FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2016年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年11月
ARCHIVE ≫ 2016年11月
      

≪ 前月 |  2016年11月  | 翌月 ≫

*大野智voice その49*

なかなかブログの更新がままならず、とんとご無沙汰していて、すみません。
まぁ、理由はいろいろあれど…、
忙しいという言い訳。疲れやすく、すぐ寝てしまうという老化現象。
何が何でも書きたいというネタがないという本音もちょっとあったり(^^;)

でも、最大の要因は、パソコンが重い!!
それもそのはず。気がつけば、9年使ってましたからねぇ。
(今まで使ったパソコンの中で、一番ご長寿!)
もう~嫌がらせかよ!というくらい反応が鈍くて、、家族共々もう限界!ということで、
やっと買い換えました!。

で、少しずつデータを乗せ替えてるんですが、なかなかうまく行かずイライラしたり、
お手上げ状態になったり。(これが面倒で、買い換えを渋ってました)
でも、ストレスなく反応してくれるのがすこぶる気持ちいい~!!

ということで、まだやることは残ってるんですが、久々にブログ更新してみるかと。
(先日、お知らせはアップしておきましたが。まぁ、毎年恒例なんで)
では、パソコン買い換え記念第1発(何だ、それ)は、やっぱり「声」でいきますか。

まずは、『VS嵐2時間SP』クリフクライムでの翔さんとの会話。

「届かなかった」

ひゃ~!!!来た~!!!
本人は全く意識していないんでしょうが、
ふわっと包み込むような優しい響きが私のツボにドンピシャで!
久々のリピート天国に浸っておりました。

で、本題は、やっぱり歌声! 『Bad boy』ですよ。
いやぁ、私、何の予備知識もなく聴いたんで、度肝抜かれちゃいました。
おいおい、まさかの怒濤のラップ!
スキャットマンかと思いましたよ。(懐かしい~)

正直最初は、これ5人でよくね?何でよりによって智ソロ?
私はただ素の歌声が聴きたいだけなんですけど~!!
と若干怒っておりました。

でもね、何度も聴いてると、癖になる。やっぱりな~。
ついつい智ソロばっかり聴いちゃって、ほかの曲がおろそかになっちゃう。

で、Bad boyの魅力といったらやはり硬質なラップに時折差し込まれるメロディーラインの威力。
対照的な声の応酬。歌い方も違っていて、智voice七変化に振り回されます。

「計算通りさ」「思ってるのかい」

私は、大野くんの柔らかだったり、のびやかだったりする語尾が大好きなんですが、
でも、ここでは思いっきり硬質な語尾がまた新鮮。
と思っていたら、急に軽快な「Hi!」が!

「心を叩け」

「Knockin' Knockin' Knocking」からの緩急。(このノリも好き)
無機質な感じから、「心を叩け」で急に体温を感じる。
柔らかで深みのある声に、なんとも言えぬぬくもりがある。
「こ」の柔らかな入りでやられ、「を」のちょっと抜ける感じ。
そして、語尾の「け」には、包み込むような響きが感じられて、めっちゃツボです。

「Flavor」

「Only one」からの伸びやかな高音に聞き惚れいていたら、
「フレイ」の力強さから、「バ~」のふわっと抜ける感じに心奪われる。

「我こそDelight」とか「バチバチしたい」とか
「アイ」の韻がオラオラしていて、癖になる。

「心開け」「plyer」は「心叩け」や「Flabor」と微妙に歌い方を変えて、
ちょっと硬質な感じになってるけど、果たして本人は意識してるのか?

かすかに追いかけてくる「Don't think, feel」
いろんな声が聞こえてくるので、気が抜けない。

「Bring it, and on and on Show me what you want」

「and on and on」がめっちゃ かっこええ~。今度は全編英語でお願いしたい。
で、息継ぎがめっちゃ入ってるのがたまらん。

「everybody~」

「ディ」から「イー」への胸声から裏声への上がりが全く危なげなく、安定感がある。
さすが智。

「one」の応酬。
ちょっと鼻にかかった甘い声がたまらん。

他の曲も聞き込まないといけないんだけどね。
まぁ、ライブまではまだあるので、ゆっくりとね(^^)
スポンサーサイト