FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年08月
ARCHIVE ≫ 2017年08月
      

≪ 前月 |  2017年08月  | 翌月 ≫

*『忍び』雑誌を読み返してみて その1*

今日は、『忍び』関係の雑誌を読み返してみました。
全部じゃないけどね。(多過ぎて、なかなか…)
その中かから特に印象に残ったものを3つだけピックアップ。

『BARFOUT!』
そのまま(俺のそのままの状態)では絶対に成立しないと思っていたから、
普段の自分を意識しつつ、ちょっと「盛る」じゃないけど、
感情面を付けたしていく感じでしたね。

映画を見る前、「大野くんそのまま」というのを刷り込まれてたんで、
実際見た時、大野くんじゃないじゃんって思ったんだけど、そうか、そうだったのかと。
中村監督と大野くんで生み出した絶妙な塩梅が無門らしさを醸し出していたんだなぁと。
でも、回を重ねるごとに、大野くんだなと思えてくる不思議な感覚もあり。
いや、それは無門は絶対大野くんでなくちゃ!という確信かな。

『T』
(役になりきるということは)自分を普段と違うモードに入れるってことだから、
やっぱり大変ですよ。

大野くんの演技は、なりきるとか憑依というのとも何か違うような気がして、
私は「同化」という言い方をしてきたんだけれど、これに近いかな…と。

私が勝手に抱いているイメージだと、
監督の話を聞いたり、脚本を読み込んだり、人物について考えたりすることで、
自分の中にある何かとその役柄のつながる部分を見つけて、
そこへすっと自分をスライドさせるようなイメージ。
別人になるのではなく、「違うモードに入れる」っていうのが、私的にしっくりきて、
嬉しくなったのでした。

何の雑誌かな~(^^;)。中村監督のお話です。
多くの俳優は、ワンカット終わると、「大丈夫でしたか?」って聞いてきます。
それは褒められたいから(笑)「よかったですよ」と言われて安心したい心理です。
だけど、大野くんにはそれが一切ない。本当に丸ごと料理させてくれてるというか、
自分がどう見えてるかといった自意識を捨てて、素材として集中力だけ持っててくれる。


大野くんは、日頃から、評価とか気にならない…という人ですが、
こういうところにも表れてるんですね。
すごく頼もしくて、すごく嬉しい。
きっと本人はこういう評価さえもふーんって言いそうだけど、
こういったところもきちんと見て評価してくれる中村監督に全力でありがとうーー!!
と私は言いたい。

残りの雑誌もまた読み返したいな。じっくりと。
グラビアもそれぞれ素敵で、見とれてなかなか進まないんだけどね(*^^*)


さて、上映回数が徐々に減ってきて、一体いつまで無門殿にスクリーンで会えるのかな…と
寂しく思う今日この頃。

でも、いやいや地元に映画館があるし、そこで会えるかも…と期待していたのですが
(話題作が数カ月遅れで上映されることもあるので。ポニョも冬にやってたし(^^;)
問い合わせたところ、「できない」との回答でした。「しない」のではなく。

専門的なことはわかりませんが、その映画館では上映できない素材だそうで。
ネットでちょっと調べたところ、デジタル化の影響で、
特殊な機材でないと上映できない素材もあるそうで。
地方の小さな映画館だと、そういう機材も備えていないのでしょうね。

私は特に何も聞きませんでしたが、何となく口ぶりから
問い合わせはけっこう来ているのかな…という感じは受けました。

あ~残念だなぁ~。どうにかならないのかなぁ~。
素晴らしい大好きな作品なだけにもっとたくさんの人に見てほしかったのになぁ。
私ももっともーっと見たかったのにな。
こういうこともあるんですね(;_;)
スポンサーサイト



*『忍び』今度こそは応援*

昨日の『しやがれ』
内容はともかく(もう触れることすら面倒くさい)、大野くんのビジュアルに圧倒されました!!
映った瞬間、ハート撃ち抜かれ、心臓バクバク。
ひぇーっ!!色っぽーーい!!心の中で叫びました。
ヒロミさんとのツーショットも妙に男臭くて、この肩幅!このVネックの空き具合!すわり方!
何もかもが私好み!完璧!!

衣装や髪型で、印象がこんなに変わる人も珍しいよね。
等身大パネル欲しい。


さて、先日、旦那と一緒に参集してきました。

見終わっての第一声。寝なかった。
何だよ…と思われるかもしれませんが、日ごろから寝てしまうことがあるんで、
この評価は貴重かと(^^;)

そして、こういうの好き…だそうで。よっしゃー。
だから、何回も言っただろう。おもしろいって!!
ただ大野くんが出てるからという理由だけで、何回も見に行ったり、
わざわざ誘ったりしませんから!
作品として大好きなんだよ!

しかし、出てくる具体的な感想が。
石原さとみがちょい役、出番少ないって、意味不明なんですけど…。
(別にファンなわけではない)
お国がいてこそのストーリーやろ!感動やろ!
ふーんって。
その場に吹き矢あったら、完全にやってたわ。

他にも天然発言とかもあったんだけど(それは割愛)
最後まで、大野くんすごいねとか、かっこいいねとかいう言葉は聞かれませんでした。

なんでだろう。
映画自体はおもしろいとか、泣いたとか言ってくれても、
大野くん個人について言及してくれる人が私の周りにいない。
映画自体を褒めてくれるのは本当に嬉しいけど、私の聞きたい肝心の一言が
なかなか聞けないというフラストレーションに悩まされております。(贅沢かな)

私が大野推し過ぎるから、殺気でも感じて怖気づいてるんでしょうか(^^;)

なんだろう、このもやもや…。
私、一人空回りしてる感じがなんとも。
まぁ、日ごろから慣れているつもりではあったんだけど。
(そのあたりは、ネットで補給)

評価は気にならないという大野くんとは違い、邪心と欲にまみれた私は
大野くん、すごいね!かっこいいね!やるね!ただものじゃないね!と言ってほしい。

でも、そんなもやもやを吹き飛ばすイベントがやってまいります。
とうとう応援上映、決まりました!
なんと、この日あたりにやってくれるといいなぁと思っていた日にどんぴしゃ!!
ありがとう~。
『忍び』を好きな人たちが集まる空間は、さぞかし幸せな場所でしょう。
さーて、チケット、頑張ってとるぞー。