FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年08月
ARCHIVE ≫ 2019年08月
      

≪ 前月 |  2019年08月  | 翌月 ≫

相葉ちゃんの手紙

相葉ちゃんの手紙、最初はびっくりしたし、
なぜにこのタイミングで蒸し返す?って思ったけど、
でも、相葉ちゃんらしいなって。

嵐の4人が「最愛の人」な相葉ちゃん。
せっかちな相葉ちゃん。
きっと考えずにはいられないんだろうな。
不安でしょうがないんだろうな。
溢れる気持ちを伝えたくて、一生懸命言葉にしたんだと思う。
それは相葉ちゃんのどうしようもないほどの切実な願い。

翔さんはしっかりと相葉ちゃんの気持ちに寄り添って相思相愛に見えたけど、
他のメンバーとはちょっと温度差あったかな。

大野くんは急なことで頭の中が整理しきれてないように感じた。
私もプチパニックだったし(^^;)。

それは、自分のことを「わがまま」って言っちゃうのが
私には大野くんらしくないように思えたから。
(その時、相葉ちゃんは首を横に振っていたらしいけど)
相葉ちゃんが言いたかったのはそういうことじゃないことは
大野くんもわかってただろうし、
リーダーにそんな風に思わせてしまったと相葉ちゃんがつらくなっちゃうことは
いつもの大野くんだったらわかると思うし。

でも、相葉ちゃんの手紙もちょっと文脈がねー、
最初聞いた時は正直何を言いたいんだろーみたいな所あった(^^;)
あらためて聞くと何となくわかるんだけど。
要はそうか!願いというより決意表明だったのかなー。
これからも5人全員で頑張るぞ!よろしく!っていう(おおざっぱ)。

でも、やっぱり先走り過ぎたね。なんか変な空気になってたし(^^;)
たぶん言葉の選び方もあるのかな。
「残念な結果」には正直そこまで言うか!って思ったし。
やっぱりせっかちで心配性な相葉ちゃん、先の先を考え過ぎなんだよー。

で、大野くんの「最後までやりたい」っていう言葉。
私は単純に「休止前の最後の日まで」という意味合いに取ってた。
とにかく今はそこまでしか考えれないんじゃないかなと。
せっかちな相葉ちゃんには悪いけど、時間をくださーい。

ニノはうまく逃げちゃったねー。
でも、そこで空気が柔らかくなったよ。

松潤は「最後」を「2020年」と言い換えて、その区切りの日まで頑張ってくれると。
今はそこまでしか言えないのが正直な気持ちなのかな。

5人それぞれ感じ方も考え方も違うだろうけど、
でも、それを否定するのではなく、お互いを思いやって、言葉を選んで話してくれた。
相葉ちゃんの言葉選びが率直過ぎて、
なんで誰か添削しなかったんかい!と思ったりもしたけど。
でも、それが相葉ちゃんだから。
それにメンバーが一番わかってるよね。

5人の過ごした時間や親密さ、信頼関係を100としたら、
私が実際に見聞きしているのは5くらいだと勝手に思ってる。
でも、その5はとてもかけがえのない宝物。

だから、100の親密度の大野くんは相葉ちゃんの言いたいことわかってるし、
相葉ちゃんも大野くんの気持ちわかろうとしてると思う。
でも、やっぱりちょっと空回りしちゃってたかもねー。

どうなることかと思った空気、
相葉ちゃんの「じゃぁ歌おっか」で大野くんの顔がふわっと笑顔になって、
翔さんは相葉ちゃんの背中に手をそっと添えて、
松潤はおどけて大野くんを笑わせようとするし。
あ~、やっぱり嵐だなーと思った。

この件については、いろんな風に解釈してる人いるみたいだけど、
どこまで行っても憶測や想像でしかないし、
変に深読みして振り回されたくないと私は思ってる。

そして、私には結局信じることしかできないなと。
必ず5人で帰って来てくれるって。
信じるのは自由だもんね。
スポンサーサイト