be with you 3104

2014年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年09月
ARCHIVE ≫ 2014年09月
      

≪ 前月 |  2014年09月  | 翌月 ≫

*Mステ Hawaii*

大野くん、焼けてたね(^^;)
LVの時、何か顔が白いなぁ、日焼け止めのせい?と思ってたら、
それも束の間、やっぱりガッツリ焼けてしまった…。
でも、せっかくハワイに行ったんだし、智が楽しいんなら、それでいいよ。
それに数年前の黒さに比べたら、無問題(^^)v

松潤とシュノーケリングしたって~。
おいおい、そこを見たかったなぁ。
でも、せっかくのお休みまでカメラがついて行っちゃ、悪いもんね(^^;)
頑張って妄想します(笑)
で、ニノは1人でゲーム?(そう言えば、海あんまり好きじゃないんだっけ?)
とすると、櫻葉は一体何してたんだろう?(そこもきちんとお知らせして下さ~い)

しかし、スタジオとハワイの会話のかみ合わないこと(笑)
別に寝てたわけじゃないのに、音声が届くまでに時差があるから、仕方ないよね。
そしたら、初っぱなのテンションを反省している嵐。
真面目か!
そんな5人が好きです(*^^*)

大野くんが選んだ映像は、東山先輩。
「踊りが素敵過ぎて、何度も見た」
おいおい、これって私のこと?と全国のサトシックが思ったはず。
あなたの踊りが素敵過ぎて、リモコン使いの達人になってますから。

CM開け。寝てる4人と必死で目を見開くリーダーという小ネタが好き過ぎます。
5人でわちゃわちゃしながら、どうする?みんなで寝ちゃう?
いやいやリーダーだけ起きてたら、おもしろいんじゃない?
とか、いちゃこらやっていたのか思うと、それだけで幸せな気分になれます。

『マイガール』は、生じゃないんかい?と思ってしまったけど、もう夜中だしね。
ついつい酷使したくなっちゃって、すみません。
夕焼けバックに歌いたかったんだ。雨降らなくてよかったね~。

さて、もう一度見たいシーンの結果を年代順に並べてみた。
最近の2曲は置いといて、他の過去の曲も見てみたかったけど、
でも、意外な曲も選ばれてて、けっこうお得感もあるよね。

3位  1999年10月(18歳) 『A・RA・SHI』 
5位  2001年3月(20歳)  『君のために僕がいる』
10位 2001年5月(20歳)  『はなさない』『恋はブレッキー』 
7位  2002年11月(21歳) 『PICA☆NCHI』 
2位  2005年8月(24歳)  『Lai-Lai-Lai』 
8位  2008年6月(27歳)  『One Love』
4位  2008年8月(27歳)  『truth』
6位  2010年2月(29歳)  『troublemaker』
9位  2011年7月(30歳)  『まだ見ぬ世界へ』
1位  2013年11月(32歳) 『PARADOX』~『FUNKY』

正直スケスケはもういいんじゃ…と思っていたけど(^^;)
何て言うの?前宙?前にくるっと回るやつ…が見れて、おお~っ!と思って、激リピ。
それにしても、この頃は表情が何か大人っぽいよね。
で、ちょっとオラオラ感もあって、がむしゃらな感じもありつつ。
わけもわからずデビューさせられて、その中で必死に頑張ってたのかなぁと思うと、
何だかちょっと切なくなっちゃう。

『君のために…』では、パーマ智。
1月が成人式だから、その後にかけたのね。
しかし、何度見ても笑っちゃう(ごめん)

『はなさない』は初めて聴きました。まだ知らない曲あるんだねぇ~。
なんで、ウラ嵐に入れてくれなかったんだい!

『Lai-Lai-Lai』は、テレビで披露してたんだね。
大野くんのフェイクと、フェイク前に伸ばすところがたまらんよ。

『truth』の翻るネクタイにおお~っとなり、激リピ。
(あれっ?もしかして、サトシックの間では有名なのかしら…)
そんなに激しい振り付けじゃないのに、あのピシッと来る感じがたまらん。

生で披露したのは、『One Love』と『A・RA・SHI』 
正直、え~っと思ったさ。定番中の定番じゃんって。もういいよ~って。
もっとガシガシ踊ってくれよ~って。
でも、そっか。真夜中だもんね。15周年だもんね。

『One Love』はジャケットが踊りにくそうだったけど(^^;)、
目を合わせて笑う大野くんと松潤が可愛くて。
前にターンしながら出て来る大野くん。ためらいなく、2歩で段差降りちゃうんだね。

松潤ソロの時、次女が「誰か歌ってる?」って…。何だろ?

そして、『One Love』が終わった途端、さりげなく片手でジャケットのボタンをはずす智。
ひゃ~っ!!

『A・RA・SHI』はいろんな意味で賑やかだった(笑)聴覚的にも視覚的にも…。
プシューの音が大き過ぎて、次女が思わず「うるさい」とつぶやく。同感(^^;)

最初見た時は気が付かなかったんだけど、銀テープがとんでもないことになってたのね。
さすが、ミラクル相葉!あそこまで行くと、もはや事件レベル(笑)
円になる時、みんな笑っちゃってる?

スタッフさん、ハワイということで気合いが入っちゃたんでしょうか?
視覚的なものをねらうなら、嵐くん達のところにわざわざ銀テープまかなくても、
嵐くんとカメラの間でもよかったんじゃないかと思うんですけど…。

とにかく、滑って怪我とかしなくてよかったです(^^)

さて、大野くんの最初のソロ。
サイドステップ踏みながら歌うところが最高にスマートで、大好きです。

片手側転は、あいかわらず軽くて綺麗で。
上手く遠心力を操ってるから、片手も軽く着く感じで、ほとんど体重かかってないよね。
これなら、側宙もまだまだ行けるわ!と思ったのでした。

最後のソロも聞き応えがあって、よかったなぁ。
やっぱりあのお方の声は、安心感と包容力でできているんだな…と実感。
そして、最後のお辞儀の綺麗なこと。

実は、デビューの頃を知らない私にとって、『A・RA・SHI』には特に思い入れもなく、
曲調も特に好きというわけでもなく。
正直、またかぁみたいなところもあったんだけど…。

でも、15周年を迎えるにあたって、
やっぱりこの曲は特別なんだな…とやっと実感することができました。
私には想像のつかないいろんなものが詰まってるんだろうな。
そして、何より大野くんの美声を堪能できるしね。
今まであんまりまじまじと聴くことがなかったので、今回あらためて堪能させてもらいました。
片手側転したり、踊っている大野くんはやっぱり素敵過ぎるしね。
今度はフルで歌って踊って欲しいなぁ~。

