FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2021年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年06月
TOPしやがれ ≫ *5人の優しさ*

*5人の優しさ*

若干心配だった『しやがれ』緑子さんの巻。
何が心配って、大野くんじゃなくて私自身のメンタルがね(^^;)

緑子さんは大好きなのでね。楽しみにしてました。
『ごちそうさん』の役柄は、ただの意地悪な小姑ではなくて、
過去のつらい経験や西門家に対する想いもきちんと描写されていて、
1人の女性として共感できる部分もありました。
彼女の心情を思うと、切なくなる部分もあったりしてね。

でも、和枝さんは根っからのいけずというか、かなりインパクトがあったけど(^^;)。
それなのにただの憎まれ役で終わらせないというのは、脚本の力はもちろん
緑子さんの力量によるところも大きかったのではないかと。

だって、途中からは、和枝さんったら次はどんな意地悪をするのかしら?
め以子ちゃんは、一体どんな風に立ち向かうのか、はたまたかわしちゃうのかと、
2人の攻防が楽しみになってきて。

生涯いじめ続けると言い切る和枝さんと
それを一生受けて立つと言い切るめ以子こちゃん。
いつの間にか、2人の間には奇妙な愛情が生まれてましたね。

だから、森下佳子さんの脚本は好きなんですよね。
登場人物1人1人の心情や言動が丁寧に描かれているので、寄り添いやすい。
きっと誰の心根にも揺るぎない大切なものが存在しているんだけれど、
人それぞれ、いろんな形で姿を現します。
それが誤解を招いたり、上手く伝わらなかったり…。
そういうのを描くのが上手いんですよね~。
あ~、好きなドラマだったなぁ~。

って、おいおい、『しやがれ』の感想はどうした~!

さて、緑子さんが選んだいじめ甲斐のあるメンバーは「大野さん」
「涙が見てみたい」って。思わず共感しちゃったわ。

何だろう、そう思わせる何かがあるよね、大野くんには…。
あまり感情を表に出さないからかな?
追い詰めたいというか、さらけ出させたいみたいなのがあるよね(私だけか(^^;)

そしたら、目に宿す大野くんがお茶目で可愛かったね~。なぜかコミカルに走っちゃう。
でも、悪意に満ちた超冷酷な大野くんの眼差しも見てみたかったわ。
そんな役、来ないかな~。
脇役でいいの。あれっ、今の大野くん?くらいの感じで、震え上がらせて欲しい~っ!

さて、いびられADの役は大野くん。
たいへんそうだなぁと思う一方、ほっとした部分もある。
大野くんって、コミカルな時は一瞬で振り切れるのに、
こういうお芝居の時って、やりきれない印象があるんだよね。
大杉漣さんの時も確かコミカルに走っちゃったし…。
ニノは容赦なく振り切っちゃうけどね。(今回は、松潤の方がすごかったけど)

だって、きっといじめる方がメンタル的にきつい…と思うんだよね。
まさに心を鬼にしないといけないし、主導権を握ってるわけだし、
前の人達と同じ事できないというプレッシャーもあるし。

緑子さんは、やっぱりさすがです。
でも、大野くんが完全受け身だから、状況が動きにくかったかな…。
そこで、あの手この手(距離感を詰めたり、方言にしてみたり)で攻めてくる緑子さん。
しかし、大野くんの態度が終始一貫していて、
ある意味ほんとに相手を怒らせる天才だと思った(^^;)

でも、やっぱりかなりメンタルやられてたらしい(^^;)
「いやぁ、帰りたい」って。ガンバ、智!

結局、4人からいびられることになる大野くん。
これもリーダーたる所以なのか…と思う。
いびる方がたいへんだとは思うけど、一回っきりだしね。
いびられる方は、計5回耐えないといけないわけですから…。

「今日は1人で飲むから」って、覚悟決めた?
ていうか、5人で行っちゃいなよ~。

櫻井くんの怒るポイントが「お風呂に入ってないから、くさい」って、おいおいそこかよ(^^;)
これってADの落ち度なのか?という不思議怒りポイント(笑)
しかも、攻めきれない上に迷走してしまう櫻井くん。
終わった途端、ため息。
大野くんをいじめて落ち込んでるのか…と思ったら、出口が見えなかったことになのね(笑)
確かにメリハリつけると、ぐっと締まったよね~。

「ちょっとショックだったけどね。くさいって…」
おいおい、そこかよ…な大野さんが可愛すぎる。

相葉ちゃんは、弁当という小道具を使う所がよかったよね~。
机の上に唐揚げ置くところとか、相葉ちゃん意外とやるじゃん!と思ったら、
結局攻めきれず、ついつい優しさがあふれ出てしまうという…人の良さに
それでこそ相葉ちゃん!と妙に嬉しくなる。
挙げ句の果てには、意味不明な発言に自分が笑ってしまって自滅という…。
そんな相葉ちゃんが好きすぎます。

私からしたら、相葉ちゃんは100点だよ。

そして、松潤の振り切れ方がすごかったね。
緑子さんに言われたことを忠実にこなして、ちゃんと自分の中で想像力を働かせて、
全く容赦せずにやりきっちゃう。
松潤すごいじゃん!って思った。

