FC2ブログ

be with you 3104

大野くんに溺れる日々。毎日大野くんの声を聴かないと生きていけません(*^^*)
2014年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年04月
ARCHIVE ≫ 2014年04月
      

≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

*そっと導く智*

雑誌祭りの感想、もはやどれがどれだかわからなくなってきたけど、行っちゃいます!
きっと、わかる人にはわかる(笑)!

水色のパーカーとVネックの白T。
脱ぐ仕草、そらす視線。
犬と戯れる大野さん。
花束を渡す大野さん。

どの大野くんも優しくて、あったかくて、ぽっかぽか(*^^*)

その立ち姿は、力みがないのに凛としていて美しい。
むだな贅肉がみじんもない体は、まるで彼の心のありようも表しているようで。


やっぱりプロのライターさんって、すごいよね。度肝抜かれる!
その人らしさっていうのは、自然と表れるものなんだね。歌声しかり、立ち姿しかり。
表情や仕草のひとつひとつに優しさやおおらかさがあふれ、
立ち姿ひとつとっても、気負わないながらも芯の強さや美しさが滲み出てしまう。

あんまりひとりで気負うことはなくって、責任感がないのかな…。

気負うって感じはしないよね、確かに。
人に無駄な警戒心とか緊張感を抱かせない不思議な空気感。
だけど、出来上がった作品を見れば、わかるよ。しっかりと責任を果たしていることが。

撮影現場で大切にしていることは、いかに自分の存在感を消すか。
主演だからって大げさに扱われないよう、自然に静かにしている。
距離を置かれる時間がもったいないから。


意識していたんだ…。ふわっと自然に存在しているのかと思った。
でも、そっか。「自然に」「静かに」しているんだね。無理しているとかではなく…。
さりげなく気を遣いながら、それを感じさせない不思議な空気感。

僕にはまだ包容力はないけど。

あらっ、そうだった?
てっきり、大野くんは安心感と包容力で出来ていると思っていたよ。
あなたの歌声が、笑顔が、言葉がそっと私を包み込んでくれるから、日々頑張れる(^^)v

性格って、年齢によって変わるもんだねぇ。

ちょっとね、わかるような気がするよ。
私の場合、いっぱいっぱいだった20代。
自分のことがやっと分かり始めた30代。
少しだけ余裕を持って周りを見渡せるようになった40代。
ちょっとずつ進歩してますよ。

でもね、どうにもこうにも変わらない部分っていうのもあって
(残念なことに、きっとそれが大半を占めている)、日々あがいてる。
なんで私ってこんなんなんだよ~って。
でも、そんな自分も少しは受け入れられるようになったかなぁ。

40代の女性を褒めちぎる大野くん。
きっと大野くんの周りには、魅力的な年上の女性がいっぱいに違いない。

あ~、そんな女性からほど遠い私は、ただただ体を小さくするしかない…。
あれこれやってはみるんだけど、なかなかうまくいかない。
でも、そんな経験も振り返ってみれば、おもしろくもあるかな…。
小さな小さな経験を積み重ね、こんな私も何かを手に入れることができるでしょうか。
スポンサーサイト