でも、たぶん何かあってもリクエストはしないと思うけど(笑)
『A・RA・SHI』は他の人に任せて、
私はしつこいくらい『とまどいながら』をリクエストすると思うから、
いつか歌ってね(^^)
スポンサーサイト

*ハワイ LV その3*

さて、今日はハワイから生中継ですね(^^) 楽しみだなぁ。
毎日5人で、ハワイを満喫してるのかな…。
でも、お仕事もあったりで、あんまりゆっくりできない?
1日くらい、の~んびりできるといいのにね。

では、ライブビューイングの感想、書き上げちゃいます。

ライブビューイングで確認できただけでも、ファンサービスはちょいちょいやってました。
何の曲だったか、床にたまった水をファンにひっかけて遊ぶ智(〃▽〃)
私も浴びたーーーい!!と心の中で叫んだことは、言うまでもありません。

それから、トロッコで移動してる時、ファンの方へ手を伸ばしてたんだよ。
ひぇ~っ!!なんで?なんで?そこだけ?誰かいた?
実際ファンの子の手に触れることができたかどうかはわからないけど…、
うらやまし過ぎるやろ~。ほんとに、罪作りなんだから~。


それから、スクリーンってテレビ画面で見るよりも動きのしなやかさやキレが
ダイレクトにクリアにこちらに伝わって来るような気がするんだけど、
どちらにも共通しているのが、
瞬間的に映像が網膜に焼き付けられるような不思議な感覚。
1枚の絵の様に脳にインプットされる感じ(わかるかな~(^^;)

そこで、思い出したよ。LOVEの感想で書こうと思ってたこと。
(おいおい、まだ書き上げてないのか(^^;)
ちなみに、『Calling』(1.45.16の足を振り上げるところを見て、書こうと思ってたんだけど)
大野くんの場合、例えば足や手を上げたりした時、
最も綺麗に見えるポジションでその体勢をキープする時間が他のメンバーよりも長い。
0コンマ何秒というほんの短い時間なんだけど…。
瞬間的に、一番美しくみえるベストポジションに持っていって、
ほんの短い時間なんだけど、その美しい状態をきっちりキープして、
また次の動きへと移っていく。

大野くんのダンスって、ためがあるから遅れているように見える時があるんだけど、
そういうことも影響しているのかな?
でも、決して遅れているわけじゃなくて…。
例えば、ある拍数の中で、手で弧を描かなきゃいけない時に、
その拍数の中の時間を端から端まで余すところなく使って、丁寧に踊っている。

それがとても効果的で、残像が残る感じで、
その瞬間をまた見たくなって、ずぶずぶとはまっていっちゃう。


それに、大野くんのダンスって、ぱっと見軽く踊ってる感じなんだけど、
本当に筋力とか体幹とかを必要とする動きなんだよね。
あの軽やかさも、キレも、力強さも、滑らかさもそれがあってこそ。
踊ることそのものがトレーニングなんだろうなぁ…と思う。


さて、MCとかに関しては、何をしゃべったかほとんど思い出せないけど(^^;)
(他の方のレポを見て、思い出そう…っと)
わちゃわちゃな5人ががとにかく可愛かったなぁ。

インタビュー映像もなかなか興味深いものでした。
でも、かなり編集してあったので、じっくり1人ずつ見てみたいね。
どこまでDVDに収録されるのかな?
楽しみだなぁ。

さて、これで書きたいことは全部書いたかな…。

最後に
貴重な時間に立ち会わせてくれて、ありがとう。
幸せをありがとう。
5人に出会えてよかった。

そして、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

続きは、VSの感想をちょっとだけ(^^;)

*ハワイ LV  その2*

では、LVの感想の続き。
実は会場に到着してから、ノートも筆記具も何も持ってきていないことに気づいて。(おいおい)
どっちみち見ながら書くなんていう神業は、私には到底できないんだけどね(^^;)。
MCくらいは、メモってもよかったかもなぁって。(だって、ほとんど覚えてない…)
でも、LOVEの時にチャレンジして、単語をいくつかメモしただけで終わっちゃったという
実績あり(^^;)

とりあえず覚えているところを中心にどんどん行っちゃいます(^^)

『Believe』の時だったかな?翔さん、途中で滑った?
私、大野くんにロックオンし過ぎて、見てなかったyo!
周りがみんな笑ってるから、何事かと思った(^^;)
でも、翔さんは前日の『Believe』でジャンプするとこ、振り付け師さんに褒められたらしい。
そうなんだぁ。振り付け師の方も同行していてちゃんと見てくれて、
よかったところとか言ってくれるんだね。
はりきっちゃう櫻井くんも可愛いよねぇ(*^^*)

『5×10』 やっぱりこの曲はぐっと来ます。
でも、早くね?と思ったのも事実(笑)。だって、終盤とかアンコールのイメージが強いので。
最初、翔くんが音がとれず不安定で心配したけど、後は持ち直して来たね。
大野くんは、柔らかく包み込むようなあったかい歌声でした。

この後、交代でお着替え&MC。
どうしよう…思い出せない(青ざめる)。レモンのくだりしか。天然コンビが可愛かった。
そして、大野くんのブルーのアロハっぽい衣装がよく似合ってた。

そして、別ステージへてくてく移動する5人。
歩きながら、何か普通に話してたよねぇ。
何を話していたかは覚えてないけど…。(大野くん、景色が綺麗だ…とか言ってた?)
私は、このてくてくする5人の風景が何だか好きでした。

ハワイアンにアレンジしたのは、『マイガール』と『Everything』
これがまたいい感じで、大野くんの声も伸びやかで、よかったよ。
DVDで、またじっくり聴いてみたいです。

『Summer splash!』だったのかな~?水を噴射してたのは…。
大野くんが水を出したり止めたりしてたのは、覚えてる。(それだけかよ)

そして、いよいよ来た!『CARNIVAL NIGHT part2』
大野くんがどのタイミングでバク転するのか全く知らなかったので、
とにかく気が気じゃない…。
間奏でバク転か…と思ったらしないし、早くしないともうすぐ終わっちゃうよ~と思ったら、
最後の方に5人がわちゃわちゃと集まってきて、何か始まりそうな予感…っていうか、
バク転しかないっしょ~!
大野くん、けっこう余裕そうに見えたけど、どうだったのかな?
松潤が衣装で床をゴシゴシしてくれて(衣装黒くなっちゃったね。ありがとう、松潤!)、
4人もワクワクだったんじゃない?

