FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2017年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年12月
ARCHIVE ≫ 2017年12月
      

≪ 前月 |  2017年12月  | 翌月 ≫

*untitledな旅は続く*

福岡に行ってからまだ3週間も経っていないのに、もうすでにだいぶ前のことのよう。
残酷なことに、記憶はどんどん薄れていきます。(ていうか、そもそもあんまり覚えてない(^^;)
なんてことを考えていたら、今朝ライブの模様が流れたよー。

うーん、新鮮(笑)ほんとに行ったんだろうか、私(^^;)
特に衣装の記憶がほぼない。しかし、やっぱり最初の衣装は微妙だったな…って思う。
『つなぐ』の衣装はあんな感じだったんだね。まったく覚えてない。
この役立たずな脳みそ、どうにかしてくれー。

そして、『夜の影』こんな振り付けだったんだぁと。
しなやかな動き、軽やかなジャンプ、ピルエットが美しくて、ふとした瞬間が静寂そのもので。
ずーっと見てられるわ。あー早く映像化したものが見たい。

そうそう、前の記事で疑問を投げかけましたが、どうも『未完』だったようで。
あまりにもお粗末な記憶に、来年はメモ帳持参しようかと本気で思ってます。
しかし、メモる余裕なんかあるんかい。
(ていうか、また来年も行けるという保証はどこにもないわけで…)

それから、他の方のレポ読んでいて、歌割りが違ったのは『Pray』かと!
なんか歌割が違うような…と思った記憶はあるんですが、何の曲かさっぱり思い出せなくて。
やっぱりメモが必要か。

さて、3週間近く経っった今もあいかわらず、アルバム『untitled』聴いてます。
(『Doors』+カップリングもね)
今までだと、コンサートのレポを書き終わると、そのツアーのアルバムは
聴かなくなる傾向にあったんだけど。(他の曲を無性に聴きたくなるパターン)

ところが、今回はまだまだ聴き続けてます。
ほんと飽きないんだよなぁ、不思議なくらい。

で、アルバムの感想書くと言いながら、まだ全部書いてなかったので、
今更ですが、特に好きなフレーズ限定でざざっといきたいと思います。

『Green Light』
ホンモノだけに許されるsurvive

勢いのある感じから伴奏が抑え気味になって、智voiceが浮かび上がる瞬間。
「ホンモノ」の出だし一瞬で雰囲気がガラッと変わる。
胸の奥をくすぐられるような男前ボイスに悶絶。

フェイクのあ~あ~の力強く伸びてくる声のさりげなくガッツリと支えてくれる存在感。

『未完』
Never change my mind 振り向けば遠くなる今

「my mind」のファルセットが大好物。最初のフェイクもね。

立ち止まることな

「く」の発音が「ku」じゃなくて「k」なのがツボ。

Do you wanna ride!?イェエーーホォー

フェイクの出だしの声がひっくり返りそうな微妙な感じがツボ。

『ありのままで』
誰かの足跡たどっていけば 前に進めるわけじゃない

大野くんの上ハモが新鮮。
文節で区切らずに「足跡」「進める」と早めにハモるところが
軽やかさにつながるような気がする。

しかーし、セットリストになかった!!まーさーかー!
アルバムの曲は全部入れてくれ。
他に削れる曲、いくらでもあるやろ!

『風雲』
しょうない Ah everybody 本気出す時間だ
もういいかい?行く


強気な声の中にふわっと明るくなる「が」
「行くぜ~え~」のうなる感じがめっちゃ迫ってきて、ドキドキする。

弾ける…Cange your life

そして、終盤は山でうなる「ラ~~イフ」!バンザイ!

『Song for you』
ありがとう 君といたすべての軌跡に 同じ景色を同じ思いを 抱きながら歩いてきた
いつの日も僕ららしく Get started


特に好きなのが、柔らかで優しく包み込むような歌声からの
意志を感じさせるような力強い「started」
迫ってきたと思ったら、最後のかすかな揺らぎと共にふわっと消え去って行く。

そして、もう一度降り立ったこの島で

場面がくるっと展開する感じがして、新たな始まりを感じさせてくれる歌声。

優しく背中を押す

最初、「優しく」の語り掛けるような出だしに度肝抜かれた。
こんなに表情豊かなのに押しつけがましくなく、奏でることができるのかー!!
そして、「背中を押す」の迷いのない真っすぐで素直な歌声に導かれる。

ざっとこんな感じですが、まだまだ私のuntitledな旅は続きます。
素敵なアルバムをありがとう(^^)
スポンサーサイト



*おかだっち、おめでとう*

昨日は、朝からぶっ飛んだ。
岡田くん、おめでとうございます!

元々噂とかあったのかな?私、こういうの疎いので(^^;)
トラウマもあって、芸能関係のニュースとかなるべく見ないようにしてる。
何が真実かわからない世界で振り回されるのが嫌で…。

でも、FCの会員宛にあんな風に届くんだね~。
最初にファンに報告してくれるんだ。
その気持ち、ものすごく嬉しいよね。
しかも、あんな素敵なカードでね。
大野くんのことじゃないのに、なんかうるうる。

いつかそんな日が来るのかなぁ。
私は、孫の顔を待ち望むような気持で、ずーっと願ってますけど。
きっととても素敵な旦那さん&パパになると思うんだよな。
それに、帰る場所がある、守るべき人がいるということはとても素敵なことだと思う。
そして、そんな大野くんをいつか見てみたい。
具体的にどうこうということではなく、
あ~大野くん幸せそうだな…っていうのを感じ取ってみたい。

そうそう、岡田くんの話だよ。
私はどちらかというと、俳優として注目してた。
あっ、『学校へ行こう』もおもしろかったね。

10年以上前かなぁ、ママ友と話してる時になぜかジャニーズの話になって。
私が好きなのは、強いて言えば岡田くんかなぁみたいな。
ジャニーズにあまり興味なかったんだけど、
ドラマとかで見ていろんな役ができるんだなぁと思ってて…。

そうそう、私の大好きな緒形拳さんとも共演したんだよね。
とても影響を受けた役者さんだと話してくれたのがものすごく嬉しかったな。

緒形さんが亡くなってからも、他の俳優さんから話を聞くことがあって。
福山雅治さんとか、石田ゆり子さんとか、玉山鉄二さんとか。
無骨なようで、とってもあったかく若手の俳優さんたちを包み込んでいた様子を
うかがい知ることができて、嬉しくなる。

だから、岡田くんの話だよ。
岡田くんも今や俳優として立派に活躍されて、喜ばしい限りだけど、
個人的にはドラマにもっと出てほしい。
『タイガー&ドラゴン』好きだったんだよ。
(『木更津キャッツアイ』はクドカンの独特の世界観についていけず、リタイヤしたんだけど(^^;)

大野くんからもおめでとうメール届いたのかなぁ。クローバー付きの?
(結局、大野くんの話か)

心がぽっと温かくなる新たな旅立ち。
何はともあれ、益々のご活躍期待してます(^^)

*’17最後のMステ、最高*

登場の衣装、一瞬期待する。(わかってはいてもー)
『NOW or NEVER』やっぱり歌番組では披露しないのね。
CMでもガンガン流れてるし、嵐に興味がない人でも盛り上がれると思うんだけどなぁ。
一度くらいやってほしかったー。(2017年の心残り)

お着替えしたら、あら…意外に普通な感じ。
時々、それはちょっと…っていう衣装もあるので(^^;)、まぁ及第点化と。(誰目線?)
ところが、実際踊ってみると、とても綺麗に見える衣装だった。
特に足の動きというかラインがとても美しく、何回もあ〜っ、これこれ!となった。
(まだ細かいところは見てないので、ここで説明できないのがもどかしい)

正直、アップ多過ぎ、全体映せとか、大野くんが死角になっとる!とかつっこんでたけど、
そんなのぶっとんだ。

特に円になって踊るところ。
妖艶な智に度肝抜かれる(〃▽〃)横顔の美しさ!
舐めるようなカメラワークとは対照的に、
カメラにアピールするでもなく素っ気ないくらいの智に一瞬でハート撃ち抜かれる。
アピールすることよりも表現することに集中している感じがたまらなく好きなんだよーー!!

そして、確かこの中で一番小っちゃかったはずだけどな…って思うくらいの存在感。
別にぐいぐい出てくるわけでもアピールするわけでもないのに、
姿勢の美しさや体幹の安定感や表現力で、黙らせる感じ?
もうね~、いつもにも増して大野くんしか見てなかったわー。

いつもよりも丁寧に踊っていたような気がするのは気のせい?
特に足元に釘付けで。なんじゃこの動きは?って思うところもあったりして。
(あー早く一人でリピートしたいが、旦那がいる…)

後は、紅白だね(^^)
正直、トリじゃなくてほっとしてる(^^;)
『つなぐ』歌ってくれるかなぁ~。
カウントダウンも楽しみだ!

*untitledコン@福岡(12/8) 気になること*

早いもので、福岡から1週間。ていうか、すでにだいぶ前のことのよう…。
あの空間にいたことさえ、今となっては夢のようで。
毎度感じる一抹の寂しさ…。
今は名古屋なんだね。何してるのかなぁ。リハ?腹ごしらえ?それともお昼寝?

私はテレビ画面の大野くんを見たり、歌を聴いたりしながら、寂しさ埋めてます。
7年経っても、こんなに好きだと思える不思議をかみしめながら。
(好きになった当時は、まさかこんなことになるとは思ってなかった…)

で、後になって思い出すこともあって。
曲の途中で花火が上がって(メインステージで歌ってる時)、けっこうな爆音。
あ~大野くんのフェイクがかき消される~と思ったら、なんとか聴けたという記憶が
突然よみがえる。

でも、それが何の曲だったか思い出せず、悶々とする。
で、何気なく曲を聴いていたら、『Green Light』?

