FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP死神くん ≫ *死神くん 第7話 その2*

*死神くん 第7話 その2*

「その2」と銘打ってはみたものの、
第7話の感想というよりも疑問に思うところ、ストーリー以外で気になることについて、
書いてみました。

そもそも死神ってたいへんだよね。
だって、死亡予定者のお世話だけが仕事かと思いきや、他にも任務があって、
いろんな人の事情に首つっこんで話がややこしくなる。

その点、悪魔は徹底してますから。願いを3つ叶えて、魂をいただく。それだけ。
だから、願いの内容は何でもいい。いちいちその願いはどうのこうの…とか言わない。
目的さえ達成できればいい。
ま、これは悪魔にとってみれば、正しいことなんだろうね。

死神は、やり残したことがないか、それを手助けするとか言いながら、
悪魔ほどの力もないので、なかなか事がうまく運ばない。
ていうか、悪魔に比べあの能力の低さは一体…(^^;)
最初に角膜移植の順番を操作した時は、かなりの能力の持ち主かと思ったけど、
それっきりだし(^^;)

ていうか、悪魔は何でもできるんだな…。グラミー賞だって(笑)?
しかも、人の命さえ操作できるの?だったら、3つの願いを叶える必要あるのか?とも
思ったけど、悪魔によって殺された命は、天界に召されちゃうっていうことなのかな?
悪魔は魂を食べることができない?

うーん、複雑…。考え出すときりがない(笑)

でも、死神くんって、意味不明な信念みたいなものがあるよね。
第4話では、「ヒーローは無敵」先入観から抜け出せないし、
今回の第7話でも、何年も曲が書けない人に書ける!って信じ切ってるのがおいおいって。

それが死神くんのいいとこかもしれないけど、ついついつっこみたくなる(笑)

さて、今回は初っぱなに「これ以上の失態は許されない」とか言ってたから、
こんだけの大失態。何らかのペナルティーが?と思いきや
「万が一、寛大な判断が下された場合には…」って、おいおい、あんだけ脅しておいて、
「寛大な判断」って何やねん?
でも、そう言えば、前に消滅した死神と監死官も悪魔に3人やられたって言ってたから、
2人まではOKなのか?それでいい?

ていうか、実は、死神に対して「命が惜しければ…」とか、
消滅することがマイナス要素になってるのが私には甚だ疑問でして。
人間に対して「死」はおめでたいことだと言いながら、
「命」を盾に脅すのが何だかしっくり来ない。
じゃぁ、きっちり任務を遂行し続ければ、死神はずーっと生き延びられるのか。
ある意味、その方がずーっと酷でしょ。
あんな状態でぼろかすに言われながらずーっと働かされ続けられたら、
ボロボロになっちゃうよ(笑)
それよりか、魂をいくつ天界へ送ったら、君もめでたく消滅できるよ…だったら、
しっくりくるかもな。
あっそうか。昇格するのか!で、部下にセクハラ?(目指すのはそこか!)

それから、廊下女優vs死神は笑わせてもらいました。
膝に座る!!智の膝に座る!!
いやいやおばさん絶対無理。(だから、どっちみち無理!)
ジェスチャー&表情だけで笑わせてくれる智。しかも、手が無駄に綺麗で見とれる。
しかし、花束と女性との相性がとことん悪いみたいだね、死神くん。

でも、姿は見えないのにあんなに手応えありありだなんて、姿消してる意味がないんじゃないか?
それとも徹子さんには特殊能力があるんでしょうか(笑)?

それから、これは私の性格上どうしても気になるとこなんですけど、
時々日本語おかしくて、添削したくなる~。
「流行らさせて」じゃなくて、「流行らせて」ですから。
「たにんごと」じゃなくて、「ひとごと」ですから。
うるさいおばさんで、すみません…。

実は私、「違くて」も許せない人でして、子供が「違くて」とか言うと、即訂正!
でも、大野くんはギリ許せる(大甘っ)
櫻井くんは許せない。キャスターだろ~(激辛っ)
あっでも、これは私的に許せないというだけで、直せとは思わない。
だって、それを含めての櫻井くんだから。
ただおばさんがテレビの前で、おいおい正しい日本語話せよ…とつっこむだけの話ですから。

そうそう、予告見てびっくり~!!
きゃ~、慢太郎さ~~ん!!大好きなんです(*^^*)
「VS」にも出てくれたよね。
まさかドラマでも大野くんと共演だなんて、めっちゃ嬉しい!!

