FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2014年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年09月
ARCHIVE ≫ 2014年09月
      

≪ 前月 |  2014年09月  | 翌月 ≫

*ハワイから届けてくれたもの*

今日、無事ライブビューイングに行ってきました(^^)
いやぁもう、いろんなことが予想以上でね…。
初めての経験にとまどうこともあったけど(^^;)、全てがいい意味で予想以上!

大野くんは、とにかくかっこよくて、可愛くて、笑顔がキラキラしていて、
ダンスもキレキレで、声も伸び伸びしていて…。
そして、5人が最高に輝いてた!!

実はね、最初ハワイでコンサートって聞いた時は、
どうして?近くに来てくれるんじゃなかったの?って、若干すね気味だった…。
そのことについて、櫻井くんが雑誌で語ったという内容を読んでも、
その時の私には正直理解できなかった。

でも、ハワイで歌って踊って、本当に嬉しそうにしている5人
それぞれの想いを真っ直ぐに語ってくれる5人

そんな彼らを見ていたら、あ~こういうことなんだ…って、素直に思えたよ。
まだ10代だった彼らの人生がガラッと変わってしまった瞬間。
ここが始まりだった。

仲がいいと言われる僕らだけど、寄りかかり支え合わないと立っていられなかったのかも…。
そんな風なことを櫻井くんが言ってました。(かなりうろ覚えだけど(^^;)
私の想像も及ばないようないろんな重圧や葛藤があったんだろうな。
それを乗り越えてきた5人。

2003年?いつの話だったっけ(笑)?
相葉ちゃんは、病気でハワイに行けるかどうかというたいへんな状況だったそうで…。
そのことを悔やんでいて…。
でも、今5人でこのステージに立てることに涙があふれ、言葉に詰まり、
みんなに背中を向けてしまう相葉ちゃん。
それでこそ相葉ちゃん!(泣き笑い)

大野くんは、ホテルのベランダで海を見つめ、15年前に想いを馳せていたそうな。
わけもわからずハワイに連れて来られた18歳の智。
きっととまどいや不安、いろんなものが渦巻いていたんだろうな。
でも、15年経ち、こうやってハワイにいる。
これって、すごいことだよね。
一歩ずつ階段を上がって、やっとたどり着いたんだよ、ここに。
しかも、今の大野くんに迷いはなく、それはとても清々しく、頼もしい。

ニノの相葉ちゃんに対するしつこいくらいの(笑)「素直だよね」にめっちゃ愛を感じる。
嵐が好きでしょうがないニノのちょっとひねくれた愛情表現に安心する。

松潤の真っ直ぐ過ぎる想い。
誤解されやすい彼だけど、その想いはあまりにも真っ直ぐでまぶしいくらいです。

そして、ニノと松潤は、ハワイにもライブビューイングにも来れず、
でも、そっと成功を願っているであろうファンについても感謝の気持ちを語ってくれました。
こうやって、ファンの一人1人にちゃんと想いを馳せてくれている。
それは、きっと櫻井くんも相葉ちゃんも大野くんも一緒。
大好きだよ~。

もうね、5人の言葉には、涙と鼻水じゅるじゅるでした。(おいおい)

そして、『Bittersweet』来た~!!!
もうっ、なかなか歌わないから、どうしようと思ってたよ。
ここにとっておいたのね、大野くんの振り付け曲を!と思ったら、踊らなかった…。
えっ、涙止まる(笑)。でも、鼻水止まらない。(何の話だ)

とにかく、ハワイはね、5人の並々ならぬ想いが詰まっている場所なんだということが
ビシバシ伝わってきました。
そこで、ファンの子と一緒に盛り上がりたかったんだね。

若干ひねくれてる私は、大人の事情だとか…いろいろ考えちゃってたわけで。
今や嵐が及ぼす経済効果や社会現象には、桁外れな部分があって…。
彼らにとってそれがある時は足かせになったり、思い通りにいかなかったり、
言い方は悪いですか利用されてる部分とかもあるんじゃないかとか、
いろいろ考えちゃうわけですよ。

でも、あの5人の絆を見ていたら、
このどでかいイベントをやり遂げる彼らを見ていたら、
あ~、もうそんなもの超越しちゃってるんだなぁ…って。

だって、あれだけの莫大なスタッフやお金を動かす…って、すごいよね。
ただ単に、売れている国民的アイドルだからできる…というレベルを超えてる気がする。
長年かかって培ってきた絆や信頼があるからこそ、
それが大きな土台となって出来上がったイベントなのかなと。
そんな風に思ったのでした。

5人の揺るぎない想い、パワーを感じたのでした。

とりあえず今日はここまで。
コンサートの内容とかいろいろ書きたいことはいっぱいあるんだけど、
すでにどんどん記憶が薄らいでる気がするよ~。
少しでも言葉にして残しておきたいけど、どこまでできるかなぁ~(^^;)
スポンサーサイト