確か「The green light show me the way today」の後だったような。
でも、そんなに序盤の曲だったっけ?という気持ちもあり、わからなーい。

もしご存知の方がいらっしゃっいましたら、教えてくださいませ。

*untitledコン@福岡(12/8) その4*

さて、後半戦の始まり。
中盤の山場、センターステージでアクセントダンスです!
しかし、正直よくわかんなかった(^^;)
照明が凝っていて、いろんな色に変わったり、暗くなったりしていたけど、
肝心の5人が何をしているのかは遠目では確認できず。
一生懸命目をこらして見ていたんだけどな。
モニターにも映し出されていたのかな。覚えてない…。

Sugar
そして、大好きなSugarなんですが、
聴かなきゃ見なきゃと意気込んでいた記憶はあるものの詳細が思い出せない。
オーマイガー!
でも、他の方のレポ見て、思い出した!
大野くんの動きに合わせて、シャツがひらひらして綺麗だったんだ。
こんなに素敵にシャツまでも舞ってしまうんだなと惚れ惚れした。
そして、櫻井くんの「Give me one more kiss」でひゃ~となる(*^^*)

Now or Never
これは予習で踊らないと知ってはいたものの、やっぱり踊らないのかよーってなる。
わかってはいても…。
この振り付け、大好きなのにな。歌番組でやってくれたらいいのに。
でも、最後の方は踊ってたよね。メインの方に行ってしまわれて、よくわからなかったけれど。

Pray/光
この2曲はじっくり聴かせる感じで。スクリーンの綺麗な映像とマッチしていて、素敵でした。
光は、ゴスペルの方たちと共演か?と思ったら(CD音源だけ?コーラスの人たち?)、
ステージには5人だけというのがちょっともったいなかったかな。
せっかくだから、大勢で盛り上がる感じも見てみたかった。

君のために僕がいる/PIKANCHI DOUBLE/ハダシの未来
ミニトロッコで1塁側を移動する大野くん。
確かなかなかこっちには来てくれなくて、タワーでハダシの未来を歌ってたのかなあ。
櫻井くん見るにも大野くん見るにも微妙な距離で、結局大野くん見るんだけど。

Believe
そして、Believeでは、最後の方はバックステージで踊る。結局足見ちゃう。

Monster
そして、来たー!!Monster!上がる歓声!みんな待ってたのね!
Monsterやるとは知ってたけど、曲順知らなかったので意表突かれる。
しかも、バックステージとな!斜めからだったけれど、踊る大野くんが見れたよ。
ここでも、ひたすら足を見てたような気がする。
私の大好きな振り。最後センターで前に出てきて、ターンしてのステップ。
そして、後ろに下がる前のステップ。集中して見ました。
今回は前に蹴り出すような動きだったような。すでにおぼろげ。
とにかくかっこよかった~。

A・RA・SHI
ラップを会場に振る翔さん。後方からめっちゃラップする声が聞こえて、皆さんすごい。
私、完全うろ覚えなんで…。
そして、大野くんのソロ!ところが、突然音程が怪しくなる大野くん。
こういうのって一旦音取れなくなっちゃうと、元に戻すのがなかなかね。
珍しくヒヤヒヤしながら、祈るような気持ちで大野くんの歌声聴きました。
でも、最後の方はだいぶ戻って来て、「for you」は美しかった。

Song for you
そして、来ました!Song for you。
冒頭のダンス。伸びやかでとても綺麗で、でも、やっぱりどうしても歌は大丈夫かな…と
心配になってしまう。でも、そんな心配は無用だった。完璧だった。
息継ぎのすっと息を吸う音さえも聞えてくるほどの静寂の中、大野くんの歌声が響き渡っていた。
もう心配させないでよ~。
顔つきも完全にスイッチ入った感じで、一体どんだけいろんな顔を見せてくれるの?
そして、3人で踊った後、大野くんが突然消える!
ちゃんと目で追ってたつもりなのに、一瞬でいなくなるの。
遠かったからよくわかんないけど、奈落に落ちていったんでしょうか…。

全然長さを感じることなく、特に「出会うべくして出会い」のフレーズが好きな私は、
来た!って思う。
そして、来るよ、来るよ、来たーっ!!大野くんの「優しく背中を押す~」
「ありがとう 君といたすべての季節に…」このあたりからうるうる。
「新しいノベルの真っ白なページに…」そうだよね、そうだよねと心の中でうなずく。
ずーーっとついていきます(^^)

2010年から嵐を応援し続けている私にとって、『5×10』という曲はやっぱり過去のもので。
いい歌だなぁと思い、当時の彼らに思いを馳せることはあっても、
やっぱり当時を知らないという事実は意外にも大きくて。
でも、『Song for you』にリアルタイムに出会って、
こうやって目の当たりにできるなんて、ありがたすぎる。
20周年とかを待たずに、今の想いをこうやって届けてくれたことがとても嬉しくて。
後でパンフレットを読んで、またありがとう…と思う(涙)

未完
横向きで全身をくねらせる動き(語彙力)がべらぼうに綺麗だったことだけは覚えてる。
一切手を抜かない滑らかで綺麗な動きに感動。
だんだん目が慣れて来たのか、メインでも双眼鏡無しでなんとなく大野くんを見分けられるようになる。
立ち方とかちょっとした手の動きとかがね、あっ大野くん…って思う。そんな時の幸福感(^^)

そして、途中やっぱり救急車!と思う。(えっ、私だけ?)
運転中に聴いてる時に、あれっ救急車、どこどこ?って思っちゃって、
それから気になってしょうがない。
「影を光に変え…」から「扉開いて」にかけて、救急車みたいな音がだんだん大きくなっていく。
(キーボード?)
そして、ドームでも救急車だ!と思った(^^;)

で、ここでいったん終了。しばし休憩。アンコール、アンコール。
(予習していたからわかるけど、してなかったら終了だとは思わないよな)
そしたら、松潤の「本日の公演は…」という悪ふざけに付き合わされる(笑)
まだまた帰んないよ!おばさんは休憩しないと、もたないのよ。

ワイルド・アット・ハート/サクラ咲ケ
このあたりは松潤と大野くん、トロッコで移動するのをひたすら目で追って。
なんでいつもよそばっかり見てるのよ…なんて思いながら、うちわを握りしめ、
あ~もう近くで見れるのは最後だなぁ…なんて思いながら、見てました。
(ちなみに今回のうちわは「ハムスター」。木曜の夜にこれだ!と思い、金曜の午前中に作りました。
VSのこの時の声が好きすぎて、特に「わかるかな」に悶絶)

彼方へ
メインステージの5人をスクリーンで見たり、生を見たり。
それぞれのソロの時、周りが盛り上げるパターン。
時折不安定だったニノソロもこの時は渾身の!って感じで、安定していてほっとした。
大野くんの歌声は伸びやかで包み込むように響いていた。

とりあえず終了。さぁ、一息つきますかと座ろうとしたら、すぐ5人出てくる。早っ。
さっきはあんなに焦らしておきながら、速攻出てくる5人。
そんなに早く帰りたいのか(^^;)

カンパイ・ソング
ただひたすら盛り上がって、ひたすらカンパイしてたよね。ペンライトの形の意味をここで知る。
この時だったかな、珍しく大野くんと櫻井くんが一緒に花道を歩いていて。
あ~、いいなぁ、もっと絡んで欲しいなぁなんて思いながら、遠くから見ていたのでした。
「終電ですね、そろそろ帰りますか」が若干投げやりで、「えーっ」っていう声がまさに本気で。
智のいけずー。永遠にここにいたい…って思うんだよ。
テープが落ちてきたのはいつだったかな?
とりあえず目の前には落ちてこなさそうだったので、大野くんガン見してました。
ピースしたりと、やっぱりファンサに余念がない智。

そして、幸せな時間は終わってしまった。
いつか終わるとはわかっていても、やっぱり寂しい。
でも、幸せな時間をありがとう~!

*untitledコン@福岡(12/8) その3*

序盤から怒涛の展開で、見とれたり、笑ったり、ドギマギしたり、忙しい。
そして、次は何かな…とワクワクして待っていたら、来たー!マリオネットダンス!!
さっきまで、オタクやヤマンバをやっていた人ですか?!
思いがけない展開にぶっ倒れそう。

一瞬にして空気が張り詰め、違う世界へと誘われる。
メインステージに一人。頭上高くから垂れ下がる糸に操られる様は、まさにマリオネット。
すごい!という情報は入ってたけど、想像の上の上の更に上を行くクオリティー。
今までも見る度にすごいを次々と更新してきたけど、この人のすごいは一体どこまで続くのか。
無限です。
さらっとやってのけてるけど、どんだけの筋力、身体能力、努力が詰まっているのか。
あー巻き戻して、死ぬほどリピートしたい!
すごすぎて、すごすぎて、早く映像化したのが見たーい!

そして、つなぐもかっこよかったなぁ。
マリオネットの衝撃がでかすぎて、よく覚えてないけど(^^;)。
『つなぐ』だったかなぁ。大野くんソロの前に歓声が引く瞬間があったんだよ。
その時にあっみんな待ってるんだ、みんな聴きたいんだと思って、嬉しくなった。

抱擁/お気に召すまま
踊ってたなぁという記憶はあるんだけど、詳細が…。
冒頭の智ソロを集中して聴いてた記憶はあるんだけど。

Bittersweet
よく覚えてない(^^;)

GUTS!
これはバックステージだったので、ひたすら足を見てたような。
そうそう、確かボーリングやってました。(ざっくり)

Doors
前半ラストの曲です…とかいう説明があって、あ~珍しい…と思った記憶が。
もうすぐ座れるよっていうことでしょうか(笑)
おばちゃん、これが終わったら座れるんだ…とほっとする(体力!)
これも最初のソロに集中。好きな「ら」を聞き逃さないように。

MC
UBやスクリーンの話の後、櫻井くんがFNSの話を振り、
えっ、昨日の今日でその話題?と私、勝手に身構える。
もやもやを吹き飛ばしに来たのに~。

そしたら、ミニオンからクリスマスプレゼントもらった話だと!
30代の男子が話す話題か!めっちゃ興味あるわ!
そしたら、大野さんが黄色いパーカー推しまくる。
みんなにもう着たか聞いている。(意欲的)
すでにおうちで愛用しているらしい。(黄色いほわほわ智を想像するだけで幸せ)
そんなにも大野さんを虜にするパーカー。私も欲しい!
帰ってから、思わず検索した。さすがにぽちっとしてないけど。
(アラフィフには厳しい)
しかも同じ楽屋だったニノが大野くんの病室エピソードを披露してくれて、ありがとうー。
そっかそっか、暇すぎて弁当2個食べたのか。よしよし。
こんなエピソードだけで、こんなにも幸せになれるのね。さとしー!

後は何話ったっけ?
グーパーでは相葉ちゃん一人になっちゃって。
(密かに大野くん一人になってくれ…と願ったけど、無理だった)
朝起きた時のエピソードが相葉ちゃんって感じで、
ものすごいおもしろいわけじゃないけど(おいおい)、なんか癒される(^^)

その後は、それぞれの宣伝。
でも、大野くんは『忍び』の応援上映には全然触れてくれないのね。ぐすん。
福岡でも応援上映やってたのに。(私は新幹線予約した後だったから、行けなかったけど)
でも、3日目にやっとニンニンの日に発売という話があったとな!
なんで、そのタイミング?1日目からやってくれや~!

映画何回も見に行ったんだよ!大好きな映画なんだよ!
おうちで見るのも楽しみにしてるんだよ!っていう気持ち、伝えたかった。
(拍手らいしか、手段はないけど)

まだ続く…。

*untitledコン@福岡(12/8) その2*

昨日は眠くないと言いながら、記事をアップしたら安心したのか、
その後2時間半もお昼寝してしまった。
そして、今日は頭痛。でも、薬飲んで、なんとか仕事乗り切ったよ。

さて、どんどん忘れていくので、他の方のレポなどを手掛かりに必死に思い出してます。
皆さん、よく覚えてるねぇ。私はえっそうだったっけ?てなことがいっぱい(^^;)
では、私の記憶の限りを~。

オープニングは去年がメイキング映像で、めっちゃテンション上がったけれど、
今回は抽象的なデザインでちょっと物足りない…。
でも、色が変わるごとやっぱり盛り上がちゃっう(^^)

Green Light 
何回見ても、この登場した時の高揚感はたまらん。やっと会えたよー。
しかし、メインステージだと、5人が識別不可能。大野くん、どこどこ状態。
とりあえず双眼鏡で確認。こんなことしてると、耳がお留守になっちゃうんだけど、
「ホンモノだけに…」の大好きなフレーズはしっかり堪能。
フォーメーションが変わる時も大野くんを目で追って、見失いように。
でも、ガッツリ踊ってる姿が見たいので、やっぱりモニター見ちゃうジレンマ。

I'll be there
ここで大画面に5人がドドーンと登場!
まさか、こんなに!?超でかいよー。めっちゃ見えるよー。ありがたいよー。
双眼鏡いらずだよー。ずっとこのままでいいくらいだよー。いやいや、やっぱり生も見ないと。
しかし、凝ったレイアウトだったりすると、ちょっと顔が切れちゃってたり、
大野くんが端の時、若干切れ気味だったりして、おーいってなる。
しかし、大画面の迫力。去年の席だったら絶対見えなかった景色。
今回、こっちの席でよかった。(真横の呪縛から逃れ、今回は斜めから(^^)

衣装は赤。それくらいしか記憶がなくて、すまん。
でも、大野くんのデザインがなんかおかしくなかった?
今年の衣装は評判がいいという印象だったので、あれ?って思った記憶が…。

風雲
これも踊ってたよね、確か。
そして、「いくぜ~~」の大野くんのうなりが聞けた!
で、ムービングでこっちにどんどん近づいてきた。

そして、Atack it!
おっ意外な選曲(セットリストで確認したはずなのに、すっかり忘れてた)
この曲、コンサートで聴くのはお初?よくわかんないけど…。
とりえあず端の方でわちゃわちゃしている大宮をガン見。
そして、恒例となった、大野くんの「でいっ!」にもしっかり参加。

Happiness
大トロッコで松潤と大野くんがこちらへ移動してくる。
えーっ、まさかの初っ端からこっち来るのかー!
そこんとこ予習無しで臨んだので、意表突かれる。
ファンサしてるよ。いつものごとく視線すら来ないけど、表情見えるし、
大野くーん!

UB
青のセーターを着たにのあい登場にテンション上がる。
(おそろって!青って!カジュアルって!)
歌詞がこの二人特有の幼馴染感と相まって、なんだかじーんと来てしまう。
間奏のダンスは、まさに知恵の輪って感じかも。こういうことかぁ、複雑に絡み合う二人。
言葉ではなかなか説明できないけど、とにかく見入ってしまった。
でやっぱり、大野くんがやったらどんなだろう?と思ってしまう、サトシックの性。
となると、相手はやっぱりニノか?身長的に。
相葉ちゃんとニノだと身長差あるので、時々おっ大丈夫かって思っちゃったんで(^^;)
そういえば、MCで翔さんも言ってたけど、二人の位置が前後になってるからそんなはずないのに、
このままチューって思ってしまうところがあるんだよね、向き的に(*^^*)

Come Back
にのあいとは対照的なクールな二人。でも、衣装は色違いのお揃。
私はついつい翔さんに目が行っちゃうんだけど、こういうのがとっても様になるお二人。

夜の影
松潤のお着替えタイムの間、何するのかと思ったら、
若者(ジュニアたち)に振りを教えてる設定?
もうその動きだけで、心もってかれる。かっこええー、智サン。
集中しなきゃと思いながらじっと見てたんだけど、ほぼ覚えてない。
とにかくクールでスマートで軽やかでかっこよくて、たまらんかった。
間奏は長めで、あ~智ワールドだぁって。
後半だったと思うけど、途中リズムの取り方が独特で、
あぁ大野くんの振り付けだなぁって思った瞬間あり。
確認したいから、早く映像化してくれ。

バズりNight
大野くん、早く着替えないと!と私が焦る。
そしたら、まさかのオタク設定なんだ。知らんかった。
とにかくオタク3人がめっちゃ楽しそうで、「御意、御意、御意」の振り付けとかめっちゃ好き。
しかも、「赤巻紙、青巻紙、黄巻紙」とか、そっかぁまさにメンバーカラーやんと今頃気づく。

そして、オタ芸に見入ってて、この光のどれが大野くんだろ?
うん?いやいや、今まさに変身中だろ。どんなヤマンバが飛び出すの?
と思ったら、キモイどころかめっちゃ可愛かった。あはっ。
他の二人はそれなりにキモイんだけど(失礼)、大野くんはひたすら可愛い。
しかも、足!私ったらもうただのエロおやじみたいになってますから(〃▽〃)
(もはやヘンタイか)

そして、終わったと思ったら、上着を脱いで肩出した智がエロ過ぎる。
女子なんだけど、男子。男子なんだけど、女子。
相葉ちゃん(だったか?)にいじられ、それはわき毛!とつっこむ智、好き。
歩いていく大野くんの後ろ姿だったかが、モニターに映し出されたんだけど、
エロくてぶっ倒れそう(〃▽〃)
そして、ふくよかにしてるとかいじられ、末っ子に胸触られる長男!
ぎゃーーー。もっとーー!!(ヘンタイが止まらない)
なんだろう、こんな格好なのに心もってかれてる私って。
おばちゃん、ご乱心。

序盤で、クール、オタク、ヤマンバと怒涛の展開で飛ばしてくる。楽しすぎる。
最初からこんな飛ばして大丈夫なの?他にどんな見せ場があるのと思っていたら、
早くも来た!!

続く…。

*untitledコン@福岡(12/8) その1*

昨日、untitledコン行ってきました!帰って来たのがAM1:30。
そしたら、キッチンに洗ってない弁当箱が!弁当箱くらい洗っとけや~!!
帰ってきて早々日常に戻される○| ̄|_
結局寝たのは3時前。で、朝から弁当作るのに6時起床。
家事や買い物を済ませ、お昼ご飯食べて、やっとパソコンの前へ。
でも、全然眠くないんですけど!まだアドレナリン出てるのかな。

さあさあ早くしないと、記憶がどんどんこぼれ落ちていく。急がなきゃ!
感想は…というと、よかったぁ~。めっちゃ堪能した~。
私的には(Popcorn以降だと)一番好みのアルバムだということもあるかもしれないけど、
見所、聴き所満載だった。
山場が次から次に来る感じで、気が抜けない(そもそも抜くな)
ユニットで盛り上がったと思ったら、大野くんのマリオネットダンスに圧倒され、
その後も踊る曲で盛り上がる。その後も新旧織り交ぜ、楽しませてくれる。
そして、Monster!!ってなって、Song for you、未完と続いて、ひとまず終了。
『彼方へ』でしっかり聞かせてくれて、最後『カンパイ』でどんちゃん騒ぎ。
ペンライト、なんであんな形なのか?と思ったら、そういうことだったのね

席は1塁側、バックステージを斜めから見る位置で、
全体を見渡せる席だというのも大きかったかもね。
(去年がメインステージを真横から見下ろす位置で、
メインステージの前の方に出てきてくれないと姿が見えないし、全体像がどうなってるのか、
さっぱりわからず、隅っこ感強めだった)

バックステージがせり上がると、高さは若干見下ろす程度だったかな。表情もなんとなくわかる。
トロッコで移動してくる時とか、めっちゃテンション上がるし。
相変わらずファンサはおろか、視線すら来ないのは毎度のことなんですけど(^^;)
大野くんのビジュアル、最高!

