FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年02月
ARCHIVE ≫ 2018年02月
      

≪ 前月 |  2018年02月  | 翌月 ≫

*『忍び』特典映像に思う*

『忍びの国』の特典映像、書きたいことはいろいろあるんだけど、
もはや何を書いていいかわからなくなってきた。
で、なんとなく感じたことをまとてみようと箇条書きで書き出し、
今パソコンの前に向かっているけど、正直着地点がさっぱりわからない。
(ま、どうにかなるやろ(^^;)

撮影の裏側を見たり、裏話やインタビューを聞いてみて感じたのは、
一つの作品を作り上げるためには、たくさんの人が携わっていて、
それぞれがそれぞれの仕事を全うしようと真摯に向き合い、
そして、その中で思いがけない化学反応が起きたりと
なんともおもしろく素敵な世界なのだな…ということ。

そして、脚本の果たす役割は大きいけれど、
その脚本だけでは表現できないこと、予測できないこと、感じ取れないことが
予想以上にたくさんあるということに驚き。

生身の人間が演じることで、触発されることがあったり、
生き生きと人物が浮かび上がってきたり。
衣裳さんや照明さんのアイディアで、不思議な雰囲気が醸し出されたり、
人物に奥行きが出てきたり、かなりおもしろい現場なんだろうなと。
(川の印象的な光は、照明さんの提案だったり、
監督の何気ない一言から生まれた無門の腰に巻いたお国の帯だったり)

ほんとにみんなで作り上げていってるものなんだなと。
そんな風に脚本という骨格にいろんなことが肉付けされて、
一つの作品として出来上がっていくんだなと。

例えば、亮平くんが次郎兵衛の死にざまを目の当たりにしたことでより強く感じた弟への想い。
それを胸に最後まで演じ続けたとのこと。
次郎兵衛は早々にいなくなってしまったけれど、平兵衛の心の中にずっといたんだね。

談春さんは、無門がそういうテンションで来るのか…と驚かれて、
じゃぁこっちも考えねば…と思ったり、
大野くんもお国の演技に引っ張られたみたいなこと何かで言ってたような気がする(^^;)

監督が、準備はしっかりしてくるけど、
その場に合わせて演技できる俳優さんがいいみたいなことを言ってたと思うけど、
俳優、監督、裏方のスタッフみんなに臨機応変に対応できる素地があったということだよね。

それは、きっと監督の柔軟性のなせる業というか。
こうでなければならないとか、こうすべきというのではなく、
どうやったらいいのか…っていうことを常時考えながら動いてる。
そして、その時の状況によって変えたり、周りの提案もどんどん取り入れて、
任せるところは任せる。
きっと、それって信頼感あってのことなんだろうなと。

私は、特に「これだよ、これ」の話が好きなんだけど。
文字だけじゃうまく想像できなくて、でも、大野くんならきっとやってくれるという信頼。
そして、想像を遥かに超えてくる「これだよ、これ」の完成度。
いやぁ、あれはすごいよね。文字からあそこまで持っていく大野くんの表現力。
そして、監督の嬉しそうなこと(^^)

それから、興味深かったのが時には楽しそうに時には淡々と仕事をするスタッフの姿。
無門とお国の最後のシーンも緊迫感はあるけれど、あくまでも淡々としていて。
これ終わったから、はい次!…みたいな。
カットがかかってもしばらく動けないさとみちゃんや大野くんとは違い、
淡々と仕事をこなす人たち。

しかも、同じシーンをカメラの位置やアングルを変えながら何回か撮ってたり。
スタッフはもちろん演じる側の気持ちやテンションを保つのも一苦労だろうなと。
知念くんは泣けずに苦労したみたいだけど(テストと本番のバランスも難しいんだろうな)、
大野くんは一体何回泣いたんだろう。
私はこの場面はけっこう冷静に見ていて、こんな感じで撮るのかぁとか。
あそこまで入り込むのって、普通じゃ考えられない世界でお仕事してるんだなとか。
そんな思いさせて、感動して泣くよりもなぜだか申し訳ないような気持になってきたりと、
おばさんの気持ちは複雑だ。

でも、何はともあれ素敵な作品だったなと。
大野くん主演映画、しかも忍びの役と聞いて、思わず涙ぐんだ日から1年半以上経つのに
まだこんなに楽しませていただいている。
ありがたや~。

でも、インタビューは、裏方の人たちの話も聞いてみたかったなぁ。
それに、他の役者さんたちも。
個人的には國村さんの話聞きたかったっす。(大好きなので)

うん?着地点って、まだまだ足りないから特典映像を増やしてくれっていうことでいいのか。
スポンサーサイト