているんだったら、
各回の増減についてはそれなりに意味はあるなじゃないか…とも思ったんだけど、
これも毎月サンプルの入れ替えがあるらしい。
2年~3年かけて全世帯を入れ替えるらしいから、一気にということではないらしいんだけど。

まぁ、統計学に基づいてちゃんと調査しているらしいので、私がとやかく言うこともないし、
言うこともできないんだけど、まぁおもしろいっちゃぁおもしろいよね。
あんまり数字に振り回されるのもどうかと思うけど、
でも、そこには意味とか傾向みたいなものはあるよね。

私が行ってる投票アンケートもサンプル数で言えばかなり少ないんだけど、
傾向みたいなものは見えてくるし。
そういうのを見て、あれこれ感じたり考えたりするのもおもしろいし。

たかが数字、されど数字、ですね。

さて、サトシックブログなのに、私何やってるんでしょうね(^^;)
スポンサーサイト



Comment

つい…
編集
連投すみません!

視聴率…たった600世帯の結果なんですよね…
ま~それだけマーケティングすればわかると言うことなんでしょうが…
(高校の時、マーケティングの授業があったけど全然理解出来なかったな~)

そう、金曜ナイトドラマ!って聞いたときに「あ~視聴率気にしなくて良いや~」って思ったんですが…
いや~流石に嵐のメンバー!!
普通のドラマと一緒に評価されてて…ビックリですよね~
夜ですよ?地域によっては深夜!見たくてもリアタイでは到底無理な時間だって言うの!!(あ、でも600世帯って関東だから関係ないの?)
気にしないって言ってても気にしちゃう…(-"-)

まだまだ修行が足りませんね!!(修行なんてしてませんが…)

手書きの棒グラフ!!わかりやす~い!
やっぱり良かったお話の次の回が視聴率が上がってるのかな?
3話の後の4話が上がってるのは例外だけど…
だから沢山見てくれてた4話があれって言うのが本当に勿体無いですよね…
4話がもう少し良かったら5話に繋がってず~と見てくれた人が増えてたかもしれないのに(一週あいたのもあるけど)
ん~残念ですね~

yonkoさん、まとめて頂いて有難うございました^^
2014年07月03日(Thu) 09:50
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年07月03日(Thu) 10:19
No title
編集
 今晩は~
分析するとおもしろいですね。
 私は脚本とか監督とか共演者とかあまり気にして観ていないのですが、脚本家とか監督とか変わっちゃうのですね。その辺にも興味を持って見るとドラマもまた違った楽しみ方があるのですね。
 
 製作側や事務所もこんな感じであれこれ分析して今後につなげるのでしょうね。CMや商品の製作でも色々分析しているはず。そう考えるとBAKEにブルーの製品が出ているのも偶然ではないかもね。

 私は小物なので売上ランキングとか視聴率とか気にしちゃう派ですが(笑)yonkoさんは全く気にしない派だと思っておりました(笑)ちょっと気にして下さって、なんか親しみ感じるというか、嬉しです(笑)
2014年07月03日(Thu) 23:51
ちゃんさんへ
編集
視聴率とやたらと騒いでる割には、
たった600世帯なんだ…と
実はそっちの方に衝撃を受けたりして(^^;)
しかも、関東限定…。

だとすると、0.1とか0.2という数字にどれだけの意味が
あるのかと思ったりしちゃうんですよね。
私も実は統計学については、学生の時に少し勉強したことがあるんですが、
有意差とかを調べる難しい公式を使って、専用の電卓使ってやってたなぁ~。
でも、やり方すっかり忘れちゃったけど(^^;)。

気になると、調べないと気が済まない性格なんで、
ついつい手書きでグラフまで書いちゃいましたが、
何かの参考になればいいなと(^^)

視聴率と好きなお話の相関関係は、
私の勝手な推測なんですが、
でも、何らかの意味はあるのかな~と思ってます。

全体的にある程度の水準を保ってくれれば、
もっとたくさんの人が見続けてくれたのでは…と思うと、
もったいないですよね。
2014年07月04日(Fri) 14:41
非公開コメント Nさんへ
編集
はじめまして(^^)
コメント、ありがとうございます!

『死神くん』何か惜しい感じがするんですよね。
大野くんは与えられた死神くんというキャラクターを
監督の指示通り忠実に演じたとは思うし、
とっても魅力的ではあったんですが…。
ドラマは、ストーリー、演出、キャストなど
いろんな要素がうまく絡み合ってこそだと思うので。

死神くんのハサミのシーン、私も大好きでした(*^^*)
そういうのも監督みんなで、毎回入れようね…みたいなことがあったら、
よかったですよね。
それぞれの話をオムニバスみたいに楽しみながらも、
最後に必ずハサミのシーンがあるということが
統一感や安心感みたいなもの生み出してくれたかもしれません。

終わってしまったのに、今更あれこれ言ってもしょうがないかな…と
思いつつも、こういう風に感想をいただけるととっても嬉しいです。
ありがとうございました(^^)
2014年07月04日(Fri) 14:53
さとママさんへ
編集
私は、見る前はけっこう脚本家やキャストで
見るかどうか決めちゃうんですよね。
(演出に関しては、ほぼ知らないし(^^;)

