FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2014年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年04月
ARCHIVE ≫ 2014年04月
      

≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

*はみだし師匠*

BAILAの「はみだしコラム」の大野さんが好き過ぎる件(*^^*)
記事のタイトルが意味不明ですけど、思いつきなので気にしないでください(笑)




つま先に靴をひっかけてパカパカしていたかと思いきや、
最終的にははだしになって椅子の上であぐら。


取材なのに、おうち感がハンパない。

撮影小道具を渡す度に、じーっと見つめてはひっくり返したり、
角度を変えてのぞき込んだり、観察を繰り返していた。


そんなあなたをひたすらじーーーっと見つめていたい。

ソファで寝転がりながら目を閉じてそのまま動かず。(中略)
大きな伸びをして、起床。


ほんとに取材か(笑)?

「子供の頃もさ、昼に麺類食べると、日曜だなぁって感じしなかった」と雑談。

まるで実のない感じが雑談って感じで好き。

「まじめモードの表情で」とお願いすると、ソファに座り脚を組んで、
メガネを人差し指でくいっとキメ顔。


一応仕事だからね。くつろいでばかりもいられない(笑)

まんざらでもない様子で「ふふっ」と笑顔に。
カメラに向かって、より成功者風の笑顔をサービス。


自然な笑顔と撮影用の笑顔がダブルで楽しめる贅沢。
スタッフさん、幸せだなぁ~。


そして、インタビュー。
荷物なんて、段ボール箱1~2箱しかないから…というのは、
ちょっと大げさな気もするが(笑)
絵の道具で1箱、釣り道具で1箱、服で1箱。
少なくとも3箱はあると思う…という私の勝手な妄想(〃▽〃)

もっと欲しいもん、休み(笑)
できるなら、私の時間を分けてあげたい…というのは嘘です(笑)
休むと、大野くんを見る機会が減るから、もうちょっと頑張って~。

たいてい9時か10時に起きるのは、私にとっては完全な朝寝坊。
ていうか、年のせいかそんな遅くまで寝れない。休日でも7時には起きる。
やっぱり大野さんはまだ若いんだな。

我が家にはそういう便利グッズ、けっこうあるんですよ(笑)
意外や意外!やっぱり段ボール箱もう1箱プラスして、4箱で!
いや、この調子でいくと、もっとありそうだな(笑)

なによりも大将の顔が好き(笑)
寿司屋なのに、なにより大将の顔が好き…と言い切る大野さんの価値観。
大将、コレ読んだら、大喜びだね。

歌っちゃったよね、1人で(笑)
わーい、カラオケボックスで1人で歌う大野さん。のぞき見してみたい!

やり残したことがないように毎日を過ごしてきたつもりだから。
そこで、「どうぞ」と言える自分でもありたいんですよ。


はみだしコラムやインタビューで、ほっこりしていると、
突然こんなことをさらっと言っちゃうギャップにやられる(〃▽〃)

そうありたい…と願い、悔いのないように過ごしてきたと言える大野さんは、
やっぱり私の師匠です。
スポンサーサイト



*不思議な距離感*

土曜日の夜、次女のバスケの練習があったんですが、予定時刻になっても終わらず、
あ~『嵐にしやがれ』に間に合わないよ~とぼやいていたら、
初対面のお母さんが微妙に反応してくれて。
おいおい、もしかして初生アラシックご対面か~とテンション上がった!
そしたら、ママ友1号が
「誰のファンだと思いますか?」
「松潤?」
「え~っていう人ですよ」
「大野くん」
おいおい、そりゃぁ一体どういう意味だ~!!なめんなよ、智を!!
いくら田舎とはいえ、サトシックはおろかアラシックにも未だに出会えない私です(ーー;)

そして、昨日は母と一緒に『神様のカルテ 2』を観てきました。
案の定、号泣でした。
そして、一止くんが何だか妙に愛おしかったな。

さて、今日は『TVガイド PERSON』のテキストの感想です。



インタビュアーの橋本達典さん、全く存じ上げなかったのですが、
大野くんと出会ったのが'01年ということは、
もう13年ほどのおつきあいということになるんですね。

当時は、今の倍ほどの時間をかけて取材した上に、飯まで食っていたんだから、隔世の感がある
でも、この男は変わらない…んだね。

近くで見てきた人が伝えてくれる大野くんは、不思議な説得力を持っていて、嬉しくなる。

「どう、飲んでる?」昔から挨拶代わりに語りかけてくる、この言葉で始まった。

彼は、いろんな意味で変わらない。
それは彼にとっては当たり前のことかもしれない…けど、ふと忘れてしまいがちな大切なこと。
それだけで、ほっとする。

長年のお付き合いのせいか、会話の自然な転がり方が心地良い。
なんだかね、いつもより正直にしゃべってる感じがする(笑)
いつもが嘘をついているとかいうわけじゃなく(^^;)
普段はね、遠慮とかはぐらしてる部分がちらほら見えるんだけど、
今回は、久しぶりに会った友人にあ~今はねぇ…みたいな近況報告みたいで。

リラックスしてしゃべる2人を喫茶店のガラス窓超しに遠目に見てる感じ。

特にニノとおいらは固まる習性がある

そうなんだぁ。意外だな…。
一番の緊張しいは松潤、テンパりやすいのは相葉ちゃん。
翔くんは、経験がものをいうって感じだし。
大宮は、飄々とこなす感じなのかと思ってた。

あんまり「緊張する」っていう話聞かないから、新鮮だったな。
大野くんもやっぱり人の子か…とちょっと安心する(笑)

もっと小さいステージなら、流れの振り付けじゃなく、
久々に細かい動きのキレッキレの踊りを見せられると思うし。


この際、私的には、流れとか細かいとかどっちでもいい!
何か考えてくれてるのかなぁとか、意志みたいなものが感じられて、嬉しくなる。

不思議とおいら、踊りに関しては疲れることがないんだよなぁ

見てるとさ、ふわっと軽やかで、無駄な力が入っていなくて、
体が自然に動いている感じで、なんかわかるような気がするなぁ。

インタビューを終えての橋本さんの感想は、
本音をあえて封印しているかのような、近づきやすくも少し遠い独特の距離感

いつもよりも本音に近いんじゃないかと思っていたけど、
長年のおつきあいの橋本さんからすると、
まだまだ踏み込む余地があるということなのでしょうか。
是非次回は、もっともっと踏み込んでくださいませ。