さて、ここで「私は初めて見た」シリーズ(何のこっちゃ)
大野くんの話題じゃないので、以下たたみます。


私が慢太郎さんを初めて見たのは、『セーラー服と機関銃』(長澤まさみ '06)
まさに一目惚れ(*^^*)
そうです。私の本来の好みはこういうタイプなの、あはっ。

それが突然大野智に墜ちる。人生、何があるかわかりません…。

その後は、『ハゲタカ』で栗山千明ちゃんの渋い上司役。
『クロコーチ』では、一見人の良さそうな感じだったけれど、
いや絶対何かあるわある…と思ったら、最後でやってくれました。
あの飄々とした感じがたまりませんねぇ。
それから、VISAカードのCMにも出てたね。好きだったなぁ~。

そこで、ちょいと気になって、慢太郎さんのこと調べてみたら、
ご自身のブログに『死神くん』でもらったお花の画像が載っていました。
(それだけだけど(^^;)

しかも、絵を描くのがご趣味だとか。
大野くんと現場で何かお話したのかなぁ~。

何となくこの2人空気感が似てるので、年齢とか関係なく波長が合いそうだなぁ。
スポンサーサイト



Comment

編集
今回の話しはやるせなかったですね。でも、今までの話のなかでは一番インパクト残ってるんですよね。
私は、ゆかりの気持ちが分かるんですよね...。この世界は厳しい世界だから...でも、AMIは純真過ぎませんか?でも、どちらかと言うとゆかりの方が歌うまいような....
ゆかりの手を握る死神くんが男前でしたね。私、悪魔が挑発する時、「貴様〜‼︎」がかっこよかった....手を離してしまった時の表情がなんとも言えなかったです。

死神くんどうなっちゃうのでしょうね。寛大な判断お願いします。

そうそう、私もちょっとした日本語きになる時あります。“よろしかったでしょうか”とかね。


今更ですが、Mステカッコよかったですね。あの縞の衣装の柄がPVにたまに出る背景を思い出すのは私だけでしょうか^^;でも、PVの大野君がカッコよくって買ってよかったです....因みに、私は眉フェチで、大野君の眉の形が好きです。自分で整えてるのかなあ...

2014年06月10日(Tue) 22:06
編集
私はなんだか今回のお話はあまり引き込まれませんでした(。-_-。)
大野くんに限って言えば、抑え気味な声とか、ゆかりを助けられなかったときの表情とか、それ以外にもキュンキュンポイントは沢山あったのですが、いかんせん、歌手のお二人がイマイチ本当の歌手に見えなくて、ちょっと冷めた目で見ちゃったかな。
yonkoさんのおっしゃる通り、設定自体も結構ツッコミどころが満載で、見てて「おいおい!」と思うこと多し。
いろんな方が「感動して泣いた」と書いてらっしゃるのを見て、つくづく私ってひねくれてるな〜と思った次第です(^_^;)

そして、「私は初めて見た」シリーズ(笑) yonkoさんは小市さんもお好き♡と(^^)
私が小市さんを初めて見たのは救命病棟24時Part3でした。小栗旬くんもその時初めて認識しました。

あのドラマは大泉洋さんが本格的に初めて東京に進出した記念すべき作品で(あ、実は私、水曜どうでしょう好きなんです(^_^;) 小市さんはちょっと嫌な感じの医師役でした。

本当に渋い演技派の脇役で光るタイプの方がお好きなんですね^_^
でも全く違うオトコに惹かれて堕ちてしまう不思議。

私も大野くんみたいなキレイで可愛いタイプの(外見が)男の人はどちらかというと苦手だったはずなんだけどなぁ(笑)

あ、この間の雑誌のアンケート。
投票させていただきました。
実は数えるのが怖くて、いいかなーとも思ったんですが、yonkoさんがせっかく企画したんだし!と思い、恐る恐る数えたら…50冊を越えてました(ー ー;)
軽く目眩がしました(笑)
2014年06月11日(Wed) 00:13
こっこさんへ
編集
今回は、思わぬ展開でしたね。

ゆかりは、けっこうわかりやすい性格ではありますよね。
何だかんだ言って、ストレートだし(^^;)

一方、AMIは、「妬むことしかできない」というゆかりの言葉に対して、
「私だってそう。自分が嫌になる。だから、歌うの」と言っているように
自分の中にある嫌な部分も認めながら、
それを歌という形に昇華させているのかなって。
AMIの方が大人なのかもな…。

日本語、やっぱり気になりますよね?
「よろしかったでしょうか」私も気になります!
いつも心の中でつっこんでます(^^;)

大野くんの眉、私も気になってました。
あんまり髪とか顔とか触れるのが好きじゃないみたいなので、
自分で整えてるのかな?
2014年06月12日(Thu) 17:06
海月さんへ
編集
私も泣きはしなかったし、けっこう冷静に見てましたよ。

本当は、理屈抜きでぐわーっとのめり込みたいんですが、
やっぱりつっこみ所が多いし、各回でばらつきがあるので、
そっちの方に神経がいってしまって…。
私的には演出より脚本にむらがあるように思えちゃうんですけどね(^^;)

歌手のお二人は期待していなかったせいか(^^;)
意外とやるじゃんという感じでした。

慢太郎さんは、私の好みドストライクなんです(*^^*)
『救命病棟24時Part3』は見てないんですが、嫌な感じの役?
そんな慢太郎さんも見てみたいなぁ~。

私もアイドルとかには興味無くて…。
でも、好きになってみると、
大野くんって私の好きな要素がいっぱい詰まってるんですよね。

大泉洋さんは私はよく知らなかったんですが、
初めて意識したのは、『東京タワー』ですね。
私は、映画よりこっちの方が好きだなぁ。

あらあら、雑誌50冊越えてたんですね!!
いやぁ、雑誌整理、頑張って下さい(笑)
2014年06月12日(Thu) 17:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL