FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2021年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2021年06月
TOP死神くん ≫ *置き去りにされた想い*

*置き去りにされた想い*

『死神くん』第4話の感想、やっぱり残して置きたくて。
あまり感情的にならないように…と思いながら、書いたんですけど、どうでしょう…。

いつものことですが、長いです(^^;)
辛口とかではなく、私の率直な思いをつづったつもりですが、
第4話が好き…という方は、読まれない方がいいと思います。





まず、つっこみ所が満載。

飛行機の機内じゃないんだから、まずは救急車呼んでください。
それまでの応急処置をお医者さんに頼んでください。
ちゃんと設備が整った病院で診てもらった方がいいよ。

廊下が燃えさかってるのに、緊迫感なさ過ぎ。
誰が死ぬかで、あーだこーだ言ってる場合?
とりあえず窓から外の様子伺うよね。叫ぶよね。(テレビで確認しようとする前に)
(予算の関係か?)
消火器探すとか、どうにかして火を消せないだろうかとか必死で模索するよね。
とにかく必死であわてふためくでしょ、動揺するでしょ。
その上、電話するのが遅すぎて、脱力。

死ぬのは一人と言われても、あの状況の中、恐怖しかないよね。
死亡予定者が1人だろうか2人だろうが、恐怖には変わりないと思う。
しかも、死神くんの言う通り、生き残ること=五体満足で生還とは限らない…。

ていうか、死ぬ人はすでに運命で決まってるんだよね。
今更、あれこれ操作することはできないんだよね。
じゃぁ、母が子供の身代わりに死ぬことは不可能じゃないかと。
もし死ぬ運命が子供だとしたら、死ぬのが1人から2人になるだけでしょ。
しかも、母が死ぬ運命だったとしたら、悪魔の魔力は使えないでしょ。

それから、途中、みんなが急に協力的なったのは、どうして?
私が何か見逃してる(^^;)?

でも、これらのつっこみ所は、百歩譲れば許せる範囲なんだよ。
主軸がしっかりしていて、それぞれの心情が丁寧に描かれていれば、
そんなことはきっとふっとんでしまう…。(第2話の時みたいにね)

ところが、死亡予定者の種明かしが唐突過ぎて、悲しすぎて…。ああいうのは正直許せない。
最近のドラマや映画は、視聴者をびっくりさせよう裏をかこうというのが多いような気がする。
それぞれの心情を描くより、視聴者を翻弄させることに重きを置いているという印象がある。
意表を突くのが悪いとは言わないけど、ここで必要?そんなに重要?って思う。

まさかお腹に子供がいたなんて。しかも、その小さな命が亡くなるなんて。(これって事故死?)
このあまりにも残酷すぎる結末が私の心に重くのしかかってきて、思考停止。
最後の大どんでん返しの道具に使われるためだけに存在していたみたいで、
切なすぎる。後味が悪すぎる。

今までのお話もつっこみ所や納得できない所はあったけど、
死神くん自身も自分の仕事を全うしようと悪戦苦闘して、
死亡予定者もちゃんと死を受け入れることができたから、
私自身も何とか納得させることができた。
でも、今回は肝心の死亡予定者が完全に蚊帳の外…どころか、存在さえも明かしてくれない。
だから、めでたしめでたし感が一切なくて、そこにあるのは何とも言えない虚しさと後味の悪さ。

亡くなったのがあの5人じゃなくてよかったね…なんて気持ちにもなれないし、
胎児だから名前がなかったのね~なんて納得もできない。
小さな小さな命が旅立ってしまったという事実にただただ呆然として、声も出ない。
あまりの唐突さに、まなみは自分の妊娠に気づいてなかったのか…と思ったら、知ってたのかよ!
それにしては、お腹の子のことを気遣う描写が全くなく、
そんな素振りさせ見せないのが違和感ありまくり。

これも最後の意表をつくラストのための演出だとしたら、そんなんいるか!!!と思う。

そもそも死ぬかもしれない…という時に、
彼との結婚がどうのこうのとか言ってる場合じゃないよね。
自分が死んだら、お腹の子もダメになっちゃうんだよ。
どうにかして守り抜きたいと思うよね。あのお母さんみたいに。
いろいろ思い悩むことがあったとはいえ、
あの状況で、お腹の子のことをひた隠しにする必要があるのか。
あの状況で彼に伝えずにいつ伝えるのか?って感じだよね。

それに、たとえ隠し通そうとしても、きっとそれはふとした瞬間にふとした言動に表れてしまう。
抑えきれない想いがきっとこぼれ落ちてしまう。
ちょっとでもいいから何か言い淀む場面とか、お腹の子をいたわる仕草とか、
何かを秘めて思い悩んでいる表情とかね、一瞬でもあったら、
それだけでもだいぶ違った…と思うんだ。

とにかくお腹の子を思って葛藤する描写が一切ないから、最後があまりにも唐突過ぎて。
ひどすぎるじゃないか~!!!っていう思いしか沸き上がってこない。

そもそも名前が記載されていないのは手違いじゃなく、お腹にいる子供で名前がなかったから…
という理由が全く腑に落ちない。
主任は新米じゃないんだから、そのくらい察しが付くでしょ。
生まれないまま天界に召される小さな命というのは、決して特殊な状況ではないですよ。
ていうか、監死官が見た資料には一体何て書いてあったんだ?

しかも、本来の死神の仕事は、死亡予定者に死期を告げ、やり残したことがないか、
手助けをしたり、寄り添ったりすることのはず。
死神くんの存在意義って、ここにあるんだよね。
しかし、今回は、見当違いな所でバタバタしていて、その子に寄り添うことすらできなかった。
最も大事な仕事を果たすことができなかった死神くん。
死神くんに的確な命令を下すことができなかった上司達。
(魂を天に送ることはできたかもしれないけど…)
死神くんはそれをしっかり受け止めていたみたいだけど、
反省すべきはおいおい上司だろう~!と。

確かに小さな命に対して何もしてやれないかもしれないけど…。
もしわかったとしても、死神くんに何ができたかっていう話だけど。
でも、それが死神の役目。
あの状況だったら、父と母になるべきはずだった人達に伝えることはできたよね。
お腹の子に語りかけることくらいしか、できなかったかもしれないけど。

結局、死にゆく小さな命に何もできなかった死神くんは、一体何を思ったのか。
無力感、後悔、懺悔。あの表情を見ると、胸が痛いです。
小さな小さな命の無念さを思うと、さらに胸が痛いです。

とにかく私が納得いかないのは、
お腹の子の存在を最後の隠し球としてとっておいたばかりに
まなみの葛藤や切実な想いがすっかり置き去りにされ、全く描かれなかったということ!!!

それにしても、ドタバタの最中に発する死神くんの台詞もあまり響いてこなかったな。
新米だし、揺れ動く気持ちもあるだろうけど、描写が何とも…。
悪魔のいうことの方がよっぽど納得できるのは、どうして?

しかも、あの火事の中、スプリンクラーのスイッチを入れに行けと
ヒーローさんをけしかける死神くん。あんたが悪魔だろ…(^^;)

あれだけの役者を揃えておきながら、もったいないなぁと思う。
安顕さんの熱演が何だかむなしい。
題材や設定はおもしろいので、料理の仕方次第じゃもっと面白くて深くて
心に刺さるような作品に仕上がったんじゃないかと思うと、残念無念。
脚本、もっと練れるだろう…。

さて、個人的な事情もあり、感情的になっている部分もあるかもしれません。
でも、それがなかったとしても、きっと納得のいかない作品になっていたと思います。
ドラマごときでこんなに熱くなっている私もどうかと思うけど、
期待していたからこそなんですよね。
だから、やっぱり言いたいことは言っておきたい。

ただただ無念です…。

次女と一緒に見るのに一度だけ見返したけど、次女にとってもつっこみ所満載だったらしい(^^;)
私自身、もう見返すことはないんじゃないか…と。
思い出すと、胸の奥が苦しくなるような感覚があるので、少なくとも今は無理だな。

最初は感想をアップしないと言っていたけど、、思いを吐きだしくてキーボードを打ちまくり。
でも、アップするかどうか迷った。
ここじゃなくてもいいかも…とも思ったりした。
でも、やっぱりアップするなら、ここじゃないと…と思い直した。

人それぞれ感じ方があるので、こんなめんどくさい人もいるんだなぁ~くらいの感じで
受け止めてもらえれば…と思います(^^;)

ぐだぐだと長ったらしい感想を最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

追記(5/19)
往生際の悪い私は、実はまだぐだぐだ書いてます。別ブログにね。→こちら

スポンサーサイト



Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年05月13日(Tue) 23:58
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年05月14日(Wed) 07:32
吐いちゃいましたね〜
編集
死神くん、うちの長女が気に入ってて私が見るより先に見ちゃうんですよね....もう、見るな〜と思うんですが....だから、第4話も途中からでつい見ちゃって、死神手帳になかったのはそういう訳か〜!とのんびり思ってました。でも、最初から見たら、ツッコミ所満載ですね。あの彼女もおもいっきりお腹の子供を大事にしてませんね(^^;;私も、お腹にいるのを彼女が知ってたのもびっくりでした。yonkoさんの仰る通り、死んでしまう人に寄り添うのが、死神くんの役目....今回なかったですね。私、死んじゃった赤ちゃんを大事そうに抱っこして、抱っこしながら微笑む死神くんが天界へ届けるのかなあ...と思ったら、あら?もう届けちゃったのね(^^;;
確かに役者揃いなのにもったいない回でしたね。

次回は私も大期待の役者さんと話っぽいので、がっかりな回だったら怒り狂いそうです。1週あきですが、楽しみにしましょう
2014年05月14日(Wed) 11:21
非公開コメント Yさんへ
編集
きっと、私みたいに感じてる人は少数派だと思いますよ。
特にハードル上げてるつもりはないんだけどな~(^^;)

つっこみ所が多くても、
第2話にみたいにすんなり受け入れられるお話もあるので、
そういうのを期待してるんですけどね~。

大野くんさえ堪能できればいいや!と、割り切れればいいんだけど、
4話については、私のメンタル的に無理そうです…。
それに、やっぱり作品全体として楽しみたい!という気持ちも
捨てきれず…。

次回は私の大好きな役者さんお二人なので、
期待はしてるんですけどね。
あんまり期待しない方がいいのかな~(笑)
2014年05月14日(Wed) 22:18
非公開コメント Sさんへ
編集
はじめまして…ですよね。
コメント、ありがとうございます(^^)

まなみのお腹の子の件については、
彼女自身がが隠し通すと決めたというなら、
それはそれでいいんですけど…。
でも、それを脚本や演出上で全く出さないというのが、
私的には納得がいかなくて。
彼女が悩んでいるのは伝わってきたけど、
それはあくまでも彼との結婚に関することだったので、
おいおいそりゃないでしょ…となっちゃったわけです。

死神くんが魂を送り届けてくれると聞いて、安心はしたものの、
それまでに何もできなかった彼の無念さを思うと、
これまた胸が痛んじゃうんですよね。

そこを上司が試したというのは、無理があるかな~。
そうだったら、私もっと怒り爆発です。
命を何だと思ってるんだ~ってね(^^;)

火事という切迫した状況と
室内のギャップが大きすぎましたね、今回は。
地震で壁が崩れて、外に出れないくらいでもよかった気が(^^;)
6時に誰か死ぬ…という緊迫感だけでも十分怖いと思うんだけどな。

殺人犯がヒーローだからというのは、
悪魔に頼んでヒーローめいたことをやっただけという事実が
暴露されてしまったので、
その時点で、普通の人間なんだということは死神くんは
気が付いたと思うんですよね。
でも、彼はまだまだ新米だからなぁ~(^^;)
知らないって、怖いなぁ。

浅はかな人間の考えはわかりますが、
緊迫感の無さは、いかんともし難いですね。

「生はどんな状況で生き残るかは何も決まっていないんです」って、
たまに新米らしからぬことを言いますよね、死神くん。
知ってることと知らないことの基準がよくわからなくて、
謎過ぎます(^^;)

悪魔は、意外と正論めいたことを吐いていて、おもしろいんですけどね。
でも、あれだけ登場人物がいると、全員を描くのはなかなか難しいですよね。

いろんな考え方、感じ方がありますね。
次回は、純粋に楽しめることを祈りたいです(^^)
2014年05月14日(Wed) 22:43
こっこさんへ
編集
まなみがお腹の子のことを気遣う描写が一切ないのが、
何ともしっくりこなかったですね。

死んじゃった赤ちゃんを天界へ届ける死神くんかぁ~。
と言っても、まだ胎児ですけどね…。

そんな映像見たら、涙が止まらなくなりそうです。
でも、いっそのこと、お腹の子のことを絡めてしっかり描いてくれたら、
そこでいっぱい泣いて、私自身も受け入れることができたかもな。

次回は、大好きな役者さんなので、期待したいです。
純粋に楽しめますように(^^)
2014年05月14日(Wed) 22:50
No title
編集
 こんにちは。死神くんはツッコミ処満載ですね。
でも、私的にはキュンキュンする死神くんも観れたかな。
おばちゃんは自意識過剰なカラスに石投げてやろうかと思いました(笑)
もちろんしませんけど。

 ハッピーエンド的な感じは「え~」ってなりますね。
赤ちゃんならいいのか~~~みたいな。
そうそう赤ちゃんを思う描写もないねー
でも「ご安心下さい。お二人の赤ちゃんの魂は私が責任を持って天界に送り届けます。」
とゆっくりと頭を下げる死神くんに赤ちゃんへの思いを感じてほっとしたかな。
「まなみさんと幸せになるのかー」 「人の不幸の上に人の幸せは成り立っているのね。婚約者は???それっていいのかね?」と思いますよ。
今回は人間の身勝手な部分が浮き彫りにされているけど、なんでしょうね~ 描き切れなかったかな1時間では(笑)
単純に考えてもあんなに火が迫っているのに後3時間とかも????
まー伝えたいことはわかるし何回はリピしました。

死神くんが悪魔ですか~なかなか辛口(笑)
死神くんはヒーローさんが悪魔の力を借りたとしてもヒーローは凄いんだと思い込んでいるんじゃないかな(笑)  私は「死神くんが行けば~」なんてテレビに向かってツッコミました。掟破りですけど(笑)
なんとか頑張る営業マン的な死神くんも「オイオイ」とはなりますが、コミカルなブラックファンタジーなので、許してあげて~~~

天界で悩む死神くんの表情にはキュンキュンでした。
来週はまた考えさせられるようなお話のようですね。
期待しましょう。
2014年05月15日(Thu) 16:57
さとママさんへ
編集
第4話については、考え過ぎかな~とは思うんだけどね。
詳しいことは、anoter roomに書いたので、
よかったらのぞいてみてね。
(面倒くさい私に付き合ってくれるならね。笑)

死神くんが悪魔だろ…は、半分冗談だけどね(笑)
でも、無知が故の残酷さってあるよね~。
最初の福子に対しても、「おめでとうございます」って、相当残酷だし(^^;)
でも、それはそれで、あ~新米なんだねぇ~って、思えたけど。

燃えさかる火の中に…っていうのは、あんまりやろ…って思いました。
無知って怖い(^^;)。

次回はね、余計なことを考えずに死神くんの世界に浸れたらいいな~(^^)

2014年05月16日(Fri) 11:30












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL