FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2021年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年06月
TOP死神くん ≫ *死神くん 第5話 その2*

*死神くん 第5話 その2*

さて、今度は何と孫が改心!でも、そんな単純な話じゃないよね。
先輩から逃げられないって言ってたし、きっと見せかけだよね…と思って見ていたけど、
誠の笑顔に危うく騙されそうになった(^^;)
でも、この笑顔はね、本物だったと思うんだよ。
だからこそ、最後につながるんじゃないかと…。

騙す目的とはいえ、夢のような時間を演出してしまう誠。
そこには、割烹着姿の死神くんも彩りを添えてくれて(*^^*)
なんとも幸せな時間だったね~。
たとえ嘘の上に積み上げられた時間だったとしても…。

そしたら、出かける誠。あ~やっぱり。わかってはいてもショックだよね。
この時の死神くん、珍しく状況を読むのが早いですから!
あんだけ何も知らなかったのに、キャッシュカードも知ってるし、短い間に成長したもんだ。
でも、正しいことを口にするだけじゃ、結局何もできないんだよね。

そしたら、おばあさんが現れて、先輩にいきなりビンタ!
おいおい、暴力ふるわれたらどうするんだよ~、止めろよ、死神くーんと思ったら、
あっという間に改心する先輩。えっ…。
おいおい、おばあさん度胸あり過ぎ、先輩いい人過ぎとつっこんでいたら、
そっか~、悪魔の仕業か…って、やっぱり悪魔の能力高過ぎ。
どんだけ人の心操れるんだか。

ところが、いきなりアルバム登場。
いやいや、これ見たら、さすがの誠も自分が本物の孫じゃないことに気が付くはずだとは
思うんだけどね。
そしたら、なぜかお葬式の写真!!
おばあさん、これまでおじいさんのために嘘をついて頑張ってきたのに、詰めが甘すぎです!!
ほんと、ここだけが納得いかなくってね~。
大掃除の時にしまい込んでいた物を誰かが見つけて、
おばあさんがあわてふためくとかいう描写があるといいんだけど、
「見てしまったんですね」って、おいおい意外と冷静じゃないか~。

記憶が蘇り、自分を責めるおじいさん。
ここで、最後の願い。悪魔くん登場。
自分の命と引き替えに事故の記憶を消してもらうことに。
こうするしかないよね…。

そして、孫と将棋を指しながら、笑顔で旅立ったおじいさん。よかったね。
悪魔くん、グッジャブです。
でも、おばあさんは天界に行けないんですけど~!!と思ったら、
悪魔くんったら、いいの、それで?
いい人…じゃなかった、いい悪魔過ぎでしょ。
悪魔くん、ずーっと働き損ですけど…。
なんだか、悪魔くんの行く末の方が心配になってきたわ~。

そして、ここで誠が本当に改心を…。
でも、それを突き放すおばあさんの想いが切なかったね。
楽しいことを知ってしまったら、死ぬのが怖くなる。
そもそも死ぬ覚悟だったんだもんね。
ひとりぼっちで生き続けるのは、ある意味もっとつらいことかもしれない。

でも、誠の改心は一時的なものじゃなかった。
一回は拒絶されたのに、またおばあさんの元に現れる誠。
いい子やないか~い!!

おじいさんだって孫との楽しい時間を過ごせたから、最期は笑顔だったんだもんね。
おばあさんの最期も笑顔でありますように。

全体的にバランスのいい、しっくりとくるお話でした。

さて、こっちはおまけです。(山本圭さんの話題)

私って、記憶力はあまりよくない方なんだけど、
(日本史とか全然覚えられなかったし、自分で買った物の値段とかもすぐ忘れる(^^;)、
なのに、この俳優さんを初めて見たのはこのドラマだったなぁとか、
このドラマを見てから、この女優さんが好きになったんだよなぁ…っていうのは、
けっこう覚えてる。

で、今回ゲストの山本圭さん。
最初にお目にかかったのが、NHKの銀河テレビ小説『優しさごっこ』('80)だった。
突然妻に家を出て行かれ、娘と2人暮らしを始めることになる絵本作家のお話…だったと思う(^^;)
今江祥智さんの原作を買ったらおもしろくて、続編や他の作品にまで手を出してしまったという
思い出深い作品。

それからも、いろんな父親役をされていて。
この愛に生きて('94)では、悲惨な運命をたどる娘(安田成美)を見守る父親。
彼女たちの時代('99)では、普通のあったかいお父さんって感じだったかな~。深津っちゃんの。
銭ゲバ('09)では、ミムラさんの父親で…。風太郎(松ケン)の印象が強すぎて、
よく覚えてないなぁ~。

で、ドラマの放映年を調べていて、あれっ?って…。
私がおじさん好きになったきっかけは、
『きりぎりす』に出ていた緒形拳さんだと思っていたのに、
(このドラマは'81年、中3だったというのはちゃんと覚えてる!)
圭さんに出会ったのが'80年…ということは、おじさん好きになるきっかけは、
実は圭さんだったのか~。
人の記憶って、あてにならないわね(^^;)