もうね、素晴らしかったよ、バク転!!
一瞬だったけど、それはそれはとても綺麗な弧を描いてたよ。
とても軽やかで美しかったよ。
(『怪物くん』のメイキングで、スタントマンさんより綺麗なバク転やってたもんね。
足と手を着く位置が近いから、綺麗なんだよね)
何だよ、まだまだ現役じゃん!まだまだ行けるよ、智!って思ったら、泣きそうになった。

そして、5人でアクセントダンス?
とにかく格好良かったことだけは、覚えてる。詳細はぶっとんじゃったけど…。(やっぱりな)
そしたら、『Monster』 『誰も知らない』来た~!!!
情報番組の映像見てみたら、ほんとに綺麗に踊ってるね。
何回もリピートしちゃったよ。

『P・A・R・A・D・O・X』は、『誰も知らない』のすぐ後だったから、
いつもとフォーメーションが違って、大野くんが一番前の立ち位置からの「イエ~~ッ」で、
ちょいとびっくりした。

そう言えば、雨が降り出したのはいつだったっけ?
『P・A・R・A・D・O・X』がとにかく土砂降りだったのは覚えてるけど…。
カメラや照明の位置次第では、もやがかかったみたいにメンバーの表情が見えないくらいだった(^^;)
でも、たいへんそうだけど、楽しそうなの。
やっぱり嵐はこうでなくっちゃ(笑)

そして、10周年ではなかなか崩れ落ちなかった智の髪があえなくぺちゃんこ。かわええ。
終盤、お着替えして白い衣装に着替えてきた智はさらさらヘアーで、まるで天使(〃▽〃)
あんな生き物、実在してるんだね。

そして、次は『Your Eyes』 実は私的には一番びっくりした選曲。
あんまり日の目を見ることがなかったこの曲。よかったね。
『とまどいながら』は歌ってくれなかったけど(いじいじ…)
いつか歌ってねぇ~!

『迷宮ラブソング』の智ソロは、抜群の安定感。
『troublemaker』は、山のハートが見られなかったのがちょっと残念だったけど…。
『感謝カンゲキ雨嵐』のソロもよかったなぁ。

それから、5人それぞれの挨拶…。
櫻井くんのなかなか聞けない心の内にぐっと来る。
大野くんは前日に泣いたらしいと聞いていたので、今日は泣かないんだろうなぁ…と。
目は真っ赤だったけどね。でも、迷いのない清々しい表情でした。
その代わり、相葉ちゃんが号泣。やっぱりそうでなくっちゃ(笑)
ニノのはね、いい感じでリラックスしてるなぁ、楽しんでるなあと。
松潤は、どこまでも真っ直ぐで熱い人だな…と。
5人のそれぞれの想いに泣けました…。

その流れで『season』でしみじみして、『Bittersweet』で一気に楽しい気分になって、
大野くんの「お手を拝借」も聴いて、最後はまた『A・RA・SHI』

終わりかと思ったら、舞台裏にはけていく5人が映って、きゃ~っ!!
カメラに向かってアピールしてくれたり、いつまでもどこまでも幸せそうな5人。
そして、またヘリに乗って空へ飛び立って行っちゃいました。
何とも壮大な演出。でも、5人はいつものごとく楽しそうで、いやいつも以上に!

さて、これで終わり…と言いたいところですが、もう少し続きます。
続きは、また後で。よろしければ最後までお付き合いを~(^^)

それから、コメントありがとうございますm(_ _)m
とりあえずLVの記事を書き上げてから、お返事するつもりですので、
それまでお待ち下さいね(^^)

*ハワイ LV その1*

ライブビューイングの感想を思い出せる限り書き出したい…とは思ってるんですが、
いかんせん、すでに記憶がぼや~っとしている。(おーい、急げ~)

とりあえずセットリストだけチェックして、情報番組の映像を見たくらいで、
他の方のレポは読んでいないので、私の記憶違いや思い込みなどあるかもしれませんが、
そこは感じたままを綴って行きたいと思いますので、ご了承下さい。

さて、初めてのライブビューイング。
とりあえずチケットだけは絶対に忘れないように!とそれだけは気をつけて…。
ペンライトは正直恥ずかしくて持てないよ~と思って(本人が目の前にいないのに…)、
持って行かなかったんだけど、けっこう皆さん持ってきていてびっくり。
ビューイングのテンションの高さが全く予想できず、甘く見ていたわ。
本物のライブ同様けっこう盛り上がるものなのね(^^;)
私は、けっこう静かに見てました。あはっ。

今回は全くのネタバレ無しで行こうと思っていたので、全く予習せず。
(でも、大野くんがバク転するらしいという情報だけはゲットしていたので、ワクワク)
15周年だしハワイだし、たぶん定番曲を歌うんだろうなぁというのは予想していたけど、
でも、何も知らなかった分、前奏が始まる度におお~っ!と感激。
ところが、『Oh yeah!』と『season』だけ、曲名を思い出すのに時間がかかっちゃった(^^;)

それにしても、スクリーン越しとはいえ、臨場感たっぷり。
表情の一つ一つも流れる汗もよく見えて、ダンスのキレや美しさの伝わり方がハンパない。
生では、実際あんな近くでは拝めないしね。
かといって、DVDやブルーレイでも到底伝わりきらない。
画質が綺麗だったというのもあるんだけど、動きが鮮やかでダイレクトに伝わって来る感じ。
あ~、こんな動きしてたんだぁって。
スクリーンの威力、おそるべし。
手元にリモコンがあったら!と思う瞬間がいっぱい。
ここは巻き戻したい、コマ送りしたい、一時停止したい、リピートしたいという瞬間が目白押し。

これからもどんどんやって欲しい、ライブビューイング!
このハワイの映像を1ヶ月くらい映画館でずーっと流して欲しいくらい。
そしたら、もっとたくさんの人が見れるのにね。

さて、全くのネタバレ無しで臨んだので、
ヘリ登場になんでみんながテンション上がってるのかが理解できない鈍感な私(^^;)
おいおい、ヘリで登場って『ハゲタカ』か!(しかも、つっこみがマニアック…)
やることがデカ過ぎて、度肝抜かれる。

グラサンが似合いすぎて、すでにこの時点でメロメロ(*^^*)
そして、ヘリから降りて来る王子5人。
大野くんったら、相葉ちゃんの隣に立ってるのにいつもより身長差を感じないのはどうして?
ハワイに来ると、背が伸びるのか(笑)
衣装も似合っていて、キラキラしていて、すでに男前度が最高潮!
確かこの時、1人ずつキメ顔で抜かれてたよね。
大野くんは例のごとく若干コメディ感漂っちゃってたような。でも、かっこいいよ~。
あ~、ワクワクドキドキ。

まずは、『A・RA・SHI』から始まり、大野くんのキレキレな動き、伸びやかな声にうっとり。
情報番組で映像が流れてたけど、そうそう!高速ターンが格好良すぎた。
キレキレに踊る大野くんにひたすら感動。

でも、情報番組で流れた3人の(ニノ、大野、相葉)の片手側転。
私全く記憶にないんですけど…(^^;)
映ってなかった?アングルが違ってた?どうなんだろう?
『Luckey Man』では、大野くんのソロ終わりに4人がやってたよね。
昔は、大野くんもやってたのにね。バク転のために温存してた(笑)?

『Pika☆nchi』だったと思うけど、
イントロのダンスがキレキレでものすごく格好良くて見入ってたら、
途中で急に引きの映像になっちゃったんだよね。なぜここで(^^;)?

『Love so sweet』の伸び伸びフェイク。
『Oh yeah!』の「じでんしゃ」のフレーズで大野くんが抜かれてたのは覚えてるんだけど、
後はあんまり覚えてなくて…。

そして、来ましたよ!『Step and go』
『LOVE』では上半身しか映らず、見えなかった腰の動き。
後ろ姿だったんだけど、あんなに力強かったのかとびっくりした。
あれは相当筋力が強くないとできないんじゃないか…って、素人ながらに思う。

後で、ふと習字を思い出した。とめ、はね、はらいが大事だって言うけど、
まさにそんな感じ。力を入れるポイント、抜くポイントや滑らかさがね。
そうそう、よくゲームとかであるじゃん。お尻で文字書くみたいなの。
あれをやらせたいって思った。あれっ、完全にどうかしてるな、私(笑)

さて、続きはまた後で~。

*ハワイから届けてくれたもの*

今日、無事ライブビューイングに行ってきました(^^)
いやぁもう、いろんなことが予想以上でね…。
初めての経験にとまどうこともあったけど(^^;)、全てがいい意味で予想以上!

大野くんは、とにかくかっこよくて、可愛くて、笑顔がキラキラしていて、
ダンスもキレキレで、声も伸び伸びしていて…。
そして、5人が最高に輝いてた!!

実はね、最初ハワイでコンサートって聞いた時は、
どうして?近くに来てくれるんじゃなかったの?って、若干すね気味だった…。
そのことについて、櫻井くんが雑誌で語ったという内容を読んでも、
その時の私には正直理解できなかった。

でも、ハワイで歌って踊って、本当に嬉しそうにしている5人
それぞれの想いを真っ直ぐに語ってくれる5人

そんな彼らを見ていたら、あ~こういうことなんだ…って、素直に思えたよ。
まだ10代だった彼らの人生がガラッと変わってしまった瞬間。
ここが始まりだった。

仲がいいと言われる僕らだけど、寄りかかり支え合わないと立っていられなかったのかも…。
そんな風なことを櫻井くんが言ってました。(かなりうろ覚えだけど(^^;)
私の想像も及ばないようないろんな重圧や葛藤があったんだろうな。
それを乗り越えてきた5人。

2003年?いつの話だったっけ(笑)?
相葉ちゃんは、病気でハワイに行けるかどうかというたいへんな状況だったそうで…。
そのことを悔やんでいて…。
でも、今5人でこのステージに立てることに涙があふれ、言葉に詰まり、
みんなに背中を向けてしまう相葉ちゃん。
それでこそ相葉ちゃん!(泣き笑い)

大野くんは、ホテルのベランダで海を見つめ、15年前に想いを馳せていたそうな。
わけもわからずハワイに連れて来られた18歳の智。
きっととまどいや不安、いろんなものが渦巻いていたんだろうな。
でも、15年経ち、こうやってハワイにいる。
これって、すごいことだよね。
一歩ずつ階段を上がって、やっとたどり着いたんだよ、ここに。
しかも、今の大野くんに迷いはなく、それはとても清々しく、頼もしい。

ニノの相葉ちゃんに対するしつこいくらいの(笑)「素直だよね」にめっちゃ愛を感じる。
嵐が好きでしょうがないニノのちょっとひねくれた愛情表現に安心する。

松潤の真っ直ぐ過ぎる想い。
誤解されやすい彼だけど、その想いはあまりにも真っ直ぐでまぶしいくらいです。

そして、ニノと松潤は、ハワイにもライブビューイングにも来れず、
でも、そっと成功を願っているであろうファンについても感謝の気持ちを語ってくれました。
こうやって、ファンの一人1人にちゃんと想いを馳せてくれている。
それは、きっと櫻井くんも相葉ちゃんも大野くんも一緒。
大好きだよ~。

もうね、5人の言葉には、涙と鼻水じゅるじゅるでした。(おいおい)

そして、『Bittersweet』来た~!!!
もうっ、なかなか歌わないから、どうしようと思ってたよ。
ここにとっておいたのね、大野くんの振り付け曲を!と思ったら、踊らなかった…。
えっ、涙止まる(笑)。でも、鼻水止まらない。(何の話だ)

とにかく、ハワイはね、5人の並々ならぬ想いが詰まっている場所なんだということが
ビシバシ伝わってきました。
そこで、ファンの子と一緒に盛り上がりたかったんだね。

若干ひねくれてる私は、大人の事情だとか…いろいろ考えちゃってたわけで。
今や嵐が及ぼす経済効果や社会現象には、桁外れな部分があって…。
彼らにとってそれがある時は足かせになったり、思い通りにいかなかったり、
言い方は悪いですか利用されてる部分とかもあるんじゃないかとか、
いろいろ考えちゃうわけですよ。

でも、あの5人の絆を見ていたら、
このどでかいイベントをやり遂げる彼らを見ていたら、
あ~、もうそんなもの超越しちゃってるんだなぁ…って。

だって、あれだけの莫大なスタッフやお金を動かす…って、すごいよね。
ただ単に、売れている国民的アイドルだからできる…というレベルを超えてる気がする。
長年かかって培ってきた絆や信頼があるからこそ、
それが大きな土台となって出来上がったイベントなのかなと。
そんな風に思ったのでした。

5人の揺るぎない想い、パワーを感じたのでした。

とりあえず今日はここまで。
コンサートの内容とかいろいろ書きたいことはいっぱいあるんだけど、
すでにどんどん記憶が薄らいでる気がするよ~。
少しでも言葉にして残しておきたいけど、どこまでできるかなぁ~(^^;)

*久しぶりのクライム*

VSの大野くん、まだ髪を切る前だったねぇ。
確かにこの頃は、ハワイはまだまだ先…っていう感じだったんだろうなぁ。
それが突然明日っていわれてもねぇ(笑)

咄嗟に笑いをとるため…と言っていた大野くんも可愛かったなぁ。
もうっ、そんなのみんなわかってるし(*^^*)

嵐は忙しい…とイメージを大事にするリーダー。
これも笑いのためですか?
でも、本当は忙しいよね~。
無理せず、頑張ってね(^^)

とにかく見所がいろいろあったなぁ。
まずは短パン(*^^*)
すわってる時とか、目のやり場に困る~というのは真っ赤な嘘(笑)
そこはやっぱりガン見でしょう(〃▽〃)
それに襟ぐりも深くて、ついついガン見です!

そして、お久しぶりのクライム智!
まず、織田くんとの体格差に萌える。(しやがれの時もとんだ男子力にやられっぱなしだった)
あの肩幅、たまらんし!

なぜか定番となりつつある前日のスケジュールチェック。
しかも、大野くん限定(笑)
本人は恥ずかしいらしいが、ファンにとっては貴重なお話で、超嬉しい~!!
(恥ずかしいと言いながら、24時間の時は関ジャニとの対決がなかったら、お休みだったと
ぼやいてた。どんだけ休みが好きなんだ~)

そしたら、なんとレコーディングですって!
そのワードだけで、ワクワクが止まらないんですけど!!!!
どんな歌なのかなぁ。ワクワク。
レコーディングの前にラーメン食べたのかなぁ。ワクワク。
やっぱりいつものラフな格好でふらりと現れて、入口のドアを間違えたりするのかな。
ワクワクワクワク!

あら、ワクワクの方向性がおかしくなってる?

「大野くんがレコーディング」それだけでしばらく生きて行けそうな気がする…と思ったら、
出た、架空レコーディング智。

マイクの位置を確認する智。リズムとる智。さぁ行くぜな智が格好良すぎる~!!!!
何なの!
ここは舞台ですか?
智のミュージカルが始まるんですか?
時よ止まれ~!と叫びたかったわ。

クライムする智も軽くて、グリップ受け取る姿も格好良くて、惚れ惚れ~。
そしたら、本人も実感していたのね。
もう2面と言わず3面でもどうぞ~!!

他にも書きたいことがあったような気がするけど、あらあらもう寝なくちゃだわ。
ということで、おやすみなさーい(^^)

*駄々っ子部長*

『しやがれ』は嫌われ選手権…と聞いて、ちょっと心配していたけど、おもしろかった~!

まず、スギちゃんの流し目が無駄にエロい(〃▽〃)
そして、髪型の説明が超可愛い(*^^*)

そして、トップバッターは我らがスギちゃん。
次女と、やっぱり笑いに持ってちゃうんだろうねぇ…と心配&期待していた(複雑な乙女心・笑)
ガチでいびったりする大野くんも見てみたいけど、無理だろうなぁ~と。
そういう台本や場を与えられたらやってくれるんだろうけど、
設定だけで後はアドリブだからねぇ。

しかし、うかつにも、幕が開いた瞬間の立ち姿にまずやられる。
やさぐれ感の中にも漂うスタイリッシュ。(そこか)

「遠い」とつぶやく智。おい、意外といけるかもよ。
短い単語だけど、嫌味っぽい感じで、ちょいひねくれてる感じが出てて、
私的にはなかなか好きな出だしです。

「あ~疲れた。持ってぇ」これまたなかなかのひねくれっぷりなんだけど、何だろう…。
かわいいじゃないか!!
ていうか、一歩間違うと、ひねくれ者というよりただの甘えんぼですから~(*^^*)
しかも、持たせておいて、やっぱり自分で持とうと手を差し出す部長の人の良さ。
やっぱり性格って出ちゃうのね(^^;)

でも、心配していた割には(失礼な)、なかなかの導入だと思うよ。期待が高まる~。

そして、すわり方がスタイリッシュ!
ふてぶてしさの中にどうしても漏れ出る王子臭。(こればっかりは、どうしようもない)

「ほら一個出ちゃったでしょ。」「どう?ワイルドだろ?」
何をするのかと思ったら、出た、渾身の一発ギャグ。
いかん。ひねくれの方向性が早くもおかしくなってるかも?導入はよかったのに。
やっぱり笑いに走るのかぁ、智~と思ったら…。

「笑えよ。ギャグだよ」の笑ってない目と眉間のしわがなかなかいい仕事してるざます。
流れとしては、なかなか好きです。
怯える部下(実は笑ってるけど…)に追い打ちをかけるように「笑えよ」と笑ってない目で言う。
はまるとものすごく怖いと思う。(でも、王子だからなぁ)
斜に構えて言う感じもなかなかいいんだよ。

しかし、「言ってないです」とニノが押し切ると、
「言ってない?言ってない?」と完全に攻め込まれてる模様。
大丈夫か?スギちゃん部長と思ったら、「何を、何を、言ってるの?」とテンパる。
こういう時の切り返しがなかなか上手く行かず。早くもひねくれの限界です。
コントだったらおもしろいけど、ひねくれキャラという点では追い込まれるのが早すぎ(笑)
やっぱり根が真っ直ぐで素直な男ですから、出ちゃうんですねぇ。

しかし、扇子の使い方はいいよねぇ。その時の感情が如実に出てる。
でも、無駄に手が綺麗過ぎて、ついつい見とれるのも事実(*^^*) 横顔もね。

そして、なかなか口を割らないニノにいらだったのか、「言えよ、文句を!」
声のボリュームも上げ、扇子でテーブルをたたく部長。
このいらだちは演技というより、マジなのか?
(早く進めないと、終わらないもんねぇ)

しかし、この後風向きが変わるやいなや、目が泳ぎ、声が小さくなり途端に口ごもる部長。
さっきの威勢の良さはどこへやら…という感じで、ここの変化はさすがだなぁ~と
感心したのでした。
扇子をいじいじしたり、伏し目がちで途端に不安そうな表情になり、
すわり方もスタイリッシュのかけらもなくなってる。

「わかった、大丈夫」「それを何をしたいの?」
「どうしたいのよ、どうしたいのよ、俺を」「どうしたいの」

この支離滅裂さがいい感じでリアルです。ていうか、本人テンパり過ぎだから…。
ひねくれ者というより、もはや駄々っ子に見えてくる(^^;)

「いや、わかった。大丈夫だよ、俺は」
もはや意味不明です。でも、彼の中では何か答えが出た模様。
ここはもう逃げるっきゃない…と智が思ったかどうかは定かではないが、
「そんな会社、明日でやめるよ」と捨て台詞吐いて、とっととはけちゃう智。

おーい。そんな終わり方ってあり?
相手をまるめこもうとするのではなく、
ある意味潔く身を引いちゃうあたりが大野くんらしくも見えるし、
駄々っ子にも見えてくるというおかしさ。

「出て来て下さい」と迎えに行くニノ。
覚悟を決めたのか、勢いよく出て来る大野さんが無駄にかっこいい。
危うくぶつかりそうに…ていうか、ぶつかっちゃえばよかったのにねぇ。
背中が熱くなっちゃった…って。私も触りたいよ~。

しかし、あんなに性格って出ちゃうもんなんだねぇ。
きっと素質はあるのに、攻めきれない大野くん。
真面目で正統派の櫻井くん。
やる前から目が真剣で勉強熱心。しっかりやりきる松潤。
やる前から、不安が目にあらわれ過ぎな相葉ちゃん。
普通に飲みに来てふざけている二人にしか見えない(笑)
たぶん「ひねくれ」の引き出しが一個もないんだろうなぁ。

今回は、設定もおもしろかったね。
やられるばっかりじゃなくて、やり返すっていう立場が逆転しちゃう感じにワクワクした。
ニノがまたそういうのが上手いから、松潤が画像を削除した時はやっぱりね…と思ったが、
ニノが更にその上を行っていて、さすがだな…と。

豚骨スープのコーナーは、うーん。どうなんだろ?
私的には、企画としてかなり疑問が残るところ…。
オープニングと発声練習と屋台の部分だけ残したけどね。

だってぇ、「あっ、何か話してたよね」があまりにも優しすぎて、ぶっ倒れるかと思った(〃▽〃)
ありゃ反則でしょう~。
何気ない一言なのに優しさがあふれていて、さりげない感じが男前で…。
あの一言だけで当分生きて行けそうです。

*記念日*

今日、ブログ巡りをしていたら、記念日という言葉が出てきて、何?と思った私(おいおい)
ごめんね、嵐くん…。
デビュー記念日だったのね!

元々記念日とかにあまり興味がないというか(自分の結婚記念日さえスルー)
今日が一体何日なのかさえ把握できない日々を送っているせいか(大丈夫か?)
ついつい忘れる。

で、よそ様のブログを見て気づき、何か記事でも挙げようか、何書こうか…と思っている内に
ただ時間だけが過ぎていき、結果、自分の心の中でおめでとう!と言っとけば大丈夫か…
という自己満足で済ませる(^^;)

でも、今年は15周年だからね。
おめでとう~!!!

そこで、そう言えば私が嵐を好きになったのは4年前の9月だったよなぁ…と思い、
過去記事を見てみたら、

ありゃま!嵐を好きになっちゃった宣言をしたのが、なんと9月15日だったよ~。
4年間も気が付かなかった私って、一体…(ーー;)
これも何かのご縁ですか~?(ずうずうしい)

でも、この頃は誰にときめくこともなく、嵐が好きだったんだよね。
ところが、あっという間に大野くんに堕ちて、溺れていき、気が付けば4年。

でも、その頃の記事を読むと、今と言ってることがあんまり変わらなくてびっくり…。
好きな部分、愛おしいと思うところは、きっとずーっと変わらないんだね。

今の私は智愛が突出し過ぎてはいるけれど(^^;)
でも、5人じゃなかったら、きっと…というか絶対大野くんには出会えなかった。
5人でいる嵐が入口だから。
出会えたことに感謝です。

何もかもが順風満帆とはいかないけれど、生きていればそれが当たり前。
5人にはたくさん助けられました。
ありがとう…。
これからもよろしく(^^)

*『LOVE』BD その5*

今頃ですが、『LOVE』の感想の続きです!
しかし、ツボを全部書き出していたら、永遠に終わりそうにないので(^^;)、
特に気になるポイントだけをガンガン挙げて行きますね~。
参考までにその時の時間も秒単位で書いてます(全部じゃないけどね)

『Brethless』
5.22 「果てまで」の揺らめくコートの裾までもが綺麗です。
5.32 「確かめたい」の軽やかな足さばき。方向転換する時のジャンプの高さ、軽さ。
5.35 「自分だけに」踏み替える足。次の動作に移る時のこの細かい動き。

『CONFUSION』
18.00 押し返すというジェスチャーなのに、なぜか美しい。
18.37 黒のインナーがタンクトップだとわかる瞬間に倒れそう。(どこ見てる?)

『Endless Game』
20.38 「見てるんだあ」綺麗に弧を描く右手の美しさ。まさに夢の世界です。

『Intergaractic』
前奏のロボットダンスは言わずもがな。
「ここにおいでよ…」のシンクロ山に大興奮。
「I know…」の右手の繊細な指先の動き。何かの触手みたいです。
25.37 素早い動きなのに1つ1つの動きが綺麗に収まってる。(毎度のことながら感心する)
26.03  腹部だけ映る映像。見た瞬間、思ったよね?この動きはまさに大野くんって!!
智ソロが超絶男前。あの角度から拝むお顔が大好き。
26.58 瞬間的に息継ぎしてる?

『Step and go』
「夜を通り抜けて」クロスする脚、ちゃんと膝が伸びているから綺麗。
上肢も床と平行になってる。
「ローリング…」は、全身を映してくれ~。
「エスケープ」何気ない動きなのに、ピタッと決まる1つ1つの動き。
「いつまでも消えない」のムーンウォークのような滑らかな足さばき。
こんなことやってたのね!!会場では、遠くて見えんかった~。
「気づく時も」のターンも完璧で。
「We gonna step and go」の首筋に釘付け。

『Eyes with…』
最初の智ソロは、生っていうのがよくわかる。
特に最後の「しぐさ」の「さ」
CDの声はざらっとした質感の男前ボイスで超絶好きなんだけど、ここではかなり地声より(^^;)
どうした、智?
『アラフェス』で、櫻井くんとふざけてた時も確かそうだったんだよなぁ~。

赤ちゃんの低音ボイスはたまらんよねぇ~。
着ボイスにしたいくらいだわ。

『Rock Tonight』
タータンチェックの衣装がめちゃくちゃ可愛い!似合ってる!
47.52 腰の動きが好き。
「はじける」で左右ジャンプの軽やかさ。
長男と末っ子チームの三角関係、安定の櫻葉兄弟と見所満載。
49.28~ 右足の動きが綺麗。小首かしげる智が超キュート。

MC
翔さんの「のあとで」に続く大野さんの「のあとで」の声が男前過ぎて、悶絶。
ウェーブのお手本でみぞおちやっちゃう大野さんの「気をつけて」の声が優しすぎて、
またまた悶絶。

アクセントダンス
大野くんの短いやん…と思ったら、実は全然短くなかった件(^^;)
動きがちょいと大人しめだったね。もうちょっと激しくて細かい動きも見たかったわ。
でも、機械的な動きなのに、神秘的で、切なさを感じるのはなぜなんだ。

5人そろった時、大野くんだけ手を挙げてます。間違ったわけじゃないよね(笑)
水平、斜めに伸ばした手、指先。はっきりと残像が見えます。綺麗過ぎます。

『PARADOX』
1.39.35 端っこに映ってるんだけど、ターンのあの美しさは何?
1.39.42 内に入る右足が好き。
1.39.45 左手をあげリズムを刻み、前に出した左足。何をしても絵になります。
1.40.05 画面が切り替わった瞬間、ぐいっとくり出す右肩の動き、二の腕のたくましさに悶絶。
1.40.14 肩甲骨から綺麗にくり出す腕の動き。
1.40.29 このターンの速さ、キレ、ぶれなさは何度見ても圧巻。しかも、最後ジャンプしてる!

とりあえず今日はここまで。
また時間のある時にアップしますね(^^)

*楽しみ(^^)+追記*

なかなか更新ができず…、毎日があっという間です。
内職の仕事が徐々に増えてきて、その上新学期が始まって朝6時起き…のはずだったのが
今は5時半過ぎに起きなくてはいけなくて…。(明日は6時起きだけど、弁当作らないと…)
夜パソコンの前にすわっても、睡魔が襲ってきて、更新する気力もなく(^^;)

とりあえずご報告です。
ライブビューイング、当たりました(^^)/
日曜日に行きます。

当たったのは嬉しいけど、これで運を使い果たしてない?と若干不安な私です(^^;)
いやいや弱気になっちゃいけない!
とりあえず、今はライブビューイングのことだけ考えようっ!

実は、全く蚊帳の外だと思っていた15周年。
少々いじけ気味でした…。(いや、かなりか(^^;)
ライブビューイングしてくれて、ありがとう~!!

スクリーンで見る嵐くんは、どんな感じかな。
初めての体験なので、ドキドキ。

でも、1つ難点が…。
それは、大野くんにロックオンできないこと!
会場にいれば、双眼鏡とか使って大野くんを追い続けることができるんだけど…。

とりあえず、智ソロの時はガッツリ映して下さーい。
そして、ここぞという振り付けの時は全身をガッツリ映して下さーい。
それだけはお願いしたい!

昨日のVSは髪を切る前の大野くんで、茶目っ気たっぷりで、可愛くて、男前で(*^^*)
見る度に髪が伸びたり短くなったりするので、なんか変な気分です(笑)

でも、ライブビューイングでは、まさに今の大野くんが見れるからね。
座席がどこになるのかとか、多少の不安はあるけど、
今はとにかく、どんな形であれ嵐くんに会えることに感謝です(^^)

*嵐 NEW アルバム*

いよいよ来ましたね(^^)/

<amazon>
初回限定盤→こちら
通常盤→こちら

<楽天>






*声色王子*

今日の『ほんまでっか』は聴覚にまつわるお話で、なかなか興味深く、
ふむふむ、これは覚えとこう…なんて思っていたのに
最後のほんまでっかな情報がほんまでっか過ぎて(ややこしい)、他の忘れた~。

声色を変えられる男性はモテる

出た…。
そうか、そうだったのか。
やっぱりねぇ、そうだよねぇ。
それしかないよねぇ!!

と、一人心の中で大きくうなずく私。
ほんとは小躍りしたいくらいだったんだけど、かろうじてそれは我慢した(^^;)

昔から男の人の声が好きで、始まりは中3の時。それは緒形拳さんだった…。(渋っ)
(声フェチなんて言葉もない30年以上も前の話だよ(^^;)
その後、声のトーンやしゃべり方でこんなにも変わるのか…と思ったのがトヨエツで。
南朋さんで、それを再確認。

そして、とうとう出会ってしまったんだよね。愛しの智voiceに(*^^*)
それは4年前の9月。そっかぁ、もう4年も経つんだね。
しばらくしたら落ち着くかと思っていたのに、智愛は募るばかりで、
未だに大野くんの声を毎日聴かないと気が済まないという生活…。

前にも書いたけど、4年前次女のリクエストでレンタルしてきた嵐のCD。
えっ、ジャニーズ?な私がなぜだか気に入ってしまい、繰り返し聴くように。
でも、最初は相葉ちゃんの声しか聞き分けられず、何となく聴いてたんだよね。
しかも、歌が上手いらしいという大野くんの声は、実は消去法で探すという始末で(^^;)。
(松潤でもないし、櫻井くんでもないし、二宮くんでもないし…みたいな感じで)
そして、最後に聞き分けられるようになったのが大野くんの声でした。

今思うと、なんでだよ!って思うんだけど、曲やフレーズによって声色や歌い方が変わるから、
わからなかったのかなと。
しかも、歌い方に癖がないので、特徴がないと言えばない。

そんな私が最初にビビビッと来たのが『とまどいながら』の智ソロでした。
私が智voiceに堕ちた瞬間です。

その頃の私は、音楽は車の中とか、気が向いた時くらいしか聴かなくて…。
ところが、嵐の歌はなぜかずーっと聴いていたいという欲望に駆られ、
ことあるごとに聴いていて。

ある日夕飯の準備をしながら聴いていたら、
ふと耳に飛び込んで来たのが『とまどいながら』のソロ。
何度も聴いていたはずなのに、これが大野くん?!って。
衝撃でした。それからは、ほんと貪るように大野くんの声を探したな。

すると、次から次にいろんな声が見つかって。
こんなにもいろんな声色で、表情で、様々な世界を表現できるのかと度肝を抜かれたな。
時には春風のように、日だまりのように。そして、色っぽかったり、男前だったり。
そうそう、声に名前をつけてみたりしてたね(*^^*)

それから、話す声にも惹かれ出して…。
普段のふにゃっとした話し方とはまた違うナレーションの声だったり、
役に入った時の声だったり。
その内、バラエティでも微妙に変わる声色や話し方にビンビン反応するようになり、
まさに沼にはまりました(〃▽〃)

大野くんのモテる要因が声にあったとはね。
しかも、「声色を変えられる」っていうのが相当重要なポイントだと思う。
ただ単に声の高さとかを変えるだけではなくて、
大野くんの場合は声の色そのものがガラッと変わってしまう。
これもギャップ王子たる所以ですな。


あ~そう言えば、だんだん思い出してきたぞ。ほんまでっかな情報を。
音楽を日常的に聴く人は、うつになりにくいらしい。
音楽には、何か不思議な力があるんだね。

悩み多き十代に音楽をよく聴くのは、音楽に癒しの効果があるかららしい。
知らず知らずの内に体が求めてるんだね。
でも、大人になってある程度自分で解決できるようになると、音楽を前ほど聴かなくなるらしい。

あ~、心当たりあるなぁ。
自分の部屋で、ラジオやカセットテープで、ずーっと音楽を聴いてた悩み多き十代(笑)
それが、いつの間にか前ほど聴かなくなって…。
でも、40代には40代の悩みがあり…。
音楽をゆっくり聴こうなんていう心のゆとりもなくなっていたのかもしれない。
智voiceに出会ったのは、そんな悩みが一段落した時ではあったんだけど、
もっと早く出会っていたら!って、心の底から思ったもんなぁ。
でも、嵐と出会って、智voiceの虜になって、またまた音楽三昧の日々が始まる。

何度泣いたかわからないな。
何度キュンキュンしたかわからない。
切なくて、色っぽくて、あたたかくて、元気で、いろんな声色で私のことを救ってくれた。

まさにサトセラピー。
ありがとう。
これからもずーっと一緒だよ。



そうそう、蛇足だけど、他にも思い出したほんまでっかな情報を…。

歌を毎日歌うと、いびきをかきにくくなるらしい。(旦那に教えてあげよう)
そして、中年の女性は高音が聞き取りにくくなるので、声がでかくなるらしい(笑)
私はまだ大丈夫だと思うんだけど、将来そうなるんだろうか…。
やだなぁ。気をつけよう(何を?)

あれっ、こんな情報いらない(笑)?

*ざっくり24時間+追記*

あ~、また書く書く詐欺になりそうな予感(^^;)
ほんと、すみません…。

それなのに、24時間テレビは一応全部録画した!関ジャニも好きなもので、ついつい(^^;)
アラシゴトでいっぱいっぱいのはずなのに大丈夫か…。
所々見てみたけど、やっぱり泣くよねぇ~。
そして、城島リーダー、お疲れ様。
TOKIO兄さんの粋な計らいに男気を感じました。

大倉くんのドラマは絶対泣くのわかってたから、リアルタイムでは見ずに、
嵐登場の所から見たんだけど、途中で寝た(^^;)
おいおい、せっかく頑張って起きてたのに、どういうことだ!

だって、ラップ?これ、おもしろいの?と正直思った(ーー;)
そしたら、さすが智!と、かわいいじゃないか、智!と結局ニマニマしてた(*^^*)

でも、いつの間にか寝てたよ~。

今日見てみたら、ロープを登る大野くんのラストスパートに度肝抜かれた。
途中まで安田くんといい勝負だったのに、後半のあのぐいぐい伸びる腕は何だ?怪物くんか?
ついついそこだけ何度もリピートしちまったじゃないか。

それにしても、翔さん、めっちゃ速かったね。
だって、10秒だよ!大野くん16秒だし。
(珍しく運動系で大野くんに勝ってる。おめでとう~!)
あの腕の筋肉って、このためだったのね。だって、クライムの時は全然だし(笑)

という、24時間なのにあまりにもざっくりした感想(ーー;)

そうそう、大倉くんのドラマは今日見た。やっぱり泣いた。
いつもは見ないんだけどね。こういうお話はつらすぎて…。
大倉くんと真千子ちゃんだから、頑張って見たよ。

そうそう、この間妹から『今日の日はさようなら』の再放送を見たよ…とメールが来て。
(私はそう言えば、結局この1年見返すことなかったなぁ。見るのがつらすぎて)
妹はあんまりテレビも見ないし、嵐には一切興味ないんだけど…

いいドラマだった、大野くんもよかった…とお褒めの言葉をいただきました!

全く贔屓目無しにいいドラマだったということだよね(^^)
これ読んで、1年ぶりに見返そうかな…と思ったんだけど、時間がないなぁ~。

ということで、次回の更新はいつになることやら~。

*追記*
どうでもいい話なんだけど、昨日書き忘れてたことが1つ…。
昨日、美容院に行ったんだけど、隣の駐車場に1126ナンバーの車を発見!
その後、買い物に行ったら、そこにもまた1126の車が!(別の車です)
一日に2台も見れるなんて、なんてラッキーなの!と浮かれた私でした。
ところがその後、次女の忘れ物に振り回される私なのでありました。ハハハ。

そう言えば、以前2日続けて1126を見たことがあったなぁ。
しかも、同じ車だったような…。この近辺にお住まいなんだろうか…と
どうでもいいことが気になる。
まさか、サトシックじゃないよねぇ。

それから、夏休みに長女を駅まで送って行く時、長女が「前の車、さとしになっとる!」と。
確かに「3104」でした。
別に大野くんファンでもないのに、なぜかそういう所に反応してしまう長女。
私の日頃の教育の賜物でしょうか(笑)
なぜか大野くんの誕生日も覚えてるんだよなぁ。

そう言えば、以前母を乗せて映画を見に行っていた時も
前に「1126」が走ってて、一人テンション上がったなぁ。

そうそう、広島に旅行に行った時にも見たんだ。
広島じゃなくて錦帯橋だったけど。
3104だったのか1126だったのか、忘れちゃったけどね(^^;)

特に意識して探してるわけじゃないのに、意外と見つけちゃうもんだねぇ。
こんな数字ひとつに幸せ感じちゃうサトシック。
安上がりだよなぁ(笑)