で、終わった後の2人がよかったねぇ~。
申し訳なさそうな松潤と、拗ねてる感じの大野くんのハグ、たまら~ん。
松潤がやりきってくれたからこそだよ。
信頼し合っているからこそ成り立つ2人のお芝居。

「あっちょっと精神的に強くなってる」
緊迫した空気の後、シンプルな一言でみんなを笑顔にさせて、
よかった、大野くん大丈夫なんだ…と安心させてくれる。
こういうの聞くと、天性の優しさを持った人なんだな~って思う。

ニノは、やっぱり変化球で来たね~。
変な優しさが逆に不気味さを醸し出していて…。
ペットボトル投げたりと、メリハリもきちんとつけて。
でも、最後「頑張ってよ。応援してるから」、優しくなっちゃって。
最後に嫌味の1つでも言うんじゃないかと思ってたたのに、あれって感じだったな。

「いろんなパターンがありますよね」としみじみする大野くん。
ほんとにね…。1つのシチュエーションでこれだけ個性が出るんだ…って、興味深かった。
だからこそ尚更大野くんがいびるバージョンも見てみたかったね。
コミカルに走らない冷酷な大野くんがね。

で、何を言い出すかと思ったら、
「1つ言いたいことが。ADさん、頑張って下さい」で笑顔でガッツポーズの大野くん。
すっかりADさんになりきってた?
感じたことを真っ直ぐに発信したら、またまた周りが笑顔になり、あたたかな空気に包まれる。

見る前は、若干心配な気持ちがあったのに、そんなことを吹き飛ばしてくれた。
あんな状況に置かれながら、ふと発した言葉。
ねらってる風でもなく、ひねってる風でもなく、感じたことをぽっと口に出してしまったら、
そこは大野くんの優しさに包まれる。
まさに存在自体がサトセラピー…というのをあらためて実感させてもらいました。

そして、頑張っていびろうとしてくれたけど攻めきれなかった櫻井くんの優しさ。
発想は抜群なのに、結局いびりきれなかった相葉ちゃんの優しさ。
しっかりといびりきるという責任をきっちり果たしてくれた松潤の優しさ。
メリハリきかせていびるも、最後はなぜか励ましてくれたニノの優しさ。
緑子さんも楽しそうだったし、それぞれの愛を感じることができたし、素敵な回でした。
スポンサーサイト



Comment

見たかったぁ
編集
うんうん、
yonkoさんと一緒で智君の
冷酷な眼差しも見たかったなぁ
でも相手が嵐メンバーだったら
きっとコミカルな演技で笑いにしちゃいそうだよね
だから、いつか本気の演技で
そんな役見てみたいね
そうそう、主役でなくてもいいの
脇役でもキラリと光る味のある
演技みたいよね
2014年05月12日(Mon) 00:10
キムラ緑子さんは
編集
我が家では和枝ちゃんと呼ばれてます。ごちそうさんはこの人が出てから、面白くなりましたよね?しやがれでも流れたコロッケ?を投げつける所は見始めたきっかけです。め以子を虐めてるように見えて、本当は彼女を嫌いになれない。たいちゃんが戦争に行き、かっちゃんが亡くなった時のめ以子への接し方が印象的でした。ごちそうさんは語りだしたら終わんないなあ〜。

そんな緑子さんがいじめられ役に選んだ大野君。嬉しいような....複雑でした(^^;;私もいじめ役の大野君見てみたいです。
でも、思ったとおり、櫻井君と相葉君の根がいい人が出ちゃって、特に相葉君は後半グタグタ...松潤とニノはやっぱり上手くて、怖かったです。でも、4人ともリーダーには優しくて、松潤はおもわず大野君にハグしちゃって、大野君もわかってる...て感じで頷いてるし。
見る前は、私もメンタル心配したんですが、見終わったらやっぱり5人はいいなあと思いました。

余談ですが、トルコ料理の時“みんなこれ好きだよ”と言った櫻井君がほのぼのしてました(^^)皆の味の好みを把握してるなんてやっぱりお母さん。
2014年05月12日(Mon) 12:55
ぽちゃさんへ
編集
冷酷な大野くん、是非見て見たいよね!

いつも見せないような表情や眼差しで。
この人一体誰?くらいな勢いで、
惑わせて欲しい~!
2014年05月13日(Tue) 14:48
こっこさんへ
編集
私は、『ごちそうさん』最初はいまいちかな~と思って、
一旦見るのやめたんですね。
でも、たまたま見た悠太郎さんとめ以子とのやりとりがおかしくて、
それからはまりました。
2人のなれそめは、笑ったり泣いたりと楽しかったですよ。

和枝さんは厳しいけれど、でも、愛がありましたよね~。
かなりひん曲がってたけど(^^;)

緑子さんが大野くんを選んだのは、
彼なら大丈夫という思いもあったのかな~。
そんな気がします…。

それぞれの個性が出ていて、楽しかったですよね。
今度は是非大野くんにいじめ役にまわって欲しいな~。

櫻井くん、前も言ってましたよね。
小倉トーストだったかなぁ~。大野くんの好きな味だって。
ほんと、お母さんみたいですね(^^)
もしくは彼女(笑)?
2014年05月13日(Tue) 14:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL