be with you 3104

2016年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年07月
ARCHIVE ≫ 2016年07月
      

≪ 前月 |  2016年07月  | 翌月 ≫

*『世界一難しい恋』で好きな話 結果発表+追記

7月6日
なかなか更新できずに、すみません。
ここ数日は、時間というより精神的に余裕がない状態で。
良かれと思ってやったことが裏目に出ちゃったり、
考えれば考えるほど泥沼にはまってしまったり。
近い内に何かいいきっかけがつかめれば…とは
思っていますが。
ということで、すみませんが、まだまだ更新できそうにありません。
また落ち着いたら、出てきますね^_^


6月30日
アンケートに投票していただき、ありがとうございました!

1番に30票、2番に16票、3番に18票、全部で64票いただきました。
でも、『死神くん』は404票だったんだよね(^^;)(→結果考察
もう少し集まるかと思いましたが、あの頃はブログもまめに更新していて、
アクセス数も今の数倍あったので、まぁしょうがないかぁ…。
もっと頻繁に更新します!と言いたいところですが、これがなかなか(^^;)

では、結果発表の前に、私はどれに投票したかというと…、

1番 最終話
キスはもちろん、みささんを説得する男前零さん、敬語で一喜一憂のお茶目な零さんと見所満載。
それに、タイトル前にキスを持ってくるという大胆かつ素敵な裏切り(*^^*)
そして、同棲までの葛藤、同棲してからの奮闘、そして歩み寄りという過程を
1話にぎゅっと詰めても、内容がおざなりになることなく丁寧に描かれていたから。

2番 5話
零さんがぐっと成長。
待つことが相手への思いやりだということを身をもって経験し、思わず出て来た言葉に号泣。
返事をひたすら待ち続け、社長室では美咲とも目を会わせず背中超しに語る零さんが
超切なかっただけに喜びもひとしお。

3番 6話
やっぱりいさなみ夫妻エピソードに尽きる。
浮かれる零さんを見てはニヤニヤ、窮地の零さんにヒヤヒヤ、
でも、正座の零さんはとても微笑ましく、あったかい気持ちになれたのでした。

では、結果発表です!

<1番に好きな話>
 20票…最終話  ダントツ!やっぱりな。
  4票…9話4話  告白と抱擁が仲良く2位。
  2票…6話     いさなみ夫妻。

<2番目に好きな話>
 6票…6話 いさなみ夫妻がダントツ!
 3票…最終話9話5話 キスと抱擁に、両思いの5話が入ってきた。
 1票…4話 

<3番目に好きな話>
 7票…9話  今度は抱擁がダントツ。
 3票…4話5話  
 2票…6話 
 1票…1話、2話、7話

残念ながら、3話と8話は0票。
8話は、フロントで猛アプローチする男前零さんが大好きだったんだけど、
拒まれ続ける零さんが切なかったね。

では、これを集計しますと…
<全体>
1位 最終話 66点(23票)
2位   9話 25点(14票)
3位   6話 20点(10票)
4位   4話 16点(7票)
5位   5話 9点(6票)
6位   1話、2話、7話(各1票)

4話と5話は票数では1票差なんですけど、点差が7点もひらいてるんですよね。
4話は1番に選んだ方がいますが、5話は1番には選ばれていないから

コメントも載せておきますね。

最終話
・チュ~可愛いかった。二度目の顔の向き配慮かな?
・立ち上がって近づくところで一瞬男の顔になるところ。
・ハッピーエンド!
・やはりセカムズ集大成!大満足の回でした。
・何度も見ている。いっ~ぱい内容を語りたい。
・台詞もシーンもキュンキュンがいっぱい。
・2つのキスシーンも含め、全てが大満足でした。
・キスシーンはもちろん、お泊り恋人繋ぎ最高!
・なんと言っても可愛いく素敵なチュー。

第9話
・きぐるみを被っていても気持ちが伝わってくる所。
・恐る恐る近づくところ!
・ゆるキャラの社長がかわいかったから!
・最後のハグがよかった~。
・健気な零さんにキュンキュン。

第6話
・いさなみすやおのくだりが観ていて癒されます。
・チョコンと正座しての謝罪会見が愛しかったよ~。
・いさなみ夫妻のところ。
・「いさなみ」先生は名作です。
・携帯を絡めての展開。

第4話
・村沖 メダカ。
・最後がいいですね。

第5話
・美咲ちゃんにOK してもらえたから!
・待つ社長、走る美咲。胸が詰まる。良かったね。涙
・9話かと悩みましたがこの5話があっての後半と。

第1話
・厳しい顔の智くんも新鮮でカッコ良かった。

まぁ、順当と言えば順当な結果かな。
次の記事では、ちょっとした考察もしてみたいと思います。

最終話の感想もまだ続きを書きたいんだけど、いつになることやら。
まぁ、こちらは気長にお待ち下さいませ。
スポンサーサイト