FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年08月
ARCHIVE ≫ 2017年08月
      

≪ 前月 |  2017年08月  | 翌月 ≫

*『忍び』と『ヒストリア』と『外事』*

『歴史秘話ヒストリア』見ましたよ~。
『忍びの国』がなければ、絶対見なかったであろう番組。
元々歴史が苦手な私だけど、おもしろかった!
大野くんのおかげで、いろんな出会いがあるわ。(若冲とかもね)

和田先生、いろいろ勉強されたんだなぁと思った(えらそー)
その上で、自分なりのオリジナリティーを織り交ぜて、ワクワクやドキドキを増幅させ、
こんな私でもわかりやすく馴染みやすい作品を作り上げてくださった。
それを中村監督の演出で、生き生きとした魅力あふれる素敵な作品に仕上げてくださった。

ほんとこの作品に出会えてよかったと思う。
大野くんはじめ、あのキャストで形にしてくれて、ありがとう~!!
でも、もっと見たいけど、夜の上映ばかりで行けない…。どうにかしてくれ~。
(どさくさ紛れにお願い)

で、この番組を見ていて思ったのは、「忍び」ってまさに『外事警察』やん!
(これ、前にもちらっと思ったんだけど、今回確信した)

ちなみに『外事警察』というのは、NHKのドラマで、
渡部篤郎さん、尾野真千子さん、石田ゆり子さんらが出演された私のお気に入りドラマ。
映画もおもしろかった~。BDもサントラも買った。

この「外事警察」っていうのが、目的のためなら手段を選ばないって感じで、
渡部さんがほんと残酷すぎるくらいに徹底してる。
もちろん自分の職業も家族には秘密。

尾野さん演じる刑事が外事に配属され、
情報を得るために石田さん演じる訳あり主婦に近づくんだけれど、
その過程がまさにこの番組で説明されてた通りで、びっくり。
まさに「感情や欲望を利用して、心の中に忍び込む」っていう感じ。
尾野さんが徐々に変わっていく感じや石田さんの徐々にあらわになる感情にもゾクゾクしたな。

ほんとおもしろいので、見てほしい!(何の宣伝だ?)

でも、映画の無門はお国と出会った後なので、諜報活動とかはやってなかったみたいだけど、
それまでは、コミュニケーション能力を生かして情報を得ていたんだろうか…と思うと、
俄然見たくなる。
だって、社交的な無門見てみたい!
でも、あくまでも任務だから、相手に心を許させても自分の感情は絶対入れちゃいけない
という非情な世界。どんな思いで生き抜いてきたのか、見てみたいなぁ~。
そこで、お国に出会っちゃったんだもんね。

そして、映画で度々出てくる「虎狼の族」という言葉。
あらためて考えてみると、わかんなくなる。
織田軍の忍びの家族にまで刃を向けるというやり方。
時代が時代なのでしょうがないんだろうけど、どっちもどっちやんと思ったりもする。

結局、今の時代よりも生きること、つなぐことに必死だったんだよなあ。
「虎狼の族」と呼ばれた「忍び」も家族を守るために策を練って、最後まであきらめなかった。
生きるために貪欲で、
忍術という生きるための術を駆使し、
必死に生きてつないでいった。

そして、私は無門に出会えた!(着地点)
つないでくれて、ありがとう~\(^o^)/
スポンサーサイト