be with you 3104

2015年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2015年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年02月
ARCHIVE ≫ 2015年02月
      

≪ 前月 |  2015年02月  | 翌月 ≫

*『Sakura』満開*

さぁ、時間がないので、急ぎ足で行きますよ~。
(残念ながら、今回は画像無しです…)

もしかして衣装は白で来るかな?と思ったけど、また黒だったね。
(白はNEWSだった(^^;)。増田くんデザイン、可愛いよね~。好きだなぁ)
嵐は黒にゴールドをあしらって、格好いい~!
でも、桜っぽさはなく、この曲はそういうコンセプトなのかな…?

「夜明け前」上体はしっかりと固定したまま、足をぐるっとまわす動きが好き。
なんだ、あの股関節!

「Open」なんて滑らかな手の動きなの!綺麗だ~。

「愛を」アップだよ、きゃ~!!麗しの斜め顔に見とれる~。

「生まれてく」の腰の動きがエロいんですけど(〃▽〃)

「探し続けて」あ~大野くんがぁと思ったら、ギリ映ったね。
綺麗に伸びた左足、今回も見れました(^^)

あれっ、何か振り付け違う…と思ったら、フルだった~!!すっかり油断しとった。
いやぁ、めっちゃ格好いいんですけど、間奏の振り付け!
高速ターンに軽やかな足さばきに惚れ惚れ~。(なぜかうるうる…)
あんなにめまぐるしいのに、きっちり足が上がってて、踵つけずに細かいステップで移動。
前回見た時は、伸びやかな手足の動きが印象的だったけど、ここの足さばきはたまらん!

しかも、きゃ~!!!智1人で踊ってる!!どんだけ格好いいの!!
きゃ~!!前に出て来た~と思ったら、かがんでしばし休憩(笑)

「つないで」で、一瞬だけ映る動きにキレがある!

「会えるはず」で、後ろセンターから足をクロスさせながら出て来る動きの美しさよ!
王子か~!
しかも、それだけじゃ終わらない。
ターンしながら、前センターに出て来たよ~!!!
こんなにいとも簡単に決まっちゃうのか!華麗すぎる!格好良すぎる~!!

「見つめて」のターンも高速で綺麗で、
「思い込めて」の伏し目がちの表情が麗しくて、
「たとえば」で、カメラの前を横切る智のヒップにとどめを刺される(〃▽〃)

「またどこかで」さりげなくターンしながら移動する感じが好き。

最後の2回転高速ターンがかっこええ~!と思ってリピートしてたら、
隣でもっと高速で回ってる人がいた(^^;)
松潤、1回目のターンは遅いんだけど、2回目は追いつけ追い越せとばかりの高速ターン。
思わず目が釘付けになる。

やっぱりフルだね~。
前回も良かったけど、全編通して見るともっといい。
今回は、桜の花びらも控えめで、カメラワークもけっこう見やすかったし(^^)
私の気持ちも満開です(*^^*)

ところで、途中でいきなり出現する桜の木。
次女と2人で、一体いつの間に?と巻き戻したりして確認するも、わからん。
松潤がアップになった一瞬の間に桜の木を移動してきたの?

あ~、まだまだリピートし足りないよ~。
でも、土日は次女の試合なので、月曜までおあずけかな。

では、おやすみなさーい(^^)
スポンサーサイト

*Sakuraつぶやき+追記*

ちょっとつぶやいていいですか…。
『Sakura』のメイキング、見たんだけどね。
なぜかナレーション入ってて、どうしたの?!と唖然としたよ。

「何、話してるんでしょうね~」というナレーションの声ははっきり聞こえるのに
ぼそぼそしゃべるメンバーの声が聞こえないという落胆。

メイキングで何話せばいいのか難しい…となぜか深刻なJ&ニノ。
は~~っ?て思ったよ。

何もいらないの、メイキングには…。
意図的なものとか、いいもの見せようとかいう意気込みとかね。

ただただ5人がそこにいて、ぼそぼそ話したり、おちゃらけたり、
中にはぼーっとしてる人がいたり(笑)、わちゃわちゃしてたり。
ただ笑い声が聞こえるだけでも、幸せなきもちになれるもん。

5人っていいなぁ~と思える空気が漂っていれば、
他に何もいらないんだよ~。メイキングには…。

だって、こんな何気ない2人を見ているだけで、胸がいっぱいになっちゃうのに。

2014_1006sakuramaking0001.jpg

*追記*
気持ちを新たに、また見直してみたら、いろいろとツボを発見。

*智スイッチ*

『ピカンチ』昨日届きました。
実は、個人的には特に思い入れもなく(おいおい)、ポイントが貯まってたから、
なーんとなく購入してみたのですが、メイキングがいい!
(本編は、途中に来客があったりして、まだちゃんと見てない←おいおーい)

私の一番のツボは、スタッフの女性から上着を受け取るところ。
そこばっかりリピート(〃▽〃)
スタッフさんが小柄な方なので、ついつい自分と重ね合わせてみたりして。(ひゃ~)
しかし、なんでこんなにときめくんかい!と思ったら、
身長差と、当たり前のように上着を受け取る流れと、上着を手にとる時の視線の外し方に
どうもやられてしまったらしい。
この「何気ない感じ」がまさにドストライク!

