FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2014年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年06月
ARCHIVE ≫ 2014年06月
      

≪ 前月 |  2014年06月  | 翌月 ≫

*心に残ること3つ*

気が付けば、30万アクセス突破!ありがとうございます!
アクセス数や拍手、コメントなどを見ては、たくさんの方に支えられてるんだな…と
ついつい嬉しくなり、日々キーボードを打ちまくっていたら、
こんなことになっちゃいました(^^;)

2014_0122キーボード0002 2014_0102キーボード0002

わかるかなぁ~。
右の方は文字か消えてるだけだけど、左の方は削れてるんですよ。どんだけ~。
このパソコンは7~8年くらいだと思うんですけど、
もうかれこれ30年くらいキーボードたたいてます(^^)

だって、私、出始めのワープロ知ってますから!
そう言えば、大野くんが初めてした大きな買い物が「ワープロ」だったね(確か中一)
ていうことは、私は27歳かぁ。すでに結婚してるし(って、何の関係もない)

私が初めてワープロを触ったのは、たぶん18歳くらい?
ちなみにその時大野くん、4歳。(だから、関係ないから)
その頃は、液晶画面が2行分くらいしかなくてね。
今思えば、めっちゃ使いづらかった。でも、楽しくて、カチャカチャやってました。
そう言えば、天声人語を打って練習してたなぁ~。

そして、私が29歳の時にウィンドウズ95登場!
(大野くんがワープロ買った2年後には、もうパソコン時代突入ですよ)
そしたら、なぜか旦那が突然パソコンが欲しいと言い出し、
私はそんなもんいらん…と言ってたんだけど、買ったらびっくり。私がガッツリはまってた(^^;)

あの頃は、パソコン通信だったんだよなぁ。わかる人ってどれくらいいるんだろう(^^;)
それから、HPも作ったし(今はやめちゃったけど)、今ではブログをいくつか立ち上げて
(サトシックブログ以外は開店休業状態だけど(^^;)、30年キーボードたたき続けてます。

書くことが元々好きで、若かりし頃は、日記を書いてた時期もあったんですけどね。
あまり人付き合いが得意ではなかったので、
文章にすることで何とかバランスを保っていたのかもしれません。
自分の中のいろんなものがクリアになって、すっきりするんです。
ストレス解消というより、もう生活の一部ですかね。これがないと生きていけないレベルです。

それに、大野くんのここが素敵…とか、このドラマのここが云々とか、
私が本気でしゃべると、家族やママ友がどん引きするのは目に見えてますから(^^;)
だから、パソコンが出て来て、こんな風に自分の想いが発信できるようになって、
皆さんからの反応があって…。何だか夢みたいですよ。

ほんとうにありがたいことです(^^)


さて、で…、今回は何を語りましょう。
下書きしたままの記事がいくつかあるし、書きたいことも山ほどあるんだけど、
今回は、心に残る大野くんの言動について3つほど。


まず、大野くんの発言を見聞きして思うのは、
一般論とかとはちょっと離れた独特な感性を持っているようで、
でも…というか、だからこそ?彼は人としてとっても大切なところに行き着いている感じがする。
大げさなことも言わないし、説教臭いことも言わないけど、
彼のシンプルな言葉は、時々妙に真理をついていて、驚かされる。

例えば、「自由」から連想するのが「練習」だったり。
「練習」っていう答えが一瞬変化球っぽく思えるんだけど、
でも、それは彼にとってシンプルでストレートな答え。

またこれが「努力」でもないのが、大野くんらしくて好きだなぁ…って思うんだけど。
自分が納得のいく境地にたどり着きたくて、日々練習。
そうすることで「自由」を手に入れることができる。
そんな実体験に基づいた言葉だからこそ、説得力もあるね。


それから、『しやがれ』のいじめられ役ADの時。
これも、演技をする上で必要なことなんだろうな…と思って見てた。
舞台出身の方は特に生だし、どんなハプニングが起こるかわからないという状況で、
やりきらなきゃいけない。編集やカメラのアングルなんかに頼ることもできないわけで、
全部をさらけ出さないといけない状態。そこでは、アドリブ力という単純なことだけじゃなく、
いろんな要素が必要になってくるのかなって。

でも、彼の意識はとってもシンプル。
過去に幾度も目にしてきたであろうADさんのことを思い、
そこにそっと身を沈め、思いを巡らせ、自分なりに体感し、表現してみる。

いくら演技とはいえ、あそこまでいじめられるのはたいへんだったとは思うけど(^^;)、
大野くんにとってあの状況では当たり前のことで、
彼には、その状況や思いを感じること自体に意味があったんじゃないかと。
だから、帰りたいと思ったかもしれないけど(笑)、それは苦痛とは違うんだよね。

そして、最後にはたいへんだったとか、つらかったという自分の感想よりも
ADさんへの激励の言葉が飛び出す。
何だかADじゃない私まで元気づけられたもんなぁ、この時は(笑)。不思議な人ですよ。

演じるっていうことは、本当はそういうことなのかもね…。
頭でいろいろ考えるよりも、その人の気持ちに同化できることが大事なのかもしれない。
そうすることで、シンプルで大事なことが見えてくるのかもしれない。


それから、もう一つ。
例えば、大野くんは好きなところを挙げてとか言われると、
その人のちょっと変わってるところや、短所とも思えるようなところを言ったりする。
それが、ねらってるわけじゃなく、そういう部分が彼には本当に愛おしく思えるらしい。

世間一般的な基準からすると、ちょっとずれてるようにも思えるけれど、
そういう部分を認められるところがが彼の懐の深さだったり、人間力だったりするのかな~。

結局、彼の行き着くところは、とってもシンプルで、正直で、優しさにあふれてる。
私も見習いたいところではありますが、これがなかなか(^^;)


さて、VSは大野コーチが素敵過ぎて、細すぎて、見とれてました(*^^*)
あ~、私もやせないとなぁ…。
実は、せっかく7キロやせたのに、3キロリバウンド!!
あ~、このぐうたら生活をどうにかしないと~。
スポンサーサイト