でも、見始めると、おもしろければ内容に没頭するし、
違和感や納得いかない部分があると、
ついつい脚本とか演出とかが気になってきてしまう…という
面倒くさい性格(^^;)

それに、普段は視聴率とかほとんど気にしないんですけどね。
(『鍵部屋』の時は内容に没頭してたので、
視聴率は全然気にならなかったしなぁ)

今回は、好きな話の票数にかなり差があったので、
何か影響しているのかな…と気になって調べてみました。

だから、今度のドラマは私が視聴率とか演出とか気にならないくらい
没頭できる作品を期待したいなぁ~。
2014年07月04日(Fri) 15:02
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年07月04日(Fri) 19:11
No title
編集
興味深い分析ありがとうございます。

今や一部屋に1台・・・いえPCやモバイル等で手軽に一人に1台テレビがあるような時代ですし
計測方法などホントのところがあまり明かされないし(モニタになった方の体験談とか見たことないです。守秘義務があるみたいな話も聞きます)
視聴率の正確性はわからないのであたしもそこまで気にしたことはなく、自分の面白いものは面白いと思って観てるんですが、
制作側としては一応の目安になるんだろうしそれは仕事をしているうえで大事なものですよね。
(どんな仕事でも何か指針みたいなものがないとボンヤリしてしまいます。)

ただ、ドラマの掲示板等を見ていると「視聴率=作品の良し悪し」「視聴率=国民全員の意見」みたいな書き込みもチラホラ・・・(^_^;)
特にア○チの皆さまには恰好の材料になっているような・・・気になるとすればソコですかね苦笑

グラフ、分かりやすいです(*^_^*)
特に4話は主要な演者さんが一番多い(最終話以外で)回だったので期待値が上がっての視聴率だったんでしょうね。
だけど・・・期待が大きすぎたんでしょうか笑

とにかくあたしにとっての視聴率は低いからと言って途中で打ち切りになる(過去にあります、楽しみに観ていたのに悲しかった(;_:))
なんてことがない程度に取れててくれればいいです笑
2014年07月04日(Fri) 22:07
非公開コメント Kさんへ
編集
私もたくさんお話したいことありますよ~。
でも、無理せず時間のある時に、またお話しましょうね(^^)

たぶん作品丸ごと好きになっていたら、
視聴率なんてさほど気にもならなかったと思うんですが、
私の中でもやもやが残っていたので、ついつい(^^;)
調べてみると、なかなかおもしろいし。

『死神くん』は全体で見ると、やっぱり物足りないというか、
もやもやが残っちゃうんですよねぇ。
また次回に期待したいですね(^^)
2014年07月06日(Sun) 17:04
あみとさんへ
編集
視聴率の計測の仕方については、
ビデオリサーチ社のHPに載っているですが、
面倒くさくて、斜め読み(^^;)

実際モニターになったお宅は守秘義務があるので、
実情はわかりませんが、
一度はやってみたいな…と思ったりして(笑)

そもそもは、視聴率って制作者側のための指標として
始めたんじゃないかと思うんですが、
それをやたらと前面に押し出してくる今の風潮も
どうかとも思いますよね。
一つの目安としてみるのはいいけど、
それに振り回されるのはやっぱり違う気がするし…。

ドラマなんかは視聴率が低いと、
てこ入れのためにストーリーを変えたりするという話も聞きますし、
挙げ句の果てには打ち切りだなんて、酷すぎますよね。
数は少なくても、その視聴者を大事にして欲しいですよね。

グラフは、色鉛筆を使ったりとなかなか楽しい作業でした(^^)

4話は、シチュエーションや登場人物がおもしろそうで、
私も期待値かなり上がっちゃいましたからね~。
ハードル上げすぎちゃったかな(^^;)
2014年07月06日(Sun) 17:21
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年07月07日(Mon) 06:28
非公開コメント Sさんへ
編集
こちらは大丈夫です。
ご心配、ありがとうございます(^^)
台風も接近してますし、お互い気をつけましょうね。

いえいえ、気になさらずに~。
私は、元々そういう性分なので…。
いつもお付き合いいただいて、ありがとうございます(^^)
2014年07月07日(Mon) 08:52
No title
編集
600世帯!?そんなに少ないの??

実は2年間視聴率の機械家にありましたww
テレビ付けたら勝手に送信されるのではなく、機械の電源もつけて家族ごとのボタンもあって誰が見てるかも押してってけっこう面倒でした。
嵐好きになる前の事で今家に機械あったら視聴率貢献できたのに~~と悔しいですw
2014年07月09日(Wed) 10:18
死神キッズが好き♪ さんへ
編集
はじめまして(^^)
コメント、ありがとうございます。

すみません…。600世帯というのは関東地区の話でして…。
次の記事に書いていますが、実際は全国で6600世帯らしいです。

視聴率の機器は、いくつかタイプがあるようですね。
関東、関西、名古屋地区はそのタイプらしく、
他の地区はもっと簡易なタイプらしいです。

私もいつか貢献したいけれど、
田舎なので無理かなぁ~(^^;)
2014年07月10日(Thu) 16:43












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL