FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2014年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年09月
ARCHIVE ≫ 2014年09月
      

≪ 前月 |  2014年09月  | 翌月 ≫

*駄々っ子部長*

『しやがれ』は嫌われ選手権…と聞いて、ちょっと心配していたけど、おもしろかった~!

まず、スギちゃんの流し目が無駄にエロい(〃▽〃)
そして、髪型の説明が超可愛い(*^^*)

そして、トップバッターは我らがスギちゃん。
次女と、やっぱり笑いに持ってちゃうんだろうねぇ…と心配&期待していた(複雑な乙女心・笑)
ガチでいびったりする大野くんも見てみたいけど、無理だろうなぁ~と。
そういう台本や場を与えられたらやってくれるんだろうけど、
設定だけで後はアドリブだからねぇ。

しかし、うかつにも、幕が開いた瞬間の立ち姿にまずやられる。
やさぐれ感の中にも漂うスタイリッシュ。(そこか)

「遠い」とつぶやく智。おい、意外といけるかもよ。
短い単語だけど、嫌味っぽい感じで、ちょいひねくれてる感じが出てて、
私的にはなかなか好きな出だしです。

「あ~疲れた。持ってぇ」これまたなかなかのひねくれっぷりなんだけど、何だろう…。
かわいいじゃないか!!
ていうか、一歩間違うと、ひねくれ者というよりただの甘えんぼですから~(*^^*)
しかも、持たせておいて、やっぱり自分で持とうと手を差し出す部長の人の良さ。
やっぱり性格って出ちゃうのね(^^;)

でも、心配していた割には(失礼な)、なかなかの導入だと思うよ。期待が高まる~。

そして、すわり方がスタイリッシュ!
ふてぶてしさの中にどうしても漏れ出る王子臭。(こればっかりは、どうしようもない)

「ほら一個出ちゃったでしょ。」「どう?ワイルドだろ?」
何をするのかと思ったら、出た、渾身の一発ギャグ。
いかん。ひねくれの方向性が早くもおかしくなってるかも?導入はよかったのに。
やっぱり笑いに走るのかぁ、智~と思ったら…。

「笑えよ。ギャグだよ」の笑ってない目と眉間のしわがなかなかいい仕事してるざます。
流れとしては、なかなか好きです。
怯える部下(実は笑ってるけど…)に追い打ちをかけるように「笑えよ」と笑ってない目で言う。
はまるとものすごく怖いと思う。(でも、王子だからなぁ)
斜に構えて言う感じもなかなかいいんだよ。

しかし、「言ってないです」とニノが押し切ると、
「言ってない?言ってない?」と完全に攻め込まれてる模様。
大丈夫か?スギちゃん部長と思ったら、「何を、何を、言ってるの?」とテンパる。
こういう時の切り返しがなかなか上手く行かず。早くもひねくれの限界です。
コントだったらおもしろいけど、ひねくれキャラという点では追い込まれるのが早すぎ(笑)
やっぱり根が真っ直ぐで素直な男ですから、出ちゃうんですねぇ。

しかし、扇子の使い方はいいよねぇ。その時の感情が如実に出てる。
でも、無駄に手が綺麗過ぎて、ついつい見とれるのも事実(*^^*) 横顔もね。

そして、なかなか口を割らないニノにいらだったのか、「言えよ、文句を!」
声のボリュームも上げ、扇子でテーブルをたたく部長。
このいらだちは演技というより、マジなのか?
(早く進めないと、終わらないもんねぇ)

しかし、この後風向きが変わるやいなや、目が泳ぎ、声が小さくなり途端に口ごもる部長。
さっきの威勢の良さはどこへやら…という感じで、ここの変化はさすがだなぁ~と
感心したのでした。
扇子をいじいじしたり、伏し目がちで途端に不安そうな表情になり、
すわり方もスタイリッシュのかけらもなくなってる。

「わかった、大丈夫」「それを何をしたいの?」
「どうしたいのよ、どうしたいのよ、俺を」「どうしたいの」

この支離滅裂さがいい感じでリアルです。ていうか、本人テンパり過ぎだから…。
ひねくれ者というより、もはや駄々っ子に見えてくる(^^;)

「いや、わかった。大丈夫だよ、俺は」
もはや意味不明です。でも、彼の中では何か答えが出た模様。
ここはもう逃げるっきゃない…と智が思ったかどうかは定かではないが、
「そんな会社、明日でやめるよ」と捨て台詞吐いて、とっととはけちゃう智。

おーい。そんな終わり方ってあり?
相手をまるめこもうとするのではなく、
ある意味潔く身を引いちゃうあたりが大野くんらしくも見えるし、
駄々っ子にも見えてくるというおかしさ。

「出て来て下さい」と迎えに行くニノ。
覚悟を決めたのか、勢いよく出て来る大野さんが無駄にかっこいい。
危うくぶつかりそうに…ていうか、ぶつかっちゃえばよかったのにねぇ。
背中が熱くなっちゃった…って。私も触りたいよ~。

しかし、あんなに性格って出ちゃうもんなんだねぇ。
きっと素質はあるのに、攻めきれない大野くん。
真面目で正統派の櫻井くん。
やる前から目が真剣で勉強熱心。しっかりやりきる松潤。
やる前から、不安が目にあらわれ過ぎな相葉ちゃん。
普通に飲みに来てふざけている二人にしか見えない(笑)
たぶん「ひねくれ」の引き出しが一個もないんだろうなぁ。

今回は、設定もおもしろかったね。
やられるばっかりじゃなくて、やり返すっていう立場が逆転しちゃう感じにワクワクした。
ニノがまたそういうのが上手いから、松潤が画像を削除した時はやっぱりね…と思ったが、
ニノが更にその上を行っていて、さすがだな…と。

豚骨スープのコーナーは、うーん。どうなんだろ?
私的には、企画としてかなり疑問が残るところ…。
オープニングと発声練習と屋台の部分だけ残したけどね。

だってぇ、「あっ、何か話してたよね」があまりにも優しすぎて、ぶっ倒れるかと思った(〃▽〃)
ありゃ反則でしょう~。
何気ない一言なのに優しさがあふれていて、さりげない感じが男前で…。
あの一言だけで当分生きて行けそうです。
スポンサーサイト