次に好きなのが、植え込みと戯れる智。出た、1人遊びの天才!
カメラマンさんに声を掛けられ、言い淀む智。
かといって、無理に何かおもしろいことを言おうとするのではなく、しばし沈黙。
この独特の空気がたまらんです。

しかし、あの体勢が「楽」だとは思えないんですけど…。けっこうきつい体勢だよ、あれは。
何か自分にピタッとくる感覚というかおもしろ感覚があったんでしょう。独特だよねぇ。
こんな1人遊びの中で、独特の感覚や筋力が鍛えられていくのかもしれないな~。

さて、『しやがれ』を見て、ふと感じたことを書いてたら、またまた長くなってしまったので、
以下畳みます。

*Sakura @ Mステ+追記*

Sakuraの振り付け、格好良かったね~。
早くこの気持ちをお伝えしたかったんだけど、
『ウロボロス』と『A-studio』を見てたら、遅くなってしまった…。

ということで、細かいツボはまた後で…ということで、ざざっと感想いっちゃいます。
(明日も時間がとれるかどうか、微妙なところなんだけどね~。
次女の試合もあるし、お昼には冷蔵庫が届くし。
HITACHIにしようかと思ったけど、金額的に折り合いがつかず。
冷蔵庫に貼ってある大野くんの誘惑についつい負けそうになったけど、
結局他社の展示品で手を打ち(^^;)、カタログだけお持ち帰り~)

あ~、そうそう無駄話してる場合じゃなかったわ。
明日も早いんだから、さっさと書かないと!

まず、黒の衣装が素敵で目がハート(*^^*)
登場の時、カメラに目を向ける大野さん。
きゃ~!!っと思ったら、すぐ切り替わっちゃったけど…(^^;)
でも、一瞬でも目が合って、嬉しい~!

ダンスは、格好良かったね~。
手足の動きが伸びやかで、いつもにも増して長く感じられたよ。
それに衣装やセットが黒いから、手の動きが鮮明で、
綺麗な軌跡を描いているのもよくわかった。
ターンも相変わらずスピーディーなのにぶれないし。

手の動きが特徴的だったり(カメハメハかと思った(^^;)
ステップが単調だったりしたとこがあって、あれっ?って思うこともあったけど。あはっ。

しかし、最後の桜吹雪。
テレビに向かって叫んだよ。見えーーーん!!!
いやいや、さぶちゃんじゃないかんだから(笑)
ていうか、歌舞伎ってあんなに降らすのか?
あんな吹雪の中で踊って危なくないのか?といらぬ心配までしてしまうよ。

そう言えば、私未だに歌のタイトルがなぜ「サクラ」なのかを理解してないんですけど(^^;)

そして、最後のカメラ目線(〃▽〃)
紙吹雪を手にとり、キメ顔。後で見返したら、カメラが来るのわかってて拾ってたね。
もう定番だね~。いつか特集して欲しいなぁ~。

そう言えば、来週も出るんだって?
私、全然気づかなくて、次女が教えてくれた(^^;)
えっ、何歌うの?

CMはねぇ…。期待が大きすぎたか。ここでは多くを語るまい…。
でも、大野くんの表情とかはね、好きだったんだけど。
またリピートしたら、新たな発見があるかな。

では、もう寝ます。おやすみなさーい(^^)

追記しました!
   ↓

*脳と智*

VSの大野くん、今日も強気だったねぇ~。何かあったのかしら(笑)

さて、今日は書きかけだった記事を仕上げてアップしちゃいます。
先日、TBSで放送されたSP番組で、脳や心のお話があったんだけど、
その中でおっ!!と思うことがあって…。

それは「脳の省エネ化」

番組の内容を私なりにまとめてみると…。

技を習得する際、脳は覚え始めはフル回転しているけれど、
反復作業を繰り返すことで徐々にパターン化していきます。
そうすると、処理する際の細かい分析がいらなくなり、
最終的には、一番最適な脳の神経回路が作られ、
脳の働きが効率化されるということ。
すなわち、訓練を積み重ねることで、
脳の極めて少ない部分だけを効率よく使えるようになるんです。

こうやって脳を効率よく使えるようになることを「脳の省エネ化」というらしい。
こんなんで、わかりますか(^^;)?

例えば、番組では英会話を例に挙げていたけれど。
英語をしゃべれる人は脳のほんの一部しか使っていないのに、
しゃべれない人は脳をいっぱい使っている。

確かにそうだよね~。
日本語は、いちいち考えて話さないもん。
でも、英語だと、文法だとか単語だとか、いろんな回路を使って話さないといけない。
そうすると、脳のいろんな部分を使わなければならなくなり、かなり非効率的。

それはいろんな分野にも言えることで、アスリートもそうらしく、
プロフェッショナルや極めた人というのは、脳を活性化するというより効率化することに
たどり着いた人で、脳の中にきちんと道筋ができているとのこと。

そして、その「脳の省エネ化」が行われるようになるためには、
2200時間、とにかく楽しく取り組まなければいけないとのこと。
単純計算だと、毎日3時間で2年掛かるらしい。果てしない~。
結局、極めるのに近道はないんです。


で、この話を聞いた時に、あ~、これってまさに大野くんのことじゃん!と思った。
あのダンスはそういうことだったんだ…と。
以前、言葉にしようとしたことが(アスリート智参照)、明確になったようで嬉しい。

大野くんのダンスを見る度に、努力の賜物だよなぁと思っていたんだけど、
そういうことだったんだね…。
2200時間なんていう時間も、軽くクリアしてるでしょ。
どんだけ努力したんだろうなぁ。

大野くんの脳の中では、完全に省エネ化が行われてるはず。
レッスンにレッスンを重ねて、技を習得し、脳の省エネ化が行われ、体にたたきこまれている。
例えば、どういう体勢が一番美しく見えるか、
こういう時はどういう体の動かし方をすればいいのかとか、
脳と体に刻み込まれてるから、考えなくてもすぐに体現できるんだと思う。
だから、覚えるのも早いんだね。

しかし、そこまでの道のりは果てしないよなぁ~。
私には想像もつかないし、決して体験できることではないけれど…。
大野くんのダンスを見ていると、ものすごくしっくりきて、とても心地良く感じるのはなぜだろう。
自分も一緒に体感してるような気になっちゃうんだよね。
『婦人公論』で茂木さんが言ってたミラーニューロンって、もしかしてこれか?
なーんていうこともを考えたりしたのでした。

さーて、明日はいよいよMステだね~。
そうそう、CMも流れるね。
楽しみだな~。

*ツボいろいろ*

昨日のトランポリンの記事にたくさんの拍手をありがとうございます!
格好良かったもんね~(*^^*)

で、他にもツボがちょこちょこあったので、挙げちゃいます。

・立ち姿が好き過ぎる件。これまた衣装がいいよねぇ~(*^^*)
 この足のそり方がたまらない。細いんだけど、実は筋肉質な足。

2014_0927しやがれ0001

「ミスチル…じゃない」 「正解、正解」←おいおい。
 翔さんが智には激甘過ぎる件(〃▽〃)

・「あったかいんだから~」がめっちゃ楽しそうだった件。
 一生懸命、隣のクマムシさん見ながらやってる姿が健気でかわいい。
 アイスをすくう仕草がフライングな大野さん。なんでこんなに可愛いんだ~。
 あ~、歌声聴きたかった~!!

「ないし、マジ困るし、勝手に」の声が好き過ぎる件。
 ちょっと鼻にかかって、かすれ気味なのがたまらんし。
 もっと困らせてみたーい。

・ニノとニカちゃんの共通点で山が天然過ぎる件。
 「星座が一緒」 ブッブー。
 「誕生日」 おいおい、星座が違うのに、誕生日って何だよ。
 「動物占い」 翔さん、あんたもか~っ。

・ステーキ、ちょっとしか食べてなかったね。
 お腹すいてなかったのかな~?

・すわる姿もかっこよくて…。腕が長いよ~。

2014_0927しやがれ0002

・ついでに撮ってみた。日産智。
 綺麗な曲線を描く立ち姿。

2014_0927しやがれ0005

・スカジャン智がべらぼうに似合っていた。ニカちゃん、ありがとう~。
 途中ニノがしゃべってる横で、モニター見てたのかなぁ、この人。
 鏡を見ながらやるような感じで、ポーズをとるような仕草をしたんだよ。
 へ~っ、大野さんもこんなことするのね~とびっくり。
 スカジャンが気に入ったのかな~。

2014_0927しやがれ0007

・センターで主役みたいに立ってる大野くんの立ち姿がやっぱり絵になる件。

2014_0927しやがれ0008

・ふと目に入ったツーショット。
 美少女ニカちゃんの後ろでも遜色ない智!
 共演してくれないかな~。

2014_0927しやがれ0010

来週も運動系らしいので楽しみだけど、予告では特に見所無し。
あんまり期待しない方がいいのか…。
でも、油断大敵。
またやられちゃうかも~!

*トランポリンしやがれ*

昨日のアクセス数がいつもよりも多くて、びっくり!
もしかして、トランポリンの感想待ってました…?

実は、次女のお菓子作りに付き合わされたり(友チョコめんどくさ~い)
旦那もいたので、ゆっくり『しやがれ』をリピすることもできず、
悶々としておりました…。

では、お待ちかね?の『しやがれ』の感想、とっとといっちゃいますね!

「あったかいんだから♪」とか、黒の衣装もスカジャンもべらぼうにお似合いだったこととか、
いろいろツボはあるけれど、やっぱり今回はトランポリ~ン!

相葉ちゃんは、持ち前の運動神経の良さで、難なくこなしていき、
翔さんは、若干バランス感覚に問題ありながらも(^^;)、
見たことのない景色をやっと見れたようで、よかった(^^)v
そして、何やってもおもしろくなっちゃう松潤が楽しくて~。
デビューの頃お笑い担当だったというのは、あながち間違ってなかったのか(笑)

そんなこんなで、楽しすぎたトランポリ~ン。

で、大野さんはまず、仰向けの状態から背中で跳ぶ技。
最初どうかな…と思ったら、あっという間に習得する大野さん。
しかも、すっくと立ち上がり、どや顔で余裕の大野さん。

いやいや、びっくり!!
軽くこなしちゃうから簡単そうに見えちゃうかもしれないけど、
見るのとやるのは大違いだと思うんだよね、こういうのって。
だって、たいていは最初は松潤みたいになっちゃって(^^;)、
それから少しずつコツを掴んでいくと思うんだけど。
でも、すぐに体現できちゃうのがすごーい!!

そして、次は宙返り。
綺麗に一回転する相葉ちゃん、さすがです。
で、一方大野さんは、高さが足りないのか背中から着地(^^;)。
あれっと思ったら、そこからが大野くんの真骨頂。
なぜか横回転で体勢立て直し、再度チャレンジ(実は負けず嫌い?)
しかも、フードまでかぶっちゃうというおまけつき(やっぱり持ってる?)
そして、3回目にしてお尻から着地。
まだまだ行けるぞ~と思ったら、満足したのか終了。(もっと見たかった~)
そして、どや顔パート2。
まだまだこの時点では、余裕な感じの大野さん。

そして、いよいよお待ちかねのウォールラン!

最初うまくいかなかった相葉ちゃん。
ところが、なぜか壁ドンを提案された途端、何かしらのスイッチが入ってしまう。
「俺のこと、好きなんだろ」 
きゃ~!!爆笑&見てるこっちが恥ずかしい~!!
ところが、これで何かを掴んだのか、どんどん上達する相葉ちゃん。
おいおい大野くんの見せ場は?と心配になるくらいだったよ(^^;)

そして、いよいよ真打ち登場!
ところが、今までの大野くんとは明らかに表情が違います。
集中して、何か考えている様子。脳内でイメージしているのかな。
そして、「いや、これがいいな」
もう頭の中でイメージが出来上がったのかな?
つぶやくような感じなんだけど、きっぱりとした意志を感じるよね。
こういうのに男を感じる!!

