FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年02月
ARCHIVE ≫ 2018年02月
      

≪ 前月 |  2018年02月  | 翌月 ≫

*私なりのオトコ飯の見所*

いつまでやるんだ、オトコ飯…と思いながらも(^^;)
相手によって変わる大野くんの対応が見所の一つだと思っている。
それも無理して合わせてるんじゃなくて、
相手の醸し出す雰囲気とか波長に自然と合わせてる感じがするんだよな。

小瀧くん相手では、終始ソフトで友好的で、可愛らしいお兄さん的な感じ。
加藤諒くんの時はどS発動して、男感が前面に出てくる。
同じジャニーズでも錦戸くんの時は、兄貴感が出て男くさくて、たまらんかった。

諒くんはテンション高くて、ぐいぐい来るから、
大野くんもリアクションがオーバー気味になるのがおもしろい。
私が思うに、大野くんは意外と短気だと思うんだよなぁ。ていうか、率直?
そういう部分をいかんなく発揮させてくれる諒くんは貴重な存在だと思う。

錦戸くんは、若干やる気なさそうで、お世辞とか言わず本音で来る感じだから、
大野くんも(この時は朝の撮影だったっていうのもあるけど)、
いい意味で(って、どういう意味だ)ちょっと投げやりな感じがよかった。

女芸人さん達相手の時は、私たちがもしあそこにいたら(こんなんでしか妄想できない性)、
あんな微妙な距離感、お互い探り合ってる空気感とかになるんかいな…とか思って、
また別の視点で興味深く拝見した(笑)

さて、今回は小瀧くんがいい感じに大野くんを引き出してくれた(*^^*)
ソフトな中にも時折出てくる男感にゾクゾク。

料理してる自分に酔っちゃっうと言う小瀧くん。
「わかるわかる」って、意外な反応。
「ちょっとなりきんない?」あ~、それはなんかわかるような気がする。
そして、ブラックペッパーに手を伸ばす大野くん。
何をするの?と思ったら、軽く投げて素早くキャッチする大野くん。
ひーっ!!かっこよすぎる!!叫びたーーい!!
これだけで、今回の『しやがれ』見た価値あり。

こんな一見無駄に見える動作をなりきってやってるんだぁ。
男ってやっぱり不思議な生き物だわ(私にはさっぱりわかんない)
「一人なら恥ずかしくない」…って。
ふふふ、大野くんにも、そういう感情あるんだなぁ~。
恥ずかしいから、そういうかっこいいことは人前ではあんまりやらないのか…と思ったら、
「たまにミスってさ。でも、一人なら恥ずかしくない」って。
ということは、そういう仕草っていうより、失敗した時が恥ずかしいからやんないのか?
確かにリスクはありますけど…。

そんなこと考えてる大野くんが新鮮でありました。

でもさ、これに似たようなことって、たまにやってるんだよね。
そういえば、かなり前にブログにも書いた覚えがあるなぁと思って探してみたら、やっぱりあった。
なんと7年前の話だよ。
後でその時の映像探して、見てみようっと。

それから、オトコ飯の企画の見所として、手もあるよね。
今回特にツボったのが、刻んだブロッコリーを回し入れる手。
いやらしい(〃▽〃)いい意味で(*^^*)

そして、丸ごとブロッコリーを「半分、半分」と言いながら一緒に入れる37歳。
普通の37歳がやったら、間違いなく引くやつですから。
奇跡の37歳(〃▽〃)
それにしても小瀧くんと一緒だと、どこまでも優しい。全然キレない(笑)

これは小瀧くんが終始柔らかく、楽しそうなオーラを出してるし、大声出したりしないから、
イラっとすることがないんだろうな。

トレーニングをやっているかと聞かれ、
「俺はやってるよ」開脚か?と思ったら、
「釣り筋を鍛えてるだけ」そっちか!
しかも、そのやり方。なんだ、このやり慣れてる感。お猿さん、めっちゃ楽しそう。
しかも、グッズ紹介のコーナーなのに、一切グッズ使わず家の柱でやっちゃってるっていう。
こういう感覚が大好きだ。

滑るやつは(名前わからん)は独特のフォームていうか
スケートじゃなくて、もはやダンスやろ!と突っ込みながら見てました。
やっぱ綺麗だなぁ~。

それにしても、今回は衣裳もよかったなぁ。はるかちゃんの時もオトコ飯の時も。

『白が舞う』初聴き。
『Find the…』の智潤パートにもやられたけど、こちらは最初ガッツリ大野くんソロだったー。
CD届いたら聴き込むのが楽しみだ。
スポンサーサイト