FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2018年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年04月
ARCHIVE ≫ 2018年04月
      

≪ 前月 |  2018年04月  | 翌月 ≫

*船舶智、おめでとう*

大野くん、おめでとう〜!
もう嬉しすぎた。楽しすぎた。見所満載で、時間があればリピート。
スタッフさん、ありがとう~!
髪型も服もめっちゃいい感じで見とれるし、コロコロ変わる表情から目が離せないし、
出てくる一言一言に笑ったり、頷いたり、切なくなったりと感情も忙しい。

実は昨日は体調が悪く、ほぼ一日テレビ見ながらゴロゴロしてた。
(ただ単にだるいだけという症状。別に怠けてたわけじゃない(^^;)
だいたい毎年この時期はだるかったり、頭痛くなったり、胃腸やられたりするので、
春バテだと思われる。
しかし、『しやがれ』の時間にはだいぶ回復してきて、船舶智見て、元気100倍!
今日は普通に家事も仕事もこなせたよ(^^)v

さて、試験の方は合格するでしょ…と思っていたので、さほど驚かなかったけれど(^^;)
そのほかに心動かされる案件多すぎて、たまらない企画だった。
ていうか、贅沢を言わせてもらえば、これって一度にまとめず、3回に分けて放送して、
毎週どうなるのかなというワクワクを味わって見たかったYO!
(それで一カ月生きていけるじゃん)
だってー、素敵智がまだまだたくさん埋もれていると思われる。
今回でも十分楽しめたけれども、いつか未公開映像特集とかで流して欲しー。

とにかく、なんと言っても、今回の見所は大野くんの人柄と天才肌っぷり。
そして、こんな短い期間にとんでもない成長を遂げる37歳。
いろいろ考えさせられるし、勇気づけられる。(アラフィフでもまだまだやれるか)

飾らないありのままの大野くんの表情や反応が本当にリアル。
テレビ的にとかそういう作為的なものが大野くんから全く感じられないので、
純粋に楽しめるし、応援したくなる。
好きって無限だ!っていうことを改めて思い知らされる。

自信なさげなで不安そうだった大野くんが興味津々で授業を受け、
徐々に自信をつけ、表情も生き生きと。
「一睡もしなかった」とか、先生の前で堂々と言うあたりがやっぱり大野智。
一対一で寝れる方がどうかしてると思うけど(^^;)
復習まで決意する智が男前!こんな短期間に見違えるほど成長しとる!
集中している表情もほんとに男前だった。
授業を受けている大野智、ノーカットでも全然いけると思いますけど!

実技では、まず点検智の可愛さにやられる。不意打ちが過ぎる。
「きれいよし!」とか、マジ神!(初めて使ってみたけど、合ってるのか?)
呼称確認なんて、自動車学校でなんべんもやらされたけど、
「可愛い」の要素が盛り込めるなんて、今年最大の発見です!

と思ったら、操縦席に座る智がカッコ良すぎる件。
船尾確認行くときの横顔にまずやられる。カメラがベスポジ過ぎて、マジ神(言いたいだけ)
ハンドル操る手が手慣れてる感じで、ほんとに初か?と疑いたくなるほど。
ドラマでの車の運転はやはりなんちゃって感が拭えなかったが、
今回のあのハンドルさばきは、智の助手席妄想として新素材入手です!
だって、あの手とか横顔とか拝めるんですよ。(視点がやっぱりおかしい)

それにしても、車幅ならぬ船幅感覚とかよくわかるよな。
自動車学校で苦労した私からしたら、マジ神(すみません。もうやめます)
こういう感覚とかすごいなって思う。天才かどうかはわかんないけど、
天才肌っぽいなって思う。

だって、できないと散々ハードル下げておいて、
いざとなったら、ものすごい集中力や感覚駆使して、やりきっちゃう。
しかも、高評価!そんなところが天才肌っぽいのさ。

一般的に必要だと言われても、興味がなければ見向きもしない。
でも、自分にとって必要だと思えば、すんごい力発揮する。
この両極端な感じ。うーん、やっぱり天才肌っぽい。

そして、実技試験、見事合格!おめでとうー。

そして、筆記試験では、緊張感さえ味方につける智。
(憂鬱くんだけじゃなくて、緊張くんも)
もうこの時の表情がね、最初の頃とは全然違って、ワクワクしてる。
これだけでももう合格確信しちゃう。(まだ試験始まってませんけど)
ほんとこんなに変わるかって思う。

そして、結果待ち智が不安な気持ちをかき消すかのように喋る喋る。
次女がこれ見て、可愛いねって。高校生に可愛いと言われる37歳。

こういう時って自分のことでいっぱいいっぱいになりそうなのに、着眼点がね。
周りの人に想いを馳せるというのがらしい。
そして、「ごめんね、翔くん」となる思考回路が
大野くんやなあって思う。好きーーってなる。

「避けてきた」って、そんな風に思ってたんだね。胸がきゅーっとなる。
でも、避けてきたっていうよりも、大野くんはその時その時で選び取って来ただけだと思うけど。
だって、何かを選ぶっていうことは、結果的に他のことを捨てることになるっていうだけのこと。
選び取って来た結果が今だもん。素晴らしすぎる!

こんな風に船舶の知識だけじゃなく、いろんな思いを感じ取れる大野くんを。誇らしいと思う。
そして、この邪気のない感じが心底うらやましいと思う。

「カメラ回さないで」「泣くから」って、女の子ならまだしも37歳のおっさん?だよ。
それなのに、なんでこんなにはまるんだよー。最高の殺し文句だよ。
可愛過ぎるよ、切なすぎるよ。

そして、合格発表。
たぶん何かワンクッション置いてくるとは思ってたから、私的には全然びっくりなかったんだけど、
スケジュールの調整?えっ、俺だめなの?みたいな大野くんの固まった表情が見れて、嬉しいわ。
そして、合格とわかった時のふにゃふにゃ顔が全てを物語ってるね。
よかった、よかった。おめでとうーー!

そして、先生ともハグ。うらやましい~!!

「おれ、できる子なんだ」知ってたよーー。

なかなか努力してるところとか、必死なところとか、思いつめてるところか、見せてくれないけど、
それを目の当たりにできて、ほんとに嬉しい。
未知なことに挑戦するって、勇気いるもんね。不安になるもんね。
でも、その先にはきっと何かがある。
そんな素晴らしさをこんなにリアルに率直に伝えてくれる人はなかなかいないよ。
そして、終始、素直で率直で純粋で、耐えず流れていたのは穏やかであったかい空気だった。

で、スタジオに戻っての「じゃねーよ」がさすがバラエティな大野くん。

さて、今度は大海原に出た大野くん。可愛い過ぎでしょー。
そして、スタッフの楽しそうな顔が全てを物語ってるよね。
楽しみだー。

さあ、その次はそろそろ本格的なソロのお仕事、待ってます(*^^*)
スポンサーサイト