今回は特大のスクリーン(2500インチだっけ?)だったので、映像が圧巻。
『I'll be』で、5人が映し出された時の驚き。きゃー。でかい。めっちゃ見える!
ずっと見ていたいくらい。だって、メインだと豆粒みたいで、5人を識別するのがたいへん。

それから、今回はあまり予習し過ぎずに行ったのがよかったのかもしれない。
事前に座席もわからなかったので、位置とかも特に覚えたりせず。
大体の曲順とか、ポイントだけ抑えて、細かいことはあまり知らないまま。
だから、おーって驚けるのが単純に嬉しい。

でも、タワーの位置がちょっと不満ではあったけど。
私たちのところは、どちらのタワーを見るにも中途半端な位置で。
内側じゃなく、外側にあと2本立ててくれや!と思いました。
後はいろんな装飾や機材もあまりなく、見やすかったかな。
(けっこうそういうのが邪魔になったりすることがあるので)

そして、同一人物なのかと思うほどめまぐるしく変わる顔、表情にやられた!
めっちゃカッコいい大人な顔を見せてくれたかと思えば、オタクにやまんば。
『つなぐ』では圧倒されまくり、その後もジェットコースターのようにギャップの連続で、
楽しすぎた。
最後ほっぺテカテカの大野くんがめっちゃ可愛くて、お得感半端ない(*^^*)

歌声も冴えわたっていたね。途中ちょっと不安定な時もあって、心配になったりもしたけど、
次はまた安定した歌声で魅了してくれた。息継ぎの音も聞こえて、ドキドキした。

MCはね、5人でしゃべる時間が短いのー。
前は時間ももっと長くて、いろいろ話してくれて、楽しかったのになぁ。
宣伝はいいから(大体知ってるし(^^;)、もっと内輪ネタ、わちゃわちゃ話聞かせて欲しいよー。
忍びの話は一切してくれないし(ぐすん)。
せめて、グーパーで分かれる時、大野くん一人になってくれーと願ったけど、ダメだった。
でも、ニノが話してくれた楽屋の大野くんの話が貴重過ぎた。
楽屋が病室って!暇すぎて、弁当二つ食べるって!
そして、ミニオンのパーカーを気に入ってるって!!
エピソードに心こんなにもってかれるなんて!ニノ、ありがとう~。

そういえば、一人ずつの挨拶がなかったね。なんか寂しかったな。
(『untitled』の最後に決められた台詞をしゃべるだけで)
一人一人の言葉に会場が息をひそめて聴き入る。
時には笑ったり、会話しちゃったり、じーんとしたりする時間が好きだったのにな。

しかも、今回はダブルアンコールまであらかじめセッティングされているみたいで(^^;)。
ていうか、ダブル出てくるの早っ!疲労のおばちゃんすわる間もなく、始まった。
しかも、終了は20時40分くらいだったのかな?だんだん早くなっていってるような。
そんなに早く帰りたいんかい。お互い年とってきますからね(^^;)

お友達と一体いつまで行けるかな、足腰鍛えないとねなんて会話をしてましたが、
シルバーシートはできないのかな(笑)

とりあえず雑感でした。
詳しい感想はぼちぼち書いていきますが、記憶がどんどんこぼれ落ちて行って、
焦ってます。急げー。

*FNSのもやもや*

昨日のFNS。期待はしてなかったけどね…。
実は私、お風呂に入ってて、次女がもう嵐歌ったよって!
おいおい意外と早いじゃないか。
で、あわてて追っかけで見てみたんだけど、うん?なんじゃこりゃ。
櫻井くんの声がバリバリ聞こえるけど、大野くんの声は~?
で、ニノの声もよく聞こえる。

一体何が起きたんですか?!
確実にバランスおかしい。

期待はしてなかったけど、更にその下を来るとは、恐るべし、FNS。
選曲もね、ミニオンと一緒ということでお子様向け?
で、その後の2曲はクリスマスと関係がない曲という摩訶不思議。

でも、音量のバランスがおかしくなったのは『愛を叫べ』から。
出だし、櫻井くんの声がガツンときて、でも、その後ちょっと抑え気味にしてるから、
自分で調整しなきゃ?と思ったのか。そもそも大野くんの声が小さかったのか?
マイクのせいなのか?
ていうか、『ジングルベル』が始まった時、音小さくない?って思ったんだよなー。
「歌いまーす」って言ってた割には、なんか元気がないぞ!

そして、『I'll be there』はかぶせ…というやつなんですか。私にはよくわからないけど。
何とか無難にこなしてくれて一安心といきたいが、もやもやが治まらまない。

で、今日見返してみたら、「見えてくるはずさ」あたりから大野くんの動きがおかしいような。
で、「たどり着いた」の後の口の動きが明らかにおかしくて。何があったんだ?
あ~、もやもやが増幅する。

もうショックが大きくて、テンション下がりまくり。

しかも、他のジャニーズは個々でいろんなアーティストとコラボしたりするのに、
なぜか嵐だけは5人で。
5人で歌ってもいいけど、せめてそれぞれのソロパートがあってもいいんんじゃないかと。

あ~、でも、気持ち切り替えないと。
だって、明日は嵐に会えるから。
余計なこと考えずに純粋に楽しみたい!

*山愛*

最近はラグビーネタで忙しく、こちらの更新がおろそかに(^^;)
落ち着いたんで、戻ってきました。

さて、年末に向けて、歌う大野くんが見れますね~。ワクワク。
しかし、『Mステ』も『ベストアーティスト』も『つなぐ』を歌ってくれないという不思議。
次女もなんで歌わないの?と不思議がっていたが、私こそ聞きたい!

もしかして温存しているんですか?!
後で、ドカンとぶちかましてくれるんですか?!

さて、今回は歌の話でもダンスの話でもない。
ターンの美しさとかいろいろあるけれど、
そこらへんは他の方がいろいろ語ってくださってると思うので。

私が今回気になったのは、山のやり取り。歌よりリピってるかもしれない(^^;)
司会の感想を聞かれ、
「ちょとねぇ、あの…慣れちゃって来てるかもしれない」まさかの全国放送でダメだし!
しかし、この時の言い方が優しくて、声が柔らかめで、ツボ。若干オネエだけどな。
ダメ出しを優しさで中和したかったのか。
中和どころか、思わず爆笑。しかも、めっちゃ癒される。
「ああ、よくないね。それはね」速攻受け入れる翔さん。
「よくないと思う」畳みかける智。よほど気になってたんだな。
「いい意味じゃないの」の松潤の声さえ耳に入らないくらい、翔さんとガッツリ向き合う。
公衆の面前で(〃▽〃)
「9回目だからかし…かもしれない。一回目を思い出して」いたって本人は真剣なご様子。
思わず笑っちゃう翔さん。「ちょっと待って。なんでかしらとかそんな感じになってんの」
「えっ?」もうっ、可愛すぎるだろうが。「かしら」は言ってなくても、オネエはしっかり入ってますから。
「いいことじゃないの。番組に馴染んできたって」なんとか丸く収めようとするニノ。
「うーん」なんだ、この可愛い生物は!生け捕りにするぞ!
「いや、ちょっと一回目を忘れて欲しくない」そのくせ頑として譲らない智。ぶれないわー。
それだけ翔さんのことを真剣に考えてるのね。
「初心をね」若干オネエに引っ張られ気味の翔さん(^^;)
「初心を」通じ合うお山、フォーエバー。
「なるほど。慣れるのはよくないわ。そりゃ、確かに」かみしめる翔さん。

笑いは起きてたけど、本人はいたって真剣だったよね。
(だから尚更おもしろいっていうのもあるんだけど(^^;)
きっと彼の中で何か引っかかる部分があったんだろうなぁ。
長い間、近くで真剣に見て来たからこその言葉かな。
それをあんな顔であんな声で言われたら、受け止めるしかないわー。
ていうか、即座に受け入れる翔さん。長年培われた信頼関係があるからかな。
智くんの言うことだからっていう。(たまには「智くん」呼び聞かせてくださいな)
こんなこと言ってくれるのは、きっと大野くんぐらいしかいないんじゃないかな。
上に行けば行くほど、経験を積めば積むほど、
そういうことを言ってくれる人はそうそういないだろうし、嬉しかったのかもね。

ニノに話を振られ、
「どしっとした感じだよね。リーダーが言ってるように」
「慣れないでほしい」終始一貫する智。真顔やし。
そこはもういいんじゃないかと。確かにシビアです(^^;)

そして、その後は櫻葉でほのぼの。ひたすらラブ推しの相葉ちゃん(*^^*)
でも、7話は泣いたわー。みんな幸せを願っているのに、すれ違う想い、葛藤。
初めて櫻井くんのドラマを完走できそうです。(おいおい)

歌い終わって、「慣れないように気を付けてやっていきたいと思います」
力強くうなずく智。どうしても伝えたかったんだろうね。よかったね(^^)

そして、最後に山のツーショット。
「村尾さーん」と智の笑顔。最高!