そしたら、なんといきなり一発目からできたよ~。
中田さんもびっくり~!!私もびっくり~!!!
余計な力を使わずとても軽くて、まるで足が壁に吸い寄せられるよう。
しかも、上体も水平に上がって、フォームも綺麗。
足音立てずに3歩目まで行ってるし。

こんなことって、あるんですね。
まさか一発目であの出来だとは、思ってませんでした。
おそるべし、智~!!!

そして、「できた…」とつぶやく智。
あんなすごいことやってのけたのに、さっきまでとは打って変わって、
一切どや顔無しのほんわか大野さんになってる!
おいおい、どや顔パート3はどこ行った(笑)?
本当に嬉しくてびっくりしちゃうと、素になっちゃうんだね(^^;)

そして、とっととトランポリンから降りちゃうのが大野さんらしい。
まだまだだよ~大野さーんと思ったら、
「上っていくのは難しいんだ」「もう一回できる?」と積極的に話しかける末っ子チーム。
大野さんは考えてる様子で、口ごもる。
何か思いを巡らせてる感じの大野さんが男前!
実際やってみた人ならではの感覚とかがあるんだろうけど、なかなか言葉にできないのかな。

「もう、つらい?」「いや、なんかね」でもう一度上がる大野さん。
口では説明できない何かを伝えたい?

「上がれる?」 「いやあ、上がれるのかな」
きっとやった人にしかわからない感覚的なものがあって、
脳の中で、自分のイメージしたものと体感したものをすりあわせてるのかな。

そこで、「けっこういけそうだった、ほんとに」「3歩目は蹴ればいいってことですよね」
とにかく大野くんが出来るように後押しする末っ子チーム。
長男をいじる時にぐいぐい前に出て来るイメージが強い2人だけど(失礼)、
こういう時もサポートしようという姿勢が前面に出てくるんだね。

合間に相葉ちゃんも言葉かけをして、翔さんはこういう時も黙って見守ってる。
なんかこの状況に新鮮に驚いちゃったな。

「ヒザより胸の位置を高く」「高く」噛みしめる智。
「腹筋で起こしていきます」
なるほど~。ついつい脚力の方にばかり目が行きがちだけど、腹筋なんだね~。

最初よりも少し動きがダイナミックになって、軽くトントンしながらも、
右腕に上がろうとする意志が表れていて、惚れ惚れする(*^^*)
あ~ん、その右腕で壁ドンして欲しい~(〃▽〃)(視点が完全に間違ってます)
1回目は歓声がすごかったんだけど、
2回目はみんな見入っちゃってて、大野くんの息づかいが聞こえるよ。いや~ん。

「いや~っ」 今まではさっさと立ち上がって余裕だったのに、起き上がれない大野くん。
かなり体力を消耗したらしく、「ダメです」がかわええ~。

いやぁ、よく頑張ったよね。すごいよね。
ダンスの時も、バランス感覚や体幹とかをきっちり維持していて、相当筋力使ってるし、
ただ者じゃないよな~とは思っていたけれど、これほどとはね。
もうね、格好良すぎて、リピが止まりませーん。

*追加*
画像を横にしても、普通に走ってるようにしか見えない。
壁ドンして欲しいのは、この右腕です(*^^*)

2014_0927しやがれ0009

*ドキッ*

只今、絶賛過去嵐旅真っ直中な私(^^;)
ツボを挙げれば、きりがないんだけど、
今日は、ウッチャンゲストの『しやがれ』を見ていたら、なかなか前に進めず。

ウッチャンの突拍子もない面白すぎる演技指導(^^;)
なのに、大野さんの所作やポーズがいちいちダンスのように綺麗過ぎる件に
心を奪われつつ、実は、それ以外(他のメンバーが演技指導されている時)も
大野さんの立ち姿が異様に格好良い件に今頃気づき、
一時停止したり、コマ送りしたりで、一向に前に進まない。

なんで立ち姿だけで、こんなに心つかまれるんだろう…。
一つ一つの動作がもはやダンサーなんだよね。
しかも、あんなハチャメチャな演出なのに(笑)、
ちょっとした表情や言葉がものすごく真剣で、見とれちゃう(*^^*)

特に、釣りで肩をやっちゃった指導をされる直前の大野さん、べらぼうに格好いいです。
(私のお気に入り(*^^*)
そして、右隅にちょっとだけ映り込む大野さんの横顔が超真剣で超男前です。
(探してみて!)

リハーサルの時の大野さんは、あんな感じなのかな。
ずーーっと見てられるよ…。


さて、昨日のVSの大野さん。
何らかのスイッチが入ってたよね(笑)

ボーリングの時もキッキングの時も珍しく、俺は今日はこれで行く!な感じが前面に出てて、
声も張ってて、何かあったんか、この人…と思う(笑)
兄貴感が出てて、惚れ惚れする!

で、ボーリングでやっちゃった時、潔く謝っちゃうかと思えば、
「頑張れよ」とか「良い仕事したね」とか上からな感じが男前で楽しそうで、調子良さそう。
(結果は伴わないけど(^^;)
でも、ジャングルの時は、あきらめずに探し当てる大野さんが素敵でした(*^^*)
そして、そばから出て来る大野さんにびっくりする翔さんも(^^)

最後のターゲットは、みんなに注目されすぎて、Pに当てちゃったけど…。
あれって、缶の根元すれすれをねらう作戦だったのかなぁ~。

それにしても、今の髪型、爽やかで可愛いよね~。
もみあげがたまらんよね。
首筋から爽やかな色気がだだ漏れで、ついついどうにかしたくなる(〃▽〃)。

そうそう!
私、最初は夕飯の支度をしてて見れなかったんだけど、
テレビつけたら、ジャングルビンゴが始まるところで。
伊藤さんから質問されて答える大野さんにドキッとして、思わず声が出そうになった(〃▽〃)
その時はなぜかわからなかったんだけど、今日あらためて見たら、
一瞬カメラ目線になってるんだね。
だから、ドキッとしたんだ。

あんな目で見つめられたら、いかんわな。
危険過ぎる(〃▽〃)

そう言えば、『Sakura』はやっぱり踊ってなかったねぇ~。
予想はしていたけど、がっかり感が大きい…。
凝ったセットとかCGとかいいですから、
『ZERO-G』みたいにダンスを定点で撮ってくれるだけでいいんだけどね(^^;)。
でもね、やっぱり立ち姿が絵になる!
さて、後はメイキングのわちゃわちゃに望みをつなごう!

さて、明日はいよいよトランポリンか~。
楽しみだな!

*大野智voice その48*

日産のCM見て、旦那が「大野くんの姿勢がいい」とまた言う。
(実は、大野くんに注目してない?!)
「そうやろ、そうやろ!」やっぱり興奮する私(〃▽〃)
(大野くんが褒められると、自分のこと以上に嬉しい)
このCM見る度に一時停止したい衝動に駆られる。
ていうかこのCM、年明けからずっと流れてますけど、ずっと思ってたんだろうか。
そこは聞けず(^^;)
ついでに今度の『しやがれ』のトランポリンの大野くんはすごいと宣伝しておいた(^^)v


さて、久しぶりに『DIGITALIAN』を聴いたら、
やっぱり『Imaging Crazy』のリピートが止まらず。
そして、次にリピートが止まらなくなったのが『Take Off!!!!!』

…の前に。
私、音楽とか声楽についてはずぶの素人なんですけど、
以下、いわゆる地声というか普通に出す声を「胸声」、裏声を「ファルセット」という表現を
使わせてもらいます。
(ファルセットは「頭声」ともいうらしく、発声方法で分かれるらしいですね)

普通に出す歌声について「地声」という表現を使ってもいいんだけど、
それだとしっくり来ないというか。
大野くんの場合、しゃべる時の声を「地声」とすると、歌う時の声は明らかに違う声だし。
(しゃべる時も役が入ったりナレーションをやったりする時は、
声というか発声の仕方が明らかに違うような気がするけどね)
とりあえず、「ファルセット」と区別する上で「胸声」という表現を使うことにしました。

では、『Take Off!!!!!』
終盤の翔さんの「And you!」に続く大野さんの「And you~~~」が好き過ぎて、
延々リピート!

甘く少年っぽい「And」にまずハートをわしづかみされ、
(特に初っぱなの「エン」の響き方がツボ過ぎる)
そこから高音へ一気に上がり、解き放たれる「you」に聞き惚れます。
空間に響き渡る光景が目に浮かぶよう。
胸声からファルセットへ切り替わる瞬間が快感過ぎて、リピートが止まりません!


そう言えば、『Popcorn』でも似たような快感を得た気がするなぁ~と。
そこで聴いてみたら、案の定『Up to you』でした。
こっちはファルセットから胸声へと下がる歌声。

「Song for yeah」「yeah」の部分なんですけど、私の聞こえた通りに表現するとこんな感じ。
「イェーーーアーーーイェーーーッ」

「イェーーーアーーー」のファルセットは「アー」で更に上がって行って、
どこまでも遠くに行ってしまいそうな切ない感覚から
「イェーーーッ」で勢いのある胸声に切り替わる瞬間がたまりません。


他に思い出したのが、『まだ見ぬ世界へ』「あの日から」
ふわっと突き抜ける大野くんのファルセットの「ら~」が好き過ぎます。
柔らかで軽やかで、そして切なくて、ファルセットだけで泣きそうになるよね。

他にも探してみたら、いっぱいありそうだけどね。
今日はこのへんで(^^)

*予告しやがれ*

しやがれの予告に釘付けの巻。
あれっ、本編の見所何かあったっけ?(失礼極まりない)
実は、途中睡魔に襲われて、寝てしまった…。

今日あらためて見てみたら、予告が~!!!
リピートの嵐!!

まず、二階堂ふみちゃんがゲストと聞いて、テンション上がる。
『woman』で、不思議な存在感、演技力におお~っ!!と思って、
『問題のあるレストラン』ではまた全然違うキャラで、おもしろい女優さんだな~と。

そして、トランポリンに挑戦と出て、めっちゃテンション上がる~!!
絶対、大野くんこういうの得意でしょ!!見せ場が絶対あるでしょ!!と思ったら、
早くも予告で出た!!

2014_0919予告0001

壁を走る智!
なんなんだ、この身体能力。
重力なんか関係ないやん。
奇跡なんかじゃなかし。実力やし。
この画像、90度横にしても全然わからんやん。
あ~、楽しみ過ぎる~!!

そしたら、ええっ、くまむしがゲストですと!!
内心出て欲しいなぁと思っていたんだけど、早くも出た!
最初聴いた時に、あのビジュアルと歌声のギャップにびっくりしたもんさ。

2014_0919予告0002

めっちゃ楽しそうな智サン。
出来れば、みんな一緒のパターンだけじゃなく、大野くんソロパターンも聴きたい!!

*『好きなアルバム』ちょこっと考察*

好きなアルバムアンケートの結果を基にちょこっと考察してみました。

まず年代別に見てみると、こんな感じ。
0期 1票
 ARASHI NO.1 嵐は嵐を呼ぶ(2001)
Ⅰ期 22票(7.3)
 HERE WE GO!(2002)
 How's it going? (2003)11
 いざッ、Now(2004)10
Ⅱ期 53票(17.6)
 One(2005)15
 ARASHIC(2006)
 Time(2007)38
Ⅲ期 48票(16)
 Dream"A"live (2008)
 君と僕の見ている風景(2010)29
 Beautiful World(2011)11
Ⅳ期 33票(11)
 Popcorn(2012)
 LOVE(2013)19
 THE DIGITALIAN(2014)10
※( )は1枚あたりの平均投票数です。

Ⅱ期Ⅲ期に票が集中していて、Ⅳ期が意外と伸びていないという現実。
とか言ってる私もあんまりⅣ期のアルバムは聴かないんだけど…(^^;)
ついつい過去のアルバムばかり聴いてしまうんだよなぁ~。
これは私の好みに寄るところも大きいんとは思うんだけど…。

そこで、ふと売上ってどうなってるんだろう…と思って、調べてみた。
以下長くなるので、畳みます。

*ほくろ!*

あ~~、最近ぐうたらしてます。こんなんじゃダメ人間になっちゃう…。
内職の仕事がパタッとなくなり、空いた時間をついつい大野くんに捧げる日々。
暇さえあれば、ずーっとライブDVDとか過去の番組とか観てる。
アンケートの考察も書きかけのまま、なかなかまとまらず…。
あ~、何とかしないとなぁ~。

で、昨日のVSなんですけど、またもや胸元に大注目!!
あの襟ぐりの開き加減が何とも(〃▽〃)

バウンドホッケーとか、前かがみだからやばいよね。
ついつい胸元に目がいっちゃうよね(*^^*)
家族の手前、平静を装うのに必死だったわ。

そんな中、翔さんに冷静になるように注意する大野さんの胸元!
ほくろが見えてる!!
あ~、久しぶりに見たわ(*^^*)

2014_0917VS0001.jpg

それだけ言いたくて、ついつい出て来ました(あはっ)

今日は『ウロボロス』だねぇ。
嵐が主題歌なのはいいけど、最近のドラマはタイトルバックがないから寂しいよね…。

数年前までは、オープニングのタイトルバックと主題歌が流れるのが当たり前で、
ドキドキ高まる期待感にワクワクしていたものだけれど…。
(最近は、タイトルバック流れてもエンディングとかだもんね)
それぞれのドラマの個性が出ていて、好きだったんだけどなぁ~。

*東山先輩しやがれ*

えーっと、アンケートの考察もするとか言いながら(たいした内容じゃないんだけど)、
先に他の記事挙げちゃっていいですか(^^;)
今更感いっぱいですが、どうしても感想を残しておきたくて…。

それは、『しやがれ』東山先輩の回です!!

実は、この回なぜか録画失敗しまして…。
うちのデッキ、『学校のカイダン』はちゃんと録画しておきながら、
なぜか『しやがれ』を30分遅れで録画していたという。
デッキの大バカ野郎~~!!

でも、お智達のお陰でやっと観ることができました。
ありがとう~!!

実は、内容の濃そうな回だったので、あえて他のブロガーさんの感想も読まずに我慢してました。
そしたら、予想以上の内容にリピートが止まらなくなった!

メンバーそれぞれの話もおもしろかったんだけど、
大野さんのエピソードトークの面白さに度肝を抜かれました。(そこか!)

視点がおもしろいし、記憶力もいい。
超目上の人ですけど、そこ暴露する?みたいな感じとかが
ツボでツボで、大爆笑。

しかも、言葉足らずを大幅にカバーする身振り手振り。
どんだけ饒舌なの!
再現するのが上手すぎて、めっちゃ伝わってくるんですけど~。
その場にいるのか…と思うくらい臨場感いっぱいなんですけど~。
それに、ちょっとした動きが様になる!ダンスかと思う!
あ~、舞台やって欲しい!ミュージカルやって欲しいという願いに拍車がかかる!!

第一のエピソードトーク。「ジャニーさん、話を盛るの巻」
「ガム、噛んでねぇし」相当根に持ってます(笑)
わかります、わかります。
目上の人に言われた理不尽なこと、言い返せない分ずーっと覚えてるよねぇ(遠い目)

態度悪い智と棒立ちの智を再現する智が分かりやす過ぎる!(表現がややこし過ぎる)
ポッケに手つっこんでガムを噛む智がとんでもなくやんちゃ~。
どうしていいのか呆然とする智がめっちゃかわええ~。
どっちも好き~!(結局、それが言いたい)
この瞬時の対比だけで、全てが伝わってくるわ~。

第二のエピソード。「東山先輩の本心の巻」
その前に、東山先輩がめっちゃ褒めてくれたね~。
「忍耐強さ、ハンパ無いと思うよ」
「何があってもこの子大丈夫よ、ほんとに」

あ~、嬉しくて涙がちょちょぎれそう~。

昔の大野くんのことは、何となく見聞きするしかなくて…。
でも、ずっと第一線で活躍してきて、酸いも甘いもかみ分けた大先輩が
実際に間近で見て感じた言葉は、とんでもない説得力を持っていて。
あ~、やっぱりすごい人だったんだぁ~って。

でもでも、智ったら~。照れくさかったんだろうね…。
突然「一個あんだけど…」って切り出した。小さな声で(笑)

そしたら、仮面をつけて、身振り手振りで再現する智!!
もう~っ、声なんか加工しなくていいのよ!そのまんまで~。

姿勢良く颯爽と歩く姿が東山先輩!!
ずーっと見ていられる!!どうせなら、脱いでもらってもいいくらい!(落ち着け)
綺麗なのにおかしい。笑っちゃうのに見とれる。
表現力!!!
そして、翔さんのリアクションがいちいち的確!(言葉足らずな部分を補足説明)

「着替えてる時は、俺、ここでいいと思うんですよ」

大大大爆笑。何度見ても大爆笑。
しごくもっともな意見のようで、大野くんらしさが表れた一言!

前に出ることを好まない。センターに立つことに執着しない。
俺、ここでいいよ…な大野さん。まさに大野さん!!

で、まさかの東山先輩が「みんなに褒めて欲しいの」「一生懸命がんばってるから」
本音を吐露する。

いやいや、聞いた?東山先輩もそういうとこ、あるんだね。
ていうか、そうじゃないと、やってられないっていう世界だと思う。
それくらいの気概があって当然だと思う。

でも、大野くんは、「俺、ここでいい」と思っちゃう人。
そんな人が今この立ち位置だよ。不思議だねぇ。
ずーっとそういう気持ちを忘れない人なんだろうな。

そして、第3のエピソード。「あんたどこの子?」の巻。
またまた出た、東山先輩の口から!
「大野と長瀬は天才だから」出た~!!!!
ジュニアの時も「すごい子がいるな」と思っていたらしい~。

いいのかしら~。こんなに褒めてもらって~。
あまりの褒め言葉に固まる智(^^;)

「歌も踊りも何させても上手だったし」
「芸術的感性が豊かじゃん」


恐縮する余り、ペコリの智がかわええ~。

でも、翔さんに家族のことを聞かれてからの、
「あんたどこの子?」発言にまたまた爆笑。
とってもいい話の後に、照れ隠しなのか、いいオチ持ってくる大野さん。天才か?

「あんたが産んだんだよ!つって」
言われてみたーい!!(あんた誰だよ)

「ピカソと一緒だね」
ピカソ~!!!!

もう東山先輩に足向けて寝られないっす。
どんだけ褒めてくれるんですか?

そして、そんないい話をどんだけオチに持って行くんですか、大野さん。
そんなことないですよ…とかいうありきたりなご謙遜じゃなくて、
ねらってる感じでもなくて、
自然とおもしろい方向にもっていっちゃう大野さんの感性、人間性が大好きです。

*「好きなアルバム」の結果発表*

「好きなアルバムは何ですか」アンケートにお答えいただき、ありがとうございました!

まずは、結果発表の前にオリジナルアルバム13枚のリストを挙げておきます。
後々考察する上でわかりやすいように便宜的に年代別に色分けしてみましたが、
色に意味はありません。(単なる思いつきです(^^;)

<アルバムリスト>
0期
ARASHI NO.1 嵐は嵐を呼ぶ(2001)

Ⅰ期
HERE WE GO!(2002)

How's it going? (2003)
いざッ、Now(2004)
Ⅱ期
One(2005)

ARASHIC(2006)
Time(2007)
Ⅲ期
Dream"A"live (2008)

君と僕の見ている風景(2010)
Beautiful World(2011)
Ⅳ期
Popcorn(2012)

LOVE(2013)
THE DIGITALIAN(2014)

全部で157票でしたので、1人あたり3票としても50名以上の方に
参加していただいたことになります。
本当にありがとうございました!
では、結果発表です!!

*ギターしやがれ*

やっぱり『しやがれ』はこれでないと!と思った長渕スペシャル回。
楽しかった~!!
でも、あれっ、今回は1回で終わりなんかい?
前みたいに2回に分けて放送して欲しかったよね。

だってだって、大野くんの見所、もっといっぱいあったはずじゃ?
あったよね、あったよね~。編集されてるよねぇ~。

確かに本編にもいっぱい見所あったけどさ…。

オープニングは、長渕さんがけっこうな勢いで…。
若干嵐たじたじ…な感じがらしいというか(^^;)

長渕さんのあの前にぐいぐい来る感じは、嵐もっと来いよ!的な愛情なのだろうな…と
勝手に思っておりました。
そのせいか、徐々に前に出て来るメンバーっ!

そしたら、大野さんも負けじと出て来た!!きゃ~!!!
エアーで椅子に足組んですわり、威嚇する長渕さんを再現という技をくり出す智に
思わずのけぞった!!
惚れる惚れる!百万回惚れる~!

ギターでは、爪切ってない大野さん。(VSに続いて…、まさかの爪ネタ(^^;)
もう~っ、今すぐにでもおばさんが切ってあげたいわ!という心の叫びをかみ殺しつつ、爆笑。
どさくさ紛れに「智」呼びする翔さんに萌える!

いかにも初心者な感じで大野くんとそれを見守る長渕+メンバーが微笑ましすぎる。
これは、何の集い(笑)?智を愛でる集まりですか(*^^*)?

