FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2018年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年05月
ARCHIVE ≫ 2018年05月
      

≪ 前月 |  2018年05月  | 翌月 ≫

*小田さんに会ってきた その3*

嵐の時は基本MC以外は立ちっぱなしなんで、おばさん腰が痛くてたいへんなんですが、
小田さんの場合は、曲によって立ったりすわったり。
このタイミングがね、周りの様子見ながら、えっ立つ?どうする?みたいなー。
一回は立ってはみたものの、これは立つ曲じゃないな…と思ったのか、
周りがすわり始め、結局すわっちゃうというパターンもありました。

小田さんのコンサートでは、毎回ご当地ビデオが流れる。
これが毎回楽しみでもある。
撮影した日はあいにくの雨。(あーこの日小田さん来てたんだー、私仕事してたなぁ)
今回は、下通、熊本城、水前寺公園、阿蘇など。
突然市役所に行ってエレベーターで上がり、市長にでも会うのか?と思ったら、
食堂行ったら閉まってるというオチがあったり。
電車の車掌さん?が奥さんと娘さんがコンサートに行くんですよと言ってらしたり。
(小田さんと会ったぞ!なんて、ご家族に自慢したんだろうなぁ)
他にもいろんな人から握手やサインを頼まれてて、あー会いたかったなぁーと。
翌日は江津湖にも行かれてました。早朝と思われ、その後ゲネプロだったのかなぁ。
小田さんのぼやきっぽい一人喋りがツボで、毎回楽しい。ずーっと続けて欲しいな。

今回、旦那と一緒に行ったんだけど、旦那は2回目。
前回は市民会館の2階席だったんで、どうだろう?立ったりしたかなぁ。覚えてないなぁ。
でも、確かその時も小田さんは客席に降りて、お客さんと触れ合っていたと思う。
20年以上前に妹と行った時も市民会館だったんだけど、
その時は1回の前の方の良席で(確か1桁だったと思う)
小田さんが降りてきて、通路側にすわっていた妹は握手してもらって、号泣。
そんなこともありました。

で、今回、旦那は私とはまた別のタイミングで、小田さんと目が合ったと言う。
(おいおい、もしかしてみんな思っちゃうのか)
しかも、どうしたと思う?
ぺこりとお辞儀したって!!おいおい、知り合いか!
おかしいやろー。

それから、小田さんはみんなが知ってそうな曲だと、お客さんにマイクを向けて歌わせる。
旦那の席はほぼ1列目だったので、実は内心ドキドキしていたらしい。
でも、もしそうなったら、腹を決めて歌わねば!と思っていたらしい。
こっちには来なかったけどなーー。

小田さん曰く、みんなも一緒に歌って欲しいと。
歌うのが嫌な人もいるみたいだけ(^^;)ど、僕は歌って欲しい…と。
これ某アーティストさんのラジオだったかで、話題になってたねぇ。
きっとボリュームの問題だろうな…と私は思うけど。
で、みんなで歌える曲として選んだがのが『愛の唄』
どんな歌だったっけーと思っていたら、あーこの曲かと。
聴き入る感じで、みんなで歌うって感じじゃないかなぁとは思ったけど(^^;)

『YES-NO』はその点盛り上がる。みんなで「好きになってもいいのーー」とか、楽しい。
曲は切ないのに。
それから、『ラブストーリーは突然に』とかだと、お客さんにバンバンマイク向けて歌わせる。
客席にも降りてきて、会場の隅から隅まで触れ合おう、届けようという思いが感じられて、泣けた。
クールな感じに見えるけど、ほんとうはものすごく熱いものを秘めてる方なんだよね。
途中は大きなバルーンをみんなでポンポンしたり、楽しい演出もあり。
こっちには全然来なかったけどもー(^^;)

そういえば、好きな曲リクエストで1位だったという『秋の気配』も歌ってくれた。
聴きながら、大野くんにも歌って欲しいかも…とついついまた悲しい習性が。
切なくて、いい曲なんだよねぇ。

そうそう、前日がダブルアンコールだったらしいので、今日もあるぞーと期待。
そして、ダブルが終わった時点で、とっとと席を後にした。(アカペラ、素晴らしかったなぁ)
だって、駐車場を出るのに、7年前は30分くらいかかったんだよー。
で、出口に向かって歩いて行ってたけど、どーも終わる気配じゃない。
立ち止まって様子を伺っていると、来たー、小田さーーーん。
まさかのトリプルーー!!ありがとーーー!!
帰ろうとして、ごめんなさーーーーい。

そして、小田さんがはけると、今度こそと外へ飛び出し、急いで車に乗り出て行ったら、
ちょっと並んだだけで駐車場からすんなり出れたよー。
トリプルの時点で出口近くまで移動してたのがよかったんだな。

それにしても、3時間一人で歌いきる70歳。(大野くん、まだまだ行けるぞ!)
生の迫力、息遣い、たまりませんな。
最初は若干声の調子どうかな…と思うところもあったんですが、
どんどん伸びてくる感じで、さすがだなぁと。

入場する時、こんな紙(何て言っていいのかわからん(^^;)をくれました。
グッズとか何も買わなかったので、これは記念になります(^^)

DSCF0291.jpg

とりあえず思い出したことを駆け足で書きまくったので、
読みにくいところもあったかと思いますが、小田さんコンサートレポはこれにて終了。
読んでいただき、ありがとうございました。

さて、小田さんに次に会えるのはいつかなぁ。
その日を楽しみに頑張ろう~。
スポンサーサイト