be with you 3104

2015年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年11月
ARCHIVE ≫ 2015年11月
      

≪ 前月 |  2015年11月  | 翌月 ≫

*アルバムJaponism*

なかなか更新できなくて、すみません…。
あ~、もっと時間が欲しいよ~。
とはいえ、仕事も家事もしながら、ブログをまめにアップされている方もいらっしゃるので、
私の要領が悪いのか、はたまたやる気の問題なのか。(根本!)

それに、最近へこむこともあって…。
原因は自分にあり。(要は、自分に甘い(ーー,)
それなのに、迷走したままなかなか浮上できず。
こんな自分が情けなーい。

でも、もうすぐ智会だからね。
元気出さなくちゃ!

さて、気が付けば、書きかけのまま1ヶ月も放置していたJaponismの感想。
やっとこさアップしたいと思います。(遅っ)

最初このアルバムを聴いた時、パソコンしながら流し聴きしてたんですが、
思わずタイトルを確認したのは、
『三日月』『イン・ザ・ルーム』『Japanesque』の3曲。
(『暁』は、事前にチェック済み)
タイプの違う3曲ですが、私のツボにドンピシャ。

そして、通常盤はレンタル。(ごめん…)
最初、『the Deep end』にやられ、聴き込む内に『僕らがつないでいく』にも聴き惚れる。

では、それぞれの感想をば!

『心の空』
まず、『ZIP』でいきなりMVに遭遇し、度肝抜かれる。
(ラグビーにうつつを抜かし、嵐情報のチェックが後手後手にまわる)
布袋さん出ててるし~!(ほんと、何も知らなくてごめん)
そして、踊る5人がかっこいい~!!特に大野さん(もちろん)!
しかし、歌詞がなぁ…。布袋さんに作ってもらったらよかったのに~と思ったら、
まさかの布袋さんやった!(『PRIDE』書いた人とは思えん・笑)
後から、タイトル知って、えっ???て思う。(何もかも後手後手ですまん)
でも、聴き込む内にだんだん癖になる曲(^^)

MVもかっこいいよね。とにかくダンスがいい!!
相変わらず美しい大野さんの振り。
間奏が大野さんの振りって!かっちょえ~!全編やったらよかったのに~。
でも、今回の振り付け全般的に好き。
特に大野さんセンターの日本舞踊のような振り。美しい~!!

メイキングは、何だろう、あの5人の並ばされた感(笑)
ああいうのも好きだけど、『ZERO-G』の何となく5人でしゃべってる感じが好き。
あの時の大野さんはちょっとオラオラ入ってて、ドキドキした(*^^*)
今回は、ニノカメラないんだぁ~。大好きなんだけどな。
翼第一案を再現する大野さんが綺麗過ぎる(*^^*)
そのまま採用して欲しかった~。

メイキングで、一人踊る大野さんの足の動きに釘付け。
軽やかで、ひっそりとしていて、猫みたい。
膝とつま先の向きが完璧。

『君への想い』
前奏で「和」が前面に出て来て、結婚式かと思う(^^;)
歌が始まったら、意外と普通で、肩すかし食らう。(おいおい)
でも、サクラップから「確かめ合い…」「坂道の…」のハモりへの流れが好きです。

『miyabi-night』
嵐の曲って、時々不思議だよねぇ~って思う。
何でここでアルファベット?とか、ここでカタカナ?とかね。
まぁでも、確かにmiyabi感満載で(和と歌謡曲の融合みたいな)、
あれっ関ジャニか?って思ったけど(笑)。(次女も同じ事、思ったらしい)
タリラリラ~とか耳に残るし、「二人の影法師…」とか畳みかける感じが好きです。

『三日月』
この曲は完全に一聴き惚れです。超好み!一番好きかもな。
しかも、大野くんも好き…と聴いて、小躍りしたくなる。

情景が自然と浮かんで来るような幻想的なメロディーが好きです。
ひんやりとした静寂の世界の中にぬくもりも感じられて、とても居心地が良いのです。
余計なこと考えずに、ずーっと浸っていたくなる。
しかーし、こんな美しい曲なのに、声を加工してるのが残念超!!
なんでだよ~!!

『Bolero!』
疾走感。そして、なぜにサンバ感?でも、ノリが良くて、いいと思います。
「つまずいても…」の大野さんの伸び伸びボイスもいいです。

『イン・ザ・ルーム』
これも一聴き惚れです(*^^*)
大野さんのセクシーボイス「見た~い」「近づきた~い」に腰抜けにされます。
中でも私の一押しボイスはここ!
「見え隠れしていたって~「て」のちょっとざらついた感じにゾクゾク。
これが聴きたくて、何度もリピート。
最後の「ウォーオーーイエー」が超気持ちいい。

『マスカレード』
ザ・ジャニーズという感じ。
「Shall we dance」って何だかこっぱずかしいしと思ってたら、
不意打ちの「もう」にやられる。智のマ行は危険!
「閉じ込めるの「よ」もたまらんし。

『伝えたいこと』
あ~、嵐だなぁ…っていう標準的?な曲。
実は、前向き感や元気になれよ的な歌がちょっと苦手だったりする私(^^;)
(ネガティブ人間なので、自分と歌との温度差に辛くなる時がある)
「一人で悩んで…」は、今の私にはストーレート過ぎて…。
でも、「ウォーイェーィエー」の伸び伸びボイスは、気持ちいい。

『Japonesque』
陰と陽で言ったら、断然「陰」な曲が好きな私。
ところが、この曲はツボった。リズム?ノリ?
踊りたくなる。(絶対踊らないけどな!)
「幕が開いていくよ~のビブラートがたまらん。

『Rolling days』
ごめーん。単純に楽曲としては、『暁』より好きなんです。ツボ過ぎて、困るんです。
極限というか刹那的というか、破滅的な覚悟が感じられてたまらんのです。
しかも、曲調も壮大で、ドラマティック。ツボ満載やし!
『suger and salt』もめっちゃツボだったし、
私と櫻井くんはやっぱり趣味が合うと思うわ、むふっ。
で、やっぱり…大野くんにも歌って欲しいと思う。(結局、そこ)

『暁』
お~っ、そう来たか~!!
アルバムのコンセプトど真ん中で、びっくりいたしました。意外だったな~。

大野くんの綺麗な歌声が響いて、素敵だな…とは思うけど、
不思議とこの曲だけをリピートするということはあまりないんです。
真っ直ぐな歌声。意識してなのか、声色や歌い方が一貫してる感じ。
おいおい、そんな声出すんかい?!みたいな
意外性やギャップがいつもほど感じられないからかな。

でも、ふと光が差し込むような歌声だったり、「も」の威力だったりと、
ツボもいろいろあるんですが。
毎度のことながら、ハモる声やコーラスがツボ。
もっと聴き込めば、いろんな発見があるかもしれませんね。

『僕らがつないでいく』
大野くんの力強く、真っ直ぐな歌声。『GIFT』を思い出すなぁ。
包容力満載で、安心します。
「追いかけても」の大野くんの高音が響いていて、たまらん。

『the Deep End』
これまたツボにはまった一曲。
「深く」の「か」の力強さが好き。
「siiker~ハハー「切り裂いてぇ~の語尾が対照的な感じで好き。
「涙の粒…」は、思わず頬ずりしたくなるようなまさに真珠のような歌声。
そして、「ア~~」の高音!

『Make a wish』
私的には、特に惹かれるものはないんだけれど、今からかな(おいおい)

『摩訶不思議』
これは、とにかく5人それぞれのラップが聴けたのが嬉しい。(曲の感想じゃないんかい)
こんなに個性が出ちゃうんだね(^^)

大野くん、明るめの声の表情豊かなラップ。
そして、リズムの刻み方は、かなり正確だと感じました。
「ぶんぶく茶がまが…」とか、惚れ惚れしちゃうし。

今回のアルバム、5人の歌声をいつもより優しく感じるのは、気のせいかな。
それぞれの個性がいい感じに響いて、しかも、馴染んでる感じがします。
スポンサーサイト

残念

あ〜、落ち込む〜。

久しぶりに出て来たと思ったら、
第一声がこんなんで、すみません。
愚痴って、いいっすか?

だって、セットリストに三日月が入ってないなんて!!!!!

ショックがデカすぎて、しばらく立ち直れそうにない。
一番好きな曲なのに…。
(声を加工してるのが、非常に残念ではあるけれど)

せっかくのNEWアルバム。
その年のツアーで披露してくれなかったら、
一生お目にかかれんやん!

negaiの苦い思い出がよみがえるわ。
ライブにも行けず、収録もされず、
めっちゃ落ち込んだ。

the Deep Endも好きなのに〜!

悔しいから、とにかく聴き倒してやる!


ていうか、コメントの返事がまだで、すみません。
必ずしますので、もうしばらくお待ちくださいませ。