そしたら、ブルースハープ担当と来た!
これはもしかして、おいしいのか?見せ場が来るのか?と思ったら、
最初よく聞こえなかったよ(^^;)

珍しく緊張しているご様子で、見ているこっちまでドキドキするわ。

でも、次はちゃんと吹けたよ~。
よかったよ~。おばさん、ほっとしたよ~。

あ~、でも、練習風景見たかったよ~。
1時間じゃ、足んないよ~。

今回は、衣装もツボで(*^^*)
久しぶりにVネックの胸元に揺らめくネックレス見て、鼻血出そうでした(〃▽〃)

髪もすっきりしていて、ちょっと若返った感じ?
あ~、やっぱりよか男やねぇと終始見とれておりました(*^^*)

*私の好きなアルバムは…*

好きなアルバムアンケートに投票していただき、ありがとうございましたm(_ _)m

結果をまとめるのに少々時間をいただきますので、
その前に私が投票したアルバムのご紹介をさせていただきますね(^^)

まず、最初に決まったのが『Beautiful world』
初めて購入したアルバムで(それまでは、過去のアルバムをひたすらレンタル)、
しかも、ちゃんと予約して、届くまでのウキウキ感を初めて味わったアルバム。

そして、届いたら、私の想像を遥かに上回る…そこはまさにBeautiful world!!
冒頭の朝の光が差し込む感じからすっかり世界に引き込まれ、
しかも、私好みの曲が多くて、リピートしたい曲ばかり。
特に『Rock this』 『まだ見ぬ世界へ』 『always』 『morning right』 『negai』

曲調はもちろん、大野くんのソロパートの歌声、ファルセット、フェイク、ラップと
様々な声にしびれまくる!
時には力強かったり、伸びやかだったり、柔らかだったり、色っぽかったりと、
心に響く響く。特に切なさがハンパない。
『negai』の冒頭のソロには時間が止まったよね!私好み過ぎて~(〃▽〃)
でも、DVDに収録されていないのが、とーーーっても残念なんだけど(ーー;)

もちろん智ソロの『Hung up on』もこんな世界があるのかと度肝を抜かれつつ、溺れました。
歌声もさることながら、間奏も格好良すぎて、一体どんなダンスを見せてくれるの~と
期待が大いにふくらんだものでした。
DVDで見たら、やっぱりとんでもなく格好良かった~!!

あくまで私の印象ですけど、このアルバムって全体的に透明感があるというか。
暗闇に一筋の光がさして、とてつもなく広がっていくような。
聴いていて、ものすごくかっこよくて、それなのに心地良くて、切なくて、あったかくて、
大好きな1枚です。

ちなみに以前書いた感想はこちら→その1その2その3その4まだ見ぬ…嵐

そして、2つめは『How's it going?』
この頃は、とにかく大野くんのソロパートが多い!そして、声!
若いというのもあるんだろうけど、少年っぽさがいい感じに甘さを醸し出していて、激ツボ。
しかも、若さ故の危うげな色気もあって、やばい。
特に『Crazy groundの王様』の声はこの時にしか聴けないという甘さがあって、大好き。
そして、今と比べると、歌い方にちょっと癖があって、それもまたよい。
今みたいに声を加工することもなく、全体的に真っ直ぐに響いてくる感じで、
声そのものを思う存分堪能できるのがたまらない。

私が声堕ちした『とまどいながら』も入ってるしね。
『Luckey Man』の伸びやかな声だったり、
『ONLY LOVE』や『できるだけ』の高音フェイクだったり、
『Blue』の切ない歌声だったり、『パレット』の柔らかな感じだったり、
『テ・アゲロ』では色気がダダ漏れだったり、
『Walking in the rain』はひたすら格好良くて、『15th Moon』は力強くて。
(智voiceその5参照)
とにかく大野くんのいろんな声がそこかしこで堪能できる。

他にも『身長差のない恋人』なんて、具体的過ぎる歌詞がいいよねぇ。
こんなの歌詞にするの?っていうちょっと意表を突かれた感じが好き。
最近こういう歌、歌わないからちょっと寂しい。
等身大っぽい恋愛とか、みれんたらたらの失恋ソングとか聴きたい(笑)

で、この2枚はすぐ決まったんだけど、ここからが悩んだねぇ。
大野くんに声堕ちした当時、アルバムを順不同にレンタルしまくり、DVDを買って見まくり、
過去のシングルを購入してカップリングも聴いてみたり。
しかも、アルバムも最初は全曲ダビングしないで(とりあえず評判のいい曲をダビング)、
また後で借り直したりして…と、頭の中がごちゃごちゃ。

で、今回あらためてアルバム毎に曲名を見てみて、直感で選んだのが、
『Dream 'A' Live』だった。

アルバムってやっぱりその中でも好みがあって、スキップしちゃう曲ってあるんだけど、
このアルバムはそれがほぼない。
『Move your body』や『Dive into the future』の格好良くて。
大野くんのソロも男前で、キュンキュンする(*^^*)

そして、『虹の彼方へ』になぜかはまる。山の声もいいんだよね。
(日頃、あんまり前向きな歌や元気な歌にははまらない傾向にあるんだけど…。
根暗なんで、そういうテンションというか温度になかなかついていけない・笑)

他にも、『Do my best』 『My Answer』 『Life goes on』とか勢いがあって、好き。
『YOUR SONG』は、どん底の時に泣いた思い出の曲だったりする(^^;)。

全体的に前に出て来るような力強い印象もありながら、もちろんスローな曲も素敵。
『シリウス』ももちろんいいんだけど、やっぱり『Flashback』『声』は超私好みで、
何回リピートしたかわからない。
大野くんの声が情景そのものを表しているかのような切ない歌声。

そして、『Once Again』の力強い歌声。
特に、終盤のサクラップと重なる「ワンス アゲ~~ン」のもの悲しさには、
胸が締め付けられる。
今回も久しぶりに聴いたら、リピートが止まらなくなった。

このアルバム、なんとなくマイナーな感じとういかライブハウス感がするのは、
ライブDVDが出てないからなのかな…(^^;) だったら、『ONE』も出てないけどね…。

ということで、私はこの3枚に投票しました。

他に『Time』や『ONE』『いざっ、NOW』とかも迷ったんだけど、
私にとって特に印象的な歌声が多いのがこの3枚…ということになるのかも。
と言っても、他のアルバムももちろん大好きなんだけどね(^^)

2月2日
結果発表しました!→こちら