圭さんの顔とか雰囲気や、声がね。あったかい感じがして、好きなんです。
まだまだ頑張って欲しいな~。
スポンサーサイト



Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年05月24日(Sat) 22:09
非公開コメント様
編集
以前にアンケート企画の時にコメントいただいてますので、
お久しぶりですね(^^)
ハンドルネームを何とお読みすればいいのかわからず…。
教えてくださると嬉しいです。

おお~っ、まさか山本圭さんに反応して下さるとは!
しかも、「この愛に生きて」まで!!
嬉し過ぎます!!
こんな話、誰ともできませんから…(^^;)

別ブログでもちょっと語ってますが、
このドラマは私のドラマ遍歴の中で転機となったドラマで、
宝物みたいな存在です。

一応録画したものは残ってたんですが、
VHSだったので、テープがダメになって処分しちゃったかもなぁ…。
今からでも遅くないから、是非DVD化して欲しい~!

そうそう、安田成美さんの渾身の演技は、
成瀬さんを思わせるものがありますね。
凄まじく、そしてあまりにも切なかった…。
最終回は、見る度に涙です。

共通点が多く、私も嬉しいです(^^)
『Be with you』は、
墓場まで持っていきたいと思っている曲なので(^^;)

こちらこそ、これからもよろしくお願いしますね(^^)
2014年05月25日(Sun) 00:16
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年05月26日(Mon) 01:27
非公開コメント Kさんへ
編集
こちらこそ、ありがごうとざいます(^^)
Mさんかなぁ、Kさんかなぁと思っていたら、
Kさんだったんですね。
これからもよろしくです(^^)

『この愛に生きて』を語れる日が来るなんて、嬉しいです。
そうです、そうです!
1週間がどんなに待ち遠しかったことか!
そして、思わぬ展開に翻弄されまくりました。
苦しく、切なく、悲しいけれど、
ほっとさせてくれる場面もあったり。
登場人物の1人1人も丁寧に描かれていて、
素晴らしい作品でした。

安田成美さんは、本当にこんなにすごい演技ができるんだ…と
驚きました。
確か、VHS化された物には、インタビューがついていて、
彼女自身にとってもかなり思い入れのある役柄となったようです。

以前は、VHSでレンタルしてたんですが、今はないんですよね~。
是非、DVD化して欲しい!!

さて、もしかして…と思い、昔書いた感想を探してみたら、
CDに残してました!!
別ブログにアップしましたので、お時間のある時に読んでみて下さいね。

他にもお話したいことがあるのですが、
メールします(^^)
2014年05月26日(Mon) 16:12
編集
今回の話は老夫婦お二人の演技がピカイチでしたね。昨日、ぬか漬けを触りながらごちそうさんのぬか床吉行和子さんだったなあ〜と思い出し、いい味出してたなと。あーそういえばたいちゃんとは絡みなかったけど、悪魔として絡みできましたね。菅田君妙に色気ある。山本圭さんは亡くなった時に、ぴくりとも動かず本当に死んだようになってたのは凄かったですね。さすがです。お婆さんを大切にするあじのあるいいおじいさんだし。
今回は号泣はしなかったけど、イロイロ考えさせられました。(怪物君の4話は号泣でしたけど)
しかし、死神くん当初は亡くなる人しか見えなかったのに、家族....全く赤の他人の孫にまで姿見せ過ぎやろ!と私もツッコミ入れてました。

ところで、“この愛に生きて”って豊川さん安田さんが夫婦...冷め切った....で、安田さんが何かの犯罪を犯して、刑事役の岸谷五朗さんが追っている間に恋が芽生えてしまうっていう話ですか?違ってたらごめんなさい(^^;;もしこれならみてましたよ。でも、山本圭さんは記憶にない〜主題歌もすごいハードな歌でしたよね....カラオケで若かりし頃、歌って失敗しました。
2014年05月27日(Tue) 15:48
こっこさんへ
編集
老夫婦お二人はもちろん、今回は脚本が丁寧に描かれてるような気がしました。
吉行和子さんが演じるおばあちゃんは、チャーミングだったなぁ。
ちょっととぼけてるようで、でも、深い部分もきちんと描かれていて。

山本圭さんは久しぶりに見て、年とられたなぁ…と。(役柄もあるけど)
飄々とした中に頑固な部分もあったりして、
こちらもあったかいおじいちゃんでした。

『この愛に生きて』
豊川さん安田さんが冷め切った夫婦だったのは正解ですが、
岸谷さんと安田さんは初回に恋に落ちます。
「始まりは体、成り行きは心」まさにそんな感じです。

そして、中盤に大きな転機があり、
それをきっかけに安田さんがある罪を犯します。
鬼気迫る演技に引き込まれました。

そして、「乾いていたから求めた恋だった。
でも、そんな私の身勝手な想いを悠作が愛に変えてくれたの」
そんなドラマです。って、わからないか(笑)

私が今まで見たドラマの中で一番好きなドラマです(*^^*)
2014年05月29日(Thu) 11:39












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL